スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グアテマラ東部大横断! 

2010年06月07日~09日 大横断!って言ってみても、まぁ、グアテマラ、小さな国ですからね…。

 包丁による手の怪我と、フットサル大会のための練習による筋肉痛で、結局6泊したアンティグア。ここから東隣のエルサルバドルまでは距離にして僅か200kmほど。厳しい上り下りも勘案して、3日間の走行でエルサルバドルを目指します。


01IMGP9219.jpg
写真1)出発の朝は良い天気☆ アグア火山がキレイに見えてます。今日は暑くなりそうです…。

02R0013553.jpg  03MGP9228.jpg
04IMGP9225.jpg  05IMGP9233.jpg
写真2/左上)9時過ぎ、ちょっと遅めの出発。宿の前で皆に見送ってもらいました。この2ヶ月ほど、常に日本人がいる環境に身を置いてきましたが、この先1ヶ月ほどは日本人との遭遇はないでしょう。「みなさん、ありがとうございました!じゃっ!!」
写真3/右上)アンティグアのシンボル、時計塔にお別れをして、郊外へ!
写真4/左下)道…、どっちでしょう? 適当に走り出したものの、アンティグアを出る道がわからず、しばらくガタガタの石畳を彷徨いました…。
写真5/右下)ほどなく、町の東の山を越える国道を発見! 向かうは首都グアテマラ・シティ!

06IMGP9234.jpg  07IMGP9235.jpg
08IMGP9237.jpg  09IMGP9239.jpg
写真6/左上)グアテマラ・シティは、中米でも屈指の危険都市と言われています…。道中、こういう店を何件か見たんですが…。なんか、嫌だなぁ~…。
写真7/右上)グアテマラ・シティまでは僅か40kmほど。ひとつ峠を越えたら、もう市街地が見えてきます。
写真8/左下)それにしても、標識、凄くないですか? 世界中で似たようなデザインの標識を見てきましたが、グアテマラのが一番!! “急”です
写真9/右下)今夜はグアテマラ・シティに宿を取ろうかと思ってましたが、予想以上に早く着いてしまったので、通過することにしました。道路脇には、先日のパカヤ火山噴火で降り注いだ火山灰が沢山残っています。

10IMGP9243.jpg  11IMGP9246.jpg
12R0013556.jpg  13R0013559.jpg
写真10/左上)新市街の片隅にある水道橋跡。コレといった見所でもありませんが…。
写真11/右上)1時間ほどで市街を抜け、盆地の反対側の山を登り始めました。振り返ると、グアテマラ・シティの市街地と、盆地の向こうの山の、そのまた向こうに聳えるアグア火山の雄姿が。
写真12/左下)シティを過ぎてしばらくはひたすら上り坂が続きましたが、峠を越えると、長い長い下り坂に☆ 途中、まだ噴煙燻るパカヤ火山が拝めるかなぁ~?と思ってましたが、雲のため見えず…。でも、道路脇の岩肌が、火山のすぐ近くであることを感じさせてくれました。
写真13/右下)走行距離は80kmほど。まだ雨雲はなく、日も高いので、もう少し先まで進めそうでしたが…。暑さにやられて、頭痛がし始めてたので、今日は小さな街の安くないホテル(1泊100ケツァル/約1200円)にチェックイン…



 とにかく一気に走り続けますよ! 続いて、翌8日の走行記録。

14R0013558.jpg  15R0013561.jpg
16R0013564.jpg  17R0013565.jpg
写真14/左上)こんなとこに泊まってました。シャワー・トイレ・テレビ付きの部屋ですが…、断水のため、ほとんどの時間帯で水が使えませんでした…。1200円も出したのに…。
写真15/右上)山国グアテマラですが、東に進むにしたがって標高が下がってきました。ここらはもう500m前後。ケツァルテナンゴやアンティグアと比べると5度ほど気温が高く、日中は38℃でした。暑い!
写真16/左下)で、午後の雨はスコールです。ほんの200~300kmしか走ってなくても海抜が変わると、雨の降り方も変わります。海抜2000m超の山の町では、小粒な雨がシトシトと降ることが多いのですが、海抜1000m以下ではスコールが普通のようです。
写真17/右下)1時間ほど木陰で雨宿りしたら、また強い日差しが戻ってきました。雨の後1時間もせずに、道路が乾いてきました。

18R0013567.jpg  19R0013569.jpg
写真18/左)この日は70kmほどで走行終了。まだまだ走れるけども…、この先、ホテルがありそうな町は国境まで更に50kmはなさそうなので。手持ちのグアテマラ通貨ケツァルが多めに残ってるので…、今夜の食事は豪勢に『Domino Pizza』!!
写真19/右)これが大失敗・・・!?混雑する店で30分以上待たされ、出てきたのは、なんと!?Mサイズのピザ2枚!! 今、キャンペーン中なんだそうで…。いくらピザ好きで大食漢の私といえども、パン生地のMサイズピザ(3~4人用)を2枚平らげることはできません・・・。1枚だけ平らげて、もう1枚は朝食用に。


 さぁ、もう1日分の記録もどうぞ! 9日の走行です。

20R0013570_20100620080042.jpg  21R0013573_20100620080041.jpg
22R0013574_20100620080041.jpg  23R0013575_20100620080040.jpg
写真20/左上)こんな部屋に泊まってました。1泊80ケツァル(約1000円)。こちらのホテルでは、自転車を部屋に入れさせてくれるので、カバンを外す必要がなく、出発準備も楽チンです。
写真21/右上)今日も良い天気! 平坦な道が続き、快調な走り…ができずはずが、朝食に食べたMサイズ・ピザ4分の3枚が、胃に重たくて…。朝から体が重いんです。
写真22/左下)目指すエルサルバドル国境までは50kmほど。お昼前には国境越えられるかな。
写真23/右下)国境地帯、ずいぶんとのどかなところです。グアテマラとエルサルバドルを結ぶ幹線道路は2つ走っていて、どちらもパンアメリカンハイウェー。私が走ってる北側のは、長距離トラックなどが多く通るルートらしい。南側のは、国際バスなどが通るルートらしい。

24R0013577_20100620080725.jpg  25R0013580_20100620080724.jpg
写真24/左)国境手前5kmぐらいは、ずっとこんな感じでした。ずぅ~っと続く、トラックの列! その先頭にたどり着くと、国境の町らしい雑多な感じの小さな町がありました。そのまま国境を越えるつもりだったのですが…、手持ちのグアテマラ・ケツァルがまだ10ドル分くらい余ってる…。国境の両替商に米ドルに買えて貰おうとレートを聞いてみたところ、あまりレートがよろしくない。まぁ、よろしくないって言ったって、10ドル当たり1ドルも損しないんですけども(笑)
写真25/右)国境越えは明日にして、残るお金でグアテマラ側のホテルに部屋を取りました。この日は夕方から激しい雷雨になり、早々に走行終えたのは良い判断だったと思いました。
 あっ、写真に写ってるの、見えますか? 今日のルームメイトです。ありえない!?部屋の中にカエルがいました。

 3日間の走行で、グアテマラの東端まで来ました。グアテマラの西の端からの総走行距離600km未満。山ばかりなので、どこも楽な走行ではありませんでしたが、距離を見てみると、やはりグアテマラって小さな国ですね。

 明日からは、もっと小さなエルサルバドルを走ります!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://whereiskokoro.blog34.fc2.com/tb.php/1192-f7edf751

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。