スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パーティ行かなあかんねん 

2009年10月11日 なんだかんだで5泊もしてしまったカルガリーを出発。

 で、どこに行くのか? っていうと・・・、パーティにお呼ばれしてまして。カルガリー郊外の町ハイ・リバーへ向かいます。

 昨晩はビール3杯で心地よい眠りに就けました。が、おかげで今朝は出発準備が忙しい…。朝からガサガサと3人で荷造り。準備井戸さんと岳くんも出発です。ふたりは一緒に出るけど、走行は別々とのこと。私は夕方までに60km南のハイ・リバーに着ければ良いので、13時に走り出せばOK。11時頃、ホステルの玄関先で、井戸さんと岳くんの出発を見送りました。

井 「また遊んで下さいね!」
岳 「色々ありがとうございました!」
心 「いえいえ。また中米かどっかで会いましょう。」


 ふたりの背中が見えなくなるまで見送って・・・ みようかとも思いましたが、100mくらいで見送り終了。別にそんな感傷的な別れでもありません。またどっかで会うでしょう。それに、今日!とっても寒いんです!! この冬初めの寒波が南下してきていて、ここ数日は日中も-5℃以下という気温が続いています。

 お昼過ぎまで、温かい宿のダイニングでネットサーフ。13時、上着を着込んで、さぁ、出発です。


IMGP2106.jpg
写真1)カルガリーの郊外へ。背後には高さ100m以上の高層ビル群。

IMGP2108.jpg
写真2)街角の電光掲示板には、『-6℃』との表示が。天気予報によると、これが今日の最高気温。

IMGP2110.jpg
写真3)さて、これは何でしょう?

 カルガリー市街を抜けると、片側2~3車線の立派な道路は、プレーリーの平原へ。途中、トラックの検量所がありました。過積載などの取り締まりを行うところです。大きな町の郊外には、たいていあります。カルガリー到着前日に野宿して警官に職務質問された検量所は、有人の検量所でしたが、ここのは無人・・・。
 係官(交通警察?)の詰め所などはなく、あるのは、巨大な秤だけです。縦横3mほどの秤が、道路に埋め込まれていて、その上に車やトラックが乗ると、隣の機械に重さが表示されます。で・・・、ちょっと試しに、自転車でその秤の上に乗ってみました。


 表示は140kg!

 まさか、トラック用の秤で、人間と自転車の重さまで測れるとは! 驚きでした。140kg・・・、うん、まぁ、確かにそれくらいになりそうです。自転車の重さが、だいたい65~70kg。ん?じゃぁ、私自身の体重が70~75kg??


IMGP2111.jpg
写真4)自転車を残し、私は秤から下りてみました・・・。

 自転車のみの重さは70kg。ってことは、やはり、私の今の体重は70kgあるらしいです。・・・って、ちょっと重くないかい? 日本を出た時は73kgありました。が、旅行中、私の体重は、60~65kgまで落ちます。日本を出て3ヶ月・・・、予想以上に体重が落ちるのが遅いです・・・。2005年の旅立ちの時は、2ヶ月間で10kgは落ちてましたが・・・。

 しっかり食べてる証拠!と考えれば、まぁ良い兆候。

 三十路の体は簡単には痩せないの?と思うと、今後がちょっと心配・・・


 一時帰国中、たっぷり蓄えてきた脂肪を燃焼させるべく、その後の2時間も休まず走行。-6℃の冷え込みの中、半袖シャツ+風通しの良いフリース1枚だったので、二の腕から下が痛いほど冷えきっていました。でも、上着を着ると汗ばむのです。ハイ・リバーまであと少し!もうちょっとの辛抱です。

IMGP2112.jpg
写真5)冷凍されてしまう前に、ハイ・リバーの町に入りました。

 小さな町です。住所を頼りに、マシューズさん宅へ。インターホンを押すのは、緊張しますね・・・。どんな人が出てくるのでしょう・・・、ドキドキ・・・。今日はパーティ・・・、こんなみすぼらしい私がお邪魔しても良いのでしょうか・・・、はあ~・・・、ドキドキ


 ピンポーン♪


 つづく
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://whereiskokoro.blog34.fc2.com/tb.php/1013-15b4977f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。