スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カウボーイと会おう! 

2009年10月14日 マシューズさん宅での4泊目にして、最終日です。

 感謝祭の晩餐から始まったマシューズさん宅でのホームステイ。カルガリーの南60kmにあるハイ・リバーは、プレーリーの大平原にポツン・・・とある、小さな町。カナダの中では比較的古い歴史を有している町らしいのですが、その歴史を感じさせてくれる物は特にありません・・・。

 でも、私には行ってみたい場所がありました。ライブストック・オークションです。


ローンさん 「どうだい?明日か明後日、ライブストックオークションに行かないかい?」
こころ 「えっ!?この町にもあるんですか?ぜひ!!」


 賑やかな晩餐の翌朝、ご主人のローンさんから唐突に誘われました。『ライブストック・オークション』とは、家畜の競売のことです。ここアルバータ州は、ロッキーの東に広がる広大なプレーリーに覆われた土地柄、カナダで最も牧畜が盛んな州です。比較的大きな町には、ライブストック・オークション会場(家畜競売所)があり、定期的に家畜の売買が行われています。で、その会場には、牛や羊を売りに来た、或いは会に来た、カウボーイたちが集まると言うではないですか!

 それは見たい! 会いたい! カウボーイ☆

IMGP2114.jpg
写真1)この4日間、気温はずっと氷点下5℃以下。一昨日降った雪がまったく融けてませんが・・・、これから、この雪に埋もれた車でお出かけです。


 雪上の運転も平気なローンさん。お昼前に自宅を出発し、家畜競売所へ向かう途中2か所、お友達宅に寄りました。ローンさんより少し年上、60代後半のふたりのお友達は、クラシックカー愛好家仲間。そういえば、ローンさん宅の車庫には、戦前のものと思われるフォードのクラシックカーがありました。
 牧畜業を営んでるわけではないローンさんたち。もちろん、オークションには用はありません。彼らが競売所に行くのは、私にオークションを見せるためだけではなく、“ランチ”のためでもあります。聞けば、競売所の食堂は、ローンさんたちの“行きつけ”なんだとか。


IMGP2117_20091220015817.jpg
写真2)やってきました☆ ライブストック・オークション!

 20分ほどで到着した家畜競売会場。さっそく食堂で『今日のランチ』を注文し、歓談するローンさんたちから離れ、私はオークション会場へ。詰め込めば100人くらい入りそうな扇形の会場には、競売参加者が10名ほど・・・。ちょっと寂しい感じですが、静かな会場に進行人の軽快な声が響いていました。
 英語は普通に理解できる私ですが・・・、進行人が何を言ってるのか?まったく聞き取れません・・・。数字を羅列してるのは何となく解るのですが・・・。日本の魚市場を思い出して下さい。あんな感じ。もの凄く早口で、もの凄く聞き取りにくいトーンで、マシンガンのように何か言ってます。

IMGP2123_20091220015817.jpg
写真3)舞台(っというか囲い)の中に、次から次に牛たちがやってきます。

 鞭を片手に牛たちを動かすのは、この競売所で働く人のようです。その出で立ちはカウボーイそのもの! 会場にいる人々の多くもカウボーイ風の格好をしてます。そして、もちろん、職業はカウボーイです。
 そんな会場でひとりアジア人の私は目立ちます。加えて、大きなカメラでカシャカシャ写真撮ってるんですから・・・、殊更です。終には、競売所の女性係員が駆け寄って来て、写真撮影を咎められてしまいました。私が旅行者である旨、説明すると納得はしてくれましたが、やはり、撮影はダメとのこと・・・。

女性 「今日は少なくて、牛だけで200頭程が競売にかけられるのよ」
心 「200頭で少ないんですか?」
女性 「多い日は、1000頭を越えることもあるわ。家畜も、牛だけじゃなくて、羊や豚の売買もしてるのよ。」


 撮影禁止の代わりに、と、彼女はオークションのことを色々と説明してくれました☆ 一通り話を聞いた後、食堂へ戻ると、私がオーダーした料理がもうテーブルに来てました。ローンさんたちは談笑しながら、すでに半分くらい食事を進めていました。
 私も慌てて、『牛ステーキのリンゴソース添え』を頂きました。感謝祭の晩餐で食べたのと同系統の料理ですが、やはり、こちらも美味しい☆ さすが、カウボーイの料理ですね!美味しい牛肉を、美味しく食べる方法を知ってます!

 食後は、競売所の外で、カウボーイたちが買われた牛たちを囲いからトトラックに載せる作業の様子を観察・・・。のつもりでしたが、外は氷点下7℃。ローンさんも風邪気味なので、早々に家路に着きました。


 カウボーイたちが働く姿を見ることができましたし、美味しいビーフも堪能できました☆

 ローンさんの粋な計らいに感謝です。



R0011302_20091220015815.jpg
写真4)マシューズ夫妻。ローンさん(右)とバーバラさん(左)。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://whereiskokoro.blog34.fc2.com/tb.php/1017-69ccc320

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。