スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

足りない私… 

2010年06月15日 ヨランデと一緒に居ると、痛感します…

 俺って、勉強も努力も足りないなぁ~・・・、と

01R0013769.jpg  02R0013771.jpg
03R0013776.jpg  04R0013778.jpg
写真1/左上)宿の中庭。よく晴れた朝、気持ちよく出発準備していたら、後輪のパンクに気がついた…。てきぱき修理して、8時過ぎに走行開始。今日の目的地は、85km先のチョルテカという街です。
写真2/右上)昨晩のお宿は、エルサルバドル・ホンジュラス国境のホンジュラス側。今日からホンジュラスの走行開始!ですが、南部をちょっと横切るだけなので、距離的には140km程度しかありません。
写真3/左下)エルサルバドルの道路は穴ぼこだらけでしたが、ホンジュラスはいくらかマシかな。
写真4/右下)50kmほどを走ったところで、小さな町に到着。パンアメリカンハイウェーを逸れ、街に入ってまもなく市場を発見!

心 「ほら、ここ食堂沢山あるよ!さすがは、俺の鼻!と方向感覚!」
ヨランデ 「グッジョブ! で、何食べる?」
心 「ププサ!」
ヨ 「チーズ入りが良い?何枚食べたい??」
心 「チチャロン・コン・ケソで!2枚!」


05R0013777.jpg
写真5)チチャロン・コン・ケソ(豚皮肉とチーズ)の『ププサ』

 
 トウモロコシ粉の薄焼きパンの中に、ひき肉、煮豆、チーズなどを閉じたもので、“お好み焼きみたいな料理”という日本人旅行者も多くいます。確かに、それが一番解りやすい説明ですね。味は…、“生野菜とチリが入ってないタコス”という感じ。

 料理の注文などは、全てヨランデがしてくれます。彼女にとって、各地の料理は旅の最大の楽しみ。初めて見る料理は、お店の人に材料やら味付けやら色々と聞く習慣があるのだとか。スペイン語が堪能な彼女は、メキシコ以降、各地で美味しい食事を楽しんでいるそうです。今後数日間は、そんな彼女のチョイスに乗っかって、美味しい料理を楽しめそう。

06R0013780.jpg
写真6)午後は雨宿りをしながらの走行に…

 重たい雲が空を覆い、遠くでは雷鳴も轟いていました…。で、目指すチョルテカという街まで30kmほどのところで、雨が降り出しました…。
 大粒の雨になる前に、道路脇の売店へ避難。コカコーラの看板がある小屋の方へ向かいますが、どうやらお店は閉店している模様…。結局、その隣の民家の軒先で雨宿りさせてもらいました。
 家のおばさんと会話するヨランデ短期スペイン語レッスンでいくらかボキャブラリーが増えた私ですが、ふたりの会話をなんとなく理解するのが精一杯…。時折、私にも質問が飛んできますが、なんとなく内容は解っても的確な返答が出てきません…。ヨランデのおかげで、友好的な雰囲気の中での雨宿りとなりました。

心 「ダメだわ…。言ってることはなんとなく解るんだけど、言葉が出てこない…」
ヨ 「解ってるだろうと思った。」
心 「俺は勉強が足りんねぇ…。君が居てくれて良かったよ…」


 と、英語で会話する私たちですが、実は私、今、英語にも問題を抱えています…。

 昨日から感じてるんですけども、ヨランデと会話してるとき、咄嗟に出てくる英語がタドタドしかったり、間違った単語使ってたりするんです…。
 私、普段は、ネイティブとの会話においても不都合を感じることっては稀です。でも、今、言葉が上手く出てこないんです…。


 私、英語を話す時、日本語で考えて、それを頭の中で英語に置き換えたり・・・は、しません!英語がダイレクトに口から出てきます。
 で、スペイン語ですが…。スペイン語を聞く時・話す時、日本語で考えて、英語を経由して、それをスペイン語に置き換えたり…。日本語で考えて、スペイン語に置き換えたり…。頭の中では、3つの言語がゴチャゴチャと入り交じっています


 そりゃぁ、脳みそが混乱するはずです…。拙いスペイン語につられて、英語まで拙くなってしまってる…。3つの言語を同時に使い分けるってのは、私の脳みそには負荷が大き過ぎる作業のようです…。言うなれば、メモリーの小さなパソコンで、負荷の大きなソフトウェアを2~3つ同時に起動させて、フリーズ寸前に陥ってる状態と同じです…。

 30~40分の雨宿りの後、おばさんにお礼を告げ走行再開。まもなくまた雨が降り出したので、今度はガソリンスタンドで30分ほど雨宿りとなりました。
 チョルテカの街に着くと、三度雨が降り出しました。大粒の雨になる前に、慌てて宿入り。今夜のお宿も13ドル。でも、昨日よりはしっかりした宿です。
 宿に荷物を入れ、ヨランデが近くのスーパーに買出しに出た直後から、バケツをひっくり返したような豪雨となりました。雨脚は弱まる気配はなく、あっという間に宿の舞えの道が川と化し…、まもなくずぶ濡れのヨランデが帰って来ました。
 部屋での夕食の後、いくらか雨も弱まったので、ふたりで近所のファーストフード店へ。ホンジュラスのウェンディーズには、WIFI飛んでるんですよ☆ 私の2台のパソコンを広げて、それぞれメールのチェック。宿に戻ると、もう9時です。
 明日早朝のサッカー観戦に備えて、早めに床についた私ですが、妙に気持ちが高ぶっていて、全く眠たくありません。ベッドの隣、床にキャンプ用マットを敷いて寝ているヨランデに話しかけました。

心 「俺、勉強するわ!足りん!君と比べると俺は絶対的に言葉が足りてない!」
ヨ 「まぁ…、私にしたらスペイン語は2つ目の言葉だからね。ココロには3つ目か4つ目でしょ?難しいのは当然よ。」
心 「いや!2つ目の英語ですら足りてないんだよ。今、俺の英語も酷い状態だから、君には迷惑かけてるかもしんないけど…。ガンバルよ!勉強ガンバル!!



 英語とスペイン語を操る、一時のパートナー、ヨランデとの旅は、私に良い意味で“危機感”を与え続けてくれそうです。
スポンサーサイト

コメント

心さん、お久しぶりです。
私はジャマイカのキングストンにいます。
私は英語すら出来ないですが、私もキューバに行って、もっとスペイン語を話したい!と心から思いました。
私も少しずつですが頑張ります。
引き続き、気をつけて素敵な旅を★

はじめまして

 はじめまして。
 いつも楽しく記事を拝見しています。サラリーマンで家族持ちの
私には好きな自転車で世界一周など、夢のまた夢ですが、豊富かつ
美しい画像の数々や、飾り気のないテキストで癒されています。

 ところで…
 日本語・英語・スペイン語で苦慮されておられるようですが、私
も若い頃は添乗員としていろいろなところに行かされ、日本語・中
国語・英語で、まったく同じような経験をしました。
 一口で言ってしまえば、「慣れ」です。こう言い切ってしまうと、
何の解決にもならないのですが、伊東さんが英語がダイレクトに出
るように、英語環境の中でもスペイン語がダイレクトに出るように
なります。
 拙い私の能力でも、中国語圏でありながら英語圏、例えば一昔前
の香港などでは、気がつけば中国語・英語がそれぞれダイレクトに
出ていました。
 お客さんからは、数カ国語ができる人の頭脳が理解できない、と
言われましたが、私に言わせればプログラム書けるような人の頭脳
が理解できません(笑)

 苦しい時もあると思いますが、陰ながら応援しています。
 これからも楽しい記事や考えさせる記事を楽しみにしています!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://whereiskokoro.blog34.fc2.com/tb.php/1196-d5a868c4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。