スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンティグア写真館 

2010年06月06日 アンティグアの街並み写真館です。

 世界遺産の街・アンティグア正式名称は、アンティグア・グアテマラ(Antigua Guatemala)。意味は、古いグアテマラ。スペイン統治時代の古い街並みを残す古都です。

 スペイン統治時代の古い街といえば、メキシコでも沢山目にしてきました。どこも重厚・壮麗なコロニアル建築が印象的でした。

 で、ここアンティグアですが…、ちと、いや、随分と、その趣が違うんですよ。

 アンティグア写真館、一気にご紹介いたします!


01R0013440.jpg
写真1)街のシンボルは、なんと言っても、このお山! 『アグア火山』

 “グアテマラ富士”の異名を持つ、富士山そっくりの山です。海抜もかなり近くて、3765m。16世紀、グアテマラ総督府の3番目の首都として拓かれたアンティグア(当時の名はサンチアゴ・デ・ロス・カバイェーロス)は、この美しいアグア火山によって、200年後には首都としての歴史を閉じることとなります。

 火山の噴火ではありません。1773年の大地震で壊滅しちゃったんです・・・。

02R0013401.jpg  03R0013442.jpg
04R0013449.jpg  05R0013450.jpg
写真2/左上)中央広場で見かけた良く似たふたり(ひとりと一匹)。一度は放置された街ですが、長い時間をかけて、のどかな観光都市へと変わりました。
写真3/右上)街角で花を売る夫婦。この静かな街は、世界遺産に登録されています。
写真4/左下)街の北側にある十字架の丘。
写真5/右下)素晴らしい眺望です! アグア火山が見えたら、最高なんですけどね…。雨季ですから、早朝ぐらいしかその姿は拝めません。

06R0013452.jpg  07R0013465.jpg
08R0013480.jpg  09R0013483.jpg
写真6/左上)この街の教会に多く取り入れられている『ムデハル様式』は、14~16世紀にスペインで流行った建築様式。イスラーム建築とキリスト教建築の融合! なんですけども…、ほとんどの教会が地震で倒壊してますから…、修復された境界に“いかにも!ムデハル!!”という様式を見出すのは難しいかも…。
写真7/右上)この日のお昼ご飯は屋台で済ませました。ジュース屋の陽水さん。
写真8/左下)炭焼き牛肉タコスを頂きました。
写真9/右下)アイス売りのおじいさん。道路はどこもかしこも、こういうガッタ!ガタッ!!の石畳なので、荷車押すのは大変そう…。

10R0013484.jpg  11R0013498.jpg
12R0013501.jpg  13R0013510.jpg
写真10/左上)街のシンボルのひとつ『時計塔』。日曜日の今日は、通りでジャグリングのステージが行われてました。
写真11/右上)こちらは、親子のマリンバ演奏(左隅)。知ってました?マリンバの起源はアフリカにありますが、現在の形になったのは、ここグアテマラなんですよ。
写真12/左下)さすがは世界遺産の観光地! 街の中心のパルケ(広場)には、無料のWIFIが飛んでるんですよ☆
写真13/右下)日曜日のお昼です。パルケでは、南米からの旅の楽団が演奏していました。遠巻きに見物する人々の輪の内側で、幼い姉妹がアイスに夢中☆

14R0013516.jpg  15R0013518.jpg
写真14/左)おやつタイムに、小洒落たカフェへ。今日のお散歩、5月のメキシコ・シティ以来、ちょこちょこ遊んでくれてた静さんとの最後の一日。やはり、女性は、美味しいカフェを知ってますね☆
写真15/右)この店の名物、巨大なケーキ! これが…、甘いのなんの…。ちと、いや、甘過ぎ…。おかわり自由なコーヒーはGOODでした。

16R0013517.jpg
写真16)ここのカフェの噴水なんですけど…。凄い勢いでした。なぜか?アンティグアには、こういう噴水が多いんですよね。

17R0013520.jpg  18R0013521.jpg
19R0013527.jpg  20R0013530.jpg
写真17/左上)カフェから出ると、なんだか空が薄暗い…。そろそろ雨が来るかしら。こちら、パルケの東側に建つ、カテドラル(大聖堂)。普通、正面入り口から入って、真正面に祭壇が設けられるものですが…。ここは、再建された際、入って右手(南側)に祭壇が作られました。本来あるべき入り口正面(東側)は、壁で塞がれており、壁の向こう側は柱や壁だけを残す廃墟のままです。
写真18/右上)街の民家も、かなりの年代物。何度も壁を塗り直したんでしょうね。たまに、古い壁の色が出てるところを目にします。
写真19/左下)この左手は教会の跡。壁と柱は残ってますが、再建されてません。
写真20/右下)こちらは、再建されてる大きな教会。ファザードの右側に立つ成人の像が、もの凄ぉ~く気になった…。画像が荒くて視にくいと思いますが、携帯電話で話してるように見えて仕方がないんです。

21R0013531.jpg  22R0013406.jpg
23R0013534.jpg  24R0013538.jpg
写真21/左上)写真20の教会。北側の礼拝堂は天井が落ちたままの状態でした。
写真22/右上)こちら、別の日に撮った夜景。倒壊後再建されなかった教会のファザードです。これはこれで趣があってキレイ。
写真23/左下)街の南の方、人混みに惹かれて行ってみると…。どうやら、教会でお祭りをやってるようです。お昼前、十字架の丘から花火が見えたのですが、この教会だったんですね。昼間の行事を終え、夜のミサまでの中休みといったところでしょうか。
写真24/右下)教会の近所の道には、ピンクに塗られた木屑で飾られてました。何に使ったんだろう…?昼間に来れば良かったなぁ…。

25R0013542.jpg  26R0013545.jpg
27R0013547.jpg  28R0013403.jpg
写真25/左上)街中の小さな広場沿いにあったもの。なんだか解りますか? 洗濯場です。今では水道が繋がってないので、洗濯に使ってる人はいませんが…。歴史を感じる、素敵な空間でした。
写真26/右上)時々、歩道でこういうタイルを見るんです。よく視ると、車椅子のマーク。概して段差だらけのアンティグアの歩道ですが、車椅子マークがあるところは、段差が低く、障害物も少なく作られているようです。
写真27/左下)こういうタイルもよく視ます。解りますよね?
写真28/右下)最後に1枚おまけ。街に唯一ある日本食レストラン『KABUKI』の鶏唐揚げ定食! 40ケツァル(約480円)なり☆ 美味かったっス☆


 アンティグア、私は6泊で去ることとなります。この街でスペイン語スクールに通う旅行者も多く、数ヶ月滞在しているという人も珍しくはありません。
 もっとのんびり滞在してみたかったな…。風情ある街並みと、おしゃれなカフェやレストランがたくさんのアンティグア。


 また、機会があったら・・・。

 って・・・無いでしょうけども。いつか、また歩きたいです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://whereiskokoro.blog34.fc2.com/tb.php/1179-131b5fa7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。