スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メキシコの『TANG』 いろいろ 

2010年01月13日 メキシコ入り後、初めてスーパーに行きました。

 エンセナーダは米国国境から100kmほどの距離ということもあり(?)、スーパーの棚には、米国でよく見ていた商品が多くありました。

 が、やはり、メキシコですねぇ~☆

 価格は安いし、メキシコならではのモノがいろいろと目に飛び込んできました。

 美味しくカラフルなメキシコ料理や食材の話は、おいおい紹介していくとして・・・、今日は『TANG』をご紹介します。


 『TANG』日本では見ないと思いますが、アジア、アフリカ、ヨーロッパ、北米の各国で、これまでよくお世話になってきました。粉ジュースです。色んな味があるのですが、オレンジやアップルは大抵どこの国にもあって、風味もまぁ無難・・・。特別美味しいものでもありませんが、私、川の水や井戸水、飲料用ではない水道水などを濾過して飲む時は、このTANG(または類似品)で味付けして飲むことが多いです。

 メキシコ入り後、初日に宿泊したモーテルで、水道水の不味さに驚きました。「うぁ~・・・、なんか臭いで・・・」

 エンセナーダ到着後、ホステルのキッチンで、気が付きました。『水道水は飲んじゃダメ』って張り紙が・・・。なるほど、だからあちこちで巨大なタンク(30リットルくらい?)入りの飲料水が売られてるんですね。・・・納得。

 それで?かどうか解りませんが、メキシコの『TANG』シリーズは充実しているようです。目についたものを色々買ってきました。

R0012164.jpg
写真1) まずは、驚きレベルの低いものを4つ。

 ①左上:アップル風味・・・ まぁ、定番です。
 ②右上:ライム風味・・・ ハズレではないと思います。
 ③右下:グァバ風味・・・ 南国らしいですねぇ~。美味しいかも。
 ④左下:スイカ風味・・・ なんか薄そうですね・・・(笑)

R0012166.jpg
写真2) 続いて、キワモノ系を3つ!!

 ⑤左:タマリンド風味・・・ 日本では馴染みないと思いますが、アフリカ熱帯産のマメです。インドや東南アジアでも栽培されてますが、中米でも一般的なのでしょうか。私、タマリンドは、アフリカで何度か食べました。実物のタマリンドは、甘くて、ちょっと酸味が強い・・・。不味くはないけど、私は好んで食べ続けようとは思いませんでした(笑)

 ⑥中:サボテンの実風味・・・ サボテンの実、南欧や北アフリカでは一般的なフルーツです。あの種の多さが面倒ですが、味はさっぱりと甘くて私は好き。かつて、モロッコやスペインなどで、好んで食べていました。

 ⑦右:オルチャータ風味・・・ 10年以上前スペイン・バレンシアで飲んだ記憶があります。“飲む杏仁豆腐”みたいな感じだったと記憶しています。意外と美味しかったような。スペインでは一般的な飲み物です。
 このTANGのパッケージを見てると・・・、どうもお米が原料のようです。えぇ!?お米で杏仁豆腐になるの!?と思って、WIKIで調べてみました。ら、スペインでは、チュファという植物の地下茎をすり潰して材料にしているそうですが、ここメキシコではチュファが高いので、お米で代用してるんだとか。へぇ~・・・、で、どんな味になるんだろう・・・?ちょっと怖い感じしますけど・・・。ハズレの匂いがぷんぷんします・・・。


 これらのTANG、1袋で2リットルのジュースができて、お値段は3.2ペソ(約25円)です。

 どれから試してみようかなぁ~・・・? 2リットルにもなっちゃいますからねぇ~・・・。ハズレだったら地獄です。

 今後、ひとつずつ楽しみたいと思います。いつか改めて、その評価を報告します。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://whereiskokoro.blog34.fc2.com/tb.php/1064-50c1efbf

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。