スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まだ冬でしたっけ・・・? 

2009年12月09日 ラスベガス出発! デスバレーへ向けて走りだしました。

 ラスベガス、到着した11月末は随分温かく感じたのですが、11泊の間に寒くなりました。気温が少しずつ下がってきてることもありますが、寒さに強かった私の体が訛ってきているんでしょう・・・。
 とはいえ、日中の気温は10℃はありますし、走っていたら、汗ばむくらいの日差しがあります。この先、もう南米のアンデス走行まで、氷点下の旅はないだろう、と、ラスベガスで装備品の衣替えを行いました。厚手の服はカバンの底へ。朝晩はまだ一桁ですから、長袖フリースと、ウインドストッパーのベストは出しやすいところに。

IMGP2991.jpg   IMGP2992.jpg
IMGP2998.jpg   IMGP2999.jpg
写真1/上左)宿を出て、『ストリップ大通り』を南へ。夜の街とはまた違う雰囲気です。これ、ベネチアの何とか橋。
写真2/上右)夜は光と音の噴水ショーをやってる、あそこ。
写真3/下左)ルクソール・ホテル前のスフィンクス。その目の前に、モノレールが停車中。
写真4/下右)同じくルクソール・ホテル前のオベリスク。カルトゥーシュが刻まれてますが、あの中のヒエログリフは、ファラオの名でしょうか…?ホテルのオーナーや出資者の名前だったりして!?

 交通量の多い道を慎重に走ります。気温は12℃。日差しが強いので、暑いくらい。市街地の南、空港の近所のガソリンスタンドでフローズンコーラを買いました。店員さん、「寒くないのか?」って。いいえ、暑いんです、私。

 向かう、デスバレー国立公園は、ラスベガスから見て、真西の方角。海抜0メートル以下に位置する深い谷への出入りには、標高1000m超の峠を越えねばなりません。
 ラスベガスの標高が500mぐらいでしょうから・・・。ちょっとは登らなきゃいけないでしょうけど、まぁ大したことはないでしょう。

IMGP3002.jpg
写真5)ん? 雪山!?


 確かに雪山です。地図を見ると、スキー場もあるような・・・、しっかりした山のようです・・・。

 大丈夫!それくらい知ってました。の山の稜線をかすて、時計回りに山を迂回するはずです。ラスベガス郊外の住宅地を抜け、山に向かって走り続けます。進路は北西、左頬を射す日差しが暑い…。

IMGP3003.jpg
写真6)休憩に寄ったガソリンスタンドで、ロードランナーを見ました!!初めてちゃんと見た☆ ワーナーブラザーズのアニメで有名な、あの鳥。過去何度か目撃してるのですが、あまりに足が速くて、カメラを向ける前に姿を消してしまうんです(笑)ここのスタンドでは、店主が餌付けしてるようで、餌を貰おうとあちらから近づいてきました。

IMGP3009.jpg   IMGP3010.jpg
写真7/左)うぅ~ん・・・、ちょっと予想と違ったなぁ~・・・。随分と山を登って来てしまいました。背後にラスベガスの街並みが見降ろせます。
写真8/右)うぅ~ん・・・、冷えてきたなぁ~・・・。雪が残る山の東側斜面。日没1時間前で、気温は-4℃!?

IMGP3012.jpg   IMGP3016.jpg
写真9/左)それもそのはず・・・、峠のてっぺんの標高は約1600mありました。1000mを越えたところから、道路脇には雪・・・。
写真10/右)雪の上の野宿は嫌です!とにかく!下れるとこまで下ろう!!陽が沈んだ後も、とにかく下って下って、雪がなくなるまで走り続けました。

 気温は-5℃。レインウェアを着てはいましたが、長いダウンヒルで体の芯まで冷えてしまいました。

 結局、雪がなくなった海抜1000m付近の道路脇で、野宿となりました。

 まだ・・・、衣替えには早かったな・・・。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://whereiskokoro.blog34.fc2.com/tb.php/1074-67efcab6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。