スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

危ない!と言われている街を目指す。 

2010年06月10日 エルサルバドル入国。首都サンサルバドルを目指します。

 一気の中米走行! 1ヶ月を過ごしたグアテマラから、エルサルバドル、ホンジュラス、ニカラグア、コスタリカ、パナマ、と残る中米5ヶ国を4週間以内で駆け抜ける予定です。走行距離は2000km未満なので、1日100kmしか走らなくても、7~8日分のおつりが出る計算☆


 概して治安のよろしくない中米ですが、中でも私が警戒しているのは、エルサルバドルとニカラグア。今日はそのエルサルバドルに突入です!

01R0013582.jpg
写真1)グアテマラ/エルサルバドル国境の小さな町で宿泊してました。宿を出て2分で国境です。

02R0013589.jpg  03R0013592.jpg
04R0013596.jpg  05R0013598.jpg
写真2/左上)グアテマラ側の窓口の出国手続き(パスポートにスタンプもらうだけ)を終え、100m程向こうのエルサルバドル側へ。入国手続きは至って簡単でした。パスポートを“見せるだけ”。ベリーズを除く中米諸国は、外国人の出入国管理を統一しており、5~6ヶ国内を移動するだけならスタンプを押されることはありません。5~6ヶ国内で滞在可能日数は90日まで。最後の国(コスタリカか?パナマ?)で、また出国スタンプを押されると思います。
写真3/右上)エルサルバドル走行開始!国境の向こう側にも、長距離トラックの列が…。しばらく、緩やかな坂道を登り続けました。
写真4/左下)今日も暑くなりそうです。雨季のジメジメや雨は嬉しいものではありませんが、森や草原の緑たちには嬉しい季節。今日も強い日差しの下、きらきらと輝いてます。
写真5/右下)小さな峠を越えると、エルサルバドル第二の都市サンタ・アナが近づいてきました。が、まだまだ走行40kmほど。今日は100km走って首都サンサルバドルを目指します。

06R0013605.jpg  07R0013601.jpg
08R0013614.jpg  09R0013623.jpg
写真6/左上)サンタアナを過ぎたところでお昼休み。
写真7/右上)チキン煮込み定食。2.5ドルなり。エルサルバドルは、自国通貨を廃止して米ドルを使う国。計算はしやすいのですが…、安い!安い!と思って、逆に沢山使ってしまいそうな危うさを覚えます
写真8/左下)さすが、首都と第二の都市を結ぶ道。概して整備されてるパンアメリカンハイウェーですが、ここらは特にしっかり整備されてます。
写真9/右下)あっ!ホントにあった!! 見て!見て!よく見て! 南から来た旅行者に「エルサルバドルに、アレがあった!」と聞いてはいたのですが、まさか!?という感じでした。でも、ありましたね、本当に。飛び込みたい気持ちをグッと抑えて、走りすぎました…。また今度見かけたら行ってみます。

10R0013644.jpg  11R0013652.jpg
12R0013655.jpg  13R0013657.jpg
写真10/左上)サンサルバドル手前にもうひとつ峠がありました。
写真11/右上)峠の向こうを一気!徐々に増す交通量と荒れる路面に苦戦しながらも、雨が降り出す前にサンサルバドル中心部に到着しました。
写真12/左下)宿を探してウロウロしていたら、英語を解する看板屋の兄ちゃんが声を掛けてきました。
写真13/右下)サンサルバドル旧市街の中心部は、町全体が市場みたいになっちゃってます。片側1車線の道路の両脇に露店が並んでて、歩行者と車がその間を通ります。もうグチャグチャです…。でも、活気があってワクワクしますね。

 サンサルバドル、隣国グアテマラの首都グアテマラシティ並みに治安がよろしくない場所と聞いていましたが…、明るいうちなら大丈夫そう。バスターミナル近くの宿(12ドル)を取り、2~3泊過ごすことにします。


 さて…、最後になりましたが、私の治安・自己防衛に関する意識・対策などご紹介しましょう…。

 世界にはアチコチ危ない場所はあります。そういう場所を訪れねばならないことも多々あります。もちろん、極力避けてはいるつもりです。避けられぬ場合は、最新の治安状況や、危険な地域の情報をしっかりと下調べした後に、足を運ぶことにしています。
 中米の国々に関して言うと、概して治安はよろしくない。けれども、殺し合いが頻発してるとか、爆弾テロがあるとか、通りを10歩進むと強盗に遭うとか、そういう世界ではありません。
 その土地に暮らす人々は、普通に生活しています。もちろん、貴重品を持ち歩かないとか、夜間の一人歩きはしないとか、背後に気をつけるとか、歩くルートを選ぶとか、家の鍵は2~3重に閉めるとか、対策はとってます。


 で、私も当然のこととして、そのような対策をとっています。

 以下、私が注意していること。①危険なエリアには立ち寄らない。②周囲の人々の服装や仕草を常に観察。③人通りが少ない場所は避ける。④後ろから近づいてくる人には注意する。⑤お金は隠しポケットに。⑥カバンは極力持たない。持つ場合は体の前面に。⑦夜間の外出はしない。⑧ひとりで酒は飲まない(飲酒は警戒心を緩めます)。などなど。

 もう15年目となった旅人生。20歳前後には色々と痛い目にも遭ってます。その経験が、今の旅に生きてると思います。対策はしっかりしつつ、現地の生活や人々への関心を失わぬよう、これからも旅を楽しもうと思います。


 さ、明日はサンサルバドル散策だ☆

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://whereiskokoro.blog34.fc2.com/tb.php/1193-3d54e767

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。