スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイヤ修理『シュワルベ・マラソン・エクストリーム』 

2011年05月14日 お宿で自転車メンテ☆

 残る南米の走行も残り僅か…。ここカラファテから、目指すゴールのウシュアイアまでは、1000km程度となりました。そう、“たった”の1000kmです。

 が、愛車のメンテナンスはせねばなりません。パタゴニア入り後、厳しい環境下・路面状況の走行が続いてきました。そして、それはこれからの1000kmも続きます。


 Tシャツでも平気なくらい暖かかった(風がなければ、10℃台でも平気です)この日は、のんびりメンテナンスメンテナンス・デーとなりました。

タイヤ補修1
写真1)今回の最大の課題・難問は、コレ! タイヤ側面の“裂け”の補修です。


続きを読む
スポンサーサイト

05/23のツイートまとめ 

whereiskokoro

 カラファテ滞在14日目の朝が訪れました。1週間ぐらいで出るつもりだったんですけどね…。 喉の痛み、『扁桃腺炎』のようでして、まだ完治には日数を要しそうです。暖房ガンガンの宿の空気と強いお酒が原因のようで…。早く氷点下の荒野に戻っていれば良かったなぁ?、と思う今日この頃です。
05-23 22:07

05/23のツイートまとめ 

whereiskokoro

 カラファテ滞在14日目の朝が訪れました。1週間ぐらいで出るつもりだったんですけどね…。 喉の痛み、『扁桃腺炎』のようでして、まだ完治には日数を要しそうです。暖房ガンガンの宿の空気と強いお酒が原因のようで…。早く氷点下の荒野に戻っていれば良かったなぁ?、と思う今日この頃です。
05-23 22:07

爆風パタゴンの洗礼!! 

2011年04月25~26日 パタゴニア名物の“爆風”の洗礼を受けました。


 これはですね…、もう、写真とかじゃ伝わらないんですよね。


 珍しく動画でご紹介します。

 ひとまず、以下の3本をお楽しみ下さい☆



動画1)25日の朝。チリのカルテラ・アウストラル(国道7号線)を離れ、アルゼンチンに戻る日…。昨夕からの強風は、夜が明けても収まることはなく、出発時点で、もう暴風と呼べる状態になっていました…。


動画2)アルゼンチン国境へと続く20kmのオフロードの峠道。滅多に車も通らぬマイナー・ルートとあって、道路もガタガタ、傾斜もキツキツ…。で、私たちは爆風に煽られ、右に!左に!前に!後に!自転車を揺さぶられ、転び!吹き飛び!僅か20kmの走行に半日を要し、体力を著しく消耗しました。この動画は、休憩中に撮影。


動画3)無事にアルゼンチン国境を越えた夜、風を遮ることのできぬ丘陵地の稜線付近での野宿でしたが、幸い夜中は風が弱まり、テントが飛ばされることはありませんでした。が…、出発準備が整った頃になると、昨日のような風が吹き始めました…。

詳細は追って書き込みます!

乞うご期待☆

半世紀前の雪を… 

2011年05月12日 美味しく頂きました☆

_IGP5102.jpg
写真1)ペリトモレノ氷河の青白い氷塊を眺めながら、思ったんですよ。

 あの浮いてる氷河は、いつ降った雪なんだろう??って…


 ペリトモレノ氷河の全長は30km。1日1~2m動くといいますから、仮に1日1mとしても、年365m動くことになります。多めに見て、年500mと仮定すると…

 氷河の上端から末端まで、60年かけて移動してくることになりますね。


_IGP5111.jpg
写真2)…ということは、この氷も60年前に降った雪ってことになりますね。

続きを読む

05/20のツイートまとめ 

whereiskokoro

厳冬に突入の南パタゴン・カラファテに集ったサイクリスト6名(敬称略)。私・心、長谷川杏美(私の同行者)、磯田善之(世界一周2年目)、宮路研一郎(北中南米縦断3年)、藤暁之(世界一周8年目)、三上由紀(南米走行2ヶ月)。同志との交流は時に地元民との交流を上回る楽しさがあります☆
05-20 22:49

久しぶりのツイートです。カラファテに到着して10日。この間、南部パタゴンの名所、ペリトモレーノ氷河やフィッツロイ山のトレッキング等、散財…、あ、いや、観光を楽しんでいました。何よりの楽しみは、宿に集った6人(私らを含む)のサイクリストとの交流☆ 毎日楽しいお酒を飲めました。
05-20 06:27

帰国日確定☆ 

2011年05月21日 お知らせです。


 ようやく帰国便の手配が済みました。

 6月25日、アルゼンチンの首都ブエノスアイレス発~

 6月27日、東京・成田到着


 メキシコ経由ですが、乗り継ぎのみなので、ひたすらの飛行機移動です。



 5月21日早朝現在、私の滞在地は、パタゴニア南部のエル・カラファテ(El Calafate)。目指す南米最南端・ウシュアイアまでは1000km程度で、実走15日程度、休養日を含めても20日程度の行程です。


 帰国日まで5週間! ひとつの終わりが見えましたね。



 最後まで気を抜かず、旅を旅として満喫するぞぉ~☆


 今日から再び、極寒爆風パタゴニアの荒野の走行です!!


 待っちょれよぉ~!! ウシュアイア!!

ペリトモレノ氷河は生きている! 

2011年05月12日、氷河ってのはね、生きているんですよ。


 カラファテに到着して3日目、そろそろ爆風パタゴン走行の疲れも癒え始めてきたので、観光客らしいことも始めましょうか。

 初冬の南部パタゴン、明らかに“季節はずれ”ですが…、日本人宿『藤旅館』は、なぜか?連日の満室状態。こんなに人がいるならば!と、5人でレンタカーを借りて、有名な『ペリトモレノ氷河』に行きました。

1_IGP5107.jpg
写真1)ドォ~ン!!とペリトモレノ氷河です
続きを読む

メール一時停止中 

2011年05月20日 業務連絡です。


 3日ほど前から、自分のホットメールアカウントにアクセスできなくなりました。


 公共のパソコンを使用した際などに不正アクセスされた疑いがあり(多分)、本人確認ができるまで、アクセスができないのです…。

 アカウント復旧にはまだ数日を要しそうです。


 緊急の連絡がある方は、別のアカウントを用意しておりますので、そちらにご連絡くださいませ。


 緊急用別アカウントは…


 @の左側は、ホットメールと同じ

 @の右側は、gmail.com


 です。ご迷惑をお掛けしますが、よろしくお願いします

05/09のツイートまとめ 

whereiskokoro

140文字での発信ってのは難しいですね(笑) やはり、“呟き”程度にしかならない…。ブログで写真や長文に乗せて発信しなければ、このパタゴンの素晴らしさ・過酷さは伝わらないでしょう…。これからカラファテ目指して走り出します。11日以降のブログ更新をお楽しみに☆
05-09 20:22

ペリトモレノからトレスラゴスまでの5百kmは、爆風&荒野&無補給の移動でした。幸い、超重量自転車を駆る私は爆風にも転倒なし。同行の杏美嬢は相次ぐ転倒で足が青アザだらけ…。休養地となるカラファテまではまだ2?3日の走行を残します。カラファテに着いたら、ブログの更新再開します☆
05-09 20:15

南米大陸の南端部を占めるパタゴニアと言う土地は、年中低温で、厳しい自然が広がっています。チリ側は深いフィヨルドと氷河の大地。間にアンデスを挟んで、アルゼンチン側は乾いた荒野。ここを自転車で旅することを“冒険”と称する人も多々いますが、私は“旅”として楽しんでいます。ご心配なく☆
05-09 20:10

ペリトモレノから10日間、パタゴニア南部の観光拠点エルカラファテの北160kmのトレス・ラゴスという小さな村まで下ってきました。パタゴン名物の風、前半の5日間は微風?強風程度でしたが、後半は、もう!“爆風”!! 毎日ハラハラドキドキのアドベンチャーサイクリングでしたよ☆
05-09 12:56

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。