スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウォーム・シャワー 

  ウォーム・シャワー(Warm Showers)

 ・・・というインターネット上の国際ホスピタリティー・コミュニティーがあります。



 唐突に書き始めましたが、ひとつ&ふたつ前の書き込みに関連して、ご紹介しましょう。


 ホスピタリティ・コミュニティーとは・・・、何と訳したら良いですかね・・・。正確には・・・解らない、すみません。

 う~ん・・・、無償の助け合いをするコミュニティーと解釈することにしましょうか。



 インターネット上の国際ホスピタリティ・コミュニティー、代表的なものは『カウチサーフィン』最も登録メンバー数が多く、日本にも多くのメンバーがいるようです。続いて、『ホスピタリティ・クラブ』も大きなコミュニティー。

 どういった趣旨のものであるのか?は、以下のホスピタリティクラブの日本語サイトを見てもらうと解りやすいと思います。 →ホスピタリティー・クラブの日本語ページ →ついでに、カウチサーフィンの日本語のページ


 大雑把に言うと、旅行者がある国のある町を訪れる時、そのある国のある町にいるメンバーに連絡を取り、無償で寝床を提供してもらう。提供する側・提供された側双方が、それを通じ、国際交流を楽しむ☆ というものです。


 で、このようなホスピタリティ・コミュニティーで、サイクリスト専用のものがあります。それが『ウォーム・シャワー』なのです。受け入れる側も、訪れる側も、広い意味でのサイクリスト。日常の範囲内で自転車を楽しんでる人、自転車旅行中の人、自転車旅行を予定している人、など。

 →ウォームシャワーのサイト ※日本語サイトはありません。

 私、このウォームシャワーのことは以前から知っていましたが、この10月初めてメンバーとして登録し、初めて利用しました。その初めてお世話になった家庭が、カナダ・アルバータ州ハイ・リバーのマシューズご夫妻でした。
 ウォームシャワーは、まだ登録者数はさほど多くはなく、日本でもマイナーなコミュニティー・・・。ですが、ここカナダやお隣・米国には、各地にメンバーがいます。ですので、この先、しばらくこのウォーム・シャワーを通じて、自転車好き同士の国際交流を楽しもうと思うのです。

 マシューズさん夫妻、実は、どちらもサイクリストと言うわけではありません・・・。が、国際色豊かなご夫妻は、各国からの旅人を迎えるのが趣味のようなもの。『特に自転車旅行者は面白い者が多い!』という理由で、ウォームシャワーに参加されているそうです。


 昨秋&冬の米国横断(ニューヨーク~ロサンゼルス)は、5500kmを80日で走るという強行ランだったので、あまり土地の人とのんびり交流する時間はありませんでした。が、今回の米国縦断は僅か3000kmほど。滞在は最大90日可能ですので、たっぷり☆地元の人々との交流を楽しむ時間はあります!

 ウォーム・シャワーで、この冬は、文字通り温かいシャワーと、温かい寝床と、温かい交流を楽しみます☆
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://whereiskokoro.blog34.fc2.com/tb.php/1015-bf52edce

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。