スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『コリオリの力』と『ココロの力』 

2010年08月31日 『コリオリの力』なんですか…? うぅ~ん…、神秘的な力ですねぇ~…


いきなりですが! これなんだ!


01_IGP4404.jpg
写真1)キトの北20kmほどのところにある巨大なモニュメント

02_IGP4419.jpg
写真2)大きな台座の上には地球。地軸を90度傾けた状態、つまり“真横”になった状態で乗っかってます。地球を両手に頂いているのは私。

03_IGP4416.jpg
写真3)えぇ~い!こうすりゃ解るかな!?


 はい、解りましたね!!

 赤道です!!



 同宿の日本人旅行者・瞬くんを誘って、メトロバスと郊外バスを乗り継ぎ…、キトの北20km! ミタ・デル・ムンドというところにある『赤道記念碑』に行って来ました!
続きを読む
スポンサーサイト

飲み込めません・・・ 

2010年08月27~30日 喉が…痛くて痛くて…、飲み込めません。


 キトに到着した昨晩は、賑やかな酒盛りでした。私、疲れも感じず、沢山お酒を頂きました…。


 で…、翌27日…、目覚めるとどうでしょう…?

 猛烈に喉が痛くて、声が出ません!! 喉の奥が真っ赤っ赤っ赤に腫れて、唾を飲み込むだけでも激痛が走ります!!


続きを読む

赤道通過! 

2010年08月26日 赤道を通過して、キトに入ります!

Tabacundo(海抜2750m) ~谷2000m~ QIUTO(海抜2850m)/ 走行68km


 赤道…、英語では『Ecuator』。スペイン語では『Ecuador』。はい、エクアドルの国名はそのまま『赤道』という意味なのです。

 そのエクアドルを通るエクアドルは、エクアドルの首都キトの北20kmぐらいのところを通っています。

 おっと失礼、わかりにくいですね…

 そのエクアドルを通る赤道は、エクアドルの首都キトの北20kmぐらいのところを通っています。


01_IGP4156.jpg  02_IGP4155.jpg
03_IGP4153.jpg  04_IGP4158.jpg
写真1/左上)タバクンド、何の変哲もない静かな町でした。というか、大きな村というサイズかしら。
写真2/右上)昨晩のお宿、ダイニングと寝室に分かれてました。さすがは、1泊18ドル!
写真3/左下)寝室、ここが北半球最後の夜を過ごしたところ。次に私が北半球に戻るのは、来年の6月くらい。日本帰国の時です!
写真4/右下)朝食は町のパン屋さんへ。パンを買い込んで、町の広場で食べてたら、私たちの元へやって来た兄妹。この町じゃぁ、私たちみたいな外国人は珍しいでしょうね。

 そうなんですよね…、多分、珍しいんですよ。私たち、実は、昨日道を間違えてまして…。

 本来走る予定だったパンアメリカンハイウェーではなく、別の国道を走ってきたようなのです…。パンアメリカンを走るサイクリストは沢山いますが、こちらの道に来るサイクリストって多くはないと思います。
 でも、道路標識はちゃんと『キト』って出てたし…。まぁ、少しくらいの遠回りにはなるかも知れませんが、今日中にキトに着くのは余裕でしょう!では、出発です!!

続きを読む

ナイジェリア商人・ソロモン 

2010年08月25日 彼、ナイジェリア人だそうです。

OTAVALO(海抜2450m) ~ 峠3050m ~ TABACUNDO(海抜2700m)/ 走行40km


11IMG_7255.jpg
写真1)中央の彼、名前はソロモンと言います。

 なぁ~んで…、こんなアンデスの山奥の小さな町に、ナイジェリア人…?

 と思いますよね? 思いませんか??


続きを読む

オタバロ族の町 

2010年08月24~25日 オタバロは、オタバロ族の街でした。

24日/ BOLIVAR(海抜2500m) ~ 谷1500m ~ 峠2500m ~ OTAVALO(海抜2450m)/ 走行94km


 エクアドル2日目です。昨日半日程度走っただけですから、まだまだ“エクアドルらしさ”というものを強く感じるものは多くはありません。丁寧な挨拶と…?あっ、通貨が米ドルになった! あと、道路の勾配が急になった…?ぐらいでしょうか。まぁ、数日走れば、色々と面白い発見がありますともさ!きっと☆

01_IGP3845.jpg  02_IGP3855.jpg
03_IGP3862.jpg  04_IGP3865.jpg
写真1/左上)昨晩のお宿はこんなとこ。ツイン1泊10ドル(ひとり5ドル)。エルサルバドルやパナマと同様、エクアドルは自国通貨を廃止して、米ドルを使っています
写真2/右上)今日は下りからスタート! 標識…、コロンビアとはちょっとデザインが違いますね…。子供らしい躍動感があります!
写真3/左下)長い長い下りがスタート! 霞の向こうに、うっすらと雪山が見えていました!コロンビアでは極端に大きな山は見なかったので、これが南米初の雪山です!赤道直下なのに…、雪山って!凄いですよね☆
写真4/右下)下って下って下りまくります。この写真の右下に見えてる谷間まで下ります。
続きを読む

アディオス! & ブエナス! 

2010年08月23日 アディオス!コロンビア! ブエナス!エクアドル!

IPIALES(海抜2500m) ~ 小さな峠(海抜3100m) ~ BOLIVAR(海抜2500m)/ 走行70km



 いやぁ~…、挨拶って、気持ちが良いですよね☆

 コロンビアに別れを告げ、エクアドルに入りました。南米1ヶ国目から、2カ国目へ。大量の写真で一気にご紹介します!

01_IGP3730_20101007071559.jpg  02_IGP3731_20101007071558.jpg
03_IGP3736_20101007071558.jpg  04_IGP3738_20101007071557.jpg
写真1/左上)コロンビア最後の朝です。インターネットカフェの開店を待って、サクサクっとメール送受信だけ済ませ、さぁ、出発準備OK!
写真2/右上)パストの街を抜けると、もう数キロでエクアドル国境です。が、町の出口が解らない…。通行人に聞きつつ、国境を目指します。写っているのは岳くん。
写真3/左上)ほどなくパンアメリカンハイウェーを発見し、走ること5km!国境らしき雰囲気になってきました。 昨日一緒にイピアレス観光をした美紗ちゃんは、私たちより40分ほど早く宿を発ちました。この車列の中に、彼女が乗ったバスはあるかしら…?
写真4/右上)国境到着!コロンビア側の出国手続きの列の中に…、美紗ちゃんいました。私らも長い列の後ろに並び…、コロンビア出国手続きを完了!

続きを読む

コロンビアのイメージは? 

08月22日 さて、コロンビアの旅も今日が最後です…。


 『コロンビア』と聞いて、あなたは何をイメージしますか?



 ゲリラ?


 コカイン?


 マフィア? 




 …他には?



 美人!? そうそう(笑)

コロンビア・コーヒー? うぅ~ん、美味しいですよねぇ~☆

 陽気で人懐こいコロンビア人!? えっ!? そこまでイメージできますか…!?


 私、コロンビア訪問は初めてのことでした。その初めての上陸からちょうど1ヶ月後、明日には去ることとなります。

 私、以前は、先に挙げた『ゲリラ、コカイン、マフィア』といった単語が初めに挙がるこの国のイメージでした…。旅をするようになり、そこに『穏やかなコロンビア人』というイメージも加わりますが、実際に、自分で訪れてみるまで、伝聞でしかなく、イメージと言うほどのものでもありませんでした。
 で…、1ヶ月の旅を終え、イメージが変わりました。先に挙げた負のイメージが、すでに過去の物であることを知り…。最後に挙げた『穏やかなコロンビア人』というイメージが間違いでなかったことを実感しました


 さて、続きを読むをクリックしますと…、長々とコロンビアのイメージについての考察が展開されます。写真はありません。文章のみです。


 コロンビアに興味がございましたら、ぜひご覧くださいませ☆


 ↓ クリック!
続きを読む

橋の上の教会 

2010年08月22日 コロンビア最後の日、イピアレスの観光に行きました。

 今日は日曜日です。エクアドル国境まではもう数kmという距離ですが、日曜日に国境を跨ぐと何かと面倒くさいことが多いので、わざわざ週末に国境を越えるこたぁ~ありません。面倒とは、例えば、国境の銀行や観光案内所が閉まってたり、やたらと国境通過に時間がかかったり、とか…。商店が閉まってたり、とか…。

 それに、イピアレスには観光の目玉がありますからね! それを見ずに去るのは勿体ない!!

00-IGP3622.jpg
写真1)この教会です。


 さて、この教会の何が“目玉”なんでしょう!?


 って…、題名を見れば解るか…(笑)



 橋の上に建ってるんです★ それも普通の橋じゃないですよ!?

続きを読む

コロンビア・ラストラン! 

2010年08月20~21日 コロンビアのラストランです!

 最近のこのブログ、文章が多過ぎやしませんか…? 多いですよね…?長いですよね…? 書いてる私は、長いと思います(笑)

 でも、色々と書きたいことはありますし…。気がつくと、長ったらしい文章を打っていたりするのです。旅行中、私は日記をつけることはありません。このブログが日記代わりです(というか、ブログって元々そういうものですよね)。旅の日々の中で、どういうモノを見聞きしたのか?どういうことを考え感じたのか?それらを書き留めつつ、旅の徒然を訪問者の皆さんにご紹介する…。そういうモノのつもりですので、そういうつもりでご覧いただけると幸いです。

 さぁ~て、今日は文章少なめ&写真タップリでいこうかな!

コロンビアのラストラン、パストを発ち1日半の走行で、国境の街・イピアレス(IPIALES)を目指します!

20日午後/ PASTO(海抜2700m)~ 峠(海抜3200m)~ TANGUA(海抜2500m)/ 走行28km


01_IGP3390.jpg  02_IGP3394.jpg
写真1/左)お昼頃までパスト散策やネットサーフに費やしました。昼食の定番定食が胃袋で溶け始めた午後2時、出発準備完了!
写真2/右)パスト市街地を脱出!町外れ、峠の登り始めのところで、道路工事の渋滞に捕まりました…。ふと前を見ると、バイクのニイちゃん。最近、岳くんが気がついたんです。コロンビアではバイクに乗る際、ナンバープレートの番号を記したベストを着るのがルールのようです。
続きを読む

真☆美人の街・パスト 

2010年08月20日 いやぁ~…、パストの街、美人が多いじゃないですか!!

 世界的にも美人が多いと評判のコロンビア、そのコロンビアで美人の産地と称されるカリ…。そのカリの美人の話はコチラ→美人の街・カリ


 あ、期待させると悪いので、先に言っておきましょう。



 美人の写真なんて無いです・・・



 「あ!あなた美人ですねぇ~!あの、私、日本からの旅行者なんですけども、写真撮らせてもらって良いですか?あなた、美人だから!」

 なぁ~んて・・・、言えませんよ・・・。たかだか数時間の街歩きで、美人コロンビアーナと親しくなることなんて難しい・・・。だから、写真はありません。

 …と、カリの話のときも言いましたが、今回もそう。私の目に、脳裏に、しっかりと焼き付けてきました(笑)




 昨夕、遅くに到着したパスト(PASTO)。コロンビア南部山岳地帯の中心都市とあって、大きな街です。昨晩、岳くんと食べ歩きしてる時にそういう話題になったんです。

心 「なんかさぁ~…、この街、美人率高くない!?」
岳 「そう!俺もそう思いました!」


 ここは海抜2700mの高原都市です。住民の大半は、白人系(メスチソ)のようです。海抜1000mの温暖な盆地にあり、黒人系(ムラートやサンボ)住人が多かったカリとは、街並みも人々も随分違います。

 でも、ここはここで、美人が多いのです。私だけではなく、岳くんもそう感じたんですもの。多分、そうなんでしょう。もはや、いちいちどういう顔立ちだとか何とか言いませんが…。カリ美人が、ラテンの色香ならパスト美人は、高原に咲く野花のような、『可憐な色香』とでも言いましょうか?


 えぇ~…、繰り返しになりますが、美人の写真はありません。

01_IGP3349.jpg  02_IGP3379.jpg
写真1/左)昨日は食べ歩きしながら、夜の町を1時間ほど歩きました。小奇麗な町並みと、たまに見かける美人たちが気に入って、翌日は午後からの走行と決めました。
写真2/右)で、午前中は街歩きです。まぁ、観光と言うより、ただ食料の買出しがてら、ブラブラと歩きつつ…、パスト美人で目の保養です(笑)


続きを読む

俺は…、どれだけ強いんだろう…? 

 ◆一つ前のエントリーに関連して◆


 コロンビア南部のアンデス山中を走っている私、うざったい程に(大丈夫?)、自分がいかに登り坂に強いのか!ということをアピールしていますよね(笑) 申し訳ないです。しつこいでしょう…?


 でもでも、実際にそうなんです。なんというか、今、登り坂をグングンと登れてしまう自分を実感しています。


 そりゃぁ、こんだけ長いこと自転車で旅してるんですもの☆ それも65~70kgのヘビー級の自転車で!! 登り坂が苦手だったら、こんな旅はできません。上り坂が嫌だったら、こんな旅はできません。長旅のサイクリストが、険しい山道を登れるのは、ある意味、当然のことなんです。


 当然じゃないことがあるとしたら、それは…

 私は、『登り坂が好き』であるということ。


 これでは…、ヘンタイ揃いのサイクリストの中でも、群を抜くヘンタイっぷりかも知れません(笑)


 旅の始まりから、もう1600日くらい経ちました。その内200日程度は、海抜1000~5000m台の山岳地を旅していました。えっ?意外に少ないって?? いえいえ、これは…、周囲の世界一周サイクリストと比べてみると…、まぁ、普通でしょうか(笑) 多いわけでも少ないわけでも無いと思います。
 いくら登り坂が好きだからと言って、ずっと山奥ばかりを走る旅はできません。世界ってのは、思いのほか平らな部分が多いのです。大きな山脈や山がちな土地は沢山ありますが…。山道は時間がかかるのです。ただでさえ鈍足の自転車旅…、効率良く旅をしようと思ったら、好きでも避けねばならないこともあります。
 見方を変えてみると…、それゆえ、私は『登りが好き』といえるのかも知れません。たまに、数ヶ月の内、数十日だけ。たまに、山岳地を走るだけだから、登りが楽しいんでしょう。きっと、そうです。毎日毎日1600日間、毎日2000m登らされてたら、さすがに嫌いになってると思います(笑)


 さて、そんな登り好きな私です。

 今は、登りが得意な私です。



 いったい、どれくらい登りに強いのでしょう!?
 



続きを読む

2000mを一気! 

2010年08月19日 今日は、コロンビア走行で最大の登りです!!

谷底のガソリンスタンド(海抜800m)~ (峠・海抜2800m) ~PASTO(海抜2700m)/ 走行49km


 登り坂を登っているとき、何を考えてるかって? あまり考え事はしてないですね。ただただ周囲の風景を楽しんでいたり、“無”になっていたり。登り坂のとき、心は概して穏やかです。『こんにゃろう!』とムキになったりしませんし、『いつまで続くんだよぉ~…』と嘆いたりもしません。


 では、ここで一句…


 登り坂 心澄ませば 登るだけ


 うぅ~ん…、駄作(笑) 

 ムキになっても、嘆いても、鼻息を荒くしても、どうせ登りは登り。登らにゃならんのです。ならば、心を落ち着かせ、周囲の風景などを楽しみながら、心穏やかに行こうではないですか!


01_IGP3190.jpg  02_IGP3195.jpg
写真1/左)昨晩のお宿はこんなとこ。シングルで12000ペソ(600円)なり。
写真2/右)今日は海抜800mほどからスタート! 目指すパストは海抜2700mほど。その手前に2800mの峠がありますから、今日は最低でも2000mは登らねばなりません! コロンビア走行中で最大の登りの日となります。
続きを読む

登り坂…、それ即ち、悦び☆です 

2010年08月18日 そりゃぁ、自覚はありますよ。私ぁ~、ヘンタイですとも☆

MOJALLAS(海抜700m)~ (1300m) ~ ?地名不明?・谷底のガソリンスタンド(海抜800m)/ 走行76km



 旅先や日本で出会ったばかりの人に「自転車で世界一周しています」なんて言うと、色々な質問が飛んでくるもんです。中でも多いのは、「坂道なんてどうするの!?押して登るの?漕いで登るの?」とか、「登り坂大変でしょう!」とか、『登り』に関するです。

 そりゃぁ、そうですよ。登り坂があったら、登らにゃいかんでしょう。日本の地形だってそうじゃないですか、地球上の土地ってのは、真っ平らっていうわけじゃないんですから。

 大変だろうって?そりゃぁ、まぁ、大変は大変です。普通の自転車の5倍は重たい自転車で、毎日数百m、多い日は2000m以上の標高差を登るんですから。


 でもね、私にとって、登り坂とは…、それ即ち、悦びなんです★

01_IGP3070.jpg  02_IGP3071.jpg
03_IGP3087.jpg  04_IGP3090.jpg
写真1/左上)昨日のお昼頃から、冷房が効いた部屋に引き篭もっていたホテルが、こちら。素敵な宿でしたが、ガソリンスタンドの汚水が井戸水に混じっているようで…、井戸から汲み上げている水道の水が、酷くガソリン臭くて、歯磨きやシャワーが気持ち悪かったです…。
写真2/右上)さぁ!今日から本格的なアンデスに再突入ですよ!! 写っているのは、岳くんです。
写真3/左下)走り始めは、緩やかな上り下りを繰り返しでした。
写真4/右下)山奥では、斜面を削って道を作りますが…。こりゃぁ、“削りっぱなし”じゃないですか…!?大雨でも降れば、一気に崩れ落ちそうですが…。このあたり、降雨量が少ないのか、周囲の山々も谷底にも、褐色の石や砂、乾ききった草木が広がっています。
続きを読む

お裁縫デー 

2010年08月17日 私、家庭科の成績『5』でしたから!

EL BORDO(海抜1000m)~ MOJARRAS(海抜700m)/走行41km


01R0014751.jpg  02_IGP3045.jpg
写真1/左)エルボルドの朝。朝食は町のパン屋さんで揚げパンを頂きました。揚げパン、概してコッテコテですけども、私の胃袋は強いのです。朝から揚げ物でも平気☆
写真2/右)荷物をまとめて出発準備完了。手前は岳くんの自転車。奥が私の自転車。

 さぁ!出発です!!

 と意気込んでみましたが…、実は、今日はそんなに気合入れなくても良いんです。今日の走行予定はたったの40km程。途中に峠もありませんし、楽なもんです。もちろん、40km以上走ろうと思ったら走れますが…。40km先のモハラス(MOJALLAS)という村を過ぎると、しばらく宿があるような村や町はなさそう。おまけに、海抜700mのモハラスから延々と続く登りが始まり、海抜2800mのパストまで続きます。
 頑張って走れば、今日の午後はひたすら登りになります。夜は野宿です。まぁ、それでも良いんですけどぉ~…。せっかくなので、今日は半日だけの走行にして、午後はのんびりしようではないですか!!

続きを読む

メリハリ復活!! 

2010年08月16日 食生活にも、メリハリは大事ですぞ☆

POPAYAN(海抜1800m) ~ EL BORDO(海抜1000m) /走行84km


 ポパヤンを発ち、再び、コロンビア南部のアンデスをひた走ります。コロンビアン・アンデス、ここからが本番!という感じです。残るコロンビアの走行で最大の難所となる標高差2000mの峠までは、少し先…。ひとまず、この2日間は、小さな峠の上り下りが続きます。

01_IGP2975.jpg  02_IGP2979.jpg
03_IGP2986.jpg  04_IGP2991.jpg
写真1/左上)ポパヤンのお宿はこんなとこでした。ポパヤン、真っ白な街もキレイでしたが、周辺のインディヘナの村を訪れる拠点となっており、観光客向けの宿は充実していました。
写真2/右上)町を出ると、さっそく始まった! とりあえず、数百mの楽勝☆な登りです。
写真3/左下)道路脇の木です。寄生植物が枝の途中に生えていて、不思議な見た目になっています。こういう植物、あちこちにあります。
写真4/右下)さぁ、小さな峠(海抜)を登りきったら、向こうはもちろん下り! 登ったら下る、下ったら登る、これアンデスの基本★


続きを読む

終戦記念日に考えた 

2010年08月15日 65年ですか…

 8月15日、聖母被昇天祭だったコロンビアで、日本の終戦記念日について色々と考えました。

 終戦記念日、言わずもがな、日本の最後の戦争『太平洋戦争』が終わった日。1945年8月15日、昭和天皇の玉音放送で告げられた終戦…。それから65年後、私はコロンビアでその日を迎えたわけです。
 海外で8月15日を迎えるのは、もちろん初めてではありません。すでにこの旅も5年目ですし。過去を振り返ってみると、1995年は英国で。99年はモロッコで。2000年はシリア(だったかな?)、03年と04年はリビアで。06年は中国で。07年はギリシアで。08年はフランスで。09年はカナダで。で、10年はコロンビアか。

 さて、ここから長くなりそうです…



続きを読む

白い街・ポパヤン 

2010年08月14~15日 真っ白でした。

8月14日/ MONDOMO(海抜1500m)~POPAYAN(海抜1800m)/ 走行67km


01_IGP2879.jpg  02_IGP2881.jpg
写真1/左)昨晩のお宿はこんなところ。シングルで1泊10000ペソ(500円)。部屋への通路は…、民家の廊下の先の階段の下の坂の向こうの右手の物置小屋の奥…。まぁ、これならもう少し安くても良いかな~…?という感じですが…。言っても500円☆安いモンです(笑)
写真2/右)宿の正面はこんな感じ。看板はここに掲げられてますが、実際のとこ、この建物は宿ではない…

 さて!出発!!という段になって、宿のおじさんが登場…。で、昨夕の話の続きが始まった…

おじさん 「もう行くのか? じゃぁ 知人の連絡先を書いとくれよ!」
こころ 「あの…、それなんですけども…。僕らね、普通のサラリーマンやってただけの人間ですから。そういう関係者や知人ってぇ~のは…。いないのよ。」


続きを読む

ブログ更新再開に関してのアナウンス 

2010年08月15日 コロンビア南部の街・ポパヤン(POPAYAN)からお知らせです。


 おまたせしました!

 長らくお休みさせて頂いておりましたブログの更新、本日より再開いたします☆



 6月中旬のホンジュラス走行時の投稿でブログが停止した状態でした。ホンジュラスから順を追って、未更新分をアップしていきたいところですが…。それをやると、いつまでも現在進行形に追いつきません。

 よって、しばらくの間、時系列無視でドンドン!アップ可能なものからご紹介していこうと思います。毎日午前0時頃に、1本以上のエピソードが自動更新されるようにしておきます。



 「前回の話はコスタリカだったけど…、あれ!?今日はコロンビア!? 彼、今どこにいるのぉ~??」
 なぁ~んてことにならないように、冒頭の日付にご注意してご覧下さいませ。

 再開第一弾は、3週間前に予告をしておりました、カリブ海のヨット旅(パナマ~コロンビア)から始めたいと思います。


 どうぞ!お楽しみくださいませ☆

コロンビアの面白い標識たち 

2010年08月13日 のどかなサトウキビ畑の中を走りながら、頭を捻りました…

CALI(海抜1000m) ~ MONDOMO(海抜1500m)/ 走行75km


 3泊したカリを出発。なんてことない都会でした。観光という観光はしませんでしたが、良い休養となりました。カリを発って1日も走れば、また道はアンデスの山道になります。

01_IGP2838.jpg
写真1)今の私の自転車はこんな感じ。後ろの荷台の上のバッグが変わってること、ご存知ですか?

 2009年10月以降、あそこには黒い筒型の防水バッグ(オルトリーブ)が載っていたのですが…。そのカバン、6月にコスタリカで盗まれました(詳細は追って…)。今乗ってるあのカバンは、パナマで購入した防水バッグ(購入価格35ドル)。容量70リットルぐらいあり、少々大き過ぎます。荷台に乗り切れてない感じ…。

 あと、サドルの後方に、木の棒が刺さってるの見えますか? あれ、この前失った木刀の代わりです。農機具屋で買ってきた、鍬の柄です。あれを削って、木刀にします。

 今後の課題は3つ! ①あのカバンを一回り小さくして縫い直して・・・、②そのカバンを入れるカバーを作って・・・、③芸術的な木刀を削り上げる! それぞれ時間がかかる作業ですが、ボチボチやっていこうと思います。


 さて、そういうわけで、カリを発ちましょうか!


続きを読む

美人の街・カリ 

2010年08月11~12日 世界的にも美人が多いと評判のコロンビア、そのコロンビアで美人の産地と称されるカリ…


 期待させると悪いので、先に言っておきましょう。



 美人の写真なんて無いです・・・



 「あ!あなた美人ですねぇ~!あの、私、日本からの旅行者なんですけども、写真撮らせてもらって良いですか?あなた、美人だから!」

 なぁ~んて・・・、言えませんよ・・・。たかだか数時間の街歩きで、美人コロンビアーナと親しくなることなんて難しい・・・。だから、写真はありません。私の目に、脳裏に、しっかりと焼き付けてきました(笑)


続きを読む

南国のカリへ! 

2010年08月09~10日 カリまでの2日間は、穏やかなサイクリングとなりました。

 昨日は気が付かぬままペレイラを通らぬ“予想外の近道”を走ってきました。もう海抜は900m台。目指すカリまでは230kmほど。途中、峠はありません。アンデス山中、ふたつの山脈の間に広がる平野部です。のぉ~んびり走っても2日あれば十分でしょう!


8月9日/ VITERBO(海抜900m) ~ ANDALUCIA(海抜950m)/ 走行125km

01R0014666.jpg  02R0014668.jpg
03_IGP2739.jpg  04_IGP2743.jpg
写真1/左上)朝ごはんは、町のパナデリア(PANADERIA、パン屋さん)で。
写真2/右上)卵じゃないですよ。トウモロコシ粉の揚げパンです。これ、チーズが少し練りこまれてて、揚げたてはとっても美味☆ サイズは卵より2回りくらい大きく、3~4つ食べれば、サイクリストでもお腹一杯になります。
写真3/左下)昨晩のお宿はこんなとこでした。1泊30000ペソ(ひとり750円)で、とっても素敵な宿でした☆
写真4/右下)この2階がホテルです。荷物の上げ下ろし、ひとりだと通りに停めた自転車や荷物の管理に神経を使いますが、今はペアラン中。岳くんと交代で荷物を降ろすので、盗難の心配などはありません。
続きを読む

コロンビア・コーヒーの誘い(いざない) 

2010年08月07~08日 多分、コーヒーに誘われたんですよ・・・

LA FELISA(海抜700m) ~ 海抜2200m ~ VITERBO(海抜900m)


 コロンビア中部、メデジンとカリの間のアンデス山中には、『ZONA CAFETERA』と呼ばれる、コーヒーの一大産地があります。その中心地となるのが3つの町、マニサレス(MANIZALES)、ペレイラ(PEREIRA)、そしてアルメニア(ARMENIA)。これらの町が、世界第3位のコーヒー生産高を誇るコロンビアのコーヒーの中心なのです。

 コロンビア入り後、サイクリング途中の休憩でコーヒーを飲んだり、自分で豆を買ってきてドリップしたりして、美味しいコーヒーを楽しんでいます。私、コーヒージャンキーです。一度コーヒーを飲み始めると、1日に何杯も飲んじゃいます。もちろん、美味しいコーヒーには目がありません。

 コロンビアは、安食堂で出してるコーヒーも、小さな売店の棚に並んでるコーヒー豆も、美味しいと思います。世界各国で美味しいコーヒーってのは飲めます。こだわりのカフェの高級なコーヒーを飲めば、そこそこ美味しいのは当たり前! でも、コロンビアは、安物でも美味しいのです☆



 ZONA CAFETERA! 飲んでやろうじゃないですか!!


01_IGP2576.jpg  02_IGP2592.jpg
03_IGP2604.jpg  04_IGP2600.jpg
写真1/左上)昨晩のお宿はこんなとこ。水シャワーでしたが、海抜700mの温い水だったので問題なし。真新しいキレイな部屋で、シングル8000ペソ(400円)はお得でした☆
写真2/右上)走り出して20kmほど。小さな町を通過…。徐々に標高を上げていきます。
写真3/左下)更に山道を進むと…、比較的大きな町が! 地図にこんな大きな町の載ってないけどなぁ~…。
写真4/右下)なぞの大きな町のカフェで、今日1杯目のコーヒーを頂きました。1杯500ペソ(25円)の安さで、しっかりコーヒーの香りがします。本物のコーヒーですよ!
続きを読む

魂を…、忘れてきました… 

2010年08月07日 カルダスの宿にね…、忘れて来ちゃったんです…。

CALDAS(海抜1,900m) ~ LA FELISA(海抜850m)/ 走行105km


01_IGP2487.jpg  02_IGP2491.jpg
03IMG_6034.jpg  04_IGP2501.jpg
写真1/左上)昨晩のお宿はこんなとこ。古めかしいレジデンシャル(間貸し宿)といった感じ。1泊2万ペソ(ひとり500円)でした。部屋は至ってシンプル、ベッドは硬くて湿ってる…、シャワーは水シャワーのみでした。が!私らには平気☆ テキパキ準備を済ませ、出発です!
写真2/右上)今日は日曜日。さすがはコロンビアですねぇ~!自転車はコロンビアでサッカーに次いで人気のあるスポーツ☆ 大都会メデジンの近くということもあってか、週末の峠道はサイクリストだらけです!
写真3/左下) カルダスから700m程の峠を登るのですが、道中、おそらく200人くらいの週末サイクリストに会い、その多くと挨拶を交わしました。この写真、集団の中にいる大きな自転車は私です。
写真4/右下)2時間ほどで峠の頂上に着きました。さすがに、峠の向こう側にはサイクリストはいなかった。あっちに下っちゃうと、戻るのが大変ですからね。

続きを読む

コロンビア料理、もうそろそろ・・・ 

2010年08月06日 メデジンを出発! 残るコロンビアの走行は3分の2ほど。ですが、“もう”ですね…

MEDELLIN.(海抜1,700m) ~ CALDAS(海抜1,900m) / 走行25km

01_IGP2421.jpg  02_IGP2422.jpg
03_IGP2426.jpg  04_IGP2428.jpg
写真1/左上)メデジンのお宿、2泊目からホテルを変えました。こんなとこ。1泊5500ペソ(ひとり1400円)もしましたが、WIFI飛んでて、コーヒー無料で、シャワーも熱々で、快適な宿でした。出発はお昼ご飯の後としました。高い宿に泊まった日は、チェックアウト時間ギリギリまで居座るのが心流☆ そして、それは岳くんにも受け継がれました(笑)
写真2/右上)午前中、スーパーに行ったときに撮影。ずっと撮りたかったんですよ、この店! 大きめサイズの洋服店です。
写真3/左下)さて、昼食を済ませ、荷物を積んで、走行開始です。今日も良い天気です☆
写真4/右下)大都会メデジン、地図を広げてみても、あまりに広すぎてよく解らんので、とりあえず方向感覚を頼りに進みます。片側2~4車線の道路に車が溢れ、走りにくいことこの上なしです。



続きを読む

8月10日頃から、ブログ再開します 

2010年08月06日 コロンビア第二の都市メデジンより。


 これから、南部のカリ(CALI)という町に向け走行開始です。

 ここのところ、ブログの更新をお休みさせて頂いています。移動頻度が高く、ネット接続環境に長居できないのが理由のひとつ…。たまにネット環境があっても、疲れていたり、他にやるべきことが多かったり…。

 文章や写真の準備はコツコツやってますので、10日頃到着予定のカリから、大量アップロードしたいと考えています。


 便りが少ないのは、ある意味、旅が充実している証拠です☆

 毎日、楽しく苦しく走行&異文化体験してますので、もうしばしお待ちくださいませ☆

メデジン写真館 

2010年08月04~05日 メデジン写真館です。

 人口200万人超の大都会・メデジン(MEDELLIN)。メデジン・カルテルが強大だったほんの数十年前は、世界で最も危険な都市のひとつだったそうです。今ではマフィアも力を失い、年中春のような心地好い気候のこの街には、穏やかな空気が漂っています。

 特に、旧市街がキレイとか、新市街がモダンだとか、そういうのはありません。世界遺産の教会もなければ、遺跡もない。でも、この町には、旅行者を惹きつける不思議な魅力があります。
 
 メデジン市内、買いたいものがあったので2日間かけてブラブラふらふらと歩き回りました。その途中で取った写真たちを一挙にご紹介☆


00_IGP2188.jpg
写真1)中心部のメトロ駅前の広場。この町には、旧市街とか新市街とかいう明確な区切りはありません。

続きを読む

メデジン到着! 

2010年08月03日 コロンビア第2の都市・メデジンは、なんだかワクワクする街でした!

EL CHAQUIRO(海抜2,650m) ~ MEDELLIN(海抜1,700m)/ 走行105km

 カルタヘナを発って8日目、ようやくメデジンに手が届きそうです。残すは100km!もう上り坂はなさそうですし、今日中に到着できるでしょう。

01_IGP1996.jpg  02_IGP1997.jpg
03_IGP1999.jpg  04_IGP2007.jpg
写真1/左上)昨晩の宿はこんな感じ。2人部屋で20000ペソ(約1000円=ひとり500円)。
写真2/右上)荷物をまとめて終えたところで、外に出ると…、雨…!?いつもは8時頃に出発なんですが、今日は雨脚が弱まるのを待って、9時前の出発となりました。
写真3/左下)小雨の中走り出して、しばらく…。このバス、初めて写真に収めることができました!! アンデス山中に入ってから、たまに見かけるんですけど、トラックの荷台に座席付きの箱を載せたようなバス。オフロードの山道用でしょうね。舗装された国道ではあまり見ません。
写真4/右下)なかなか止まない小雨…。嗚呼…、この先、一気に標高を落とす、長ぁ~い下り坂があるんだけどなぁ~…。濡れた路面のダウンヒルほど、嫌なものはありません。景色は見れないし、ブレーキングは大変だし。


続きを読む

初アンデス☆です! 

2010年08月01~02日 いやぁ~!アンデスですよぉ~!!

 コロンビアを走り始めて6日目、つまり、南米縦断のスタートから6日目。ついに、アンデスの山道に突入です!
 私の南米縦断の旅は、コロンビア~エクアドル~ペルー~ボリビア~チリ~アルゼンチンと、ほぼアンデス山脈に沿って下っていきます。途中、ペルーやチリでは太平洋岸を走る区間もありますし、アルゼンチンではパンパの大草原を走ることもあります。が、まぁ、『南米縦断の旅≒アンデスの旅』と言っても良いでしょう。

 初めてのアンデスの走行、その初めの2日間を一気にご紹介!


8月1日/ TARASA(海抜150m)~ VALDIVIA(海抜1,100m)/ 走行62km

01_IGP1792.jpg  02_IGP1804.jpg
03_IGP1811.jpg  04_IGP1812.jpg
写真1/左上)昨晩のお宿はこんなところ。急な坂の途中に建つホテルの2階の部屋。コロンビアに限った話じゃありませんが、ラテンアメリカでは、街中にあるホテルは2階が受付、客室は2階より上ということが多いので、荷物の上げ下ろしには苦労します
写真2/右上)走り出して30~40kmほどは、カウカ川に沿って走ります。谷に流れ込む清水が豊富なので、道路沿いには“洗車屋さん”が沢山!
写真3/左下)滝や渓流の上の方からホースで水を引いているので、かなりの水圧があります。洗車屋の目印が、このホースから吹き上げる水というわけです。
写真4/右下)水遊びに興じる娘っ子たち。可愛いです☆ けど…、この水、かなり冷たいと思うんですけども…
続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。