スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小さな出会い小話・米国⑤ 

2009年12日24日 クリスマス・イブでした。

 去年のクリスマス・イブは、どこだったけか?米国の田舎町で、何もなく、普通に過ごしました。昨年は北米縦断中で、忙しく走らねばならなかったので、カレンダー関係なく走り続けてました。

 今年は、メキシコで土地のクリスマスを体験するつもりでしたが・・・。自転車パーツの入手に苦戦し、結局ロサンゼルスで迎えることに・・・

 もともと私、クリスマスやら、バレンタインやら、ホワイトデーなど、ここ数十年で日本に浸透したイベントに関心・執着が薄い人・・・。天邪鬼なんでしょうね?世間がそれ一色に染まっていると、逆に興味がなくなってしまうのです・・・。えっ?モテない男のヒガミって?いえいえ、彼女がいても、好きな女性がいても、あまり関係ないんですよ


 ラスベガスでクリスマスを過ごすことが決定的となった12月20日頃、心に決めました。今年も、静かに過ごそう・・・。と。

 ここの宿の宿泊客、若いバックパッカーが多く、毎夜毎夜サロンは酔った若者で大賑わい!時にはイライラするほどの大騒ぎをしています・・・。きっと、24日25日は酷いに違いない・・・。私は賑やか過ぎるところで大騒ぎするのが苦手(多少は楽しめますが、こここのはホント賑やか過ぎる!)なので、24日はサロンには寄りつかないつもりでした。


 でも、結局24日は、サロンでワイングラス片手にお喋りしてました。


 宿泊客の多くが外で飲みに行ってたようで、サロンが比較的静かだったんです。

 それに、素敵な飲み相手がいました。日本人旅行者の女性。短期留学を終え、米国を旅行中で、帰国間際。



 クリスマス・イブとか、そういうの関係なく、とても楽しく、思い出深い晩餐でした☆

 安いワインが、特別美味しく感じました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://whereiskokoro.blog34.fc2.com/tb.php/1084-c9aefc01

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。