スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイスフィールド・パークウェイ④ 

2009年10月3日 銀世界!!

IMGP2023.jpg
写真1)やっぱりこうなった・・・


 さぁ、雪上サイクリングです!


IMGP2020.jpg
写真2)こんなところで野宿してました。屋根と囲い、テーブルと鉄の釜戸がある素敵なピクニック・シェルター(東屋)でした。

 昨夕からの雪は、朝まで断続的に降り続けました。20cmくらい積もってます。今年の初・雪上サイクリングか・・・。去年は11月中旬でしたから、今年は1カ月以上も早いです。北緯55度くらいのとこですからね、仕方ない。冬の旅、いよいよ始まったか・・・という感じです。

 凹んでるわけじゃないですよ?

 むしろ、ワクワクしてます☆


 気温は-5℃。今日はバンフ国立公園の中心・バンフの町を目指します。途中、レイク・ルイーズというところで、アイスフィールド・パークウェイは終了、一般国道になりますが・・・。さてさて、この雪溶けてくれるでしょうか?

IMGP2032.jpg
写真3)おっ、路面に雪がない!?

 除雪車が出たのでしょうか?そういえば、今朝そんな音が聞こえていたような?ないような…? 路面に雪がなければ、走行は楽チンです。ただ、気温は低いので、路面の凍結には注意して走らねばなりません。

 野宿場所から道路に戻ってすぐ、日本人観光客ご一行様と遭遇し、ちょっと言葉を交わしましたが・・・、その話は別途エントリーを設けることにします。

IMGP2036.jpg
写真4)一晩で一変しました・・・。昨日までは、秋の森を走っていたのですが、今日は冬の森です。

 ボウ峠からバンフまでは、ずっと下りです。3人それぞれのペースで冬の森を走り続け、まもなく・・・、レイク・ルイーズの町はずれ、国道2号線との合流地に至りました。アイスフィールド・パークウェイの終点(起点)です。
 『世界一美しい道』と称される道を走り終えたわけですが・・・。世界一かどうかはわかりませんが、確かに美しかったです。晴れたのは初日だけで、残りは曇り&雪。でも、そのおかげで、紅葉と雪を同時に満喫することもできたわけで、なかなか充実のサイクリングでした。
 レイク・ルイーズでは、スーパーで買い出し後、観光案内所の裏口の軒先で昼食。雪は止み、徐々に雲も薄くなってきましたが、やはり、自転車を漕いでないと寒い・・・。昼食時に体が冷え切ってしまったので、観光案内所内の展示を見ながら暖を取ります。

 では、残る50kmほど。バンフまでは一気です!
 
IMGP2040.jpg
写真5)ほら!紅葉の木々と雪山! 秋と冬の光景を一緒に楽しめるんですよ☆

 国道2号線は、旧道と自動車専用の新道がありましたが、私たちは新道を走りました。自転車の走行もOKだったので。それに、天気が良いわけでもないので、旧道をのんびり走るよりも、新道を走ってバンフに早く着いた方が、良いと思いまして。

 で、2時間ちょっとでバンフの町に入りました。ジャスパーの3~4倍ありそうな大きな町です。こじゃれたショッピングストリートもあり、土産物屋と観光客がたくさん! 私たちの宿は、公営キャンプ場。長い坂を上った、町はずれでした。

 薪代込みで、1泊1サイト28ドル(だったかな?。私たちは3人だから良いですけど、ここ1人だったら、絶対泊まれません。どうせお客は少ないだろうと、キッチン・シェルター(雨天時の調理場的な東屋)に一番近いサイトにチェックイン。寒い森の中テントを張り終えると、シェルター内の薪ストーブ用に、大量の薪を運び込みました。薪置き場は屋外だったので、昨日今日の雪で薪はちょっと湿ってましたが・・・、まぁ、問題なしです。

 ストーブに火を入れ、どんどん薪をくべ続けていたら・・・、分厚い鉄のストーブが真っ赤っ赤に光るほど!熱々になりました。ストーブの上に鍋を置くと調理も可能。

 夜は、熱々のストーブで暖を取りながらのんびり。シャワーで潤った肌が、ストーブの熱でパリパリになるくらい・・・、ひたすらにストーブを満喫しました・・・
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://whereiskokoro.blog34.fc2.com/tb.php/1004-9e8c3819

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。