スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『地球みちばた見聞録』 ウェブ版登場!! 

お知らせです。

 待っていました!! (私が)

 西日本新聞で連載中の私の旅行記『地球みちばた見聞録』が、西日本新聞社さんのウェブ上で、公開されることになりました。

 コチラ→地球みちばた見聞録・ウェブ版

 紙面を見逃した方、九州以遠にお住まいの方も、リアルタイムで連載をお楽しみ頂けます☆
スポンサーサイト

渤海の海水を・・・ 

 11月11日 ユーラシア大陸横断を終えた翌々日、大事な儀式を行いました。

 あれはもう1年11ヶ月も前の出来事・・・。旅立ちから18日目の2005年12月21日、中国の秦皇島(島じゃないよ、町の名前です)に上陸した翌日、万里の長城が海に接する場所『老龍頭』というところまで日帰りサイクリングをしました。そこで、渤海(ぼっ海)の海水をフィルムケースに入れてきたんです。

 詳しいことは、その時のエピソードを読んでもらいましょう → 幻の最東端

 あの渤海の海水、その後もずっと、ずぅ~っと!持ち運んでいました。酷暑のインドシナででも、海抜5000m超のチベット高原ででも、氷点下のキルギス南部山岳地帯ででも、トルクメニスタンのカラグム砂漠ででも、沈没地イスタンブールででも、真っ青なアドリア海沿いの港町ででも、アルプス最高峰モンブランの麓の村ででも、スペインの巡礼路ででも・・・、ずっとサイドバッグの奥底に入れていました。

 何で渤海の海水なぞを運んでいたかというと、『いつか大西洋に達したら、この渤海の海水を大西洋に撒いてやろう!』と思っていたからです。特に理由はありません。そういうことがしたかったのです。

 11月4日にスペイン北部で少しだけ大西洋岸の道路を走りました。しかし、そこは単なる通過点。渤海の水を撒くべき場所ではありません。

 11月9日にユーラシア大陸最西端の岬、ロカ岬に到達しました。そう!このロカ岬こそが撒くべき場所です!! 頭の片隅で『渤海の水を撒かなきゃ』と思いながら、ロカ岬でのユーラシア大陸横断完了の瞬間を迎えました。目の前に広がる大西洋は、あの海水を汲んできた渤海から、約2万8800kmの旅路の末に行き着いた海・・・。
 でも、結局、ロカ岬では撒きませんでした。ロカ岬は、海面から140mの断崖の突端にあります。崖の真下は海ではなく、岩だらけの狭い海岸になっています。この崖の上から撒いても、大西洋には届きません。海風も強いし、きっと、そこらへんの崖や岩に飛び散るだけで終わってしまうでしょう・・・。ここじゃダメだ・・・。


 ロカ岬からリスボン市内に向かう途中に、エンリケ航海王子のモニュメントを訪れました。海岸の公園にある船のモニュメントは、今から大洋へと漕ぎ出さんばかりに、海にせり出しています。でも、痛い事に気がつきました。フィルムケース、バッグの底に入れっぱなしだ・・・!!
 もう日没間際、今からこの公園で自転車の荷を解いて、カバンの底からフィルムケースを探し出すのは面倒な作業です・・・。まぁ、いいか、ここでは撒くのは止めよう。


 11月11日、結局リスボン中心部の海岸で撒くことにしました。午後10時、ひとけの少ない海岸の公園へ。リスボン大橋を遠めに見ながら、潮の引いた砂浜へ降りました。周囲には夜釣りの地元民が数名。釣りの邪魔にはならないでしょう、ただ海水を撒くだけですから。慎重にフィルムケースの蓋を開け、大きく振りかぶって・・・、フゥッ!!

 パチャ・・・小さい文字

 微かに!微かに!!ですが、フィルム1杯の渤海の水が、大西洋の海面に着水する音が聞こえました。小波の音でかき消されそうな小さな音でしたが、確かに、確かに聞こえました。


 ただそれだけです。何の意味もありません。ただ、こういうことがしたかったんです。

 厳かな儀式を終えた後、なんだか可笑しくなってきました。『で?・・・なんだったんだろう?』 自分でも良く解りません。でも、とても楽しい儀式でした。暗い日曜の晩のリスボン市街、宿へと戻る私はニコニコと変な笑顔を浮かべていました。

 ユーラシア大陸の東の果ての海で汲んで来た、ほんの僅かな海水を、ユーラシア大陸の西の果ての海に撒いた。ただそれだけなんです。

IMGP3305.jpg
写真1)これが、フィルムケース1杯の渤海の水。

IMGP3319.jpg
写真2)こんな海岸で、“儀式”をしました。

ユーラシア大陸横断完了 

 11月9日午後1時16分、旅立ちから707日、走行2万9579kmで、ユーラシア大陸最西端・ポルトガルはロカ岬に到達!!

 ユーラシア大陸横断の旅は、このロカ岬到達をもって完了しました。大西洋にせり出したこの断崖は、西経9度30分。この大きな大きなユーラシア大陸の一番西に位置する場所です。重い自転車を傍らに、額の汗を拭い、強い海風の音の中で、自分の浅い呼吸音が微かに聞こえていました。目の前に広がるのは、どこまでも続く大西洋。海抜140mの断崖の下には、大きな波が真っ白な帯となって打ち寄せていました。

 ここは、“陸 尽き、海 始まる”ところ。

 ロカ岬、実はこれが2度目の訪問。初めて来たのは、1999年の夏。ユーラシア大陸を西→東に横断したバックパック旅の始めに訪れています。前回と今回、やはり今回の方が圧倒的に感慨深い場所です。ユーラシア大陸の東の果てに浮かぶ島から、自転車で2年近くかけて自力で走って来たんですから。今日の大西洋は、水平線が霞んでいて海と空の境目がなくなっていました。ぼんやりと海を眺め、時折話しかけてくる観光客の相手をしながら、微かな気持ちの昂りを感じていました。

 この大海原の向こうに、アメリカ大陸がある!!21世紀に生きる私たちには、当り前の知識ですが、かつてこの地から大海原に漕ぎ出した船乗りたちは、そんなこと微塵も知りませんでした。残念ながら、“陸の旅人”の私はここから大海原に漕ぎ出すことはできませんが、いずれ、8~9ヶ月後かな・・・、新大陸を走り出します。

 岬では、世界中から観光客がやってきます。日本人団体客、韓国人団体客、ケニア人一家、ポルトガルで働くブラジル人カップル、冬はキャンピングカーで旅するドイツ人老夫婦、アメリカからヨットで大西洋を渡ってきたアメリカ人夫婦、ロンドンに暮らすインドネシア人一家、チェコ人カップル、えとせとら。人々と少しずつ言葉を交わし、数名から祝福の言葉を頂きました。

観光客「ここがあなたの旅のゴールなのね!おめでとう!!」
心 「ありがとう。でも、ここはひとつのゴールに過ぎなくて、あくまで通過点です。来月にはアフリカに渡ります。まだまだ私の旅は半分が終わったかな?というところですよ。」


 次なる旅のステージは、アフリカ!!西アフリカのマリを基点に、サハラ砂漠の国々を旅するつもりです。その準備のために、11月中旬~12月中旬は、フランスのパリで過ごすことになります。ゴールは、スタートでもあります。次の旅が始まったのです。強風の中、静かに佇む私には、徐々に込み上げてくる“ゴールの感動”と、“次の旅への期待”がいっぱいでした。 

 岬を去る前に、岬の観光案内所で発行している『最西端到達証明書』なるものを購入しました。初めて訪れた時も買いましたが、その時のものは、単なるお土産でした。今回は、正真正銘の“証明書”です。奮発して、10ユーロもする高級な台紙に書いてもらいました。

 西に傾いた太陽が、大西洋を真っ白い光に包み始めていました。早く出発しなければ、リスボン到着が日没後になってしまいます。漕ぎ出したペダルは相変わらず重いけれど、気持ちは軽い↑鼻歌どころか、大声で歌いながら、リスボン目指して50kmの道のりを駆け抜けました。路肩のないポルトガルの狭い道路もなんのその!マナーの悪いボルトガルの車もなんのその!

 日没間際、リスボン市街の外れにある、“エンリケ航海王子”のモニュメントに立ち寄りました。王子は、ポルトガルの大航海時代のリーダー。彼が開いた航海学校や造船所が、ポルトガルを大海原へ導いたのです。彼自身も、アフリカ西海岸への探検航を行っています。
 夕日を浴びてオレンジ色に光る船のモニュメント、その舳先に立つエンリケ王子に話しかけました。「王子、次の俺の旅のステージは、あなたが旅した西アフリカですよ。」 海辺の公園で寛ぐリスボンっ子たちが、感慨深げにモニュメントを見つめる、可笑しなサイクリストを遠めに囲んでいました。

 リスボン中心部に入ったのは日没後でした。リスボン留学中のドイツ人青年の案内で安宿に入り、昼の残りのパンで簡単な夕食を済ませた後、ベッドに横になると、急に体が重くなりました。2ヶ月で駆け抜けたヨーロッパ、休養らしい休養は一度もありませんでした。その疲れからか?ユーラシア大陸横断を終えた安堵感からか?体が動いてくれません・・・。でも、心はとても穏やかで、幸福感に満ちていました。目を閉じると、すぐに眠りに落ちました。

 ユーラシア大陸横断の旅は終り。明日11月10日から、新しい旅のスタート! バスでパリまで移動し、パリでアフリカ旅の準備に入ります。アフリカ入りは、12月18日の予定です。

陸尽き、海始まる。えぇ~!?
写真1)「なんてこった!陸が尽きて、海が始まったぞ!?」 ロカ岬の断崖に立つ私。

ロカ岬モニュメントと俺と自右衛門
写真2)最西端のモニュメントと、私と、相棒・自右衛門号。

ロカ岬より大西洋を望む
写真3)この海の彼方にアメリカ大陸がある・・・、の?本当に??

エンリケ航海王子のモニュメント
写真4)エンリケ航海王子の船のモニュメント。先頭に立つのが王子。その後は航海士や船乗りたちかな。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。