スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロンドン橋ぃ~♪ 

2010年01月23日 落ちぃ~るぅ♪ 落ちぃ~るぅ~♪


 天気予報の通り1週間続いた悪天候・・・。今朝はモーテルのカーテンの隙間から指す、朝日に起こされました。

IMGP3809.jpg
写真1) これぞ!バハ・カリフォルニア!!


 バハ・カリ☆ この強烈な日差しこそが! バハ・カリでしょう!!

 これでようやく走れるぞぉ~!!



 で、朝から大がかりな片付け作業です。2泊したモーテルの部屋の中は、ひっちゃかめっちゃか!

 泥まみれになってたので、泥が乾いてから落とそうと思ったけど、まだ泥が乾いてないキャンプ用品。乾かないだろうなと思って洗ったけど、やはり乾かなかった5日分の洗濯物。扇風機の風に当て無理やり乾かした、やたらと臭うようになってしまった靴。ちょっと錆びが浮いてきた自転車のチェーン。昨晩の夕食に使ったまま、まだ洗っていない鍋と箸…。ベッドの上も、テーブルも、床も、バスルームも、とにかくモノが散乱しています。

 出発準備には時間がかかりそうですが、時計はまだ8時。モーテルのチェックアウトは12時でしょうから、まだ4時間はあります。今日も午後だけで50~60km走ることにして、地図を出してルートを確認。ボチボチ準備を始めたところで、宿のおばちゃんの姿が見えました。

心 「ブエナス! えっと、あのぉ~、私、お昼、自転車、走ります。」(片言スペイン語)
おばちゃん 「ブエナス! 今日は良い天気ね。でも、●×△☆▼※○●■▽☆よ!
心 「えっ?はい、いい天気ですね。」



 ん・・・? 何・・・?? 何て言ったんでしょう・・・???

 うぅ~ん・・・、おばちゃんの、あの後半部分の話は何だったんだろう?? 私のスペイン語能力では、理解不能・・・。きっと、「良かったわね。これがバハのいつもの空よ。」みたいな感じでしょうか・・・。でも、なんだか表情が険しかったような・・・?


 まぁ、気にせず作業作業! おばちゃんに物干しスペースを教えてもらい、そこにテントやら洗濯物やらを掛けます。半乾きですから、お昼までには乾いてくれるでしょう。
 続いて、部屋の玄関先で自転車のメンテナンス。泥水を被った自転車は、あっという間に傷みが出ます。チェーンオイルは、マメに塗っていますが、塩気を含んだ泥水に晒されたため、すっかりオイルが流れ錆びが浮いています・・・。このチェーンはもう捨てましょうか。使用4300kmほどで、まだ2000kmは使うつもりでしたが、一度錆びが出てしまったチェーンは急激に傷んでしまいますからね。錆びは一度も出さない!これ大事☆ 

 で、チェーン交換を始めた私に歩み寄る男性が・・・

男 「やぁ!おはよう。君か、自転車の旅行者ってのは。南に行くんだろう?」(英語)
心 「あ、おはようございます。えぇ、自転車でラパスまで。」
男 「じゃぁ、車に乗って行くと良い。」
心 「それじゃダメなんですよ。自転車の旅ですから、自転車で走るんです。」
男 「そうかい。でも、橋が落ちてるから、川を渡る時は、車に載せなきゃね。」
心 「えっ?橋が落ちてるの!?


 驚きましたが、まぁ、驚くようなことでもないのかな。あの暴風雨です。バケツをひっくり返したような雨もありました。植生に乏しいバハの山々に降った雨が、鉄砲水や土石流となることは想像に難くありません。ここまで3日間の、僅か90kmの道のりでも、小さな崖崩れや水没した道路を目にしました。

 そうか・・・、橋が流れましたか・・・。きっと、今朝、宿のおばちゃんが言ってたのも、このことに違いありません。


 その男性が言うには、四駆でも渡河は困難とのこと。自力で渡れない車は、荷台の大きなトラックに載せて渡ってるんだそうです。まぁ・・・、ちと面倒そうですが、渡れないことはないってこと。川の前後だけヒッチしましょうか。

男 「見てくれよ。俺の車もドロッドロ・・・。泥だらけ!」
心 「川を渡って来たんですか?」
男 「ああ。大変だったよ。川を渡るのに3時間かかった。途中、スタックもしちまって。」


 車高の高い四駆のピックアップトラック、後部はタイヤの上まで泥を被ってました。このおじさん、英語を話しますが地元民です。聞けば、こんな大雨は数年ぶり?いや、十数年ぶり?だとのこと。えらい、嵐に当たってしまったもんです、私・・・。


 やぁ~めた!!

 出発は明日に延期します。河原もドロドロらしいですから、ヒッチしても泥を被ることになっちゃうかも知れません。川で泥を浴びなくて済んだとしても、道路脇の赤土の荒野はどこもまだ湿ってますから、乾いた野宿場所はないでしょう・・・。
 今日一日待てば、いくらか川の水も減るはず。路肩の泥も乾くはず。荒野の土も乾くはず。つまり、渡河も走行も野宿も楽になる・・・、はず!


 というわけで、もう1泊分、270ペソを支払い、今日も宿でのんびりとなりました。

 

 もう停電はないでしょうから、今日はスペイン語の勉強と、原稿書きに費やすこととします。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://whereiskokoro.blog34.fc2.com/tb.php/1089-989494a2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。