スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

成田空港より 

2011年06月27日 ただいま!



 成田空港第一ターミナルに到着です!


 5年半前に始まった旅ですが、2009年に一時帰国してるので、ちょうど2年ぶりの帰国です☆


 暑いですねぇ~…、梅雨の日本…


 とにも! かくにも!!


 ただいまぁ~!!!



R0017272.jpg
写真)成田第一ターミナルのミーティングポイント(待合場所)にて。40時間の空の旅、しんどかったです…
スポンサーサイト

06/25のツイートまとめ 

whereiskokoro

ブエノスアイレスのエセイサ国際空港のカフェ。「嗚呼、もうすぐに南米大陸ともお別れかぁ…」とセンチな気分です。心配された飛行機は問題なく飛ぶようで、大量の荷物もスムースにチェックインできました。旅の最後の時間と言うのは、いつも嬉しさ半分、寂しさ半分。あと1時間でテイクオフ!です。
06-25 23:01



R0017239.jpg
写真)手元に残った最後のアルゼンチンペソ・25ペソ(約500円)で、リッチにカプチーノを頂きました。

帰国の途に! 

2011年06月25日 帰国の途に着きます。

 6泊したブエノスアイレス、長いバス移動の疲れが癒えぬ間に、自転車の梱包や荷物の整理…。作業の合間に観光をちょろっと済ませて…。

 「あれっ!? もう明日ぁ~!?」

 慌しいままにブエノスアイレスの日々は過ぎ去っていきました…


 さて、このブログを書いているのは、25日の午前4時。昨晩は、自転車仲間の“タラちゃん”こと磯田善之くん、“ケンちゃん”こと宮路研一郎くんらが催してくれた『送別会』でした。その後2~3時間の睡眠で目覚め…


 あと3~4時間で宿を発ち、ブエノスアイレスのエセイサ国際空港から、正午の便で飛び立ちます。


 ここ1週間ほどはチリの火山噴火の影響も収まりつつあり、おそらく、問題なく飛び立てると思われます。問題がなければ、現地時間25日の深夜にメキシコシティで飛行機を乗り継ぎ、27日朝には成田に降り立ちます。


 ブログの更新など、ほとんどできませんでしたが…。帰国後、7月初旬は日本縦断の準備などもあり、2週間ほど関西を拠点にのんびりします。その間に、未公開エピソードのアップを始めたいと思います。



 さぁ~て…、海外走行7万5千kmの後に見る日本は如何なもんでしょうかね…

ブログ表紙写真集/西アフリカ縦断編 

2011年06月22日 過去のブログの表紙写真をご紹介しています。

 第二弾は、西アフリカ縦断編!!


写真1)2007年12月20日に差し替えた表紙です。これは同月にマリのバマコの住宅街で撮影した近所の子供たちの写真です。
 旅行期間は…、『2005年12月~2009年12月(予定)』となっていますよね? これはあくまで(予定)だったわけですよ(笑)。この頃の計画では、西アフリカを7~8ヶ月旅して、2008年の夏~秋には北米横断、その後2009年12月頃までの1年少々で中南米を縦断するつもりだったんです。


続きを読む

ブログ表紙写真集/ユーラシア大陸横断編 

2011年06月21日 私のブログ『心の旅』の表紙写真、度々変わっていることはご存知でしょうか?

 長く私の旅を追いかけてくれている読者の方なら、少なくとも数枚の表紙写真をご覧頂いていることと思います。記憶に残っているものはありますか…?

 『あの写真は良かったなぁ~!』とか、『なんだ?この写真は??』と思った方もいるかも知れませんね。でも、いちいち表紙写真の説明をしたことはありませんでしたし、変更されると二度と見ることも叶いませんから…。いつのまにか、その写真のことを忘れてしまっていることでしょう。


 今日は、気まぐれに…(笑)



 過去のブログの表紙写真をご紹介します!




 第一弾は、ユーラシア大陸横断編!!


続きを読む

60時間バス移動… 

2011年06月19日 長かったぁ~… です。

 ウシュアイアの上野山荘を発ったのが6月17日の午前4時過ぎ。寝ぼけ眼・フラフラ運転の杏美嬢をバックミラーで確認しながら、氷点下の真っ暗な街を自転車で駆け、セントロのバス発着所へ。
 自転車の積み込みには、案の定…、大苦戦! ドライバーたちは、私たちの自転車を見るなり無愛想になり、「車輪をはずせ!」と言ったのみで、出発直前まで放置…。で、「早く積み込め!もう出発時間だぞ!」と急かすのです…。

 1台目のバスは、フエゴ島からの“脱出バス”。向かうは、南米大陸・アルゼンチン南端の街のリオ・ガジェゴスです。昨晩、眠らずに出発準備に追われていた私は、バスが発車して間もなく深い眠りに落ち…。

01_IGP5808.jpg
写真1)夜明け(10時!)後、間もなく、フエゴ島の北部のアルゼンチン・チリ国境(サンセバスチャン)に到着。

 
続きを読む

現在ブエノスアイレスへ移動中! 

2011年05月17日 予約投稿しときます。


 日本から7万5026kmの走行の末にたどり着いた最果ての街・ウシュアイアからの脱出方法は…



 バス!!


 もう帰国も間近ですし、海外走行は終わったんですから、バスでアルゼンチンの首都ブエノスアイレスへ移動します。

 この予約投稿がブログに反映される頃には、私はフエゴ島を離れるフェリーの中から、冬のマゼラン海峡の光景を眺めているでしょうか…。

 ウシュアイアを17日午前5時に出発…。バスは私たちが4~5日間かけて走った道を4~5時間で戻り、フエゴ島のチリ領を通り抜け、島の北端にある渡船場から、渡し舟で南米大陸へ。
 17日の午後6時頃には、アルゼンチン本土南端の街リオ・ガジェゴスに到着予定です。そこで乗り換えのバスを探して…、首都ブエノスアイレスまでは、更に30時間ほど…。

 19日の日中には、ブエノスアイレスに到着の予定(希望)です。


 日本でもニュースになってると思いますが、アルゼンチンの隣国チリの火山が噴火中で、その火山灰が降り注ぐアルゼンチンでは、航空網が麻痺状態…

 ブエノスアイレスの空港が1週間以上閉鎖されているため、もちろん、ウシュアイア~ブエノスアイレス間の飛行機も飛んでおらず…。地の果て・ウシュアイアから脱出する私たちには、バスの選択肢しかありませんでした。


 リオ・ガジェゴス~ブエノスアイレス間のバスも混雑が予想されますが…。状況が状況ですから、バス会社も増便などで対応してくれてることでしょう(そう期待してます…)


 多分、日本時間の20日未明にはブエノスアイレスに到着します。


 ブログの本格的な再開は、20日から始めます!!


 お楽しみに☆ 

皆様のおかげです! 

2011年06月13日 世界最南端の都市・ウシュアイアの西にある国立公園内…


 ティエラ・デル・フエゴ国立公園

 ここが私の自転車世界一周の旅で、日本から一番遠いところ…



 冬の盛りを迎えたフエゴ島、除雪されていない未舗装路はスケートリンクのようにツルツルで、飛び跳ねた後の着地が怖かった(笑) セルフタイマーのシャッターに合わせて跳ぶのって、難しいんですよ? このショットが撮れるまで、7~8回跳びました(笑)

BlogTop-110613.jpg
写真)もちろん、右が私です(笑)。左はクスコから7500km共に旅してきた長谷川杏美さん。


 自転車世界一周の“海外ステージ”は、ここがゴール。


 この地に至れたことを幸福に思います。


 この地に至るまでに出会った、全ての人々に感謝します。


 この地に至るまでの私を支え続けてくれた、全ての人々に感謝します。

  

 皆様のおかげで、この瞬間を迎えることができました。

 ありがとうございました!

ゴールしました☆ 

2011年06月13日 ゴールしました☆

 まずは第一報をば!

 本日、世界一周のゴールの地となる、南米最南端の街・ウシュアイアに到達しました!




 2005年12月3日に始まった私の自転車世界一周の旅…

 2009年の5ヶ月間の一時帰国を挟み、同年7月より再開…


 総走行距離75,026kmの旅の末に…


 ウシュアイア!! 



 ウシュアイアの西12kmのところには“最果ての地”を掲げるラパタイアなる場所(ティエラ・デル・フエゴ国立公園内)もあるのですが、冬季閉鎖中の国立公園内は凍結した路面がツルッツルで…。結局、その“最果ての地”の到達は諦めました。

 だって、もともと私のゴールの地は、『ウシュアイアの街』の予定でしたから。


 夕刻、名物宿『上野山荘』の玄関前で走行を終えると、熱い想いものが込み上げてきました。





 


 でもこれで終わりじゃないんですよね!



 27日には帰国します。で!10月末までの日本走行を以って、私の世界一周の旅は終わります。
 ひとまずは、この最果ての街で数泊のんびりします。
 

06/12のツイートまとめ 

whereiskokoro

あっ、そうそう! ブログの表紙の写真ですが。 フエゴ島のチリ側の深い入り江の奥に暮らす『キングペンギン』たちです。観光ツアーが行くような有名なペンギン営巣地ではなく、私らサイクリストやライダーだけが行ける、穴場的な営巣地☆ 体長60?90cmのペンギンたちを思う存分楽しみました☆
06-12 20:54

 wifi付のカフェはアルゼンチンでは異常な程の長時間営業(6?24時)!工場内には旅のサイクリスト用の寝室があり!外は氷点下…、暖かい寝床は最高です☆ さて、そろそろ出発準備をせねば…。今日も路面が凍結してます。おまけに雪の峠越えもある。残り3日間の走行に突入です!
06-12 20:50

フエゴ島中部のトルフィン(Tolhuin)はあと1時間程で夜が明けます。昨夜はこの村の名物パン屋さん“La Union”で1泊お世話になりました。何が名物って?その大きさと人気です! そしてここは、サイクリストの宿木でもあり…。今は、朝食のパンを頂いてます。どれも美味しいです☆
06-12 20:44

06/10のツイートまとめ 

whereiskokoro

大西洋!!フエゴ島東岸のリオグランデまで来ました。やはりここも大きな街!こんな辺鄙な土地に…。目指すウシュアイアまでは残り250km程。頑張れば2日の距離ですが、一日中路面が凍結してますし、最後の峠には雪もあるらしいし…。無難に4日間で走ります(笑)13日のゴールが目標です!!
06-10 19:46

残り4日です… 

2011年06月11日 外は冷たい雨が降っています。


 久しぶりにリアルタイムでのブログ更新です。現在地は、南米大陸の南端に浮かぶフエゴ島、そのアルゼンチン領(東半分)の中ほど、大西洋に面したリオ・グランデ(Rio Grande)という街です。


 チリのプンタアレナス(南米最南端の都市)から、フェリーでフエゴ島に渡って、ここまで4日間の走行でした。南緯52.5~54.5度くらいに位置するフエゴ島は、緯度の割りに冬場の気温は下がらないようで、もう真冬と呼んで良い時期になりましたが、日中は3~5℃あります。

 でも、朝晩や天気が悪い日は、氷点下になるのが困りもの…。一昨日の0度の雨の後、昨日はずっと氷点下…。湿った路面が凍結して、久しぶりにツルツルのアイスバーンサイクリングでした。


 で、今日は2~5℃と気温の高い雨。どうせなら、氷点下10℃くらいの雪の日の方が楽なんですよね、自転車旅的には。過酷な自然環境下の走行も平気な(むしろ好きな)私ですが、気温一桁の雨は好きではありません。


 というわけで、今日は“最後の”休養日としました。 9時50分に夜が明けて、防寒着に身と包んで、宿の部屋の前で冷たい雨に打たれて、心が折れました(笑) 今日の出発は延期! 1泊1500円の暖房ガンガンの宿でのんびりしています。



 さて…、今日は


 残りの旅のことをご説明しておこうと思います。


続きを読む

06/05のツイートまとめ 

whereiskokoro

フエゴ島というのは、南米大陸の南端、マゼラン海峡を挟んで浮かぶ島。旅人の間では、世界最南端の町ウシュアイア(アルゼンチン領)が有名です。もちろん、私が目指すのもそこ!道中、キングペンギンの営巣地を訪れたり、最後のアンデス越えとなる雪の峠道があったり、まだまだ楽しみは残ってます!
06-05 19:39

プンタアレナスで迎える4度目の朝です。6月の南部パタゴン、氷点下が当たり前になって…、旅の速度が鈍っています。この街、3泊で出るつもりだったんですけどね(笑)今日これから走り出し、日の出と共にフエゴ島へのフェリーに乗船! フエゴ島、500km10日間のラストランに突入です!!
06-05 19:35

06/02のツイートまとめ 

whereiskokoro

チリ最南端の都市プンタ・アレナスに着きました。パタゴニアの荒野とフィヨルドの間に、こんな大都会があるとは!?驚きの15万人都市!冬のマゼラン海峡を望む部屋を取り、今日明日は南米大陸最後の休養日。土曜日からはフエゴ島へ渡り、ウスアイア目指して、再び氷点下の屋外走行10日間です!
06-02 23:52

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。