スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パリを通過して、ロンドンへ ~2日目~ 

2008年11月26日 ロンドンに着きました。

 ひとつ前のエントリーを読んでから、コレ読んでください。そうしないと、私がどこにいるのか?解らないと思います。


IMGP1986.jpg
写真1)こんなところでキャンプしてました。

続きを読む
スポンサーサイト

パリを通過して、ロンドンへ ~1日目~ 

2008年11月25日 パリを経由して、ロンドンを目指します!

 アメリカ側で1泊、カナダ側で6泊、合計7泊したナイアガラを出発! 20日前後に降り積もった雪は、昨日24日の冷たい雨でずいぶんと解けました。目覚めて、外を見たときは「オッシャ!」と思ったものの・・・

 今日は霙(みぞれ)交じりの雨です・・・

 気温は、0~+3度程度。雪でもおかしくない気温ですが・・・。みぞれです。嫌だなぁ~・・・と思ってても、もう出ないとね。午前9時、宿の管理人のシェリーさんに見送られ、雨の中を出発!

IMGP1974.jpg
写真1)アレ!?トンネル??

 適当に西に向かう道を走ること1時間くらい。そろそろ運河に突き当たるはずですが・・・、突き当たったのは『トンネル』でした。これ、エリー湖とオンタリオ湖を結ぶ『ウェランド運河』という運河。五大湖の水は、大雑把に言うと、スペリール湖→ヒューロン湖(ミシガン湖)→エリー湖→オンタリオ湖→セントローレンス川→大西洋、と流れています。エリー湖とオンタリオ湖の間には、ナイアガラの滝とナイアガラ川があり、湖面標高の差が100m近くあるので、船舶は何箇所も閘門を持つ『ウェランド運河』を通って行き来してるんです。
 狭い運河を行く大きな貨物船でも見れるかな~?と思ってましたが、無理でした。まさか、運河の下を走ることになるとは・・・。まぁ、これも面白いかな。

IMGP1977.jpg
写真2)適当に西に走ってたら・・・、ここ、どこよ??

 地図に載ってる大きな国道を走るべきでした。このあたりの道路は、碁盤の目上になってるので、とりあえず西に向かってるのは解るのですが、時折進路が北西や南西になったり、急な坂を降りたり登ったり、と・・・、なんだか無駄に沢山走ってる気がしてきました・・・。

 しばらく田舎道を走り続けましたが、途中、リンカーンという町(村?)から、比較的大きな州道20号線へ。 みぞれ交じりの雨の中、ひたすらペダルを漕ぎ続けます・・・。
 ずぶ濡れになることはないければ、かすかに水が浮いた路面を走っているので、足首からしたは跳ね上げた水で濡れてます。トレーラーが追い抜いていくときに巻き上げる水煙も酷いもの・・・。これなら・・・、雪道の方が良い・・。

IMGP1980.jpg
写真3)午後3時の時点で、約90kmを走りました。目指すロンドンまで、あと110km。

 ってことは、ナイアガラからロンドンまでは、200kmってことです。

 えっ!? カナダのナイアガラから、英国のロンドンまで200km!? 



続きを読む

カナダ側から見たナイアガラの滝 

2008年11月24日 なんと!ナイアガラ滞在7泊目・・・!?

 忙しく北米横断しなきゃならないのに、なんという怠けぶりでしょう・・・ 米国側で1泊、カナダ側で6泊しています。


 お叱りのコメントは要りません。言い訳させてもらうと・・・予想よりも北米・五大湖周辺の冬が早く、ここに到着する少し前から氷点下の気温と、酷い雪に遭い、今後の移動ルートを練り直したり、急いで装備品を整え直したりしてたんです。

 さて、そんなナイアガラ。なんといっても、この町は、ナイアガラの滝です。カナダ側から撮ったナイアガラの滝の写真を沢山紹介します。

IMGP1883.jpg
写真1)遠景です。ナイアガラの滝は、2つの巨大な滝と、ひとつの小さな滝、合計3つの滝から成っています。一番奥が、全体の9割近いの水量を占める『カナダ滝/通称ホースシュー(馬蹄)滝』。手前が1割りくらいの水量を占める『アメリカ滝』。そのアメリカ滝の奥が少しだけ分かれていて、その部分が『ブライダルベール滝』だそうです。


 ↓ 以下に、沢山写真載せてます ↓
続きを読む

懐かしの紅焼牛肉面 

2008年10月吉日 懐かしいなぁ~・・・、この味・・・。食べると、チベットの風景が脳裏に浮かびます。

 ドイツ、デュッセルドルフは国際都市。この街で暮らす日本人の多さには驚かされますが、中国人も多い(まぁ世界中の都市でそうですが)ようで、中華系スーパーもたくさんあります。

 ホステルで、清掃員として暮らしていますが、食事は朝食(パンとコーヒー)しか付きません。よって、昼と夜は自分で作っています。
 和食を作ったり、エスニック料理をしたり、ステーキ焼いたり、パスタをしたり、といろいろ作ってますが、昼間は“手抜き”で済ますことも多々。で、手抜きといえば、インスタントラーメンでしょ?

 正直なとこ、インスタントラーメンはキャンプ泊の時にも、ちょくちょく食べているので、キッチン付きの宿に居るときまで食べたいとは思いません・・・。んが!この街には、いろいろと美味しそうなインスタントラーメンがあるので、飽きません★
 日本のものはもちろん。韓国のもの。中国のもの。ベトナムのもの。タイのもの。ドイツのものまで。いろいろ。日系、韓系、中華系のスーパーを数件回れば、おそらく100種類くらいのラーメンが集まると思います。

懐かしの紅焼牛肉面
写真)ジャン!! 日清『今麦郎』の紅焼牛肉面! 65ユーロセント也。

 上の写真は、中国でよく食べていたラーメン。いろいろとある中国のメーカーの中で、『今麦郎』は、レベルの高い商品で、他のメーカーのものよりも、1元ほど高い。それもそのはず、日清(合弁会社?)が作ってます。たしか、3元(45円)くらいしたような・・・?こちらでは、65(約90円)ユーロセントですから、2倍の値段ですね。

 紅焼牛肉面というのは、中国のラーメンで、定番の味。いろいろとある味の中で、最もよく目にする味でした。ちょっとスパイシーなチャーシュー麺といった風味です。

 懐かし~い・・・、この味! チベットでは、この味のラーメンしか手に入らないことが多く、『もう嫌!!もう食べたくない!!』と泣いたものですが・・・、久々に食べると、なかなか美味しい! 

 嗅覚や味覚って、記憶を呼び起こしたりしますよね? このラーメン食べると、チベットの深く青い空と広大な景色が、頭に浮かぶのです・・・


チベット高原で、遊牧の羊を見ながら紅焼牛肉面
写真2)こういう風景が・・・

ナイアガラの滝に到着! 

2008年11月18日 ニューヨークから7日間の走行で、ナイアガラの滝に到着しました。


 とりあえず、報告だけ。

 11月14日、総走行距離が4万kmを突破しました☆

 11月15日、めでたく30歳になりました!!!

 11月17~18日、降雪と積雪の中の走行でした・・・。


 アメリカはやはり広いですね。ニューヨーク州の州都ニューヨーク市から、650kmくらい走って来たのに・・・、まだここ(ナイアガラ・フォール市)は、ニューヨーク州・・・。まぁ、もうすぐそこはカナダですけど。

Ive arrived  to Niagara Falls
写真)日没間際に到着した、ナイアガラの滝(アメリカ側)。

 明日は国境を越えて、カナダ側のナイアガラ・フォール市へ。

アメリカ横断開始!! 

2008年11月12日 アメリカ横断開始です!

 ニューヨークは9泊もしてしまいました。アメリカは初めて訪れる国ですから、スタートはのんびりやりたかったのです。ニューヨークの観光自体は、そこそこに済ませました。行こうと思えば、行くところは沢山ありますが、まぁ、そこそこで良いかな、と。

 さて、今日から北米横断の旅が始まります。目指すは、ロサンゼルス!!

 アメリカはビザなし渡航の場合、90日間しか滞在を許されません。よって、アメリカ入国から88日目の2009年1月29日に、ロサンゼルスから日本に飛ぶフライトを抑えています。アメリカを出国する航空券などを所持していないと入国を許されないというルールがあるので、ドイツに居る間に用意してました。

 88日間しかないのに、すでにニューヨークで9日も使ってしまった・・・。 残るは、79日間です。

 その79日間で、5500kmくらいを走ることになります。ざっと計算して、『5日走って2日休む』というペースになります。


 あっ! 週休2日ですね。


 寒い寒い、冬の北米を週休二日でバンバン走ります! 最短距離を取らねばなりませんが、『ナイアガラの滝』、『モニュメントバレー』、『グランドキャニオン』、だけは訪れたいと思ってます。

 とりあえず、今日から7~8日間の走行で、ナイアガラの滝を目指します!!


No.1 City
写真)ニューヨーク、確かに世界一の街でした。


北米横断予定ルート地図
地図)こぉ~んな感じで、北米横断したいです。

NO STOPPING ANYTIME 

2008年11月6日 日没後、タイムズ・スクウェアに行きました。

 昼過ぎから、4時間み~っちり!!と、『アメリカ自然史博物館』を見学した後でした。重たい足を引き摺りながら、セントラルパークの西側の通りを南へ、南へ、てくてく、テクテク・・・。

 公園の南の端から更に十数ブロック進み、途中で、なんとなく左手(東側)に進み・・・、2ブロックぐらい進んだところで、右手を見ると!?

 あっ!見たことあるとこ!!


IMGP1176.jpg
写真1)この先! あのやたらと明るいところ!!


 眠らない街・ニューヨークを象徴する場所のひとつ、タイムズスクウェアです。


 タイムズスクウェアを写真で紹介します。
 
続きを読む

警告でしょうか・・・? 

唐突ですが、一言良かですか・・・?

IMGP1352.jpg   太いよ!! 


 さすがは、カロリー★超大国!! アメリカの炭酸ジュースは、2リットルで、たったの2ドル(200円)です!

 ボトルは、日本の1.5リットルボトルよりも背が低くて、ずんぐりしてます。

 「こいつを飲み過ぎたら、こんな体型になるぜ!!」という警告でしょうか・・・?


 ドイツの1.5リットルペットボトルは、やたらと細長くて、自転車のボトルケージ(ボトルさし)に入らず困りましたが・・・。このアメリカの2リットルボトルも、困りそうですね・・・。

45年の夢 

I have a dream that my four children will one day live in a nation where they will not be judged by the color of their skin but by the content of their character.

 私には夢がある。いつか、私の子どもたち4人が肌の色でなく中身で判断される、そんな国に住む日が必ずくる。


 アメリカ公民権運動のリーダー、キング牧師の演説の一文です。あの “I Have a Dream” の有名な演説が行われたのは、1963年のこと。


 あれから、45年後・・・、今日2008年11月4日、アメリカが“肌の色でなく中身で”新しい大統領を選びました。

 この記念すべき瞬間を、アメリカで、ニューヨークで、黒人住民が大半を占めるハーレム地区で、迎えられたことは幸せな思い出となりそうです。


IMGP1008.jpg
写真1)広場の巨大スクリーンに映し出されたオバマ次期大統領

 

 
続きを読む

ハーレムに漂う高揚感 

2008年11月4日 街は選挙一色です。

 今日は、アメリカの新しい大統領が決まる日! 昨日降り立ったニューヨークは、JFK空港と、地下鉄と、宿の手前5ブロックぐらいの街並みだけしか見れませんでした。大きな荷物を抱えての移動でしたし、全くニューヨークを感じる余裕はありませんでした。

 が! 今日は、ニューヨークの!ハーレムの!雰囲気を存分に味わっています。

 午前中は、自転車の再建作業に費やし、宿のキッチンで昼食の後、ふらりと街歩きに出掛けました。
 宿を取ったのは、マンハッタン島の北の方、ハーレム地区の真っ只中。『Jazz on the Villa Hostel』というホステル。宿泊客は欧米人ばかりですが、宿の外は黒人さん(アフリカ系アメリカ人)だらけ、というところです。

 4時間に及んだ、自転車再建作業の疲れもあったので、歩いたのは、2時間くらい。125番通り周辺と、もっと北の方を少々。
 アメリカ史上初のアフリカ系大統領の誕生が確実視されてますが、やはり、ここはアフリカ系の街です! 町を歩く人の胸元には、『BARACK OBAMA』のバッヂやシール。街角の露店は、オバマ・Tシャツ、オバマ・ポスター、などなどなどなど、オバマさんだらけ。

IMGP0789.jpg
写真1)投票に並ぶ人々

 アメリカの投票所は、小学校などではなくて、教会というのが一般的なようです。あちこちの教会で、有権者たちが列をなして投票していました。

 125番通り沿いの広場では、今夜の集会のための特設舞台を設置していました。広場周辺や通りでは、フォトジャーナリストやテレビの取材班たちが、ハーレムの住人たちにインタビューをしていました。

IMGP0788.jpg
写真2)125番通りの交差点。通行人の8~9割が黒人さん。私、9割9分9厘黒人さんという場所を旅してきた後なので、街の雰囲気に緊張はしません。

IMGP0786.jpg
写真3)集会場に巨大モニター車が到着しました。きっと、今夜のオバマさん勝利宣言を流すのでしょう。


 街には、熱気というか・・・、独特な高揚感が漂っています。オバマさんの勝利は、ほぼ確実でしょう。この街の人々もそう思っています。そう信じています。

 今日の深夜頃には結果がわかるでしょう。今夜は、あのハーレムの集会の見物に行ってきます。興奮の瞬間を味わえそうです。

自右衛門、バラバラ殺人事件 

2008年11月4日 自転車の再建作業に4時間かかりました。


IMGP0783.jpg
写真)どぉ~ん!! バラバラの自右衛門号です。

 飛行機に自転車を載せる際は、自転車を箱詰めしなければなりません。一昔前までは、分解などせず、そのまま載せてくれる飛行機会社も珍しくはありませんでしたが・・・、今ではほとんどの会社が箱詰めを求めます。

 で、私の相棒・自右衛門号も箱詰めしました。少しでも小さくしようと、段ボール箱は、85cm×85cm×30cmの、自転車を詰めるにしては小型のモノを選びました。

 箱詰めに際し、ハンドルは着けたままステムを抜き、ケーブル類は全て捨て、フォークを抜き、タイヤを外し、キャリアも外し、クランクを抜き、ペダルを外し、ボトルケージを外し、サドルを着けたままシートステーを抜き、他にも色々外した結果・・・、上の写真のようになります。

 バラバラにした時に、簡単に掃除はしときましたが、組み立ての時には、再度汚れをしっかり取り、グリースやオイルを挿しながら、ひとつひとつ元に戻してゆきます。

 作業は、4時間で終了しました。が、チェーンとスプロケット(後ろのギア)は、ドイツに捨ててきたので、新しいものを購入せねばなりません。今の状態だと、蹴って進むことはできるけど、漕ぐことはできません。自転車じゃなくて、サドル付きキックボード状態・・・。
 宿の近所の自転車屋に行きましたが、超高級チェーンしかなかったので、中級品を取り寄せてもらうことにしました。明日、チェーンとスプロケットが手に入ります。

 明日は、北米☆初走りです。

ニューヨーク到着! 

2008年11月3日 いやいや、良かった! ニューヨークに着きました!!

 言ったか、言ってないか、忘れましたが・・・。私、米国発の情報により『アルカイダ関係者の疑いアリ!』ということで、日本の公安の方に調査された過去があります。

 もちろん、アルカイダ関係者ではありません。完全な誤解! 勘違いです。そこらへん、詳しいことはまた今度紹介しましょう。

 とにかく、安心しました。だって、アルカイダ関係者と疑われていたんですもの。米国に入国を許されるかどうか?心配していました。
 疑惑をかけられたのは、もう5年くらい前の話ですが、あのアメリカ合衆国!!ですから、どこまで本気で疑ってるのか?うかがい知れなかったので・・・。


 本日、午後4時半頃、無事、ニューヨーク・JFK空港から、アメリカ入国☆

 さぁ、新しい大陸の旅が始まります!!


 今日はとにかく疲れた・・・。明日からブログの更新します。

『地球みちばた見聞録』日曜日に掲載! 

2008年11月2日 お知らせするのを忘れてました!

 西日本新聞で連載中の私の旅行記『地球みちばた見聞録』は、

 08年11月から、日曜日に掲載日が変更となりました。

 今日、11月2日から、隔週日曜日です。次は、16日。その次は、30日です。


 見逃した方は、ウェブ版をご覧下さい。



 

ニューヨーク入りを前に、大事なお知らせ 

2008年11月2日 ニューヨーク入りを前に、大事なお知らせです。

 旅立ちから、2年11ヶ月が経過しました。明日、私はドイツ・デュッセルドルフから、アメリカ合衆国・ニューヨークへと飛びます。アジアの旅、ヨーロッパの旅、アフリカの旅、そして、ヨーロッパ再訪の旅、を終え・・・、いよいよ新大陸の旅の始まりです!


 さぁ、行くぞぉ~!!


 というところですが、ここで大事なお知らせがございます。


 私、2009年2月に日本に帰ることにしました。 北米を3ヶ月間で横断し、大西洋に達したら、ロサンゼルスから帰国の途に着きます。 驚かないで下さい。これ、一時的な帰国です。 旅を投げ出すわけじゃぁ、ございません。

 当初の計画では、南アメリカ大陸・最南端の地に達するまで、一度も帰国せずに旅を続けるつもりでした。兄妹が結婚しようとも、親が病気しようとも、です。しかし、ここに来て、一時帰国が必要となってきたのです。

 私は、夢であった自転車世界一周の旅をしながら、フリーランスライターとして旅行記やコラムを発信する活動もしています。『旅人』と『ライター』、そのどちらもが私であり、この旅の目的です。当初、ライターの比重は小さなものでした。私、ライターとしての経験は皆無でした。旅の進行と共に、徐々にライターとしての経験もつみ、2年目以降は、ちょうど良いバランスになりました。

 が!? ここのところ、そのバランスが崩れています・・・。抱えている連載の縮小や終了が決まり、原稿収入を補うために、新たに連載先を探していました。旅先からの売り込み活動でしたが、手応えはソコソコありました。このまま話を進めれば、来春から別の出版物で連載を持つこともできたことでしょう。

 しかし、私が出した結論は、一時帰国。

 私は、自転車で苦楽に満ちた旅をしながら、旅の中で得た体験を文章に乗せ、日本や故郷福岡の人々の『異文化交流』の目(芽)になりたい! と思っています。しかし、現状では、文章を書くために、体験を求め旅をしている・・・?、という感覚があります。

 何が違うの?と思われるかも知れませんが・・・、順番が違うのです。これは、私にとって良いバランスではありません。

 一時帰国は、2009年2月~6月の5ヶ月間の予定です。 その5ヶ月間で、世界一周の旅『前編』の体験と記録の消化を行い、『旅人』と『ライター』の理想的なバランスを取り戻し、再び旅の生活に戻りたいと思います。

 詳しいことはまた今度、説明します。


 とにかく、まだ旅は続くのです!!

 明日3日からは、ニューヨーク!! 明後日のアメリカ新大統領誕生の瞬間を、ニューヨークで体験します☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。