スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グアテマラ名物『チキンバス』 

2010年05年20日 ジェットコースター以上です。

01R0013193.jpg
写真1)コレ、なんだかご存知ですか?


 アメリカのスクールバス?


 そうです。昔は、そうでした。



 今は、グアテマラで第二の人生を送っています。アメリカで毎日子供たちを送り迎えしていたスクールバス。古くなったものは、グアテマラに売られ、グアテマラの人々の足として大活躍しています☆


 この元スクールバス、旅行者の間では『チキンバス』と呼ばれています。


 なんで、チキン? さぁ・・・、何ででしょう? 察するに、『乗っててドキドキさせられるから?』=チキン(腰抜け)になってしまうから??


02R0013211.jpg
写真2)車内はこんな感じ。

 元々がスクールバスです。子供たちが乗るように設計させているので、座席の感覚がとても狭い…。払い下げでグアテマラにやってきても、改装などはしないんです…。
 でも、グアテマラ人は概して小さい(女性は150cm前後、男性は160cm前後)ので、狭い座席でもあまり問題はなさそうです。というか、こういう乗り物だと皆さん考えてるでしょうから、「狭い」とすら感じていないかも知れません。

 日本なら、通路を挟んで『2/2』で座りますよね? グアテマラでは違いますよ。あの座席に『3/3』で座ります。いくら小柄なグアテマラ人とて、アメリカの子供たちが『2/2』で座っていた座席に『3/3』でゆったり座れるわけはありません…。


 どうするかって?


 『2.5/2.5』で座るんですよ。


 まず2人ずつ座ります。後から来た客は、おしり半分だけ座ります。子供や小柄な女性がひとりでも居ると、3人キレイに収まることもあります。が、概して、3人目はお尻半分程度です(笑)

 バスの運賃は政府の援助もあり、安く抑えられています。1~2時間乗って、5~10ケツァル(60円~120円)程度。でも、路線や時間帯によっては、ギュー!ギュー!!に混雑するので、安いなりの乗り心地です…。



 おまけに! スピード出し過ぎなんです…。


03R0013334.jpg
写真3)これは酷かった!! サンマルコス~ケツァルテナンゴ間で利用した暴走チキンバス。上下左右前後に激しく揺れるため、走行中に撮った車内の写真はブレブレ…。


 たぶん、見通しの良い道では、100~120kmは出てる思います。見通しが悪くて、60~70kmってとこでしょうか。前の車が遅いと、果敢に追い抜きます
 グアテマラ、どこもかしこも山だらけ! 急カーブだらけ! 道幅も狭い!!そんな道ばかりなんですよ…? そういう道を、猛スピードで駆け抜けるんです。アメリカ人も、まさか、子供のころ乗ったスクールバスが、グアテマラの山道を猛スピードで走り回っているとは激走しているとは思わないでしょうね。

 猛スピードで山道を走ります。当然、体は左右に激しく揺さぶられます。背もたれが子供サイズなので、頭を固定できず、居眠りは非常に困難です。“2.5人目”になっちゃったら、カーブの度に、0.5しか乗ってないお尻が0.3になってしまうので、腕や足で踏ん張り続けねばなりません。

 よくまぁ、コレで事故が起きないもんですね・・・。

 もちろん、毎日あちこちで事故は起きてると思いますけども。


 意外と、事故現場を見ないんです。私が今までに乗った数台のバスが、たまたま暴走バスだったのかも知れません・・・。が、概して、運転が乱暴なのは確かです。


 グアテマラでジェットコースター並み(以上!?)のスリルを味わいたかったら、ぜひぜひ『チキンバス』にご乗車を☆




 って・・・、何やら悪いことばかり書いた『チキンバス』・・・。

 実は私、嫌いではないのです。

 なぜか嫌いになれない。それは、たぶん、グアテマラの人々が日常的に使っているバスだからだと思います。ギューギューに乗客が詰まったバスの中。隣の人との距離は0cm、前の人との距離は30cm。乗車してきた人は、「ブエノス・ディーアス」、「ブエナス・ノーチェス」(それぞれ、おはよう、こんにちは)と挨拶をする。

 地元の人々との距離が極端に近いんです。グアテマラに居るんだなぁ~!!って、強烈に感じる空間なんです。


 だから私、暴走バスであっても、チキンバスが嫌いになれないんです・・・。
スポンサーサイト

コメント

グアテマラ人・おそるべし!

こころです。

しょうこさん、コメントありがとうございます。


> あれってたまに3+1+3で7人座りますよね.あの狭い通路の、座席と座席の間に1人.
> 私はチキンバスを乗り継いでコスタリカまでやってきましたが、そんなことするのはグアテマラ人だけでした。
> グアテマラ人,おそるべし!
 →ほうほう!鮨詰めチキンバス、グアテマラだけなんですね。確かに、アレが普通なグアテマラ人、おそるべし!ですね。

 グアテマラ、小さな国ですから、自転車で横断しても10日かかりません。しかし、不思議なんですよね・・・。あれだけ激しい運転でしょ?なのに、谷底とかに車が転がってないんです。それに、事故現場も見ていない。

 たまたまこれまでの5日間・400kmで目撃しなかっただけかも知れませんが・・・。

 運転が荒く、道路が狭くて曲がりくねった地域は、海外、たくさんあります。中国の山岳地、雲南省や貴州省、四川省などを思い出してみると・・・、『危なそうだな』と感じる道では、かなりの確立で、谷底に落ちた車・トラック・バスを目にしたものです。

 グアテマラ人、中国人よりも運転が上手なのか???

 或いは、谷が深すぎて、落っこちた車が見えないだけなのかも・・・???


 まぁ、どうであれ、私はこれからも周囲の車に注意して走り続けたいと思います☆

あれってたまに3+1+3で7人座りますよね.あの狭い通路の、座席と座席の間に1人.
私はチキンバスを乗り継いでコスタリカまでやってきましたが、そんなことするのはグアテマラ人だけでした。
グアテマラ人,おそるべし!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://whereiskokoro.blog34.fc2.com/tb.php/1171-46c389df

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。