スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あの場所に、帰って来ました・・・ 

2009年12月18日 帰ってきました。

 ロサンゼルスの隣町サンタモニカ。今年1月26日、北米横断を終えた場所。そして、愛車・初代自右衛門号を失った場所。その町に、今日、帰って来ました。
 10カ月半ぶりです。5ヶ月の一時帰国の後、アラスカから北米を縦断して5ヶ月半・・・。私は、この場所に帰って来ました。サンタモニカ海岸、太平洋に突き出した『サンタモニカ・ピアー』その突端・・・。


IMGP3311.jpg
写真1)あの日見た太平洋とはまた違う、感慨深さがありました・・・


 いかん・・・、涙出てきそう・・・
IMGP4121.jpg
写真2)前回訪れた時の写真。この写真が、愛車『自右衛門号』(初代)を写した最後の写真となりました。

 → 2009年1月26日、前回のサンタモニカ・ピラー到着


 LA入りを果たした今日は、とにかく大変な走行でした。大都会、起伏のある地形、細い道路、荒い車の運転…。事故を起こさぬよう、細心の注意を払いながらの、気を磨り減らすサイクリングです。しかし、サンタモニカ・マウンテンズを越え、太平洋が目に飛び込んできた時には、興奮のあまり、雄叫びをあげてしまいました。

 帰ってきたぞぉ~!!

 海辺のサイクリング道に出た後、賑やかなサンタモニカ海岸の道路を上機嫌で流しました。徐々に近づいてくる、知ってる風景。辿り着いた、サンタモニカ・ピラー・・・。観光客からの奇異の視線を感じながらも、荷物満載の自転車を押して、桟橋の突端まで歩きました・・・。

 あの場所に立つと・・・、様々な感情が湧き起こり、全身に鳥肌が・・・。喜怒哀楽全ての感情をミックスされ、心の中でそれが大爆発を起こした後、真っ白で穏やかな感覚だけが残りました。

 なんか、今・・・、何かが弾けて、何かがひとつ私に入ってきました・・・。そんな感じ。


 自転車の傍らで、ひとり海を眺める私。コクリと頷いて、大事な儀式を終えました。昨秋&冬の『北米横断の軌跡』の終着点に、この夏以降アラスカから刻んできた『北米縦断の軌跡』を繋げる儀式。それは、私の苦い思い出を浄化するための儀式でもありました。


 地球一周分の旅の末、不覚にも盗まれ失ってしまった、初代の愛車『自右衛門号』・・・。今日私は、ここに残されていたその魂を、新しい相棒・『二代目・自右衛門号』とともに、この地で拾い上げ、回収しました。今、私が跨る自転車には、2台分の魂が宿っています。


 って・・・ おかしなこと言ってるんでしょうね、私、今。

 でもね、そういう気分なんですよ、本当に。そういう気がするんですよ、本当に。


 ここから新しい旅のステージに突入します! 次のステージはメキシコです!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://whereiskokoro.blog34.fc2.com/tb.php/1029-ff20392d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。