スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コロンビア・コーヒーの誘い(いざない) 

2010年08月07~08日 多分、コーヒーに誘われたんですよ・・・

LA FELISA(海抜700m) ~ 海抜2200m ~ VITERBO(海抜900m)


 コロンビア中部、メデジンとカリの間のアンデス山中には、『ZONA CAFETERA』と呼ばれる、コーヒーの一大産地があります。その中心地となるのが3つの町、マニサレス(MANIZALES)、ペレイラ(PEREIRA)、そしてアルメニア(ARMENIA)。これらの町が、世界第3位のコーヒー生産高を誇るコロンビアのコーヒーの中心なのです。

 コロンビア入り後、サイクリング途中の休憩でコーヒーを飲んだり、自分で豆を買ってきてドリップしたりして、美味しいコーヒーを楽しんでいます。私、コーヒージャンキーです。一度コーヒーを飲み始めると、1日に何杯も飲んじゃいます。もちろん、美味しいコーヒーには目がありません。

 コロンビアは、安食堂で出してるコーヒーも、小さな売店の棚に並んでるコーヒー豆も、美味しいと思います。世界各国で美味しいコーヒーってのは飲めます。こだわりのカフェの高級なコーヒーを飲めば、そこそこ美味しいのは当たり前! でも、コロンビアは、安物でも美味しいのです☆



 ZONA CAFETERA! 飲んでやろうじゃないですか!!


01_IGP2576.jpg  02_IGP2592.jpg
03_IGP2604.jpg  04_IGP2600.jpg
写真1/左上)昨晩のお宿はこんなとこ。水シャワーでしたが、海抜700mの温い水だったので問題なし。真新しいキレイな部屋で、シングル8000ペソ(400円)はお得でした☆
写真2/右上)走り出して20kmほど。小さな町を通過…。徐々に標高を上げていきます。
写真3/左下)更に山道を進むと…、比較的大きな町が! 地図にこんな大きな町の載ってないけどなぁ~…。
写真4/右下)なぞの大きな町のカフェで、今日1杯目のコーヒーを頂きました。1杯500ペソ(25円)の安さで、しっかりコーヒーの香りがします。本物のコーヒーですよ!
05_IGP2619.jpg  06_IGP2625.jpg  
07_IGP2629.jpg  08_IGP2648.jpg
写真5/左上)一休みの後、更に標高を上げます。さっきの町が下に見える。でも…、地図を見る限り、こんなに山を登るようには見えないんだけどなぁ…?
写真6/右上)海抜2000mを越え、景色の良い尾根道に出ました。お昼ごはんは、ここで大パノラマを見ながら、ラーメンを頂きました。
写真7/左下)食後、昼寝をする人(岳くん)。彼はどんな場所でも昼寝をする才があります。のび太くんです。
写真8/右下)お昼休み後も、雄大なパノラマを楽しみながら、海抜2000m前後の尾根道を走り続けました。


 それにしても・・・、おかしいんですよね・・・


 私たち、カルタヘナで出会った日本人サイクリスト・光さんにコロンビアの地図を貰ったんです。途中の町はもちろんのこと、国道から未舗装の田舎道まで、詳しく描かれた地図です。その裏面には、国道の標高断面図(略図)が描かれており、光さんのメモも加わって、より詳細な標高が解るようになっています。
 今日は、短い上り下りを繰り返しつつ、最高1700mくらいのところまで登って、そこから緩やかな下りになるはずなんですが・・・。

 ここ、海抜2000m。しかも、短い上り下りの繰り返しなんてなく、長く緩やかな1回の登りで、ここまで来ました・・・。


心 「おかしいよね?」
岳 「おかしいっスね…」
心 「まぁ…、光くんの勘違いってこともある…かな?まぁ、デジタルの高度計なんて宛てにならんこともあるさね…」
岳 「そうっスね…」


 まぁ、気にするこたぁありません。南部の都市カリ(CALI)方面に進んでいることは確かです!


09_IGP2666.jpg  10_IGP2686.jpg
11_IGP2677.jpg  12_IGP2692.jpg
写真9/左上)せっかくの大パノラマ☆ 道がどうとか気にせずに、楽しもうじゃないですか!
写真10/右上)おっ!あったあった!コーヒー畑です!!
写真11/左下)たわわにコーヒー豆が実ってます。私、植物園とか以外で、しっかり植わってるコーヒーの木を、間近で見たの初めてです。
写真12/右下)よく見ると、斜面に広がる緑のほとんどがコーヒー! 来ましたね☆ ZONA CAFETERA、コーヒー地帯!!

13_IGP2698.jpg
写真13)地図を見る感じ、“CHINCHINA”と思われる町のカフェで午後の休憩。おばさんが入れてくれたコーヒー、ナカナカのお味でした☆ で、飲んだ後、おばさんに聞いてみました。

心 「ここ、チンチナですよね?ペレイラ方面への道は、どこですか?」
おばさん 「チンチナじゃないよ。ペレイラは、あの交差点を左ね。」
心 「ん?チンチナじゃないの…?ならどこ?ここ??」
おばさん 「チンチナはあっちの方…、遠くね。」
岳 「なんてですか?」
心 「ん・・・、なんか良く解らんかった…。ここ、チンチナじゃないらしい…


14_IGP2699.jpg  15_IGP2714.jpg
16_IGP2709.jpg  17_IGP2726.jpg
写真14/左上)チンチナじゃないらしい町の周囲もコーヒー畑だらけ!まぁ、コーヒー地帯にいることは間違いない!おばさんが示した通り、ペレイラ方面の道を取り、緩やかな坂を下り始めました。
写真15/右上)途中、停車して、道路脇のコーヒー畑を観察。コーヒーの花って、白いんですね!
写真16/左下)枝から沢山生えてる豆、熟れたものから赤くなっていきます。真っ赤になつた粒から収穫されます。
写真17/右下)ここらの標高は1800mほど。写真14の畑もそうでしたが、ここらはコーヒー畑の中に、転々とバナナが植わっています。

18_IGP2722.jpg  19_IGP2725.jpg
写真18/左)ご存知ですよね?バナナがどう実るか? よぉ~くご覧下さい。バナナってのは、房が上向きに生るんですよ。
写真19/右)道路は緩やかぁ~に、ずぅ~っと下っています・・・。海抜が下がると、コーヒー畑はなくなります。

20_IGP2731.jpg  21IMG_6249.jpg
写真20/左)海抜1000m近くまで下ってきました。もうここらはサトウキビ畑ばかり。コロンビアの3大農業収穫物は、コーヒー、バナナ、サトウキビ。今日はその全てを見れました
写真21/右)で…、1000m前後の平原となりました。もう確定的です。私たちは道を間違えた! もうとっくにペレイラを通過しててもおかしくはない距離です。でも、ペレイラのぺの字も見えてこない…。

22_IGP2734.jpg
写真22)サトウキビ畑の中に現れた小さな交差点、そこに停まっていたバスの前にいたおじさんに先述のチンチナの場所を聞いてみたら、「あの山のずっと向こう」と言う…。私たちが来た道とはまた別の方角。一体私たちはどこにいるのか??全く解りませんが、とりあえず、あっちの畑の向こうに町が見えるので、今日はあそこで宿を取ることに。


 街に入り、中心部のホテルに荷物を上げようとしている私に、英語を操るおじさんが話しかけてきました。ここぞ!とばかりに、自分たちがどこにいるのか?全く解らない旨を説明します。おじさん曰く、「ここは、ビテルボだ!」

 なるほど…、私たち、今日の走り始め2kmくらいのところからすでに道を間違っていたようです。全く!まぁ~ったく!違う道を走っていました。それなのに、間違いを確信するのに半日以上かかりました(笑)

 間違いはしましたが、別に遠回りというわけではありませんでした。むしろ、大きな町ペレイラを通らずに済んだ上、登りも少なくて済んだ! コーヒー地帯のコーヒー畑が延々と続く山々を楽しめましたし、何も悪いことはありませんでした☆

 きっと、今日はコーヒー畑に呼ばれてたんですよ。誘われたんですよ。そういうことにしときましょう☆
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://whereiskokoro.blog34.fc2.com/tb.php/1227-41e1fcaa

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。