スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケツァルテナンゴ到着 

2010年05月06日 グアテマラ、山ばっかりです…

 昨夕、グアテマラに入国しました。が、まだメキシコとの違いは、全く感じません。通貨が変わりましたが、1メキシコ・ペソ=約8円、1グアテマラ・ケツァル=約12円、なのでモノの値段もあまり変わった気がしません。

01IMGP8569.jpg  02IMGP8571.jpg
写真1/左)あっ!宿代は激安でした。この部屋、トイレ・シャワー共同で1泊310円程度
写真2/右)朝食は国境の町ラ・メシヤの飯屋で済ませました。鶏肉と野菜のスープに、トルティージャ(トウモロコシ粉の薄焼きパン)。メキシコ料理と大差なし。

03IMGP8581.jpg  04IMGP8583.jpg
05IMGP8591.jpg  06IMGP8596.jpg
写真3/左上)今日も深い山の中をひた走ります。海抜800m程度からスタートして、2日間で150km南、海抜2300mのシェラという街を目指します。
写真4/右上)ほんっと・・・、深い山ですこと!路肩のない狭い道路が続きますが、交通量がほとんど無いので走行は楽です。
写真5/左下)なんじゃこりゃぁ!?
写真6/右下)なんか・・・、通せんぼされてますけども・・・

 通過する村々で、必ずやってるんです。“通せんぼ” 写真5の村なんて、村人総出?と思うほど、人々が道に溢れていて、村に入る道路を封鎖し、何やらプラカード的な張り出しを掲げていました。程度の差はあれ、どこの村も似たような感じです・・・。
 どうやら、ストライキか何かのようです。道路封鎖してるので、村はずれには長い車の列ができています。私は、何食わぬ顔で封鎖の隙間をすり抜け、何食わぬ顔で村人たちと挨拶しながら走り抜け続けました。

07IMGP8597.jpg  08IMGP8605.jpg
写真7/左)徐々に標高もあがり、まもなく1500m突破。真昼間でも気温は30℃ほど。やはり、高原は涼しくて良いです。
写真8/右)今日の目標はウエウエテナンゴという街。残り20kmの地点で、大掛かりな道路封鎖に捕まりました!今まで通り、何食わぬ顔で封鎖をすり抜けようとしたのですが・・・、2重3重に張られたロープで道路を塞いでおり、抜けられません・・・。結局20分ほどゴネテてる内に、ロープ封鎖の一部が緩んだので、そこから抜け出せました。

09IMGP8608.jpg
写真9)着いた!今夜のお宿は、ウエウエテナンゴ(国道から8km奥)の手前・国道脇にあったホテル。トイレ・シャワー・TV付きで、60ケツァル(約730円)は安いですね☆

10IMGP8610.jpg  11IMGP8613.jpg
12IMGP8615.jpg  13IMGP8619.jpg
写真10/左上)5月7日の走行スタート。今日も緩やかに登り下りの連続です・・・。
写真11/右上)ダラダラと緩やかに登り続けます。海抜2500mくらい。どこまで行っても深い山・・・。
写真12/左下)昨日ATMで下ろしたお金が少な過ぎて、お昼ご飯代がなかったので、お昼はラーメンで済ませました。で、昼食ほどなく・・・、見えてきました! 富士山のようなシルエットのサンタ・マリア山! あの麓が目指すケツァルテナンゴ(旧名・シェラ)です!
写真13/右下)最後の30kmほどで少しずつ標高を下げます。

14IMGP8622.jpg  15IMGP8624.jpg
写真14/左)クアトロ・カミーノスという町を抜け、国道から15kmほど入ると、シェラの中心部。あと少しです!
写真15/右)シェラの中心部に到着! ここ、グアテマラ第二の都市らしいのですが・・・、随分とこじんまりとしたところですねぇ~。


 まぁ、のどかで良い感じじゃないですか!

 インディヘナの人々が多くて、古ぼけた感じの町並みも素敵です☆


 お宿は、日本人宿『タカ・ハウス』へ。タカさんというオーナーさんが経営している宿で、スペイン語教室も兼ねています。このタカハウスを拠点に、2週間ほど、スペイン語のレッスンを受けることにします。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://whereiskokoro.blog34.fc2.com/tb.php/1164-30aa4e5f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。