スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イエローストーン国立公園入り 

2009年10月30日 冬季閉鎖の2日前に入れました。

 米国初の国立公園(世界初でもある)『イエローストーン国立公園』は、ワイオミング州北西部、モンタナ州南部、アイダホ州南東部、3つの州の境目にある広大な国立公園。ロッキー山脈の分水界上にあり、平均海抜は2000m以上。北米で最大の火山帯の上にあり、園内各地で温泉や間欠泉が噴き出しています。

 私、そのイエローストーンに何があるのか?ロッキー山中に位置し、世界最大の間欠泉があることくらいしか知りませんでした。が、その名前は旅を始めた10代の頃から知っており、その響きが持つ、“なんだか凄そう!キレイそう!”なイメージばかりが、膨らみ続けていました。


 さぁ!漠然とした憧れを抱き続けてきた『イエローストーン』に突入です!

1IMGP2263.jpg
写真1)起点となるボーズマンを発った29日、気温は0℃前後と低いですが、日差しのおかげで雪は融け続けています。

2R0011449.jpg  3IMGP2266.jpg
写真2/左)29日夕方。進路は南へ。川沿いに谷を登り、少しずつ標高を上げていきます。
写真3/右)29日は、公園入り口の50kmほど手前、川沿いの森の中で野宿。ここらはまだ大丈夫だとは思いますが・・・、この先、国立公園内は、また熊に遭遇するリスクを抱えての野宿となります。

4IMGP2275.jpg  5IMGP2277.jpg
写真4/左)30日午後。イエローストーン国立公園の入り口のひとつ・ガーディナーに到着。観光客向けのホテルやお土産屋がならぶ小さな町ですが、もう冬とあって、閑散としていました・・・
写真5/右)ガーディナーの町で違和感を覚える看板を発見!『シーフード・パスタ』って・・・。ここ、大陸分水界のすぐ近くです。太平洋からも、大西洋からも、とっても離れている、ロッキーの山奥の奥です。冷凍保存の技術や物流網って凄いなぁ~と改めて感心。

6IMGP2278.jpg
写真6)さて、ここが北の玄関です! 長い歴史を感じさせるものが少ない米国では珍しく、歴史を感じさせてくれる建造物でした。世界最古の国立公園の門です。建って100年ちょっとの門ですが。

 入園料は12ドル。1週間の滞在が可能ですが、公園は3日後の未明にはゲートが閉じてしまいます。ゲートの係官は、「君が今年最後のサイクリストだろうね」と言ってました。はい、私もそう思います。


 さぁ、閉園間近のイエローストーン国立公園を満喫するぞぉ~!!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://whereiskokoro.blog34.fc2.com/tb.php/1034-8d1175e1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。