スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小さな出会い小話・米国② 

2009年11月末 ラスベガスのホステルにて。米国人旅行者との台所で立ち話。

男性 「良い匂いだね?中華料理?」
心 「チャーハン作ってんの。中華って言えば中華だけど、日本風かな?これは。」
男性 「ん?何か違うのか?」
心 「いや、もともとチャーハンは中華料理だからね、中華は中華なんだよ。でも、使ってる調味料が和風だから、日本風って言ったの。」
男性 「ややこしいな(笑)そもそも俺、中国と日本の違いが解らないんだけど…。君は日本人か?日本は社会主義国なのか?
心 「日本人です。日本は、この60年間、あなたがたアメリカに従って、西側陣営・民主主義国家・自由主義国家として発展してきましたのよ・・・。」
男性 「中国は?社会主義だろう?」
心 「そう。中国と日本は別の国ね。そこは解るでしょ?」
男性 「原爆を落とされたのは、日本だったっけな?
心 「あのねぇ!それくらい知っとけよ!!広島も、日本!長崎も日本!落としたのは、アメリカだよ。」
男性 「落としたのは知ってるよ、アメリカだ。でも中国も核爆弾持ってるって聞くしさ。そこらへんどうも曖昧になっちゃうんだよね。」
心 「“持ってる”と“落とされた”は全く別物じゃない?? 君・・・、休暇が終わったら、実家に帰って、卒業した小学校の歴史の授業と国語(英語)の授業を受け直してきなさい・・・。


 これは酷い・・・。でも、まぁ、日本と中国の線引きが曖昧な人は、世界中に沢山います。実際、遠くの国に暮らす人々にとって、その違いを認識するのは難しいものです。
 でもでも、米国人なんだから・・・、原爆投下した国が日本だということくらい知っておくべきですよね。彼には、怒りを通り越して、呆れるしかありませんでした・・・。

 うぅ~ん・・・、日本の存在感って薄過ぎなのかな・・・?政府にはもっと頑張ってもらわないと・・・。

 で、私も頑張らないと!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://whereiskokoro.blog34.fc2.com/tb.php/1050-b9a7e7c4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。