スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国立人類学博物館へ行こう! 

2010年03月18日 面白い偶像の宝庫です。

 メキシコの古代文明といえば?・・・オルメカ文明、マヤ文明、アステカ文明(帝国)あたりを思い出しますかね。それらは、メソアメリカ文明とひとくくりに定義されることもあります。概ね、メキシコ~ホンジュラスにかけての中米で繁栄したピラミッドや神殿を築いた文明の総称と解釈しても良いかと。
 私…、このメソアメリカ文明の歴史は、さっぱり??なんですよね・・・。旧大陸の歴史ならば、一般的な知識以上のモノは有しておるつもりですが・・・。
 中南米の歴史・・・、知っているのは、スペイン人の上陸後に限られます。スペイン人上陸以前のマヤ、アステカの歴史は、全くと言って良いほど解りません。創世神話などの知識があれば、出土した神像や偶像の意味も察することができるでしょうけども…、ガイドブックの巻末にある程度の知識しか、用意してきませんでした。

 というわけで、小難しい話は抜きにしましょう。

 小難しい話はできんのです。


00IMGP6871.jpg
写真1)ようこそ☆ 国立人類学博物館へ!!

 メソアメリカ、各文明の出土品。面白い顔の偶像が多かった☆ 私のお気に入りたちを一気にご紹介します!写真番号もキャプションも無しです。

IMGP6844.jpg  IMGP6847.jpg
IMGP6849.jpg  IMGP6852.jpg
IMGP6855.jpg  IMGP6872.jpg
IMGP6874.jpg  IMGP6877.jpg
IMGP6882.jpg  IMGP6891.jpg
IMGP6897.jpg  IMGP6908.jpg
IMGP6914.jpg  

 可愛い顔が多いでしょう?シュールなやつもいましたね(笑)


 以下、有名どころをいくつかご紹介。

01IMGP6876.jpg  02IMGP6861.jpg
03IMGP6907.jpg  04MGP6901.jpg
写真2/左上)オルメカ文明(紀元前1250頃~紀元前後)の、有名な『サン・ロレンソの巨頭像』
写真3/右上)マヤ文明(紀元前3世紀~16世紀頃)のパレンケ遺跡出土、『パカル王のヒスイの仮面』
写真4/左下)トルテカ文明(7世紀~12世紀頃)のトゥーラ遺跡出土、『戦士の像』
写真5/右下)アステカ帝国(1325年~1521年頃)の、『アステカカレンダー』

05IMGP6899.jpg  06IMGP6893.jpg
07IMGP6890.jpg  08IMGP6922.jpg
写真6/左上)アステカの神のひとり『コアトリクエ』。蛇の腰巻や骸骨を飾った…、ちょっと怖い地母神。
写真7/右上)アステカの都・テノチティトラン(現在のメキシコ・シティ)を描いた絵。現在2000万人が暮らす世界最大都市のひとつメキシコシティは、ほんの500年前まで、テスココ湖という湖に浮かぶ島だったんです!湖はスペイン人によって埋めたてられましたが、湖の名残は、南部のソチミルコに運河として残っています。
写真8/左下)広い博物館の中庭。なかなか凝った作りをしてます。
写真9/右下)私が最後に除いたのが、先史時代の展示室。氷河期にベーリング海峡を渡ってきた人類が、どのようにアメリカ大陸に広がって行ったか?を説明する展示物に混じって、大きな骸骨のパネル。これ、見る角度によって、骸骨になったり、人の顔になったりします。

 いやぁ~・・・、広かった!たっぷり3時間見ました。きちんと歴史を勉強して来てたら、丸一日楽しめたでしょう、きっと。でも、歴史が解らなくても、その見た目の面白さは存分に味わうことができました。

 メソアメリカ文明、この先も触れる機会は沢山ありますから、少しは勉強しようと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://whereiskokoro.blog34.fc2.com/tb.php/1167-0cfd1073

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。