スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

添乗員やってます【南アルプス/北岳】 

 旅を終え、添乗員の仕事に復帰しました。

 こんなところに行っています。


1DCIM0084.jpg
写真1)南アルプスの『北岳』(3193m)に、この夏2回登ってきました。


2DCIM0089.jpg   3DCIM0090.jpg
写真2/左)海抜2900m前後。山頂までは残り290m。北岳は富士山に次ぐ日本第二の高峰です。
写真3/右)1回目の北岳では、雷鳥(ライチョウ)の姿も多く見ました。写真に収めたんだけど…、解り難いですね…。

5DCIM0093_20120913124917.jpg
写真4)北岳は高山植物の美しいところ。8月下旬の登山では、夏の花と秋の花の両方を楽しめました。

4DCIM0091.jpg
写真5)北岳山頂。南アルプスの北の端に位置する北岳の山頂からは、南に間ノ岳(日本第4峰)や農鳥岳、南東に富士山、北東に鳳凰三山、西に遠く中央アルプスの峰々、北西に仙丈ケ岳と遠く北アルプスの峰々、北に甲斐駒ケ岳と八ヶ岳が見えます。

6DCIM0021.jpg  7DCIM0022_20120913124915.jpg
写真6/左)北岳の山頂直下の山小屋“北岳肩の小屋”(3000m)より、夜明けの眺望。
写真7/右)北岳からは雲海に浮かぶ富士山を楽しめます。富士山からも、北岳は見えますよ。


 2012年8月20~22日&9月7~9日、日本第二の高峰・北岳をご案内。

 登山添乗は楽しくて仕方ないです。この夏、ずっと登山ばかりご案内しているので、シーズンが終わり、普通の観光ツアーに行くのがちょっぴり恐ろしいです…。街中の観光地より、険しい山の中の方が、私には性に合います。
スポンサーサイト

本物のマテ茶 

 最近、というか、数ヶ月前から…

 『太陽のマテ茶』 なるお茶が出回ってますよね。


 ついつい、私も手にとってしまいました。蓋を開けて、口をつけてみたら…!?


 苦くない!!薄ぅ~い!!



 本物のマテ茶はあんなに薄くはありません。あの数倍は濃いです。日本向けにアレンジされているとは言え、『太陽のマテ茶』のようなお茶が、アルゼンチンで飲まれていると思っては誤解です。


 マテ茶は、“飲むサラダ”とも呼ばれます。

続きを読む

添乗員やってます【最後の富士登山】 

旅を終え、添乗員の仕事に復帰しました。

こんなところに行っています。

先月も2度登りましたが、やはり9月に入ると一層寒くなりますね。今年最後の富士登山です!!


DCIM0069_20120912223117.jpg
写真1)今年最後の富士登山は、濃い霧と冷たい雨の登山となりましたが…。山頂で一気に霧が晴れ、青空の登頂~下山となりました。下山道は、眼下のパノラマを楽しみながら☆

DCIM0106_20120912223115.jpg
写真2)3日目の御来光。下層の雲と上層の雲の間の、僅か10分程度の朝日でしたが…。

DCIM0108.jpg
写真3)下界を金一色に染めた美しい朝でした。

 2012年9月1~3日、今年最後の富士登山。富士山の夏は短く、8月末には山小屋などが店仕舞いを始めます。9月中旬には殆どの山小屋が閉まり、富士山は長い長い冬の山となります。

 登山やトレッキングのご案内は得意分野。大好きな仕事ではありますが、これが仕事で登る最後の富士山になるかもなぁ~…? 自転車世界一周を成した私には、やるべきことがありますから! 富士山、次は“できれば”個人的に登りたいです。

添乗員やってます【北アルプス/笠ヶ岳】 

 旅を終え、添乗員の仕事に復帰しました。

 こんなところに行っています。

 北アルプスの南端、傘型の山容が美しい“笠ヶ岳”をご案内してきました。



01DCIM0110.jpg
写真1)笠ヶ岳そのものも美しい山ですが、そこに至る尾根道から見る、北アルプスのシンボル“槍ヶ岳”や“穂高岳”の展望は、最高に贅沢な光景でした。

02DCIM0104.jpg  03DCIM0105.jpg
写真2/左)鏡平の鏡池越しに見る穂高の山々。~大キレット~北穂高~涸沢岳~奥穂高岳~ジャンダルム~間ノ岳~西穂高岳~
写真3/右)同じく、鏡池越しに見る。~西鎌尾根~槍ヶ岳~大喰岳~中岳~南岳~。 槍ヶ岳だけが雲の中!残念!!

04DCIM0050.jpg
写真4)今年の北アルプス、雪解けが遅かったので、8月下旬でもまだ夏の花が残り、咲き始めた9月の花も加わり、美しい花々を楽しめました。

05DCIM0062.jpg  06DCIM0054.jpg
写真5/左)双六小屋から笠ヶ岳を望む。この日の山行はあそこまで。見えてるんだけど遠い。
写真6/右)抜戸岳から笠ヶ岳を望む。

07DCIM0103.jpg
写真7)双六岳~弓折岳~大ノマ岳~抜戸岳~笠ヶ岳、尾根道から東側を見ると“槍”や“穂高”の大パノラマ!


09DCIM0097.jpg  08DCIM0039.jpg
写真8/左)笠ヶ岳(2898m)の山頂直下。日本百名山に数えられる飛騨の名峰に登頂!
写真9/右)その山容も然ることながら、笠ヶ岳は眺望の良さも抜群! 山頂からは、南に焼岳~乗鞍~御岳山、北東に穂高、北に槍、西には遠く白山、南東の彼方には、南アルプスの北岳や遠く遠く富士山も見えます。

10DCIM0036.jpg  11DCIM0042.jpg
写真10/左)暁の北アルプス(槍ヶ岳~南岳)
写真11/右)夜明けの北アルプス(槍ヶ岳~西穂岳)


 2012年8月27~30日、新穂高温泉~鏡平~双六岳~笠ヶ岳~新穂高温泉、3泊4日の登山添乗。

 登山やトレッキングのご案内は得意分野。3~4日間の山歩きの後、2日空けて、また3~4日の山歩きという頻度でお仕事してますが、体力的には余裕です☆

 旅を終え、すっかり運動不足のプチ・メタボになってしまってますが、まだまだ人並み以上の体力はあるようです。加えて、体や筋肉の使い方を心得ていますし、どんな環境下でも「シンドイ」と思うことがない(麻痺している)のが良いんだと思います(笑)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。