スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カーニバルがあるんです・・・ 

2010年02月01日 そろそろ、カーニバルのことを考えねばなりませんね。

1R0012340.jpg
写真1)コルテス湾が朝焼けに染まりました。昨晩は久々にセーブなしでビールを煽りましたから、目覚めが悪いかな…?と思ってましたが、意外とスッキリお目覚め☆

 風の強い夜でした。気温は低くはなかったのですが、それが良くなかった・・・。私の寝袋、氷点下までいけるやつなので、気温10℃以上の夜に全身入ってると少し暑いんです。温かい夜は、ジッパーを開けて、掛け布団のようにして使うのですが・・・。風が強いから、そうするとちょっと寒い。肩から下はちょっと暑い・・・、肩から上はちょっと寒い・・・。おかげで、今朝は少し鼻水が出ます・・・。風邪ひいたかな?


2R0012350.jpg
写真2)朝食後、出発前に全員で写真撮影! 私、顔が腫れてますね(笑) やはり、飲み過ぎてたようです・・・。

 しかし・・・、こうやって並んでみると、ジョシュもグレッグも、カットも、背が高いなぁ~!と再認識。私、最近ですね・・・、自分が大きくなったような気がしてるんですよ(笑)。もちろん、身長は167.5cmから変わってないはずですが・・・。メキシコ人って、あまり背が高くないのです。日本人と大差ありません。周囲の身長が下がったことで、相対的に自分が大きくなった気になっちゃうんです(笑)
 で、欧州・北米人5人の中に私が入ると・・・、やはり、小さいな・・・。ってか、ジョシュ!グレッグ!カット!!そんなに大きかったの!?となるわけです。

3IMGP4396.jpg
写真3)パトリックにお別れを告げ、今日も5人で走行開始! 3kmほど走ってところで昨晩の浜を振り返ります。パトリックのキャンピングカー、見えますか?

4IMGP4398.jpg 5IMGP4400.jpg
写真4/左)サンタ・ロザリオを過ぎると、あっ!昨日の車!!
写真5/右)昨日の夕方、私らを追い抜いてった車なのですが、追い付きました。

 これら、移動遊園地の機材のようです。きっと、というか、確実に!カーニバルで使うやつでしょう!!

 メキシコは2月10日から各地でカーニバルが催されます。カーニバルって聞くと、ブラジルの“リオのカーニバル”を思い出すでしょう?あれと同じです。元々、宗教的なお祭りであったカーニバル。2月中旬は、ラテンアメリカ各地でカーニバルが催されるのです。
 メキシコ各地でありますが、中でも賑やかと評判なのが、マサトラン(Mazatlan)という町。バハ・カリフォルニア半島南端のラパスから、真東にコルテス湾を渡った対岸にある港町です。ラパスのカーニバルも大きな方だと聞きます。この移動遊園地は、ラパスか、マサトランのカーニバル会場に向かってるんでしょうね。

6IMGP4404.jpg  7IMGP4405.jpg
8IMGP4409.jpg  9IMGP4411.jpg
写真6/左上)昼食後、海沿いに連なる小さな山々を超えると、ムレヘ(Mulege)の町が見えてきました。
写真7/右上)エンセナーダ以来の、久しぶりの町らしい町です。古い建物や教会がありました。グエレロネグロは漁村を大きくしただけ…、という感じでしたから。
写真8/左下)一時別行動。私とマットとジョシュは、ネットカフェへ。カットとグレッグは、お菓子食べながら暇潰し・・・。
写真9/右下)この街でも、英語の看板が目につきます。バハ・カリフォル半島は、米国人のお手軽な旅行先なんです。

 さて、メールチェックが終わったところで、ちょっとした話し合い。皆、マサトランのカーニバルに行くつもりなのは知ってます。が、詳しいことは決めてません・・・。

心 「マット、マサトランのステイ先は確保できた?」
マ 「いや…。今日、メール送ったばかりだから、ラパスに着く頃にはハッキリするよ、多分。」
グ 「ココはどうする?」
心 「うぅ~ん…、マットが泊まるって一般家庭にお邪魔できるのなら、行きたいんだけどね…。」


 マット、メキシコ入国後間もなく、メキシコ・リーグのサッカー選手と出会い、マットが通過するあちこちの町で「○○さんを訪ねな!」と、連絡先を沢山貰ったんだそうです。マサトランには、そのサッカー選手の親戚が住んでるそうで。低予算のマットは地元民の家に泊まれるなら泊まります。私も、カーニバル期間中の宿の予約などしていないので、できれば、そこに転がり込みたい・・・。ジョシュ&グレッグは、キャンプ場を探していくつもりとのこと。

 結局、『まぁ、とりあえず、ラパス着いてから考えようか?』ということになりました。ここからラパスまでは5~6日の走行。ずっと一緒でも良いのですが、私はライター仕事の都合で、途中のロレトという町で脱落するつもりであることを告げました。

10IMGP4415.jpg  11IMGP4422.jpg
12IMGP4424.jpg  13IMGP4431.jpg
写真10/左上)ムレヘの町外れ。植生が南国っぽくなってきましたねぇ~。
写真11/右上)夕方の2時間で、小さな峠を2つ越え、再び海沿いの道になりました!
写真12/左下)青い海に飛び込むマットちゃん☆23歳 ここのビーチ、凄く遠浅で・・・、彼はこの後もしばらく走り続けてました(笑)
写真13/右下)このビーチは公営のキャンプ場でした。使用料は1サイト80ペソ。私ら5人ですから、ひとり16ペソ(130円)でした。月が出るのが遅くなり、夜は星空を楽しみました。

 静かでとてもキレイなビーチです。この先、ロレトという町を過ぎると、ラパスまで海はありませんから、「明日は午前中、ここでのんびり遊んでから、午後スタートにしよう!」ということになりました。

 ただ・・・、気になるのが空模様・・・。夕方から、時々真っ黒な雲が流れてくるんですよね・・・。

 ラジオの天気予報によると、明日・明後日は雨の確率40%・・・。さて、どうなりますやら・・・?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://whereiskokoro.blog34.fc2.com/tb.php/1112-2e196338

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。