スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トルコのEU加盟は可能か? 

2007年6月30日 コチラのエントリーと関連して、トルコのEU加盟の可能性に、論じてみます。

 私は国際政治専門家ではないので、見当ハズレもあるかも知れませんが・・・


 かつて、東ヨーロッパにまで領土を有したイスラームの大国、オスマントルコ帝国は、第一次世界大戦で、ドイツ&オーストリア側に付き、敗戦国となりました。敗戦国は、戦勝国に裁かれるのが歴史の常。1920年のセーブル条約では、トルコは、かつてのオスマン帝国の領土のごく一部、現在のトルコよりも少し小さい領土に収められることが決まりました。この条約によると、現在のトルコ南東部のクルド人地域は、周辺国(イラク・シリア)の一部と合わせて、『クルディスタン』として別の国になるはずでした。
 しかし、弱小国になり下がったトルコで、あの有名な男が台頭します。青年将校ムスタファ・ケマル! 後に、アタ・チュルク、“トルコの父”と呼ばれるのリーダーの政治手腕により、国家の再建と外敵・ギリシアの排除が達成され、1923年のローザンヌ条約では、旧条約(セーブル条約)の取り決めを覆す形で、現在のトルコの領土が確定しました。この時、シリアの北西部・地中海岸地域もトルコ領となった為、現在でもシリアはこの地域の領有を主張しています。

 アタ・チュルクといえば、トルコの顔です。紙幣は全ての額面にアタ・チュルクの肖像画。役所や学校には必ずアタ・チュルクの肖像画。トルコを旅していて、アタ・チュルクの顔を見ない日は、まずありません。アタ・チュルクを否定することは不敬罪にあたります(多分、現在でも)。確かに、このトルコの父は、偉業を達成し、現在のトルコを導いた有能な指導者だったようです。
 アタ・チュルクが目指した、新しいトルコは、ヨーロッパ的なトルコ。ちょうど、明治期の日本のようなものです。西洋列強に追いつけと富国強兵に励んでたでしょう?日本に通ずるのは、もうひとつあります。それは英国の影響。当時、ロシアと仲が悪かった英国は、トルコを強くすることで、ロシアの拡大を阻止したかった。日本も日英同盟なんてものを結びましたよね?そんな英国の影響もあって、トルコは、敗戦国ながら、徐々に力を取り戻していきます。
 アタ・チュルクの指導は、彼が没する1938年まで続き、その理想は、その後も受け継がれました。80数年経った今でも変わりません。トルコは、ヨーロッパになることを目指しています。EUが発足した際、トルコは、真っ先に将来の加盟希望を述べました。2005年には、EUのお偉いさんが、トルコのEU加盟に関して、正式な手続きの検討を始める、と言うに至りました。


 が!?トルコのEU加盟には、大きな大きな壁があります。結論から申しますと、EUの主要国は、トルコに、EUに加盟して欲しくないのです。


 EU主要国がいうトルコの問題点とは・・・? 


『人権に関わる問題』・・・ これはクルド問題とも大きく関係しますが、部族社会の伝統を残す古い慣習が多く残ること。代表的なのは、“名誉の殺人”。かつて、クルド人地域では、不貞を働いた女性を夫や父親が家族の名誉を守るためと言って殺害しても、罪にはなりませんでした。現在では、もちろん犯罪として扱われますが、それでも年間数件“名誉の殺人”が起きています。

『アルメニア人虐殺問題』・・・ 1915年に起きた、オスマントルコの軍隊によるアルメニア人の強制退去と虐殺に対し、トルコ政府は消極的な謝罪しかしていません。この事件は、西側の意志もあり、多少の誇張があるという見方もありますが、それでもアナトリアに暮らすアルメニア人を排除したのは事実。この事件により、トルコ東部に暮らしていたアルメニア人たちは、周辺国に難民として飛び出し、現在ではその子孫たちが力を付けて、EUへ『トルコ排除』の圧力を掛けています。更に皮肉なのは、アルメニア人の排除により空白地帯となったトルコ東部にクルド人が移り住み、現在では、そのクルド人がトルコ社会の問題のひとつになっています・・・。ちなみに、アルメニアとトルコの国交は断絶したままです。

『ギリシアとの不仲とキプロス問題』・・・ ギリシアとトルコは、犬猿の仲。1920年代には、大きな戦争の末、国境線が画定し、それぞれの領土から、ギリシア系住民、トルコ系住民の強制排除がなされました。キプロスは、地中海の東、トルコの南に浮かぶ島国ですが、島民は、ギリシア系とトルコ系から成ります。このキプロス、ご存知の通り、2つに分割されていて、南のギリシア系住民の土地は、“キプロス共和国”。北のトルコ系住民の土地は、“キプロス・トルコ共和国”となっています。ギリシア、トルコともに歩み寄りが足りない気もしますが、EUは、「トルコ側に譲歩が足りない」といいます。ギリシアはすでにEU加盟国ですから、あまり悪いことは言われない。

『国民の99%がムスリムであること』・・・ 詰まるところ、これが最大の理由でしょう? キリスト教国の集合体であるヨーロッパ=EUに、イスラームの国トルコが加わることを良しとしないヨーロッパ人は少なくありません。でも・・・、「ムスリムだからダメ!」と声高に叫ぶと、信仰の自由も何もなくなってしまうので、EU主要国は言えません。
 現在のEU域内には、1000万人のムスリム人口があります。主に、北アフリカや中東からの移民たちです。この中にはかなりのトルコ系移民も含まれます。この1000万人に、更にトルコ国民7000万人が加わると、EU域内のムスリム人口は、1臆近くになります。すでに、EU内では、ムスリム市民への圧力が増大し、社会問題になっています。9.11以降、キリスト教世界に暮らすムスリムたちは、少なからず偏見と抑圧に晒されています。双方の溝は、明らかに広がっているのです・・・。「ムスリムだから、トルコはダメ!」なんて言ったら、大暴動必死です。だから、EU主要国は、人権やらアルメニア人虐殺やら、キプロス問題やらを挙げるのですよ。

『クルド人問題』・・・ 1980~90年代、PKKによるクルドの分離独立を求める激しい闘争がありました。トルコ政府軍とPKK、そして一般市民に多くの犠牲者を出しましたが、近年は落ち着いていました。しかし、最近また活発化しています。背景にあるのは、イラク戦争です。
 アメリカがフセイン政権を打倒した後、イラク北部のクルド人地域は、好景気と民族主義に湧いています。長くフセイン政権と対立してきたクルド人勢力は、新しいイラク政府の中で、大きな地位を得ることに成功しました。北イラクのクルド人地域には、比較的緑豊かな丘陵地帯と、国内の産油量の半分を占めるキルクークの油田地帯があります。もしも、この先、イラクが、シーア派地域、スンニー派地域、クルド人地域それぞれが独立した連邦制国家になった場合、クルド人地域は、豊かな国になることでしょう。しかしそれは、イラク国内のシーア派・スンニー派にとっても、近隣国イラン、シリア、トルコにとっても望ましくはありません。
 北イラクに拠点を移しているPKKは、トルコ国内でテロ活動を活発化させ、つい先日(5月末)もアンカラなどで自爆テロがありました。トルコ軍は、トルコ南東部・イラク国境付近に大部隊を配置し、テロリストの入国阻止に躍起になっていますが・・・、イラクを統治するアメリカは、シーア派・スンニー派地域での戦闘に忙しくて、北イラクのテロリスト掃討にまで手が回りません。PKKのターゲットは米兵ではなく、トルコなのですから、米軍も関心がないのでしょう…。トルコの過激な政治家は、「北イラクに侵攻して、PKKの拠点を壊滅させろ!」とまで言っています。でも、そんなことできる訳ありません。そんなことしたら、EU加盟の夢は、永遠に閉ざされるでしょう・・・。


 さぁ~て・・・、トルコはどうしたら良いのでしょう?EUに入りたい!ヨーロッパの仲間入りしたい!でも、OKしてくれない・・・。この先、EUはどこまで拡大するのか?その鍵は、トルコが握っていると言えるでしょう。

 というわけで、素人なりに色々述べてみました。専門的に勉強・研究している皆様、素人の発言ですので、ご勘弁下さい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://whereiskokoro.blog34.fc2.com/tb.php/1217-952a6016

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。