スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

闘牛場へ行こう! 

2010年03月14日 『闘牛へ行こう!』だったんですよね・・・。

 メキシコ・シティに着いたら行こうと思ってました。オーレ!オーレ!のアレ! 闘牛☆です。 私、スペインで何度か闘牛見てきました。久しぶりに、また見たい!!

 ということで、メキシコシティで闘牛が開催されている日曜日に、同宿の旅行者を集めて闘牛観戦ツアーを催しました。

 3月14日午後3時頃~ 

 闘牛へ行こう!

 希望者は、ドミトリー2のこころまで。



 集まったのは、私を含めて8人。添乗員(?)は私。闘牛場までのアクセス方法を確認し、料金の相場を調べ…、では皆さん行きましょう!!


01IMGP6679_20100329160941.jpg
写真1) オ~・・・・ レ??? アレ!?  レ・・・??

 8人の中で闘牛の観戦経験があるのは私だけ。会場到着までの間に、客席のシステムや闘牛の進行についてなど、ウンチクを披露しながら向いました。せっかくの観戦なんですから、楽しんでもらわないとね!

02IMGP6694.jpg  03IMGP6676.jpg
04R0012662.jpg  05IMGP6681.jpg
写真2/左上)地下鉄2回乗り換えて、最寄駅から徒歩7~8分。着いた! メキシコシティの闘牛場は世界最大なんだそうです!確かにデカイ!!
写真3/右上)けど・・・、人がいない・・・!?
写真4/左下)あれ? これはもしかして・・・!?というか、確実に、はいそうです。
写真5/右下)本日、闘牛ございません!!

 会場到着直後、思わず絶叫してしまいました。

 「ウソぉ~ん!?マジすか・・・??」

 会場のゲートは閉まってるし、チケットブースも閉まってるし・・・。なにより、もう闘牛開始してるはずの4時なのに、闘牛場の中も外も、全く!全くっ!! 人の気配がありません・・・。
 スペイン語ペラペラのミナミちゃんの通訳で、ゲートの内側にいた警備員のおじさんから事情を聞けました。なんと!?今年のシーズンは、先週で終わっているとのこと・・・。主催者として、最悪の展開です。私、会場に問い合わせの電話とかしてません。観光案内所で調べたわけでもありません。ガイドブックに、『2~4月もやってる』と書いてたのを鵜呑みにしてたんです・・・。

こころ 「ごめんなさい!! 闘牛やってませんでした・・・」

06R0012647.jpg  07R0012649_20100329161240.jpg
08R0012652_20100329161239.jpg  09R0012654_20100329161239.jpg
写真6/左上)せっかくここまで来たので、警備員のおじさんにお小遣い払って、闘牛場を見学させてもらいました。
写真7/右上)右を見ても、誰もいません。
写真8/左下)中央を見ると、馬が数頭・・・
写真9/右下)おお!?馬がいるぅ~!! 大盛り上がりの皆さん(笑) はい、演出です。

10IMGP6692.jpg  11R0012666.jpg

写真10/左)マタドール・サイトウくん。闘牛・ココロ。
写真11/右)馬と写真撮影。

 大きな大きな闘牛場でした。スペインで大きなのと言うと、セビージャの闘牛場が大きかった印象がありますが、比ではありません。なんと!3万8千人入るというではないですか!!野球場並みですよ。もしも、ここが超満員になったら・・・、さぞかし、熱気ムンムンの熱い闘牛となることでしょう!!
 空っぽの闘牛場を見学できるのも、ある意味で贅沢な体験です。が、それは多分私だけ…。闘牛を見たことあるから、空っぽの闘牛場にも面白さを感じるんでしょう、きっと・・・。他の7人には申し訳ない想いで・・・、いっぱいです。ガイドブックなんぞに騙されるなんて・・・、添乗員として致命的です。まぁ、これは添乗ではありませんが・・・、やはり、皆には楽しんで欲しかったんです。空っぽの闘牛場を見ながら、皆さんには、闘牛の歴史やら、闘牛の進行などなどを説明させて頂きました。

 中央では、馬が3頭、おじさんに引かれて、ぐるぐるぐるぐる回っていました。ピカドールが乗る馬でしょうか。かなり立派な体格です。闘牛のシーズンが終わって、馬の調教などをしているのかも知れません・・・。
 せっかくだから、と、下に降りてみたら、調教師のおじさん「入っておいでよ」ですと! そこに入り口などはありません。8人、塀を乗り越えて、観客席から中へ飛び下りました。代わる代わる馬とのツーショット写真を撮った後、闘牛士(マタドール)セニョール・サイトウと、鎮西の暴れ牛・ココロイトーの真剣勝負!!




 皆さん、これで勘弁して下さい・・・。





12IMGP6695.jpg
写真12)1時間ほどで、闘牛“場”観戦ツアーは終了。馬の調教師のおじさんと、警備員のおじさんに少しずつチップを渡して、闘牛場の外にでました。


 皆さん、いくらか楽しんでくれてはいました。が、やはり、闘牛を見せたかったです・・・。


 この夜、不完全燃焼で一日を終えぬよう、宿で盛大なテキーラパーティーを催しました。参加者は闘牛ツアーの8人に、他の宿泊客も加えて15名ほど。テキーラ大瓶3本と、ビール沢山、おつまみ少々で、25時くらいまで賑やかな夜となりました。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://whereiskokoro.blog34.fc2.com/tb.php/1135-5db5e71d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。