月別アーカイブ

 2010年01月 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3人+2人+1人 

2010年01月31日 夜はパトリックも加わって、素敵なパーティーになりました。

 過去最大の5人グループ・ラン2日目です。夜明けと共に、まず、私とカットが目覚めました・・・。私がテントの露を落とす音と、カットがコーヒー用のお湯を沸かすバーナーの音で、ジョシュとグレッグが目を覚まし・・・。4人が朝食を取りながら話してる声で、マットが起きました。マット、相変わらず・・・、朝遅いなぁ~(笑)


1R0012310.jpg
写真1)今日は緩やかな峠越えがあります。これまで、半島を縦断する山脈の西側を走って来ましたが、今日から数日は東側になるのです。順調に走れば、日没前に東側の海岸に着くでしょう。


続きを読む
スポンサーサイト

3人+2人 

2010年01月30日 3人でグエレロネグロを出発!

 充実のホエールウォッチングから一夜明け、今日からしばらく3人(マット、カット、私)で走ります。マットとは4ヵ月前のカナダ・ブリテッシュコロンビア州以来。カットとは、もちろん初めてです。

IMGP4360.jpg
写真1)10時半、出発準備完了!左から、マット、私、カットです。

続きを読む

捕鯨の話題から、思いついたままに・・・ 

2010年01月29日 ホエールウォッチングと捕鯨問題に関してもうひとつだけ。長くなりそうですけども・・・。


 まだ、考えはまとまっていないのですが・・・。ふと、思ったんです。思いついたままに書きます。長ぁ~くなりそうな気がします。


 私、添乗の仕事をしてますよね。で、過去のツアーを思い出してみると・・・。日本人というのは、『動物鑑賞』と、『食事』を切り離して考える才に長けているのではないか?と、思わされることが多々ありました。才能って言うと大袈裟ですが、欧米人に比べると、“気にならない”気質なんです、きっと。 

 良く言えば“寛容である”とも言えるかもしれません。

 悪く言えば“鈍感”・・・?とも思わないけど、強いて言うなら。 


続きを読む

ホエール・ウォッチング③/でもやはり私は 

2010年01月29日 あっという間、楽しかったホエール・ウォッチング・ツアーが終わります。

 海上での早い昼食を終えると、時計は11時を回っていました。船着き場まで戻ると、11時半にはなりそうです。ツアーは予定通り、3時間で終わりかな・・・。ボートは2隻並んで、猛スピードで走り出しました。

IMGP4281_20100303040131.jpg
写真1)おおっ!?

 往きは、一気に沖に出てきましたが、帰りは入江の岸に沿って、他の動物のウォッチング・タイムがありました!

続きを読む

ホエール・ウォッチング②/っていうか、タッチング!? 

2010年01月29日 ホエール・ウォッチング、ここから盛り上がりますよ。

 海に出て15分ほどで、初めてクジラの姿を認めました。皆、立ちあがって、カメラのシャッターを切ります!

 が・・・、遠いんですよね・・・。遠くの海面で、呼吸の際の水しぶきが上がったり・・・、背中がチラチラ見えたり・・・。その程度・・・。

 ちなみに、ツアー客は、最前列からメキシコ人夫婦、米国人夫婦2組、イタリア人夫婦、そしてチェコ人のカットと私。クジラを食す文化を持つのは、私だけですね。ここにノルウェー人、アイスランド人、カナダやアラスカの先住民が参加してたら・・・、心強いのですが・・・。

 イタリア人のおばさん、イタリア語で、船頭さんに『もっと近く行ってよ!』的なことを注文しています。でも、船頭さんは、ゆぅ~っくり船を動かすだけで、接近している様子はない・・・。 と!思ったら!?


IMGP4116.jpg
写真1)来た! ボートから10mぐらいのところで、「ブフゥ~ッ!」と、クジラの息継ぎの音がして、背中が見えました。

 船頭さんが、クジラの動きを予測してるのでしょうか? 或いは、クジラから近付いて来てるのでしょうか・・・?

続きを読む

ホエール・ウォッチング①/出発~遭遇 

2010年01月29日 バハ・カリフォルニアと言えば、ホエール・ウォッチングでしょう!

 説明するよりも、写真をたくさん見て頂いた方が良いと思い、300枚も撮った写真から適当なモノを抽出してみたところ・・・、40枚前後になりました。一度にご覧頂いても、飽きるでしょうから・・・、もったいぶって! 僅か4時間のツアーの記録を3つのエントリーに分けて紹介します。


 まずは、バハ・カリフォルニアのクジラたちについて、軽く予習。

 バハ・カリフォルニア半島は、ホエール・ウォッチングのメッカ☆ ご存知の通り、クジラは、海の広大な地域を回遊する生物。回遊と言っても、好き勝手に海を泳ぎ変わっているわけではなく、一定期間で特定の場所を往復するのが通常のようです。
 ここらで遭遇できるクジラたちは、北東・太平洋を回遊しているそうです。ここバハ・カリフォルニアはその回遊の南端。ここで繁殖を行い、北米大陸に沿って北上、アラスカ沖の豊かな海でたっぷり食べたら、また南へ下って来るそうです。このグエレロネグロ周辺には、現在200頭ほどがいるそうです。


 私、ホエール・ウォッチングに参加するかどうか?ちょっと前まで迷ってました・・・。

 だって、昨今のニュース見て下さいよ。『シー・シェパード』、あの凶暴な人たちが、クジラを襲ってる(?)日本人を、襲っているではないですか・・・。

 シー・シェパードは、オーストラリアの団体じゃないですからね。本拠地・代表は、米国にあります。米国人、伝統的に、『自分たちの行いは正義だ!』的な思考回路を持つ人が多いでしょう・・・。 で、バハ・カリフォルニアって、米国人にとって、気軽に行ける観光地なんですよね。

 どうせ、ホエール・ウォッチングツアーの参加者の大半が、米国人なんだろうなぁ~・・・

 どうせ、みんながみんな、神秘的で知的なクジラ大好きで、優雅で愛らしいクジラを溺愛してて、クジラを食べる日本人を野蛮人だとか思ってんだろうなぁ~・・・。もしかしたら、シーシェパードの活動資金を提供してる人なんかいたりして・・・。



 なぁ~んて・・・、ネガティブ思考が支配的だったんです。


 けども! 結論から言っておきましょう。それは杞憂でした☆ ツアー中、変な軋轢は生まれず、変な会話はなく、変な視線を感じることもありませんでした☆


 さぁ、では行きましょう!


続きを読む

マットと再会!! 

2010年01月28日 まさか、まさかの再会でした☆

IMGP4075.jpg
写真1)ヴィラ・デ・ジーザス・マリアの世が明けました。

 グエレロネグロの手前、40km程の小さな町(ってか村)『ヴィラ・デ・ジーザス・マリア』。ガソリンスタンドが1軒、商店が数軒、あるだけの小さな小さな町。なんとなく、宿を取りましたが、なんとも有難い地名じゃございませんか!

 夜明け前に目覚めてしまいましたが、出発は少々遅め。のんびり朝からスペイン語の勉強したり、洗濯物を乾かしたり。出発準備が整ったのは、10時を回ってのこと。グエレロネグロまでは2時間もあれば着くでしょう。




続きを読む

グエレロ・ネグロ到着 

2010年1月28日 バハカリフォルニア半島の中ほど、グエレロ・ネグロに到着!

 ひとまず、近況の報告のみです。


 予定よりも随分と時間がかかってしまいました。メキシコ入りしたのが11日のことですから、2週間半もかかってるんですね・・・。

 バハカリフォルニア半島付け根のあたり、エンセナーダという町では5泊過ごしました。しばらくネット環境がなさそうだったので、そこであらかたのネット作業をやっつけるのに3~4日かかったのです。


 で、17日から走りだしたのですが・・・、なんと!?

 それから1週間、お天気が荒れに荒れて、大荒れで・・・

 数年に一度、いや、数十年に一度(?)という暴風雨に遭いました。バハカリフォルニア半島には、年間通じて水が流れる川は数えるほどしかなく、ほとんどの川は、雨の後だけ小さな流れができる『枯れ川』。それら枯れ川のほとんどで、鉄砲水が発生するほどの雨・・・。各地で土砂崩れと倒木が発生するほどの風・・・。

 で、私はそんな中でも150kmほど頑張って進んだのですが、最後には、もう立ってもいられないような暴風雨で、全身を断念! 停電のモーテルで2泊してるうちに、橋がひとつ流れ、また前進できなくなり・・・。

 結局、24日から青空が戻り、5日間の走行で、グエレロネグロに辿りつきました。


 バハカリフォルにはの大自然、厳しい部分だけではなくて、美しい部分も存分に堪能できていますから、そのお話は後日ご紹介させて頂きます。


 ここグエレロネグロでは、嬉しい再会もありました。カナダ・ユーコン準州~BC州で1週間ほどペアランしてた、英国人サイクリストのマットと再会したのです。まさか、彼に追いつかれるとは思ってもみませんでしたが・・・、せっかく再会したので、また数日一緒に走ることになりそうです。


 美しいバハの写真たちは、近々公開します!お楽しみに!

通り雨の後は・・・ 

2010年01月27日 出ますよね! 

 昨晩から曇が徐々に増えてきて・・・、今日は朝日が射しませんでした。昨晩は、そんなに冷えなかったのですが、風がなかったので、テントの中が結露してしまってます・・・。

IMGP4053.jpg
写真1)8時過ぎ、ようやく陽が射し始めました。テントを乾かし、出発準備!

IMGP4055.jpg  IMGP4059.jpg
IMGP4061.jpg  IMGP4064.jpg
写真2/左上)走行開始早々、雨です・・・。急いで雨具を装着!
写真3/右上)でも、すぐに止みました・・・。
写真4/左下)でもでも、1時間ほどで、またポツポツと・・・
写真5/右下)風が西から吹いて来ます。西には太平洋が広がって
おり、雨雲らしき黒っぽいくもが流れてきています・・・。

 今日の雨は、局地的な通り雨だけでした。

 通り雨の後は・・・、出ますよね?


続きを読む

巨大サボテンの森 

2010年1月25~26日 これでもか!? というぐらい、サボテン尽くしの2日間でした。

 サボテン、好きです☆ 大好きです☆

 これぞ!バハ・カリフォルニア半島!という風景を、思う存分!に満喫できました。

 暴風雨で足止めを食らっていたエル・ロザリオの村を過ぎると、半島を縦断する国道1号線は、海岸線を離れ、半島のほぼ中央、標高1000mくらいの高原を南へ下っていきます。この2日間、若干起伏のある土地でしたが、サボテンと荒野と山々が生み出す、美しい光景が続いたので、心身ともに疲れを感じることはありませんでした。

1IMGP3937.jpg
写真1)昨晩、月夜のサボテンを楽しんだのは、こういうところ。


 では、行きましょう!

 これでもか!?



続きを読む

サボテンの夜 

2010年01月24日 サボテンの夜を満喫しました。

 まだまだ満月ではありません。が、砂漠では、月の光が、ことさら強く感じられるものなのです。


 周囲に人工的な灯りのない、荒野や森の中で眠ることの多い自転車の旅。サイクリスト仲間の中には、『新月の夜の方が好き』という人も多くいます満天の星空を満喫できるからです。それも解ります。でも、私は、満月の夜の方がもっと好き。

 今夜の月は、月例10日目程度でしょうか・・・。ちょっと乱視がある私の目には、このくらいの月から、満月に見え始めます。5~6晩、ずっと満月を楽しめる、お得な目なんです(笑)


IMGP3930.jpg
写真1) 西の空の赤みが消えた頃、月明かりが荒野を徐々に照らし始めます。


続きを読む

嵐が去って・・・、バハの旅再開! 

2010年01月24日 川を渡ると、そこは“バハらしい☆バハ”でした!

 1週間、断続的に続いた嵐が去り・・・、まさに!台風一過!!という素敵な朝が訪れました。今日から走るぞぉ~!!


1IMGP3810.jpg  2IMGP3808.jpg
3IMGP3812.jpg  4IMGP3820.jpg
写真1/左上)この部屋で3泊・・・。最後の朝は、力強い朝日に気持ちよく目覚めました。
写真2/右上)宿の前の木々・・・。これだけじゃ解りにくですけど、どの木も枝が折れ、可哀想な姿になってました。
写真3/左下)お宿出発を前に1枚。この町は、有名なオフロードレース『BAJA1000』の通過地点。
写真4/右下)小さなエル・ロザリトの町(村ですねココは)を抜けると・・・、見えてきました・・・


5IMGP3823.jpg
写真5) コレ!


続きを読む

ロンドン橋ぃ~♪ 

2010年01月23日 落ちぃ~るぅ♪ 落ちぃ~るぅ~♪


 天気予報の通り1週間続いた悪天候・・・。今朝はモーテルのカーテンの隙間から指す、朝日に起こされました。

IMGP3809.jpg
写真1) これぞ!バハ・カリフォルニア!!


 バハ・カリ☆ この強烈な日差しこそが! バハ・カリでしょう!!

 これでようやく走れるぞぉ~!!



 で、朝から大がかりな片付け作業です。2泊したモーテルの部屋の中は、ひっちゃかめっちゃか!

 泥まみれになってたので、泥が乾いてから落とそうと思ったけど、まだ泥が乾いてないキャンプ用品。乾かないだろうなと思って洗ったけど、やはり乾かなかった5日分の洗濯物。扇風機の風に当て無理やり乾かした、やたらと臭うようになってしまった靴。ちょっと錆びが浮いてきた自転車のチェーン。昨晩の夕食に使ったまま、まだ洗っていない鍋と箸…。ベッドの上も、テーブルも、床も、バスルームも、とにかくモノが散乱しています。

 出発準備には時間がかかりそうですが、時計はまだ8時。モーテルのチェックアウトは12時でしょうから、まだ4時間はあります。今日も午後だけで50~60km走ることにして、地図を出してルートを確認。ボチボチ準備を始めたところで、宿のおばちゃんの姿が見えました。

心 「ブエナス! えっと、あのぉ~、私、お昼、自転車、走ります。」(片言スペイン語)
おばちゃん 「ブエナス! 今日は良い天気ね。でも、●×△☆▼※○●■▽☆よ!
心 「えっ?はい、いい天気ですね。」



 ん・・・? 何・・・?? 何て言ったんでしょう・・・???

続きを読む

暴風雨、一瞬、晴れ 

2010年01月22日 今日もモーテルで缶詰めでした。

 未明に目を覚ますと、停電は解消されていました。で、二度寝三度寝して目覚めると、薄っすらと朝の光が部屋に差し込んでいました!

 が・・・、期待してはいけません!


続きを読む

暴風雨、後、暴風雨 

2010年01月21日 猛烈!もう!猛烈!!ほんと、もう!猛烈!!でした・・・

 テントを打つ雨音と、テントを揺らす強い風で目覚めました。いや、目覚めたってのは適当ではないですね・・・。

 テントを打つ雨音と、テントを揺らす強い風で眠れませんでした!!


 昨晩テントを張った時には星空も見えていたので、もう雨雲は去ったのかも?と仄かな期待を抱いて床に着きましたが、それは23時には否定されました。初めは雨のみ。まぁ、「バッババッババババ!∞」という雨音を聞きながらでも眠れることは眠れるんですが、日付が変わった頃には、風も出てきました。テントの真横から吹き付ける風・・・。いちおう、普段より多めにペグ(杭)を挿しているので、テントが飛ぶようなことはないと思いますが、ドーム型の屋根が大きく変形するほど、強烈な風が吹き続けました・・・。

 眠れたのか?眠れなかったのか?よくわからない朝・・・。7時前には、テント内でパンの朝食を済ませ、寝具を片付け、パッキングを済ませました。で、雨脚が弱まるまで待ってみよう!と決め・・・

 8時!作戦変更。きっと、これは止みません!!

続きを読む

晴れ、後、また暴風雨? 

2010年01月20日 台風一過ってやつですか。

IMGP3781.jpg
写真1)快晴の空!

 一晩中吹き荒れた風雨が嘘のように、真っ青な空が広がった朝。モーテルの部屋の中で湿ったままだった装備品を全て、外に出し、朝日に当てて乾かします。12時のチェックアウトぎりぎりまでモーテルで過ごし、さぁ!出発です。


続きを読む

ひざ痛、後、暴風雨 

2010年01月18~19日 お天気は下り坂です。

IMGP3759.jpg
写真1)眠れない夜が明けました。

 明け方、崖の上から、「バン!バン!ガコン!バン!バン!」と金属板を叩くような音が響いていました。事故車を動かしてる音だろうと思い、わざわざ見には行きませんでした。何も夜明け前に始めることないのに・・・。うるさくって眠れたもんじゃありません・・・。

続きを読む

曇り、後、ヒザ痛・・・。夜半過ぎに何かが起こるでしょう。 

2010年1月17日 薄曇りエンセナーダを出発!

 エンセナーダ、5泊もしてしまいました。滞在中、1日だけ曇りの日がありましたが、概ねお天気は良好でした。私は、あまり外出はせずに、のんびり宿で作業にあたり、仕事が片付いた今日、出発となりました。

 なんせ、ここ最近運動不足です。米国LAから、1ヶ月で400kmも走っていません・・・。いきなり、トップギアで走り出すとヘバリそうなので、出発はお昼としました。

R0012169.jpg
写真1)宿のスタッフ・ラウラ嬢と私。



 写真撮影後、ラウラが一言。「今日から1週間雨だってよ?」


 「えっ!?1週間も?」


続きを読む

ニホンゴ & ESPANOL 

2010年1月16日 お互いまだ始めたばかりなんですけど・・・。


 姿勢がちがいますね。

 私・・・、彼女を見習わねばなりません。



IMGP3721.jpg

写真)エンセナーダのバックパッカー宿で働くメキシコ娘・ラウラ


続きを読む

メキシコにおける、携行調味料と食生活の変化についての考察 

2010年01月15日 エンセナーダ出発を前に、携行食料の再考・・・

 米国・カナダでは、自炊主体の旅でした。この半年に限りません。2008年7月にアフリカからヨーロッパに入って以降、ずぅ~っと自炊主体です。外食というと、ファーストフードぐらいなもんです。レストランに行った回数は、両手で足りるかな?程度です。


 メキシコ、美味しいモノが溢れています☆ 屋台もいろいろあるし、庶民的な食堂もいろいろ。

 まだ物価の相場は良く理解できてませんが・・・。まぁ、昼・夜それぞれを屋台と食堂で済ませたとて、合わせて1000円もかからないでしょう、きっと。


R0012168.jpg
写真1)私の調味料入れタッパー。

続きを読む

『日の丸』に誇りはありますか? 

2010年1月14日 国旗のお話です。

 『日の丸』に誇りはありますか? 私はあります。 だって、あれが日本の国旗ですもの。


 日本には、日の丸の掲揚や、君が代の斉唱を拒む人もいますよね。まぁ、10代の頃の私なら、そういう主張をする大人たちに「そうかもなぁ~」なんて思ってましたが、今では、日の丸、君が代、当たり前のことだと考えてます。


 だって、あれが、日本の国旗であり、国歌なんですから。

 戦前と戦後、同じ国旗・国歌であって、何が問題だと言うのか、私には解りません。むしろ、戦争の歴史を内省するにも良いではないですか。全ての歴史を背負って、これからも日本という国は、あり続けていくんですよ。


 って、あれ?何の話でしたっけ・・・?


 ああ、メキシコの国旗のことを話したかったんです。

IMGP3723.jpg
続きを読む

メキシコの『TANG』 いろいろ 

2010年01月13日 メキシコ入り後、初めてスーパーに行きました。

 エンセナーダは米国国境から100kmほどの距離ということもあり(?)、スーパーの棚には、米国でよく見ていた商品が多くありました。

 が、やはり、メキシコですねぇ~☆

 価格は安いし、メキシコならではのモノがいろいろと目に飛び込んできました。

 美味しくカラフルなメキシコ料理や食材の話は、おいおい紹介していくとして・・・、今日は『TANG』をご紹介します。


続きを読む

バハの旅、スタート! 

2010年01月12日 メキシコ走行2日目。エンセナーダという港町へ向かいます。

 昨日は、国境を越えて20kmちょっとの走行で宿に入りました。国境で両替したメキシコ・ペソもまだ使っていません。
今のところ、メキシコらしさを感じたのは、道路の狭さぐらいです・・・。

 メキシコは、私にとって、久しぶりの“初めての国”。この先、アルゼンチンまでは、全てが“初めての国”ですけども・・・。 臆病になっていてはいけません! 果敢に攻めなければ☆

 今日から、バハ・カリフォルニアの旅がスタート! その大自然を満喫しつつ、ジャン!ジャン!! メヒコを体感したいと思います。

IMGP3676.jpg   IMGP3675.jpg
写真1/左)昨日のお宿です。1泊15ドル。米国でこの程度のモーテルだと、40ドルはします。やはり、物価は安いですね。
写真2/右)部屋の中はこんな感じ。設備はテレビだけで、電子レンジや無線ランはありませんでしたが、これだけ小奇麗で15ドルなら充分です! 米国のモーテルはカーペット敷きでしたが、メキシコはタイル敷きのようです。
続きを読む

メキシコ入国! 

2010年01月11日 メキシコ入国を果たしました!

 長い米国滞在でした・・・。昨冬の北米横断(ほとんどが米国)時には、5500kmを80日で走りましたが、今回の米国本土縦断は、約半分の距離に80日以上かけました。1日に走った距離は平均100km未満。走行ものんびりですが、何より都市部での滞在が長かったですね・・・

 8泊したサンディエゴを出発し、メキシコへ入ります。国境のメキシコ側の街ティファナは、夜の治安が随分悪いらしいので、ティファナでの宿泊はなし。また、初日ですから、様子見でホテルに泊まりたい。ティファナに泊まらないとなると・・・、次の大きな町は、国境から25kmくらいの『ロザリト』か、100km先の『エンセナーダ』ですね。欲張って、エンセナーダを目指すことにして、宿は7時に出ることにしました。

IMGP3640.jpg  
写真1)起きたら、7時半・・・。結局出発は9時半となりました。

 あらら・・・

 まぁ、気を取り直して、行くぞ! メキシコぉ~!!






続きを読む

メキシコへ! 

2010年01月11日 米国からメキシコへ!

 長い米国滞在となりました。予定では12月20日ころにメキシコ入りしてるつもりだったんですが・・・。歳を跨いで、3週間もずれ込みました。

 メキシコ、始めて行きます。メキシコ以南の国、すべてが初めてです。


 入国ポイントは、サンディエゴの南、ティファナという街。メキシコでも有数の危ない街として知られていますが、午前中に街を抜けてしまいますので、問題はないでしょう。これから(午前8時)サンディエゴを発ち、20km南の国境ヱ向かいます。国境越えたら、1日半の走行でエンセナーダという街へ。


 1月一杯は、メキシコ西部、大西洋沿いの細長ぁ~い『バハ・カリフォルニア半島』を走ります。南端の街ラパスまでは、1800kmほどでしょか。
 私、日本ではオートバイに乗っていましたが、最後に乗ってたのが『HONDA/XR-BAJA』というオフロードバイク。このバハ・カリフォルニア半島で毎年11月に行われる『BAJA1000』というオフロードレース(1000マイルを駆け抜ける弾丸レース!)があり、『HONDA/XR=BAJA』はそのレース仕様(をイメージした)バイク。

 こりゃぁ~・・・・、私も1000マイルを弾丸サイクリングしなきゃいかんでしょう!?

 

 メキシコ、新しい旅が始まります☆ ちょっとドキドキ、とてもワクワク!!


 行ってきま~す!!


あっ!?デジャヴ・・・? 

2010年01月07日 本屋さんを探して、サンディエゴのダウンタウンを歩きました。

 サンディエゴを出るともうすぐにメキシコです。メキシコ、大まかな見所は頭に入っていますが・・・。走行距離で考えると、米国並みの大きな(長い)国ですし、初めてのラテンアメリカの国ですから、ガイドブックは欲しい!
 あと、地図も必要です。メキシコは、GoogleMapの距離・ルート検索のサービス外なので、走行計画を立てやすいよう、なるべく詳細な地図が欲しい!

 到着翌日、宿の近くの大きな本屋さんに行きましたが、そこには希望するガイドブックと地図がありませんでした。

 今日は仕切り直し!めるガイドブックと地図を見つけるまで、宿には戻りません。ここのダウンタウンは比較的お店が集まってて、歩くのにちょうど良いくらいの大きさ。宿のスタッフに聞けば、本屋の場所くらいすぐに見つかるでしょうけど・・・、散歩がてら、歩いて本屋探しに出かけました


R0012120.jpg
写真1)サンディエゴのダウンタン。米国の他の都会のダウンタウンと似た感じですが・・・、どこか違う。街に温かみがあります。南カリフォルニアの温暖な空気と陽気な人々がそうさせるのかもしれません。

続きを読む

小さな出会い小話・米国⑧ 

2010年1月6日 カリフォルニア州サン・ディエゴの宿の食堂で、隣の欧米人グループ(多分、ドイツ人と米国人)の会話が耳に入りました。


男性A 「なんだこのニュース!?日本人は、まだクジラを食ってんのか?」(ノートパソコンで日本の調査捕鯨船とシーシェパード(SS)の抗議船の衝突事故のニュースを見ながら)
男性B 「クジラを獲るのに邪魔だからって、抗議の船を破壊したってニュースだろ?」
女性 「まぁ!」
男性A 「なんでクジラなんか食べるんだろう…、ったく。野生動物を何だと思ってんだろうな?クジラを魚類とでも思ってんのかね??(笑)」
女性 「かわいそうよね・・・。私ね、アラスカでホエールウォッチング行ったことあるの。神秘的で素晴らしい生き物よ、クジラって…。普通、食べようなんて気が起きるわけないわ!」
男性B 「だから、クジラが魚と思ってんじゃないの?(笑)」




 ムカムカ~・・・


 、ときたけど、とりあえず無視・・・。圧倒的な説得力を持つ反論を頭の中で整理しながら、私に話が振られるまで待つことに・・・。



 以下の『続きを読む』以降、長々と!長々と!!私の思考&持論が展開されます。不快に感じる方もいらっしゃるかも知れませんが、ご容赦くださいませ。

続きを読む

97.5°F 

2010年01月06日 ちょっと熱っぽい気がして・・・

 私、過酷なサイクリングに耐える体力はありますが、旅行中も風邪をひくことがあります。運動する体力と、風邪をひかない体力って、別物なんですよね。日本でも私、年に数回熱を出します。でも、寝込むような発熱は稀で、いつも微熱で治まります。

 ここ数日、サンディエゴのホステルでのんびり過ごしつつ、PC作業にあたっているだけなのですが・・・。

 お昼ご飯を食べた後、ちょっと熱っぽいような気がしたんです。頭がポォ~っとするような・・・? 熱があるのでしょうか?


 体温計、これまで3年9カ月の旅の間、ずっと持っていません。旅行中何度も風邪ひいてますが、体温計を持っていないのでひとりの時は「熱っぽい」という判断しかできません。実際に体温を測ったのは、同宿の日本人旅行者から借りた時など。08年2月のマラリアの時は、40.2℃なんて数値を見て驚いたものです。

 風邪ひく子なんですから・・・、体温計を携行しといた方が良いですよね・・・?
 

 よっし!良い機会です。体温計買って、もっと体調管理ができる旅人になります!


R0012133.jpg
写真1)宿のすぐ近くにあるドラックストアのチェーン『CVS』で、7.5ドルで購入!思いのほか安くて良かった。


 さっそく、宿に戻って体温を測ります・・・。脇に挟んで、待つこと1~2分・・・。

 「ピピピピッ!ピピピピッ!ピピピピッ!ピピピピッ!ピピピピッ!」

 えっ?「ピ」が多過ぎん!?

 と、ちょっと驚いた後・・・、また驚いた!?


続きを読む

小さな出会い小話・米国⑦ 

2010年1月4日 サンディエゴのホステルのPCルームにて日本語を話す男性と

男性 「アナタは日本人ですか?わたし、ちょっと日本語わかります!」
心 「はい日本人です。キレイな発音ですね、日本語。」
男性 「ありがとうございます。あなたのお名前は?」
心 「ココロです。」
男性 「ココロ!?この心?ホント?ココロ!良いねぇ~。良い名前。私はトゥーリオ。ブラジルから来ました。ずっとアメリカに住んでます。」
心 「日系人?ではなさそうですね・・・。日本語はどこで勉強したんですか?」
トゥーリオ 「自分で! 4年くらい。」
心 「へぇ~!頑張ったんですね!発音も言葉使いも凄くお上手ですよ。」
トゥーリオ 「ありがとう。日本どこからですか?」
心 「福岡です。九州、行ったことありますか?」
トゥーリオ 「ない。日本もまだ。行きたいよね~!」
心 「てっきり日本に住んでたことがあるのかと思ってました!」


 日本語を話す外国人もさほど珍しくはなくなってきた今日この頃・・・トゥーリオさんの日本語は、とても自然な感じで上手な方だと思います。私の旅行の話などを少しした後、それぞれまたPCに向かい、それぞれの作業に戻りました。私は旅ライター業・原稿作成。彼は・・・!!

続きを読む

2010年走り初め! 

2010年01月02~03日 ロサンゼルスから、サンディエゴまで2日間の走行です。

 2週間を過ごしたLAを発ち、カリフォルニア州南端・メキシコと国境を接する街・サンディエゴへ向かいます。2010年の走り初めですよ☆

IMGP3578.jpg
写真1)ベニスビーチよ、さようなら!! ここの宿で出会った日本人旅行者たち、ヤスオ君、トモヨさん、コウスケ君、ユカさん、カメちゃん、ユリさん、エツカさん、ナオト君、楽しい時間をありがとうございました。


 荷物を自転車に積み込んだ後、郵便局で実家宛ての小包を郵送して・・・・

 さぁ! 行くか!!


続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。