スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨なんてヘッチャラなのです☆ 

2010年02月02日 特に、マットは・・・

 怪しい雲行きの夜でしたが、朝まで雨はありませんでした。夜が明け、空を見上げると・・・。『うぅ~ん・・・、曇ってんなぁ~・・・』。天気が良ければ、午前はビーチでゴロゴロして午後スタートの予定でしたが、いくら待っても太陽は顔を出さんでしょう・・・。いつもより1時間だけ遅い出発としました。

IMGP4433.jpg  IMGP4437.jpg
写真1/左)私だけテント張ってました。雨降るかと思って。それに、少し風邪気味なので・・・。
写真2/右)シーカヤック、面白そぉ~! これだけ静かな海面だと、よほど私が渡ったユーコン川のラバージ湖よりも、湖っぽい・・・。白波のレイクラバージで遭難みたいな感じになった時の話・・・

IMGP4438_20100304111426.jpg  IMGP4442_20100304111425.jpg
写真3/左)雲は南西方向(写真の奥)から流れてきます。これ天気が崩れる時の雲の動き。私、日々の観察から、そういうことがすぐに解るようになります。
写真4/右)走り出して間もなく、マングローブを発見!! もうここらは北緯27度付近。沖縄本島と変わらぬ緯度です。

IMGP4445.jpg  IMGP4446_20100304111425.jpg
写真5/左)記念すべき瞬間! 旅行再開後の走行距離が1万kmとなりました☆ 一時帰国時点で、総走行距離は45533km。今日、55533kmを超えました。
写真6/右)これがアラスカ・アンカレジから1万km先にあった風景です。海沿いの山の峠道、景色も何もあったもんじゃない・・・。

IMGP4447.jpg  IMGP4450.jpg
写真7/左)道が海岸線に近付いたところで、昼食休憩を兼ねて、ビーチへ。このバイク、ここ数日何度かすれ違ってるバイクです。見たことあるバイクがあったのにも驚きましたが、そこにパトリックが居たのにはもっと驚きました!「おお!野郎ども!どうしてここに居ると解ったんだ?」って・・・。「いやいや、たまたま下りてきたビーチにあなたが居たんですよ(笑)」
写真8/右)小一時間、パトリックのキャンピングカーの前で休んだ後、走行再開。空、いつ降ってもおかしくない感じですけど・・・。そろそろ来るかな・・・?

IMGP4454_20100304112937.jpg
写真8)1万1111km毎に訪れる、なんだか良いことありそうな瞬間。5度目の記念的瞬間☆ 55555km!

 その後、海から離れ、海抜300~400mの山道に入ると・・・。来ました! 雨!!


 1時間ほどでしたが、酷い雨でした。写真はありません。メチャクチャ降ってたので、カメラなんて出せませんよ。

 私は雨具の上着だけ着て、腰から下は濡れるにまかせてました。すぐに、レーサーパンツ(サイクリング用スパッツ)はずぶ濡れになり、ピッチピチのパンツが更にピッチ!ピッチッ!に・・・。グレッグとカットも上着のみ。ジョシュとマットは、雨具無しで、濡れるがまま・・・

 まぁ、私たち、これくらいの雨、ヘッチャラですから☆ サイクリストが、雨だ雨だ弱音を吐くわけにはゆきません!

 って・・・、独りだったら、ちょっと凹むんですけどね・・・。今日は5人だから、なんだか雨も楽しかった☆

IMGP4455.jpg
写真9)午後の雨は1時間ほどで止みました。6時前、寝床を探す私たち、道路脇の森の中に古い東屋を見つけました。この写真は翌朝撮影。

 屋根の真ん中に大きな穴がありましたが、多少の雨なら、濡れずに済みそう。4人が夕食の支度をしている間に、私は早々とテントを設営。「またさっきみたいな雨になったら、絶対濡れる!」と思って。マットは「えっ?屋根があるじゃん!」と、今日も寝袋ひとつで寝る気満々・・・。

 夕食の片づけをしていると、また雨が降り出しました。なるほど、マットが陣取ったところはうまい具合に雨が降り込んでません。が、ジョシュとグレッグが陣取った付近は、風向きが悪くジャンジャン雨が降り込みます・・・。で、カットは・・・?

カット 「私は?どこに寝たら良い・・・?」
マット 「俺の隣は?」
カット 「うぅ~ん・・・、ちょっと狭い・・・」
こころ 「マット、そこさぁ、ちょうどマットの体のとこだけ雨が当たってないんだよ。ちょっと逸れると、濡れちゃうよ?」
カット 「じゃぁ・・・、私、こっちに・・・。あっ、ここだめか・・・」
こころ 「カット、俺のテント使いなよ。」


 というわけで、今日はペアの入れ替えがありました。私のテント2人用ですから、カットが寝るスペースは充分にあります。普段、私、クイーンベッドサイズのテントで優雅に眠ってますから。女性が隣にいても、気にならないくらいの広さはあります。男2人並んで寝ても、窮屈ではありません。

 雨はシトシトと夜半過ぎまで降り続きました・・・。大粒の雨は当たらないにしても、マットの寝袋、小さな飛沫で濡れちゃってるんじゃないでしょうか・・・? 面倒臭がらず、テント張れば良いのに・・・。さすがは、雨が良く降る国から来た男・・・ってとこでしょうか?

 サイクリストは、皆、雨ぐらいヘッチャラなのです!!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://whereiskokoro.blog34.fc2.com/tb.php/1113-32343895

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。