スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4時間48ドル 

 で遊んだと思えば良いか・・・

 4年前、マカオでは『マカオの夜景満喫・ホテル最上階のレストランで頂く、豪華中華料理』代を稼ぎましたが・・・ (マカオでの話はコチラ


 やはり、私に博才があるわけではないのです。


 ラスベガスに来て、10泊もしといて、カジノで遊ばなかった・・・。では、勿体ない! かも知れない。

 というわけで、翌日に出発を控えてるのに、所持金48ドルだけ持って、夜8時から夜の街へ。


R0011758.jpg
写真)なんとかタワーの下のカジノへ。


 さて、どんな遊びができるのかしら・・・


スロット・・・、人生で初めてスロットなるものやってみました。パチンコ店の前を通るのすら苦手な私は、スロットのルールを知りません。イメージ的には、レバーをガチャンと下げて、ボタンをポン!ポン!ポン!と3つ叩いて、絵柄が揃えば勝ち!みたいな・・・。でしたが、実際やってみると、自分でするのって、掛け金(クレジット)の選択だけなんですか?
 掛け金を決定してボタン押したら、勝手にドラム(?っていうの?)が回って、勝手に止まる・・・。これじゃ、運の要素だけじゃないですか・・・? スロットで稼ごうと思ったら、善行を積みに積んでから遊びに来た方が良さそうです。
 30分ほど、『なぜ今クレジットが増えたのか?』『今の出た目のどこがどう並んでたのか?』と、首を傾げながらやってましたが、なんとか、プラスマイナス0で終えることができました。

ポーカー・・・ ディーラーさんの台には客が1~2人いるだけ。1対1でやる勇気がなかったので、機械のやつやりました。太っ腹に、20ドル紙幣を機械に入れて、200クレジットからスタート!1回の最小掛け金は25セントの台です。1セントからできる台もありましたが、『1セント賭けて、3カードで5倍の返金があっても5セント』じゃぁ、カジノ行くより、道路に落ちてる小銭を探した方が良い・・・。(米国を走ってると、よく路上に1~10セントコインが落ちてます)
 このゲーム、私なかなかセンスがあるのかも・・・? 勝負強いってことじゃないですよ。反応がやたらと早いのです。パソコンとかに入ってる『ソリティア』とか『マイン・スイーパ』をやってる時の感覚に似ています。私、画面に対して、機械的に反応するだけで、思考はほとんど必要なくなるんです。私、『マイン・スイーパ』は、綾小路公麻呂の漫談に爆笑しながらでもクリアできると思います。
 ほとんど考えることなく、無心で画面に反応し続けていました。一度大当たりをした後は、微増減を繰り返しつつ、徐々に減っていき・・・、3時間後かかってクレジット0に・・・。

ルーレット・・・ どうも機械相手では勝てる気がしない!ということで、最後は残金28ドルをつぎ込み、ディーラーさんが回してるルーレットへ。マカオでは、これと『大小(ダイス)』で豪華ディナー代を稼ぎましたが・・・。今回は、まったく良いとこ無しで、30分と経たずに、間にチップがなくなりました。





 まぁ、こんなもんでしょうな・・・。




 48ドル。私には大打撃の『負け』ですが、このくらいの金額で良かったと思います。10ドルくらいの負けだったら、めげずに、また行っちゃう可能性があります。100ドルの負けだったら、すぐに宿をチェックアウトして、怪しいラスベガスの街角で野宿してたと思います。

 4時間遊べたし、カジノで遊ぶ人々の観察もできたし、これにてカジノ終了です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://whereiskokoro.blog34.fc2.com/tb.php/1016-8c2044a7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。