スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザイオン国立公園写真館 

2009年11月25日 ザイオン国立公園を満喫しました。

 大量の写真で、荒々しくも美しい大地を紹介します。25枚の写真!ジャンジャンいきましょう!


 文字の着色やサイズ変更すると、フリーズしてしまうので…、装飾は一切なしでいきます。

1IMGP2725.jpg
写真1)今日も良い天気!ザイオン国立公園の2日目がスタート!

 以下、4枚ずつ写真が並んでます。キャプションは、『左上』『右上』『左下』『右下』の順番です。

2IMGP2730.jpg  3IMGP2733.jpg
4IMGP2737.jpg  5IMGP2739.jpg

写真2)公園南玄関手前の村。白い教会が赤い大地に映えます。この写真の直後、タイヤがパンクしてタイムロス。
写真3)お昼前になって…、見えてきました、公園南口。あの谷から先がザイオン国立公園。
写真4)南の入園ゲート。車の列に並びます。入場料は昨日支払ってますので、ゲートでチケット見せるのみ。
写真5)南ゲートの横にあるキャンプ場にチェックイン。ちょうど感謝祭の祝日前とあって、冬場だと言うのに、キャンプ客がたくさんいました。

6IMGP2744.jpg  7IMGP2751.jpg
8IMGP2754.jpg  9IMGP2759.jpg

写真6)荷物をおろして身軽になった自転車で、峡谷の奥へ!
写真7)5km!まだ行きます。
写真8)10km!まだ行きます。
写真9)峡谷の岩山は高さ300~800mといったところでしょうか。狭い谷の底には、川沿いに幅数百mの森があって、鹿の姿がちらほら。


10IMGP2765.jpg  11IMGP2769.jpg
12IMGP2770.jpg  13IMGP2773.jpg

写真10)峡谷の半分くらいまで来ました。
写真11)これ以上行くのは止めて、自転車を降り、崖の上に続くトレイルを歩きます!
写真12)あの岩山の上に立つのです。
写真13)谷底の森を抜け、さぁ、行きますよ!


14IMGP2777.jpg  15IMGP2779.jpg
16IMGP2790.jpg  17R0011671.jpg

写真14)崖に張り付くようにトレイルが!
写真15)『ハァハァ、ゼ~ゼ~』言いながら登ります。これでまだ4分の1くらい。
写真16)一旦緩やかな登りになった後、またジグザグ直登!
写真17)猛烈に登った30分!頂上と思われるところに着きました!呼吸が落ち着いたところで、記念撮影。私の場所解りますか?

18IMGP2793o.jpg  19R00116710.jpg
20IMGP27973.jpg  21IMGP2809.jpg

写真18)あれ?こっちにも道がある!? まだ頂上ではありませんでした。
写真19)最後はトレッキングと言うよりも、クライミングでした・・・。ようやく本当の頂上に到着!
写真20)ここは『エンジェル・ランディング』というそうです。確かに、そんな感じのとこですね。
写真21)日が傾き、深い谷の底に日が射さなくなってきました。案内板によると、ここまでは2時間かかるとのことでしたが、私は45分で登って来ました。膝が笑い気味ですが、ここから下るのもまた大変・・・。でも、まだ明るいうちにキャンプ場に戻りたいので、帰りもハイペースで下ることになります・・。


22IMGP2810.jpg 23IMGP2820.jpg
24IMGP2824.jpg 25IMGP2827.jpg


写真22)こんなとこ下るんですよ!? すんごいでしょう?
写真23)下り終えると、膝がキリキリしてました・・・。でも、明るいうちにキャンプ場に戻れるぞ!
写真24)昨日お野菜買ってるので、今日は野菜炒めの夕飯なんです。だから、明るい内に帰ってきました。
写真25)日が暮れるます・・・。赤い岩山が徐々に闇に溶けてゆきます・・・。


 ザイオン国立公園、初日は午後のみ、2日目も午後のみ、の見学でしたが。充分に満喫できました。


 それにしても、『エンジェルランディング』への、あの険しいトレイルには驚きました。高いところ大好きな私には、スリリングで楽しい崖登りでしたが・・・。あれで、大丈夫なんでしょうかね・・・?
 ほとんど崖登りですよ?岩は砂岩なので、細かい砂が浮いてて、下手すると足が滑ります。そういうトレイルを、鎖を伝って登っていくんです。途中、推定5歳・8歳の子供を連れた親子に会いました。子供たち、歩いてましたよ・・・。
 日本だったら、転落者が出て、閉鎖されてるであろうレベルです。米国の個人主義の現れでしょうか。事故があっても、自己責任・・・。それはそれで良いと思います、私は。このような険しくも美しい大自然を体感するには、厳しいトレイルも仕方ありません。

 ザイオン、またいつか、トレッキングしに来てみたいですね・・・。大きなザック背負って、3~4日で公園縦走できるそうですから。楽しいと思います、きっと。

 明日はザイオンを離れます。夜は、月に照らされた静かな岩山を楽しみました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://whereiskokoro.blog34.fc2.com/tb.php/1068-cf52a949

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。