月別アーカイブ

 2006年12月 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オシュ~ビシュケク、車で雪の峠超え 

12月30日 大雪の中、オシュからビシュケクへと向かいました。

 午前7時、サラ・ホテルのおばさんに起こしてもらいました。目覚まし時計がないので。昨晩のうちに荷物の整理は終えていたので、オートミールの朝食を済ませ、身支度を整えた後、レセプションのおばさんに大事な依頼。荷物の大部分と自転車を置いて行きたい旨を伝えると、ダメダメダメ!!と強く拒否されました。英語を解するオーナーの娘に電話して、通訳してもらいながら、根気強い交渉を続けた結果、400ソムの手数料で預かってもらうことになりました。交渉に時間を要し、宿を出発できたのは、8時半でした。

 オシュの街には、雪が舞っていました・・・。気温が高いので、服にかかるとすぐに融けてしまう雪です。この様子では、ビシュケクまでの山越えは、大変なことになるでしょう・・・。

 昨日下調べをしておいた乗り合いタクシー乗り場へ。値段交渉は難航を極めました。「こんな雪だから、いつも2倍だ!」と強気のドライバーたち。相場は、1人500ソムぐらいだと聞いていましたが・・・、結局800ソムに落ち着きました。私が初めの客だったので、他2~3人の客を待たねばなりません。窓の外の雪を見ながら、待つこと1時間、ドライバーが乗り込み、急に発車してしまいました。他のお客を迎えに行くとの事。向かったのは、オシュの住宅街。待ち合わせ場所で更に30分待つと、若い女性2人が車に乗り込んできました。これで全員です。

 午前10時、オシュの街を出発!雪が舞う中を、北東に走ります。ウズベキスタン国境をなぞるように走り続け、小さな峠に差し掛かると・・・、案の定、路面は雪でツルツルになっていました。停車してタイヤにチェーンを装着している人々の横を走りぬけ、車は雪道を快走! この車、まさか、スタットレスタイヤ!? んな訳ありません!ドライバーの危険認知能力が低いのか?相当に腕が良いのか?これがキルギスの常識なのか?直線道路では、雪にタイヤを取られようとも、後輪がスリップしようとも、全く減速することなく、目一杯のアクセルで走り続けます。
 助手席の私は、気が気ではありません。自分の車は持ったことはありませんが、その割りに日本ではよく車を運転していた私。ライン取りや減速のタイミングなど、自分が運転しているわけではないのに、考えてしまう癖があります・・・。 『おいおい!そっちに行くのかよ?』『おお~い!ブレーキ遅いよ・・・』などなど。ドライバーの荒い運転が気になって仕方がない・・・。あるいは、これが快晴の乾いた路面であれば、リラックスして乗っていたのかも知れませんが。時速120kmで雪が残る湿った路面を激走する車では、リラックスのしようがありません。

20070321183430.jpg
写真1)こんな路面をアクセル目一杯で走る乗り合いタクシー。

 タクシーの車種は、アウディのセダンタイプ。メーターは200kmまで目盛があります・・・。頼むから、これ以上スピード出さないでよ・・・。青い顔の私をよそに、後部座席の若いお嬢さん方は、終始リラックスの様子。携帯でお話してたかと思うと、二人で大騒ぎ。急に静かになったかと思うと、お昼寝。私は、気を紛らわそうと、路面は見ずに、周囲の風景を楽しむ事に。

20070321184745.jpg
写真2)2つ目の峠道。積雪量は、20cm以上。路面の雪は踏み固められ、ツルツルすべすべ。

 流石に雪が深くなると、ドライバーもスピードを出さなくなりました。ドライバーがお嬢さんに何か告げると、彼女はビシュケクの家族(と思われる)に電話し始めました。察するに、「ママ、雪が降ってるから、到着は深夜になるわ。」ってとこでしょうか。オシュ→ビシュケク間は、12~15時間ぐらいで到着するとの噂ですが、もっとかかるとなると・・・、今夜のビシュケク到着は、午前2時とか4時とかになってしまうかも知れません。

20070321184906.jpg
写真3)午後3時半、遅い昼食。峠道のレストラン。

 走り始めて5時間ちょっと、峠道の途中で、遅い昼食となりました。全く英語を解さない学生風の女性2人に、お勧めの料理を注文してもらい、出てきたのはグリヤーシュという具の多いシチューのような料理でした。ガイドブックの写真を見たり、私のデジカメの写真を見たり、楽しい昼食の後、再び危険な雪道へ。

20070321184939.jpg
写真4)ちょっと・・・、やばくないかい?これ・・・??

 尚も上り続ける雪道は、オシュ~ビシュケク間にある2つの大きな峠の1つ目。登るにつれ、徐々に視界は悪くなり、ついにホワイトアウトしたような状態になりました。つまり、一面に積もった雪と、周囲の真っ白な風景と、降りしきる雪と、薄くかかった霧で、視界の全てが真っ白に・・・。こりゃぁ、危ないぞ・・・、と唾をゴクンと飲み込んだその時! 

 ザッ!ガガガ!!ザザーッ!!

 ・・・と、嫌な音と共に、車が激しく突き上げられました。道路を見失ったドライバーが、車を路肩の雪だまりに乗り上げさせてしまったのです。ギアをバックに入れても、1速に入れても、タイヤは空回りするばかりです。ドライバーは外に出て、車の下の雪を掻き始めました。私も助手席から外にでましたが、足を着いた途端に、1mぐらい滑り落ちました。この雪だまり、道路と崖の間にあったのです。おそらく、右の前タイヤは、完全に崖に突き出した形になっているのでしょう・・・。こりゃ、トラックか何かに轢いてもらわにゃ、出れませんよ、きっと。
 黙々と雪を掻いているドライバーは手袋の素手です。私の皮手袋を貸し、私も少しだけですが、雪かきを手伝いました。ある程度、車体下の雪が無くなったところで、後部座席の2人を下ろし、脱出を試みます。グゥオーン!と元気に音を立てる前輪が、凄い勢いで空回りしています・・・。やっぱり、ダメかな? 

20070321190346.jpg
写真5)こんな状態です。

 悲壮感漂う顔で雪を掻き続けるドライバーと、それを見守る私たち。終日薄暗かった空が、いよいよ暗くなり始めました。日没を迎えたようです。乗り上げてから、30分ほど雪掻きを頑張ったドライバーは、ついに自力脱出を断念。通り過ぎる車を片っ端から停めて、人力で車を持ち上げて脱出する作戦に変更。
 5台の車が止まり、私を含め14人の男が揃いました。全員で落ちかけた車の前方を持ち上げ、うんせ!うんせ!と車を動かします。1分ほどで、無事に車は車道に戻りました。全員と握手を交わし、それぞれがそれぞれの車へと戻って行きました。

20070321190449.jpg
写真6)暗かったので、ちょっとピンボケ。車を動かす男たち。

 脱出後、ドライバーの運転は慎重になりました。そりゃそうでしょう。1つ目の峠を越え、2つ目の峠を越え、時計は午後10時。この様子では、0時にはビシュケク市内に入れそうです。2つ目の峠は、東チベットを思い出すような、険しい峠でした。何度も何度もヘアピンカーブを曲がり、奈落の底へ落ちていくような深い谷へと入る。ここを自転車で走れたら気持ち良いだろうなぁ~・・・、つまり、最高に苦しいだろうなぁ~ってこと

 午後11時を回り、いよいよそれらしい町並みになってきました。ビシュケク市街地です。レストランやカフェのネオンサインに加え、クリスマス用の電飾も街をキラキラと輝かせていました。ロシア正教のクリスマスは、1月7日。まだ街は、クリスマスムードで溢れています。
 町外れのボーリング場で、トイレ休憩の後、それぞれの目的地まで走る事に。乗り合いと言えども、タクシーですからね。目的地まで連れてってくれるのです。まず、私の目的地、『さくらゲストハウス』へ。住所を頼りに近くまで来ましたが、詳しい場所までは解りません。ドライバーが携帯電話で、さくらゲストハウスに電話して、道を確認。5分ほどで、ゲストハウスの門の前に到着しました。「長い運転ご苦労さん、ありがとう!」ドライバーは、後部座席の若い女性たちを送りに走り去りました。

 さて、さくらゲストハウスです。迎えてくれたのは、オーナーの疋田さん。疋田さんと会うのはこれが2度目です。私は彼のニックネームしか知らず、コブヘイさんと呼んでいました。私と彼とその奥さんとの出会いに関しては、また今度触れることにしましょう。
 温かいゲストハウス内に入ると、奥さんのトルクンさんと、愛娘のさくらちゃんと、お客の飯田さんが迎えてくれました。長い移動の後でしたが、久しぶりの日本人との会話に盛り上がってしまい、午前3時までウォッカで盛り上がりました。

 日付は、12月31日に変わっていました。私のこの年末は、トラブル続きの大変な締めくくりでした。あと1日、何もなく過ごせますように・・・。
スポンサーサイト

オシュの宿でまたまたトラブル・・・ 

12月29日 流石に3日連続のトラブルは凹みますね・・・。

 未明にオシュの町外れに到着し、街の中心に入ったのは、まだ夜が明けていない午前6時。早朝出勤の人々が通りを寒そうに歩く中、町をぐるりと一周流し、時間を潰します。時計を見ると午前7時になっていました。徐々に明るくなってきたので、宿探しを始めました。
 目星をつけていた、ガイドブックに載っていたオシュゲストハウスは、ガイドブックの説明そのまま、見つけるのが非常に困難だったので、ホテル・サラという簡単にたどり着けた宿に泊まる事に。7時半、出勤したての女性従業員を捕まえて、スムースにチェックインが終了。取った部屋は、最安の3人ドミトリーです。

 部屋に入ると、キルギス人男性2人が、早朝の新客に迷惑そうな声を上げて、布団に包まっていました。容赦ない客室係のおばさんは、電気は付けるは、暖房は切るは、大声は出すは・・・、で、先客の1人はたたき起こされてしまいました。もしかしたら、起こしてくれと頼まれていたのかもしれません。そうじゃなかったら、最低の宿です。

 ヒッチハイクしたトラックの中で、うつらうつらしただけの私。横になるとすぐに眠りそうだったので、グッと我慢して、5日ぶりのシャワーで無理やり目を覚ました後も、必死で眠らないように努めていました。今日は、やらねばならないことが沢山ありますから、日中の貴重な時間を無駄にはできません。
 携行のインスタントラーメンで朝食を済ませた頃、先客の1人がカバンを持って部屋を出ました。時計は8時。そろそろ遠慮なく物音を立てられる時間ですが、まだ1人寝ているので、静かに作業。湿った寝袋を広げ、汚れた衣類を洗濯し終えると、時計は9時半になっていました。この部屋の時計、果たして合っているんだろうか??自信はありませんが、日の出の時間を見た限り、大きな誤差はないようですが・・・。

 10時、活動開始です。まず向かわねばならないのがオヴィール、続いて、銀行。オヴィールとは、入管のこと。日本人は、キルギスタン渡航に際し、ビザなしでOKですが、入国72時間以内に、オヴィールに出頭して、同国に滞在するための手続き(レギストラーツェ)をしなければならないのです。ベッドの上に散乱した荷物を、一旦カバンに収め、部屋を後にしました。先客のもう1人の男は、まだ寝ていました。

 オヴィールまでは、宿から歩いて40分ほど。自転車で行けば10分とかからない距離でしたが・・・。11時に事務所に到着し、片言の英語を話すおじさん係官に、ロシア語の手続き書類を代筆してもらい、「代金は200ソム。午後2時にもう一度来い。」とのこと。ソムは全く持ってなかったので、支払いは午後にしてもらいました。面倒だと聞いていましたが、簡単な手続きでした。

 続いて、真っ直ぐ向かった銀行は、お昼休みに入っていました。再開は午後2時。2時間も時間がありますが、お金もなく、歩き回る元気もない私は、宿で休憩することに。部屋に戻ると、ドアは開いており、あのダラダラ寝続けていた男はいなくなっていました。横になりたいところですが・・・、アラーム機能付きの腕時計もないし、寝たら起きる自身はありません。眠い目を擦りつつ、PC作業と洗濯で暇潰し。
 午後1時半に再び外出。自転車で街を流した後、銀行でトラベラーズチェック200ドルをキルギス・ソムに両替。1ドル=38ソム。1ソム=3円で、とても計算が楽☆ 200ソムの支払いとレギストラーツェの判子を貰いに、再びオヴィールへ。午前の申請と同様、あっという間に手続き完了!さて、次はインターネット!

 オシュは、キルギス第二の都市。インターネットカフェは沢山ありますが、日本語使用可能な環境はなかなか見つかりませんでした。一旦自転車を置きに宿に戻り、どうせ日本語がないのなら一緒だろうと、近所のネットカフェに行きました。2時間ほどで、大事な通信やメールの確認は終了。あとは・・・、明日の移動のための下調べを終えれば、眠れる・・・ 

 街角の店のボルシチパンを食べ比べしながら、街の中心部のバス乗り場へ移動。やはり、ビシュケク行きのバスはありませんでした。ビシュケクまでは800km近くあります。ビシュケクに向かう際は、乗り合いタクシーしかないようです。乗り合いタクシー乗り場に行ってみても、そこに車はなく、暇そうな客引きがいただけ。片言の英語を話す客引きに、「ビシュケクまで車に自転車を積んでいけるか?」と聞いたところ、無理との回答。おそらく、独りで1台チャーターすれば、可能でしょうけど、チャーターは100ドルぐらいするらしい・・・。やはり、ビシュケクに行くには、自右衛門号をオシュに残して行かなければならないようです・・・。
 日が地平線にかかり始めた頃、ようやく全ての仕事が終了。あっ、まだあった・・・・!宿に戻り、ビシュケクに持って行く荷物と、オシュに置いて行く荷物の整理。全ての荷物を仕分けたところで今度こそ終了!!

 で、ホッと一息ついたところで気がついた。 


 あれ?MP3が無いような??

 せっかく荷造りしたカバンを全てひっくり返し、探しますが・・・、ありません!! 今朝までは確かにありました。朝方、眠気覚ましに音楽を聞くかどうか迷った後、MP3プレーヤーを枕元にしまった記憶があります。枕をひっくり返しても出てこない。枕を叩いても出てこない。

 もしかして・・・、盗まれた!?

 どうやらそのようです。カギを掛けずに外出したので、盗まれるのも当然です・・・。レセプションのおばさんに報告に行くと、酷く怒られました

お 「何でカギを掛けなかったんだ!カギを掛けなきゃ、そりゃ盗られるよ!」
心 「カギって言ったって、初めから掛かってなかったし、おばさんもくれなかったじゃん!」
お 「カギならここにあるじゃない!なんでカギを掛けなかったんだ!?」
心 「そもそも、俺が部屋を出た時、もう1人客が寝てたから、締められっこないでしょう?」
お 「・・・・」
心 「ん?もしかして、あの男が盗んだのかもしれない!?」

 もう誰が犯人でもいいよ!あの客でも、ここの従業員でも!もう、どうにでもしてくれ!といった気持ちです・・・

 カシュガルで1ヶ月前に購入したばかりの新しい1ギガのMP3プレーヤーと、外付けスピーカーと、充電用単四電池4本、〆て5800円相当の品を失いました。

 悪いことは、とことん続くものです・・・。これが最後であれば良いのですが・・・。

 キルギス3日目も、やり切れぬ気持ちを抱きつつ、ベッドへ入りました・・・。

東の空の美しい夕焼け!? 

12月28日 長い1日の最後のエピソード。同日付のエントリーは3本、これが最後です。 

まずは、西日本新聞掲載 『地球みちばた見聞録/第25回』 をご覧になって下さい。その新聞記事の補足説明ですので。
http://whereiskokoro.blog34.fc2.com/#entry596

 運転手は英単語を少ぉ~しだけ話す、気の良い青年マフムード。助手は、ちょっと寡黙なクアールベク。私はふたりに挟まれて静かに前方の雪道を眺め、相棒は屋根の上でガタガタと音を立てていました。
 悪徳検問所から始まった急な上り坂は、推定で300mほど標高を上げた後、なだらかな地形になりました。地図を見ると、ここが分水嶺のはずです。南のパミールの山々に並走する川が、ここを境に、西に流れるものと、東に流れるものに分かれています。峠というよりも、ちょっと彫が深い丘陵地帯といった感じです。時折50mほどの急なアップダウンがありますが、全体の標高はほぼ一定。
 轟々ともの凄い音を立てて走るマフムードのオンボロトラックは、走り始めて1時間ほどで、路肩に停車しました。どこかの具合が悪いようです。マフムードが車両の下に潜りこみ、何やらトンカントンカンやっています。クアールベクは、タバコを銜えて見てるだけ・・・。ってことは、大した故障でもないのかな? 20分ほどで修理は完了し、踏み固められた雪道の走行を再開。

toraxtukuenjo1.jpg
写真1)クアールベク(右)と、他のトラックの助手の青年。マフムードはトラックの下で格闘中。

 再び轟々と元気なエンジン音を上げて走るマフムードのトラックですが、ど~も調子が上がらない様子。時折、首をかしげながら計器類を眺めるマフムード、どうやらエンジンの回転数が上がらないようです。走り始めて10分ほどでまた停車。2度目の修理には40分かかりました。

 再々出発の後は、マフムードニッコリ☆ 計器を見ると、回転数も問題なさそうです。スピードを上げ、走り始めた矢先・・・、またまたトラブル発生か・・・?今度はブレーキの調子が悪いようです氷点下の凍てついた高原に長い間停車していたのが良くなかったのかも??

toraxtukuenjo2.jpg
写真2)ボンネットを開け、何やら寒冷地用のエンジンオイルみたいなのを注入。

 エンジンの再確認を終えたマフムードは、鉄の棒とボロタオルで松明を作りました。それにガソリンを湿らせて、大きな炎を手にしたまま、車両の下に潜り込みました。後輪の軸のあたりを中心に、炎で何かを熱しています。なるほど、あのあたりの何かが凍り付いているんでしょう、きっと。クアールベクも手伝って、2人で色々なところを15分ほど熱し、作業終了!

 苦労の甲斐あって、3度目の修理以降は、快調な走り!丘陵地帯も越え、なだらかな谷間の道を順調に進んでいました。時計は午後5時を回ったところ。そろそろ夕焼けの時間ですが、前方の空は厚い雲で覆われていました。3度の修理中、何もすることがなかった私ですが、ひとりだけぬくぬくと車内にいるのは忍びなかったので、凍えながらも外で修理を見学していました。再び走り出した車内はすぐに暖かくなり、だんだん眠気がしてきました・・・・。

 ひっつきそうな瞼の向こうには、真っ赤な夕焼けが見えていました。

 『キレイだなぁ~・・・』

 ボォ~っとしたままそれを見ていると、どうやらそれはサイドミラーに写っているようでした。 『あっ!進行方向の反対側に日が沈んでるから、前方には見えなかったんだ・・・。ってことは、今、東に向かって進んでるのか??』 ボォ~・・・ッと考えてみて、あれ?? 

心 「あれ!?夕日じゃないよね!?」

 同じく舟を漕いでいたクアールベクは、私の大声に驚いて、示されたサイドミラーを覗き込みました。何やらキルギス語で大声を上げたクアールベクに、マフムードも驚いた!!トラックは急停車し、慌てて飛び降りた2人は、炎に包まれる車両後部に雪を掛け始めました。私も後に続きます。

 炎は、後輪の軸あたりから上がっており、その先端は、荷台の中ほど、ちょうど頭の上ぐらいまでありました。何がどうして、こんな巨大な炎が上がっているのか?ガソリンタンクでも燃えてるのか?だったら爆発するんじゃないか??恐怖におののきながらも、私にできることは消火活動だけ。マフムードとクアールベクが、逃げ出さないところを見ると、爆発はしないのでしょう、きっと、多分、願わくば。
 私とクアールベクがそれぞれバケツを持ち、道端の雪をタイヤ下に放り込みます。マフムードは、何かの板切れで道の雪を集めて、手で放り込んでいます。炎の勢いが弱まり始めると共に、シューシューと水蒸気が上がり始めました。白い湯気には、鉄とゴムが焼ける臭いが混じっています。大丈夫なんだろうか??
 氷点下の雪原で、汗だくになりながら、雪を何度も何度も何度も掛け続けます。15分ほどで、一旦鎮火したように思われましたが、すぐにまた炎が上がりました。
 なんとか火種が消えたのは、出火から30分後のことでした。火が消えた後も、雪を掛け続け、高温に晒された車両を冷やし続けました。ふと我に返ると、あたりは闇に包まれていました。15分だとか30分だとか、書いていますが、実際には時計がないので、推定の時間でしかありません。もしかしたら、もっと短かったのかもしれませんし、もっともっと長かったのかも知れません・・・。

 一体何が燃えていたのか?燃えカスは何も残っていませんでした。燃えていたのは、ブレーキ用のオイルか何かでしょうか??私には、全く解りません。水蒸気を上げる車両下に潜り込み、痛んだ箇所の確認を終えたマフムードは、私に車に乗り込むように言いました。あの火災の後ですが、まだ走れるようです。途中から消火活動に加わってくれた通りすがりのトラックの運ちゃんが、万が一停車した時の為に、後ろから着いてきてくれました。停車したら、牽引して行けるようにと。

 のろのろ運転で1時間ちょっと、おそらく30kmぐらいを走ったところで、サリタシュという小さな町に到着しました。運転席の時計は、午後9時を示していました。

マフ 「ごめん。今日、オシュはノー。」
心 「仕方ないよ。今夜は、ここに泊まるんでしょ?俺も泊まってくから、明日オシュに行こう。」
マフ 「オシュ、今日、OK。あのトラック、オシュ!」
心 「何?代わりの車を手配してくれてんの?そんな・・・、ありがとう!ありがとう!!」

 急ぐ必要もありませんでしたが、彼の好意を受けることにしました。2台目のトラックは、信じられないくらいのハイスピードで海抜3500mの峠を駆け上り、谷間を激走していきました。途中、シャフトの交換で1時間以上修理に費やしましたが、修理完了後は再び大激走(暴走)で、午後2時にオシュの町外れに到着。
 今から街中に入るのは、恐ろしかったので、町外れの閉店したチャイハナの表のナン焼き釜の陰に身を潜め、朝5時くらいまで仮眠を取りました。

 長い長い1日は、これでようやく終了です・・・。

toraxtukuenjo3.jpg
写真3)このあたりの直線で炎が上がりました。

キルギス入国2日目に・・・ / 後編 

一つ前のエントリーの続きです。

12月28日 この旅で初めて、自転車と一緒にヒッチハイクしました。

 検問所の兵士の中で、誰が嘘を言っているのか?それはハッキリしています。あの若い兵士の両方です。年長(多分35歳ぐらい)の兵士と、上官は、部下の潔白を本気で信じていることでしょう。もう、これ以上の追求は無駄です。トラックをヒッチハイクして、オシュへ向かうことにしました。

 ここを通過する車の一部は、オシュへの道をとらずに、タジキスタンへ向かいますが、大半はオシュへ向かうはずです。昨晩、ヌラの宿で一緒になったウズベク人商人のおじさんが言っていました。「オシュに行くなら、自転車で走らずに、トラックに乗ればいいのに。ここのトラックのほとんど全部がオシュへ向かうんだよ?この先は雪道で、自転車では無理だよ。」と。その時は、自分で走る気満々だったので、断わりました。
 トラックは、5分に1台は通過するので、私と相棒を乗っけてってくれるドライバーはすぐに見つかりそうです。どうせなら、言葉が通じる方が楽なので、片言の英語でも中国語でも、意思疎通ができそうなドライバーを探すことに。検問所の手前に自転車を停め、検問待ちで停車中のドライバーに話しかけます。言葉が全く通じなかったら、それ以上は話を進めずに、次のトラックを待ちます。

 そうこうしていると、私の胸を突き飛ばした上官が、初見の部下を連れてやってきました。この部下は英語ができるようで、私が何を望んでいるのかを尋ねてきました。

心 「この検問所で腕時計を盗まれたことで、この先の走行は無理になりました。
   だから、トラックをヒッチハイクして、オシュへ向かうんです。」
兵士C「ここからオシュへ?自転車も一緒に?」 (→上官へ通訳)
上官 「だったら、お金が必要だ。ただでは誰も乗せんよ。」
心 「それは私がドライバーに直接交渉することですから、あなたたちには関係
   ありません。(お前は黙ってろ!)」
兵士C「あと30分ほどで、私たちはオシュに向かいます。その車に一緒に乗りま
    せんか?」
上官 「20ドルで乗っけてやるぞ。」
心 「高いから嫌です。そもそも、車って?あれでしょう?ルーフキャリアもない
   セダンタイプに、自転車は積めませんよ
。」

 断わりましたが、勝手に20ドルで乗せて行くつもりの上官。傍らに停めてあったセダンタイプの車のトランクから、荷物を全て取り出し、私の自転車を入れるように求めました。口で言ってもダメなら、示してあげましょう。サイドバッグを外し、自転車をトランクに入れて見せました。入りません。前輪を外して、ハンドルを取れば入るサイズでしたが、そこまでしたくありません。だいたい、20ドルも払う気はありません。
 諦めない上官は、後部座席に自転車を入れるように言いました。入れてみると、入りことは入りましたが、座る場所がなくなった・・・。この車でオシュへ向かうのは、運転手と英語を話す兵士Cと私とこの上官の4人です。これでは2人しか乗れない。

心 「わかったでしょ?だから、トラックを自分で探します。」
上官「わかった。こちらで適当なトラックを見つけてやろう!私の口利きがあれば、
   危ない目にも遭わないし、後からドライバーにお金を追加請求されることもない。
   いくら出せる?」

心 「いくらって・・・、5ドルかな?」
上官「それじゃぁ、誰も行かん!15ドルでどうだ!」
心 「そんなお金持ってないよ!今手元には、1ドル札5枚と、100ドル札しかない。
   あっ、あと、100元札。
上官「中国の金か?それで良い。」

 100元というと、日本円で1500円です。相当高いヒッチハイク料ですが、この際、これで良いかと思うようになっていました。もう気持ちが折れてたんです・・・・。それに、オシュで人民元の両替ができなかったら、無駄になるお金ですから、使える時に使いましょう。おそらくこの1500円相当のお金の8割方は、この上官のポケットに納まり、残りの2割がドライバーに渡るんでしょうけど・・・。
 ニコニコしながら、100元札を受け取った上官は、詰め所内の部下に何やら告げた後、笑顔で車に乗り込むと、にこやかに手を振りながら走り去りました。あの車がパンクかエンジントラブルで、峠を越えられないことを、真剣に祈りました。

 『山の神様!どうか、あの車に命に関わらないような事故を!!』

 で、待つこと30分、私たちを運んでくれるドライバーとやらが現れました。名前は、マフムード。彼のトラックは、私の自転車と同じ深緑色。見るからに古そうなトラックですが、この青年のお世話になることに決めました。コンテナの上に、自転車を固定し、私は運転席の隣に。助手席には、クアールベクという助手が乗り込んでいました。3人と1台を載せたトラックは、午後1時、悪徳に満ちた検問所を後にしました。

 まだまだ、長い1日は終わりません・・・

 次のエントリーへ続く。

キルギス入国2日目に・・・ / 前編 

12月28日 またかよ・・・ 国境から15km地点の検問所で、トドメを食らいました。

 昨晩は、失ったサイクルコンピュータと魔法瓶のことが悔やまれて、すぐには寝付けませんでした・・・。この先、オシュという町までは約250km。地図はあるので、正確な距離は解らずとも、なんとかなるでしょう。魔法瓶は・・・、無いと困る・・・。この先少なくとも3日間は、海抜3000m超の世界です。気温が一日中氷点下だと、魔法瓶なしでは飲み水も運べない・・・。

 結局、あぁ~だこぉ~だと考えていても仕方がないので、気合を入れなおして、走り出しました!

akutokukenmonsho1.jpg
写真1)ヌラの食堂宿。こんなとこに泊まってました。看板も何もない。

 昨晩の夕食と今朝の朝食、そして宿代を米ドルで支払いました。まだキルギス・ソムは持っていないんです。1泊2食で4ドルでした。8時半、ヌラを出て、真西に走り出しました。地図によると、20kmほどのところから、険しい上りになり、海抜3500m前後の分水嶺に至るはずです。凍った川を上流に向かって並走します。気温は、氷点下8℃・・・。水筒には、今朝作ったばかりの熱々の紅茶が入っていましたが、1時間と経たずに冷え切ってしまいました。

akutokukenmonsho2.jpg
写真2)気温氷点下8.2℃。海抜2965m。

akutokukenmonsho3.jpg
写真3)小さな村を通過。

 小さな村を通過した後、川を逸れて、上り坂になりました。ここから登りが開始!と思ったら、一旦下りになり、また上りになりました。海抜は依然、3000m前後。しばらくすると、前方に何やらトラックストップのようなものが見えてきました・・・。どうやら、検問所のようです。

akutokukenmonsho4.jpg
写真4)トラックの左手前方に、何やら見えてきた。

 ヌラから15kmほどで、検問所に到着。知らぬふりをして通り過ぎようとしたら、兵士に止められました。パスポートを確認する!と、検問所ゲートの脇の詰め所に連れて行かれました。自転車は詰め所の目の前の壁に立て掛けています。カギは掛けていませんが、幸い、詰め所の小窓から自転車のある場所が見えていたので、何かあった場合は、すぐに飛んでいくことができそうです。
 狭い詰め所内には、同じく身分証の確認を受けているトラックドライバーが2人と兵士が1人。私とあわせて4人がギューギューに詰まっていました。手続きが終わるまで、2~3分待たされましたが、その間、私はずっと小窓の外を見ていました。自転車の脇に、2人の若い兵士が立っていたからです。何やら、自転車を触っているような風にも見えます・・・。
 パスポートの記載事項を書き留められた後、パスポートを返してもらい、外に出ました。自転車の脇に立っていた兵士たちは、私と入れ替わるように、持ち場へと戻っていきました。至って自然な感じだったので、何も疑わず、自転車に乗って走りだしました。検問所の前の急坂を立ち漕ぎで100mほど進んだところで、気が付いた!?

 あぁ~!!!腕時計がない!!!

 タイラップでサイドミラーの軸に固定していた腕時計がなくなっていました。 「待てコラ!お前ら!!」叫びながら、検問所に戻り、自転車の脇にいた兵士たちを呼び止めました。また兵士かよ!どうなってるんだ、この国は!?

 私の腕時計は、高度計と温度計が内蔵された登山用モデル。腕に着けていると、上着の袖の中に納まってしまい、正確な外気温が測れないので、自転車のミラーに巻き着けるようにしています。昨日は、たまたま腕にしていたので、無事でした。昨日の教訓を活かし、簡単に持ち逃げされないように、タイラップで固定したのは、今朝の話です。

心 「おい!お前ら!ちょっと来い!!どっちだ?どっちが持ってる!?」
兵士A「何?」
心 「おい!英語解るか?時計!腕時計!どこだ?」
兵士A「何?解らない。」
心 「腕時計だよ!ここに!ほら!このミラーに着いてたやつだよ!!」

 とぼけてるんだか?もう1人の兵士が盗ったんだか・・・?いや、こいつが知らないはずはない!だって、私はずっと見てたんですもの。2人が一緒に立っているところを!どっちが盗ったにしても、知らない訳がない!
 英語と日本語で大騒ぎしている私の元に、もう1人の容疑者と詰め所内の兵士が出てきました。一番年長の詰め所の兵士に、この若い兵士たちが私の腕時計を盗ったと主張しますが、通じている様子もない・・・。それでも必死に伝えようとしていると、たまたまその場にいたトラックドライバーの中に、中国語のできるキルギス人がいたので、通訳をしてもらいました。事情を理解した年長の兵士は、信じられないと言った顔。若い兵士たちは、疑うな!とばかりに逆切れしています。

 言い合いは平行線・・・。何か物的証拠でも示せれば・・・。デジカメに収めてある腕時計の写真(上の写真2のようなもの)を見せて、「コレ!」と示して見せます。が、何の進展もなし・・・。
 年長の兵士は持ち場に戻ってしまい、若い兵士も1人だけになりまりました。その若い兵士を尚も責め続ける私に、ひとりの男が近寄ってきました。第4の兵士です。身なりからして、上官であることは間違いありません。若い兵士が上官に何か告げると、この上官は、部下のボディーチェックをするよう、私に提案してきました。

心 「こいつは自分が持ってないから、ボディーチェックをしろと言ってるんだ!そうだろう?だったら、探すだけ無駄だよ!」
上官「いいから、調べなさい。」
心 「調べたって何も出てこないって!もうひとりの兵士かもしれないだろう?」
上官「調べろ!」

 どうせやっても出て来る訳ありませんが・・・、空港でボディーチェックを受けるときのように、肩、脇、腰、太腿、足首と服の上からパンパン叩き、上着とズボンのポケットを調べました。

心 「ほらね、何も出てこない。今頃、もう1人の若い兵士がどこか岩の下にでも隠してんだろうよ。」
上官「ないのか?ないんだったら、とっとと立ち去れ!」
心 「あのね、この2人が取った可能性が極めて、き!わ!め!て!高いんだよ?まずは、あんた、部下を疑いなよ。」
上官「とっとと立ち去れ!聞こえないのか!」

 強く私の胸を突き飛ばし、上官はどこかに消えました。まだ諦めはしません。もうひとりの兵士を探しに、詰め所とは別の建物へ向かいました。が、どこに行ったのか?あの兵士はいません・・・。私が再び検問所に戻った時には、全員持ち場に戻っていて、誰も私の相手をしなくなっていました。ボディーチェックをした兵士に近付くと、「どこか行け!」とばかりに、ライフルの銃底で胸を小突かれました。

 私の怒りは極限に達し・・・、大爆発!! 


 心 「●●!●○●●!?○○●○●○●●●!!」

 お聞き苦しいので、何と叫んだのかは、全て伏せておきます。腹の底から出た怒りの声に、兵士の様子に変化が・・・?

兵士A 「ドライバーが盗んだんだよ。」 
心 「あのなぁ、人のせいにするなよ!あの時、お前らの他に、どこに人がいたって言うんだ?」
兵士A 「トラックは、こっちに行ったよ。あのドライバーだ。」
心 「一万歩譲って、あの場に第3の男・トラックドライバーがいたとしよう。で、お前はそのドライバーが盗みを働くのを黙ってみてたのか?誰がそんな話を信じるんだ??」


 また騒ぎ始めた私の回りに、人だかりができました。探していた兵士Bも現れましたが、もはや、これ以上の追求は無駄です。落ち着いて、次の行動を考えるべきタイミングとなりました。

 さて、どうしましょう・・・?サイクルコンピュータはない、魔法瓶はない、時計はない・・・。この先の道は、海抜3000m超の高原地帯。外気温は、朝はどんなに高めに見ても氷点下5℃以下でしょう。キャンプをしたとして、朝夕の食事は雪を融かして調理すれば良いけれど、日中の走行に必要な飲料水を液体のまま運ぶ術がない・・・。

 走った距離も解らない。町までの距離も解らない。水は運べない。標高は解らない。気温も解らない。ない。ない。ない・・・。もはや、走る気力もない・・・・。

 ゲームオーバーです。

 この先は、オシュまでトラックをヒッチハイクして向かう事に決めました。

キルギス入国直後に・・・ / 後編 

  ■1つ前のエントリーの続きです■

 あ~!!あんにゃろぉ~!やりやがった!!

 サイクルコンピュータがありません!

 荷台の魔法瓶も2本ともない!!



 犯人は?あの兵士以外に考えられません。私が自転車から離れたのは、たったの20秒程度だったはずです。その短い時間に、あの場にいなかった人間が、自転車に駆け寄って来て、上述の3点を盗むでしょうか?いや、それは考えにくい。やはり、あの兵士だ!! 
 一旦パスポートを受け取りに建物に戻り、パスポートを受け取った後、自転車を押しながら、施設内を探し回りました。あの兵士の顔は覚えています。見つけたら問い詰めてやる!

irkeshatam4.jpg
写真1)パスポートコントロールと税関の建物内部。外は人と車で溢れているが、建物の中にひと気はない。

 ウロウロしていたら、別の兵士に呼び止められ、税関で荷物チェックを受けるように言われました。「今それどころじゃないんだよ!後で行くから!!」と言っても、通じません・・・。先に税関チェックを受ける事に。先ほどの建物の反対側のドアから入り、税関の役人に自転車を見せて、はいこれで手続き完了。いちいち荷物の確認をするような国ではありません。税関申告書の記入もなし。ただ、私のパスポートナンバーだけをノートに控えていました。
 ノートに記入しているこの兵士を見ると、どうやら偉いさんのようです。肩には、軍服の襟や肩にワッペンが沢山。この上官に、先ほどの盗難の件を報告しなければ! 「おたくの若い兵士が、私の自転車から荷物を盗んだんだ!」 言ってることが通じてるのか?通じてないのか?苦い顔をしているこの上官…、しばらく考えた末、手振りで「行け」と示しました。どうやら通じていないようです。食い下がらず、ジェスチャーで伝えようとしますが、全く理解する気なしの様子。ただ、「行け」と手で示すだけ・・・。

 はぁ~・・・、いつか起こるとは思っていましたが、まさか、こんなところで・・・。いつも“荷物を盗まれないように気をつけよう”と心掛けていたつもりでしたが、やはり、気の緩みがある時にやられるもんですね。私のあの行動は間違いでした。サイクルコンピュータを見たことない人には、デジタル時計にしか見えないでしょう。それが取り外し可能であることなんて、まず知らないはずです。私はわざわざ取り外し方法を見せてしまったのです・・・。あの兵士は、『この時計、外れるのか?』と試してみたに違いありません。で、外れたからポケットに捻じ込んで・・・、ついでに簡単に取れる荷台の魔法瓶を失敬して…

 あぁ~!悔しい!!

 あの兵士を探すことは諦めてはいませんが、ひとまず、税関施設を出る事に。自転車を押して回るのは大変です。それに、二次災害、つまりまた狙われないとも限りませんから。税関の外には、土埃舞うヌラの町があります。町というより、税関に付随する施設といった方が良いでしょうか。トラックのコンテナやトレーラーを改造した家々が、不規則に並び、まるで西部劇の町?いや、安っぽい近未来SF映画の核戦争後の西部の町?といった雰囲気です。ようやく見つけた食堂宿に荷物を入れ、自転車を食堂のおばちゃんの部屋に入れ、税関敷地内へ戻りました。

irkeshatam5.jpg
写真2)夕方の税関敷地内。中国のトラックから、キルギスのトラックに荷物を積み替える作業が続く。

 敷地内に戻って早々、あの兵士を発見しました!なんて幸運!まだツキに見放された訳ではなさそう!!

心 「おいお前!俺のサイクルコンピュータと魔法瓶知らんか?」(日本語で)
兵士「I don't know !!」
心 「おいおい、何を知らないの?」(英語で) 

 可笑しな会話です。私は日本語で話しかけているのに、返事は、英語で『知らないよ!』なんて・・・。『日本語わからない!』という意味で、I don't know と言った可能性もなくはないですが、私には、 『サイクルコンピュータのことなんて、知らないよ!』という風に聞こえます。っていうか、あの時の状況から、この兵士以外に犯人は考えられないのです。

心 「返せよ!盗ったものを返せ!!」(英語で)
兵士「・・・・」

 何かロシア語だかキルギス語だかで小さく呟きながら、建物の奥へと足早に消えていきました。追いかけましたが、どこまでも入り込むとこっちが咎められそうなので、止めました。代わりに向かったのは、上官の部屋。再び、ジェスチャーで大事な物を盗まれたことを主張しますが・・・、やっぱり通じない・・・。怪訝な顔で追い出されました。

 はぁ~・・・、これ以上やっても無駄だろうな・・・。確信はあっても確証をしめせないのです。広い税関施設のどこかの部屋においてあるであろう、私のサイクルコンピュータや魔法瓶を探し出す術はありません。悔しいけど、諦める事にしました・・・。 

 はぁ~・・・、痛いキルギスの初日でした。

キルギス入国直後に・・・ / 前編 

12月27日 この旅7ヶ国目の国、キルギスタンへ。入国早々、トラブルです・・・。

 長かった中国に別れを告げ、中国側の国境施設を出ると、目の前には、長い道路が延びていました。これまで越えてきた国境は、一方の施設を出ると、数百m先にもう一方の施設があったのですが・・・、ここは無い!?

irkeshatam1.jpg
写真1)キルギスの入管事務所はどこ??

 実は、ここの国境、それぞれのボーダーとの間に7kmもの緩衝地帯が置かれているんです。キルギス側の国境施設を目指して、強い向かい風の中を走り出しました。途中、2度中国側のチェックポイントでパスポートの確認を受けました。更に進むと、どうやらここが境界だな?と思われる道路の継ぎ目がありました。中国側はきれいなアスファルト。キルギス側は、ひび割れたアスファルト。

irkeshatam2.jpg
写真2)解りにくいですけど。右足と前輪がキルギス側。左足と後輪が中国側。

 境界と思われるところを通過してすぐに、キルギス側の検問所がありました。やはり、あそこが境界だったようです。パスポートのチェックを受けに、道路から10mほど離れた掘っ立て小屋へ。自転車は道端に停めていましたが、近付く人がいないかどうか?常に注意を払っていました。
 最後の3kmは再びキレイな道に。キルギス側の国境施設が近付くと、長いトラックの列がありました。中国製品をキルギスやその先のウズベキスタンに運ぶトラックでしょう。しかし、凄い数ですこと!!

irkeshatam3.jpg
写真3)車列の後ろの数台。荷台には化繊生地や建設資材が満載されている。

 トラックでごった返す国境の税関敷地内へ。自転車を押して、キョロキョロしていたら、背中に大きく『CUSTOM』と書かれたジャケットの兵士に声をかけられました。案内されるままに着いて行くと、パスポートコントロールらしき建物に付きました。自転車を建物の中に入れようとしていると、先ほどの兵士が、そこに停めて行けと言います。仕方ないので、自転車のカギを掛け、貴重品の入ったフロントバッグを外して、更に、サイクルコンピュータを外そうとしますが・・・、なかなか外せない。梃子摺っていると、例の兵士に「バン!」と肩を叩かれ、押し込まれるように建物の中へ入れられました。 

 「バタン!」と豪快に閉められたドアの外の自転車にはカギをかけましたが、荷物が心配です・・・。建物の中には、小さなカウンターがあり、そこには兵士がひとり座っていました。彼にパスポートを渡し、すぐに外に出ました。自転車は!?無事でしたが・・・

 あ~!!あんにゃろぉ~!やりやがった!!

 サイクルコンピュータがありません!

 荷台の魔法瓶も2本ともない!!


  後編に続く・・・

私もキルギスに行きたいな・・・ 

 「私もキルギスに行きたいなぁ・・・、ここは退屈だわ・・・。」

 彼女の唐突な言葉に、少し驚きました。

 こう言ったのは、イルケシュタム国境の中国側、小さな商店で働く女性でした。中国語で私に話しかけてきましたが、彼女はキルギス族。顔立ちを見ると、一目瞭然です。漢族の顔ではないし、ウイグル族の顔でもない。どこか日本人のような顔立ちの、可愛らしい女性。

心  「キルギスに行きたいの?」
女性「うん。私はキルギス族よ。中国語が話せるから、キルギスに行けば良い仕事があると思うの。」
心  「そうかもね・・・。こんなに沢山、中国からキルギスに物資が運ばれてるんだもんね。」
女性「仕事あると思うでしょ?」
心  「僕は知らないよ。まだキルギスという国に行ったことはないだから。」
女性「そう。でもね、私はここから向こうには行けないの。」
心  「そうなんだね・・・。」

 なんだか、もの哀しげに話す彼女。この国境の小さな町での暮らしに、退屈を覚えてるのでしょう。確かに、ここは町と呼ぶには簡素過ぎる・・・。もともと人が住んでいなかった(もしくは小さな集落だった)土地に、国境の税関施設ができ、その周りに食堂や商店が建ったというだけの町です。

 彼女は、この町を出て、新疆ウイグル自治区内の都市で生活をしようとは考えないのでしょうか?聞いてみようかとも思いましたが、止めました。キルギスに行きたいって言ってるんですから、きっとその選択肢は考えてないのでしょう。
 カシュガルの北、天山山脈の南縁の地域は、クルグスー・キルギス族自治州というキルギス族の多い地域です。州都はアクスという町だそうですが、アクスはウイグル族と漢族が多数で、キルギス族は少数らしい。3日前に滞在したウルチャットの町もそうでした。田舎の村の住人は、キルギス族が多いんですけどね。昨日、キルギス族の小さな町、ウルグハットを訪れましたが、皆キルギス語で会話をしていて、私が中国語で話しかけると、ビックリしていました。「あれ?あんた何ジン?キルギス族だと思ってたわ!」って。

 新疆ウイグル自治区の中には、ウイグル族のみならず、カザフ族、キルギス族、モンゴル族、タジク族、などなどの少数民族が多く暮らしています。同じムスリムといえども、母語も違えば、生活慣習も違います。この彼女のように、田舎で暮らすキルギス族にとって、ウイグル族や漢族が大多数を占める新疆ウイグル自治区内の都市部で暮らすよりも、キルギス人の国・キルギスタンで暮らした方が、快適なのかも知れません。

女性 「どこまで行くの?」
心  「キルギスから、ウズベキスタン、トルクメニスタン、イラン、トルコ・・・、ヨーロッパ、アフリカ、南米、北米。世界一周だよ。」
女性 「本当!?凄い!!気をつけてね。」
心  「ありがとう」

 自由に国境を越えて、50~60カ国の国々を巡る予定の私。国境施設に隣接する商店で働いてるけど、国境の向こうに行けない彼女。たまに私は、自分の旅が贅沢過ぎて、周囲に悪い影響を与えているのではないかと、心配になることがあります・・・。

 彼女が、希望の生活を手に入れられることを願いつつ、国境を越えました・・・

watashimokyrgyz1.jpg
写真1)イルケシュタムの通り。食堂と商店が数軒並ぶのみ。

watashimokyrgyz2.jpg
写真2)イルケシュタムの国境。出入国管理事務所。彼女の働く商店から僅か100m。

さよなら中国!! 

12月27日 長かった中国の旅は終わりました。

 目覚めはよし!なんだか朝から興奮気味の私。今日は国境越えの日ですからね! 国境を越えるのなんて、2006年6月依頼、約7ヶ月ぶりです。

20070307170031.jpg
写真1)こんなとこでキャンプしてました。

 朝食はオートミール。オートミールもカシュガルで大量に買い込んできたので、沢山食べて、少しでも荷物を減らさないと・・・。たっぷりと胃袋に詰め込んで、10時半、出発です。道は起伏のある山岳地帯です。国境のイルケシュタムは、ガイドブックには、イルケシュタム・パス(峠)と書かれているので、もしかしたら、まだこの先も登り続けることになるのかも?

20070307170152.jpg
写真2)このあたり、ラクダさんが多いんですよ。今日も放牧のラクダの群れに遭遇!

20070307170333.jpg
写真3)この坂の向こうかな??そろそろ国境の施設が見えてきてもおかしくない距離だけど・・・

 緩やかな坂を上り切ると、長い下り坂になりました。 『あららら・・・、下っちゃってるよ・・・』 下り坂の向こうには、純白の雪山が聳えていました。まさか、あの雪山のどこかが、イルケシュタム峠ではないでしょうね??そりゃ、ちょっと厳し過ぎますよ!?

20070307170322.jpg
写真4)下りきると、大きな川に突き当たった。川の向こうには、何やら、国境施設らしき建物群!!

 どうやら、向こうの河岸に見えているのが、国境施設のようです。橋を渡り、川上に少し走ると、見えてきました!建物群!明らかに国境らしき場所です。通りすがりの人に確認。「ここはイルケシュタムですか?」返事は、「そうだよ」。なぁ~んだ、峠じゃなかったんだ。良かった良かった。地図と方角を確認すると、どうやらこの河に沿って西に走れば、キルギスタンのようです。

20070307170625.jpg
写真5)中華人民共和国・イルケシュタム口岸

 イルケシュタムの町に入ると、食堂や商店が数軒ならんでいました。時計は1時を回ったところ。とりあえず、国境ゲートの確認に行きます。立派な建物の前には、空の車が沢山停まっていましたが、国境施設にはひと気がない・・・。どうやら、昼休みのようです。私も昼食とすることに。手持ちの人民元は、昨日の時点で36元になっていましたが・・・、トラベラーズチェックの束の中から、100元札が見つかったので、今136元も持っています中国最後の食事ですから、豪勢に行きましょうか!

20070307170752.jpg
写真6)中国最後の食事はコレ!豚の角煮20元、白菜炒め10元、白米2元。

 これからしばらく、中央アジア~イラン~トルコと、5ヶ月ぐらい豚肉なし生活です。この豚の角煮の美味しかったこと、美味しかったこと!これでしばらく豚なしでも平気でしょう、きっと。たらふく食べた後、小さな売店で4元分のお菓子を購入して、残りちょうど100元。中国の最高額紙幣である100元札なら、キルギスでも両替できるでしょうから、これは使わずキープしとくことに。
 午後3時、国境職員の昼休みが終わる時間に合わせて、国境ゲートへと向かいました。3時15分ごろにようやくやって来た職員たち。私の自転車を見るなり、「自転車で行くの?大変だよ?」と・・・。大変なのは知っています。この先、キルギスに入国すると、4~5日間は、厳しい山岳地帯の走行が控えています。「大丈夫だよ、心配ありがとう。」 

 出国手続きは、至って簡単でした。荷物チェックも何もなく、ただパスポートに出国のスタンプを貰っただけ。 『あぁ・・・、これで中国ともお別れかぁ~・・・』 ウイグル人の国境のお役人たちに、さよならを言い、国境施設の反対側に出ました。さぁ、次はキルギスの入国手続きです!!国境越えって、なんでこんなに感慨深いんでしょう。過去に何十回も陸路国境越えを経験していますが、今回は、10ヶ月近い滞在となった中国国の後ですから、特別感慨深く感じます。 

 さよなら、中国!! 濃厚な日々をありがとう!! またいつか、来るよ!!

ワッシンギットン!ヌルヨック! 

12月26日 ワッシンギットン? ヌルヨック?? 

 寒い朝の気温は、氷点下10℃でした。思ったより冷え込まなかった。昨晩残しておいたラーメンの汁は、すっかり凍っていました。とろ火でゆっくり融かし、沸騰したところで、お粥用の乾燥米を入れます。これで、ラーメンお粥の出来上がり。昨晩作った紅茶は、僅かに600ml・・・、朝食の時はほとんど飲みませんでした。

20070307171645.jpg
写真1)こんなところにテント張ってました。海抜3000m。

 走り初めて1kmほどで、峠の頂上に至りました。あとは下るだけ!と思ったら、下り始めてすぐにまた上り。どうやら2つのピークがある峠のようです。2つ目のピークを越えると、長い緩やかな下りになりました。上りながらチビチビ飲んでいた紅茶は、もう残り僅か。幸い、この先、下り終えて20kmほどのところに、ウルグハットという町があります。このまま無給水でも、大丈夫でしょう・・・

20070307171737.jpg
写真2)峠の頂上付近で、巨大な鳥に遭遇!!翼を広げると、2m近くあるように見えました。何でしょう?この鳥。

20070307172021.jpg
写真3)今日も乾いた大地が続きます。あぁ~・・・、喉乾いてきた・・・。

20070307172108.jpg
写真4)お前さんはいいねぇ。喉、乾かないの?

 すっかり、喉が渇ききったところで、ようやくウルグハットの町に到着。町の入り口に検問所がありましたが、パスポートを見るだけなので 何も臆する必要はありません。逆に、国境が近いということを感じ、気合が入りました。検問所の向こうには、数軒の食堂と商店がある小さな広場がありました。どうやら、ここが町の中心らしい。町っていうか、村ですね。
 村人たちが不思議そうに見つめる中、私が真っ先に向かったのは、商店!!コーラか何かを1リットルぐらいグビグビっと飲みたい!! 擦れた声で、店のおばさん、「そこのコーラ2本ちょうだい!」と言うと、おばさんちょっと驚いた様子。何?なんで??

おばさん 「あんた何ジンだい?あたしゃ、てっきり、キルギス族だと思ってたけど、
      中国語話すもんだから・・・、いや?でも、漢族じゃないね?」
心 「日本人ですよ。おばさんは?キルギス族?」
おばさん 「そうだよ。」


 キルギス人(族)の顔立ちは・・・、うぅ~ん・・・なんと言えばよいか・・・、日本人に近い顔立ちです。ウイグル族よりも、日本人に近く、漢族よりも日本人に近いかな? 何がどうって、まだ説明は難しいです。キルギスに行って、キルギス人をよぉ~く観察すれば、その特徴がつかめるようになるでしょう、きっと。
 購入したコーラは、コカコーラだとばかり思っていましたが、一気に飲み干すと、まずぅ~い!ケミカルな後味がしました。ラベルを見ると、今までに見たこともないような、似非コーラ。不味いけど・・・、2本目も一気に飲み干し、喉の乾きは癒えました。次は、空腹を満たさなければ!
 広場の外れの小さな食堂に入りました。注文したのはラグ麺。待っている間に、ポットのお湯を貰って、ボトル5本文の紅茶を作りました。これで、明日の午前中ぐらいまでは大丈夫でしょう。15分ほどで出てきた大盛りラグ麺を貪り食い、満腹になったところでホッと一息。周囲の人々と会話をする余裕も出てきました。
 食堂の経営者家族は、キルギス族。隣で食べてたお客2人もキルギス族。近所の商店から私を見にやって来た人々も、み~んなキルギス族。お互いに片言の中国語での会話をしていると、店の奥に座っていた少女が、何やら呟いているのに気が付きました。

少女 「ワッシンギットン・・・、ワッシンギットン・・・?」
心  「ん?なぁに?? ワッシン??何?」
少女 「ヌルヨック! ワッシンギットン!」
心  「ヌルヨック?ワッシンギットン??」
少女 「アメリカ!ワッシンギットン!」

心  「あっ!! アメリカ!ワシントンね! あっ、ニューヨーク!!」

少女 「アメリカ?」
心  「あのね、お兄ちゃん、アメリカ人じゃないんだよ。日本人、日本人。」

 彼女が、本気で私をアメリカ人だと思っていたのかどうかは解りませんが、このような滅多に外国人が訪れないような地域では、コッテコテの日本人顔であっても、英語を話したというだけで、アメリカ人と言われることが間々あります。
 それにしても、ワッシンギットンって・・・、よく聞けば、ワシントンに聞こえなくなくもありませんが、彼女の発音はスタッカートが聞いていて、ワシントンだとなかなか気が付きませんでした。英語のスペル『WASHINGTON』と『NEW YORK』をキルギス語の発音で読み上げると、こうなるのかな?ただたんに、彼女が勘違いしているのかな??

20070307172416.jpg
写真5)キルギス族の子ども達。一番左の子が、ワッシンギットンの子。

 お腹も満たされ、飲み物も補給し、楽しい交流で心も和んだところで、走行再開!再び西に向かって走り出しました。道は、狭い谷間に入り、緩やか~な登り続けています。走りは快調!この調子だったら、国境の町までたどり着けるかも??国境までは、70kmほどのはずです。走行距離は、50km近くに達していました。
 午後5時半、吉根(ジーコン)という村に達しました。ここもキルギス族の村です。国境手前最後の村らしいので、ここで宿を取ることも考えましたが、それらしい建物が見当たらない・・・。この先は、ひとけのない山道でしょうから、今夜もキャンプにしましょう。

20070307172438.jpg
写真6)ジーコン手前で、周囲の山々も、雪化粧に変わった・・・。上りが厳しくなり、国境到達は早くも断念。

20070307172844.jpg
写真7)羊を追い、馬を操る村人たち。キルギスですねぇ~!!

 ジーコンを過ぎると、国境の手前最後の峠(2950m)に差し掛かりました。標高差は200mほどで、なんなくクリア。峠の向こう側には、何もない平原と雪山が聳えていました。もう時計は7時です。道路から300mほど平原に入ったところにテントを設営。日没後の気温は、氷点下8℃。まぁ、このくらいなら今夜も大丈夫でしょう。
 夕食は、またラーメン。カシュガルで欲張って大量に高級ラーメン『今麦郎』や『五谷道場』を買い込んできたので、キルギスの厳しい山岳コースに達する前に、少しでも荷物を減らそうと考えてです。本当は、キルギスの山奥で食べるつもりだったんですけどね・・・。

 雪山と星空をしばし眺めた後、寝袋に飛び込みました。国境まではあと20kmです。

雪を溶かして・・・ 

12月25日 雪を溶かしました。

 ちょっと寝坊しましたが、目覚めは上々。朝からテキパキ準備して、荷物を整えたところで、開店間もないインターネットカフェへ。2時間ほどで、全てのネット仕事を終わらせました。時計を見ると・・・、あらら、もうこんな時間?
 もう午後1時近くになっていました。慌てて宿に戻り、チェックアウト。自転車をセッティングしていたら、従業員の女性に色々と中国語で質問されました。あまり漢語は上手ではありませんが、とてもフレンドリーな女性。ウイグル人かな?と思って聞いてみたら、キルギス族だって!! そうだそうだ!このあたりは、クルグスー・キルギス族自治州なんですよ、そういえば。

20070307162310.jpg
写真1)漢族の女性従業員が撮った、私とキルギス族女性従業員。

 今、その南縁をなぞるように走行中の天山の山々周辺には、キルギス族が多く暮らしています。山の北側はキルギスタンですからね。田舎の村々にはキルギス族が多いようですが、町には少ないみたいです。
 午後1時半、ようやく出発!町のスーパーで『タンユェン』という団子の冷凍品(最近のお気に入り)を20元で購入し、ウイグル食堂で昼食も済ませてしまってから、町を出ました。随分と出発が遅くなりましたから、今日は、日没までノンストップです!!

20070307162502.jpg
写真2)今日も天気は晴れ! ちょっと肌寒いけど、快適な走行です。

20070307162740.jpg
写真3)徐々に標高を上げ、小さな峠の手前、カンスーという町を通過。

20070307162851.jpg
写真4)周囲の山々の美しいこと! 『風の谷のナウシカ』のコミック版に出てきそうな、荒涼たる風景です。(って、解りますか?)

20070307163047.jpg
写真5)走りに走って・・・、午後7時、日没です。

 日が暮れるまで走り続け、52kmを走りました。ちょうど、周囲に何もないような寂しい山の中でした。海抜3000mほどの峠の頂上の僅かに手前。ここなら、朝日も早く当たりそうだし、ここでテントを張りましょう。自転車を止め、道路脇のちょっと低くなったところ降ります。汗が引き始めると、急に寒気がしてきました。気温は、氷点下6℃。こりゃ、夜は相当冷え込むな・・・。 
 テントを張り終え、荷物を投げ込み、さぁ、次にするべき事は、水の調達。実は、まったく飲み水がありません・・・。途中、何度か小川を見ましたが、給水することなく、走り続けてきました。日没直後、前方の風景の中に、雪に覆われた斜面が見えたので、「雪を溶かせば良いか!」と、楽観視していました。

20070307163057.jpg
写真6)雪を鍋とバケツにいっぱい集めました。

 どんどんと冷え込むテントの前で雪を鍋に放り込み、ゴウゴウと強い火力で加熱します。10分ほど経って、鍋を開けてみると、「おっ!融けてる!融けてる!!」 ・・・けど、「汚いなぁ~!!」 鍋の中の水は、灰色に濁っていて、小さな植物の枝葉が沢山浮かんでいました。次から次に雪を鍋に注ぎ足して、鍋一杯のぬるま湯ができました。一旦火から下ろし、ろ過して、もうひとつの鍋に戻します。雪を溶かした鍋の底には、粘土質の細かい粒子が溜まり、ろ過器のフィルターも灰色の粒子で目詰まりしていました・・・。どうやら、ここいらの雪は・・・、11月末にカシュガルでも雪が降りましたが、あの時に降ったものなのでしょう。3週間以上残っていた雪は、周囲の埃と粘土質の泥水をたっぷり含んだ、ちょっと汚い雪でした・・・。

 いつもなら鍋3杯分ぐらいの水を作って、翌朝の朝食、翌日の飲料水(お茶・紅茶)分も確保しますが、今日は鍋1杯分だけ。ボトル1本分だけの紅茶を作って、残り1リットルのお湯で、ラーメンの夕食。ラーメンの汁は捨てずに、翌朝の朝食に回します水を節約する為の知恵です、知恵。

 冷え込む夜は、深夜で氷点下9℃になっていました。明朝は、氷点下14~15℃になるかも知れません。寝袋2重、上着2重、下着タイツ2重、靴下2重の完全防備で床に就きました。

カシュガルの俺の部屋 

少し大きい文字 カシュガルは7週間近い超長期滞在となりました。その間、ずっと同じホテルに泊まっていました。

 バックパッカーから、ビジネスマン、ツアー客まで幅のある客が泊まる西満(シーマン)ホテル。かつて、ロシア領事館として使われていたところで★★★三ッ星ホテルだったっけな? 星付きの良いホテルです。今のところ、この旅で一番規模が大きく、立派な建物のホテル。広々としたロビーの内装は、中央アジア的(ペルシャ的)装飾が施された柱や壁飾り。フロントには、世界主要都市の時刻を示す時計が6個。フロントのスタッフは(愛想ないが)流暢な英語を操り、客室かかりは愛想も良く印象が良い。

20061223044324.jpg
写真1)色満ホテルの正面玄関

 そのホテルの部屋代ですが・・・、私が泊まっていたのは、最も安い部屋で、20元(300円)です。

 外国人バックパッカー御用達のこのホテルには、外国人用のドミトリーがあるんです。初めの1週間ほどは、3人部屋ドミトリーに泊まっていました。が、その部屋にはコンセントがなく、PC作業をする私は、いちいち部屋の外で電源を探さねばなりませんでした。ホテルの建物が古いので、廊下やロビーにもコンセントはない・・・。そこで、コンセントがある2人部屋ドミトリーに引越しをしました。部屋には窓がなく、ちょっと息苦しいのですが、記録や記憶の整理をするにはある意味よい環境。部屋に缶詰して、PC作業と執筆をしてました。

 ちょうど良い高さの机の上には、PCとコーヒーカップ、書類、お菓子などなどが散乱し・・・、完全に『俺の机』状態。初めの数日は、小ぎれいに使っていましたが、もうひとつのベッドに客が来る気配はないので、次第に、『俺の部屋』化していきました・・・。自転車も部屋に入ってるから、『俺らの部屋』かな。私と相棒・自右衛門号の部屋。

20061223044841.jpg
写真2)ほら・・・、こんな感じ。色満ホテル2号棟315号室『俺の部屋』

 私はバックパッカー3人分ぐらいの荷物を持ち運んでいる上、それらが6つのバッグに別かれて入っているので、いちいち荷物をバッグに片付けたり、出したりが面倒なんです。一度広げたら、宿を出る前日まで広げっぱなしであることが多い。他の旅行者を見てみると、私のような『爆発タイプ』と、『整理整頓タイプ』に極端に別れてる気がします。爆発というのは、私が勝手に使ってる表現ですが、このように荷物や衣類を散乱させることを英語の俗語では、『爆発:explosion』というんです。昔は、私も整理整頓タイプの旅人だったんですけどね・・・。

 完全な個室として使っている部屋ですが、それでも問題はありません。この時期、カシュガルを訪れる観光客なんてごく僅かですから。11月初旬は、けっこう欧米人や日本人観光客が泊まってたんですけど、11月末からは、いても3~4人程度。バックパッカー向けのドミトリーは、20元のシャワー・トイレなしと、30元の風呂・トイレ・テレビ付きの2種類。チェックインの際に、「見比べたい!」という人が多いようで、私が初めに泊まっていた20元の部屋と、30元の立派な部屋を見比べてる人が多かった・・・、のですが・・・。なぜか、12月に入ってから、私の部屋と、30元の立派な部屋を見比べる人が多くなった・・・。もしかしたら、これはホテル側の作戦なのかもしれません。 

客  「一番安い部屋はいくらだい?」
受付「20元ですけど・・・、30元のバス・トイレ・TV付きの部屋もありますよ。」
客  「20元の部屋でいいよ。どうせ2~3泊しかしないんだし。」
受付「そうですか・・・、じゃぁ、両方見比べてはどうですか?20元の部屋は315号室、30元の部屋は300号室です。」

 ってね・・・。で、バックパックを背負った旅行者が、私の部屋を訪れる。

客  「おっ・・・ぉぉ・・・、君がこの部屋に独りで泊まってるのかい?」
心  「あ、はい・・・。あっ!あなたのベッド片付けますんで、どうぞ!どうぞ!」
客  「あっ・・・、あぁ、いいよいいよ、気にしないで。30元の部屋に泊まるから。」

 となる訳です。私が占有しているおかげで、ホテル側は10元の得をしました。きっとこういう作戦なんです。


 長く過ごした部屋を出るのは、少し気が重いものです。荷物をまとめ、すっきりした部屋を見渡すと・・・、なんだか引越しをする時みたいに切ない。次に、この町に来ることがあったら、例え、奥さんと一緒だろうが、子ども連れだろうが、この部屋にまた泊まりたいですね★

どうでもいいけど、クリスマスイブですね 

12月24日 私にゃ全く関係ありませんが、クリスマス・イブですね。

 道路脇の木立の中で目覚めたのは10時(ウイグル時間8時)、日の出の後です。まだ薄暗い内に出発してしまえば、誰にも見つからないだろうと考えていましたが、もう明るいから・・・。氷点下6℃、まだ気温が上がらぬ寒い朝に、早速、訪問者が現れました。近所に住むウイグル人の老人。私はテントの中で起きていた惨事に、慌てふためいていたところでした。昨夕、夕食を摂った食堂で魔法瓶に汲んでおいた水が、漏れ出して、テントの中に大きな氷が張っていました。幸い、寝袋は濡れていませんでしたが、シュラフマットやカバンには、氷がビッシリ付いている・・・。
 テントの前で見学しているおじいさんに、挨拶だけして、ぶつぶつ言いながら、氷を落としていました。ようやく、氷が片付いた時、ふと外を見ると、おじいさんの姿はありません。オートミールを掻き込んだ後、コーヒーを飲もうとしたら・・・、また災難!今度は、コーヒーをテントの中にこぼしてしまいました、500mlの大きなマグカップに並々注いでコーヒーを・・・

あぁ~!もう!!最悪だぁ~!!

 そんなこんなで、出発準備が整ったのが、12時過ぎでした。車道に戻ると、先ほどの老人がたまたま通りかかり、出発を見送ってくれました。目指すは、昨日辿りつけなかったウルチャット!距離は多分、40kmちょっとです。もっと先まで進んでも良いのですが、キルギスに入国すると1週間以上ネット環境がないので、ウルチャットでネットカフェに行っておかねばなりません。寝袋やテントも湿ってるし、今日は、ウルチャットの宿で快適に眠りたい・・・

uruchat1.jpg
写真1)徐々に険しくなる周囲の山々。天山山脈南縁を西に走ります。

 昨日は重かったペダルですが、今日もやはり重い。両腿&両ふくらはぎが、筋肉痛になっています。1年以上旅しているサイクリストがですよ・・・?恥ずかしい・・・。カシュガルで煩っていた腱鞘炎ですが、ハンドルを握っている分には、全く痛みはありません。もう完治してるのかも?
 走り始めて20kmほどで、漢語でウルチャット(ウーチャと発音)を意味する大きな石碑が建つ、町に到着しました。これがウルチャット? …ではありません。ここは、中国・キルギス間の2つの国境、イルケシュタム国境とトルガルト国境の分岐点。北に向かうとトルガルト。西に向かうとイルケシュタムです。トルガルト方面は、未開放地域を通過するため、この町で税関手続きを行わねばならないようです。町には、沢山トラックが停まっていて、トラックの運ちゃん向けの食堂や宿も沢山ありました。

uruchat2.jpg
写真2)昼間っから、ケバブを食べる。

 この小さな町で昼食。ラグ麺と骨付きマトン・ケバブ2本で、15元もしました。せいぜい10元ぐらいだろうと思っていましたが・・・、高いなぁ! 中国滞在もあと3日程度、そろそろ手元の人民元を上手く努力をしなければ、国境を越える前に、お金が尽きてしまう・・・。
 食後、ウルチャットへ向け走行再開。残りは30kmぐらいとのこと。路面は相変わらず良いのですが、徐々に登りがきつくなってきました。海抜は、1900mから、2400mに。500mを緩やかに上り↑、上りきったら、また下りに↓

uruchat3.jpg
写真3)周囲の山々は、木が一本もない乾いた岩の山。

uruchat4.jpg
写真4)乾いた風景にラクダが良く似合う

uruchat5.jpg
写真5)路面は良好。若干の向かい風があったため、長い下りでも時速40km程しかでない・・・。

uruchat6.jpg
写真6)荷物満載の自右衛門号。カバンに入りきらないものが、前後の荷台に縛り付けてあります。

 交通量はあまり多くはありません。時折、『中国海関』と書かれた巨大なコンテナトラックが横を通ります。これは中国税関のトラック。国境周辺の税関施設を結んでいるトラックかな?? 通過する村々に人は少なく、地元民との交流がほとんどない走行が続きました。ハローやニィハオの声も聞こえない・・・。中国の辺境を走っているという印象を強く感じます。
 午後5時、52kmを走ったところで、ウルチャットに到着。ウルチャットは、随分と大きな町のようです。ここいらの県府ですから、インターネットカフェも、宿も困らないでしょう。町の中心に入ると、すぐに網巴(ネットカフェ)の看板と、招待所・旅館などの宿泊施設の看板が目に入りました。
 安そうな招待所に飛び込み、値段交渉。50元と言われたところを、値切って値切って、30元にしましたが、宿の親父さんが「公安に外国人が泊まる旨を報告・手続きに行くから、5元くれ」と。なんで5元なのかは、聞きませんでしたが、おそらく口利き料ってとこでしょう。まぁいいや、5元ぐらい。手元の人民元は、残り150元になりました。まだまだ余裕があります。

 夕暮れ時、買い物がてら、町を歩いてみました。どこも新しい中国風の建物ばかりで、ウイグル情緒のある建物は一切ありません。もともと何もなかったところにできた新しい町なのでしょう。町を歩いている人も漢族が多い・・・。
 夕食は、町の中華食堂へ。中国語で注文し、黙って食べていたので、誰も私を外国人だと思わなかったようです。食事をして、スーパーでこの先2~3日分のおやつを買って、手元には、120元。まだまだ余裕? 9時頃からインターネットカフェに篭りましたが、全ての用事は済みませんでした。また明朝行かなくては・・・。
 宿に帰る途中、深夜まで営業していたスーパーに入り、ヨーグルト味のお気に入りのアイスクリームを購入。ブラブラと店内を歩いていたら、800mlサイズの魔法瓶を発見!自転車のボトルケージに納まりそうなサイズです・・・。値札を見ると、58元と書いてある・・・。5分ほど迷って、ご購入ぅ~!! 手元のお金は、55元に・・・。

uruchat7.jpg
写真7)ウルチャットの町中心には、いかにも、最近開発が進んだ町です!という風な味気ない中国風の広場が・・・。

 宿に戻ったのは、深夜を回ってから。到着後すぐに部屋で広げていたシュラフやテントはすっかり乾いていました。荷物をまとめて、ちょこっとパソコンを弄っていたら、時計は3時(実質的な時間=ウイグル時間では1時)になっていました。明日も移動なので、慌てて床に就きました。 zzzZZZ・・・

さよなら・カシュガル!! 

12月23日 47泊したカシュガルを出発!!

 昨晩も遅くまでネットカフェに篭っていた上、久々の移動で荷造りに手間取ったので・・・、起きたのは12時半(ウイグル時間10時半)でした。慌てて身支度を整え、中途半端で投げ出していた荷造りを終わらせ、14時ちょうどにチェックアウト。長い間お世話になっていたルームキーパーのお姉ちゃんたちに、お別れを言って、カシュガルで捨てていく不要な物でまだまだ使える物をカギ番の兄ちゃんにあげて、ホテルを出発!!

 カシュガル最後の食事を摂りに、向かったのは、当然!いつもの美食街。ポウズ屋のおばちゃんは、残念ながら不在。2~3日前に真っ赤な顔してゴホゴボ言いながら仕事してましたから・・・、風邪だったのでしょう。隣の快餐の兄ちゃんは、いつも通り愛想良く、出迎えてくれました。やはり、最後も豚足を追加しました。チベットでボロボロになっていたお肌も、この7週間で随分キレイになりました。豚足のコラーゲンのおかげでしょう☆ 満腹になったところで、 「再見!ありがとね!!」

 満腹になった後向かったのは郵便局。日本の実家宛に、7kgぐらいの小包を送りました。これでずいぶん荷物が減ったと思うでしょう? そうでもないんです。カシュガルで買い足した物が大量にあり、自転車は、過去最重量です・・・。更に、余っていた中国の切手を使い切るべく、絵葉書と封筒を計4通送りました。これにて全ての用事が終了。

20071223-1.jpg
写真1)カシュガル出発前に、立ち寄った最後の場所は、やはりココ。

 最後に、エイティガール寺院前の広場で記念撮影。時計を見ると午後2時(ウイグル時間12時)を回っていました。ちょっと遅いけど、出発!!午後8時の日没までに、80kmを走れるかな??目指すは、ウルチャットという小さな町!
 適当にカシュガル市街地を西に走り、静かな郊外の住宅街を抜け、勘を頼りに走っていると、大きな国道らしき道にあたりました。たまたまいた警官に「ウルチャットはどっち?」と聞くと、真北へ伸びる国道を指差します。ウルチャットまでは、北を迂回する国道と、北西に真っ直ぐの省道がありますが・・・、国道の方が走りやすいという風なことを教えてくれました。
 滑らかな真新しい舗装の国道を走り出し、走行10kmを越えたところで、嫌な予感・・・。進行方向が北から徐々に東よりになって・・・、ついに真東になりました。そういえば、この国道314号線は、カシュガルの北をかすめていたような・・・?カシュガル市街を西に走り出し、郊外に出たところで北に走り、更に東に走り・・・、カシュガル市街のすぐ真北に至りました。エイティガールから真北に来ていれば、3~4kmの距離です。15km以上、無駄に走ってしまいました。はぁ~・・・、今日のウルチャット到着は無理だな・・・。

 気を取り直して、国道を走り続けます。国道の料金所で、 「自転車通行禁止!」と止められましたが、そんなわけはない。今まで、止められたことは一度もありません。料金所のお姉さんは、新人っぽかったので、サイクリストを見たのは初めてなのかも?制止の指示を無視して、北へ。

20071223-2.jpg
写真2)国道314号線。あれ・・・?東に向かっているような・・・

20071223-3.jpg
写真3カシュガル郊外の北側には、ゴツゴツとした岩の山々が横たわっている。

 小さな峰を右手にみながら、徐々に進路は西寄りに。久しぶりの走りは、快調!!・・・・ではありません。やっぱり、運動不足ですね・・・。なんとなくペダルが重い。目では感じられない程度に、緩やかぁ~・・・に登っているのですが、それを差し引いても、ペダルが重い・・・。
 走行30km地点で、ウルチャット・キルギス国境方面の分岐点に差し掛かりました。国道から、省道に入り、進路は真西へ。日が傾き、薄暗くなってきたところで、小さな町に至りました。探せば宿もありそうなところですが、夕食(ラグ麺3元)だけで、後にしました。15kmのロスがあるので、実質カシュガルから25km程しか進んでいないんです。もっと、走ろう!!
 いよいよ日が暮れた田舎道を、ライトの灯りだけを頼りに走ります。空には、2日目の弱々しい光を放つ、下弦の月。ライトの届く範囲のものしか見えないので、ゆっくりと走り続けました。
 午後9時を回り、テントを張る場所を探し始めましたが、なかなか見つからない。道の両脇には、何も植わっていない冬の畑が広がり、民家も点在しています。人目に付かない場所なんてない・・・。そもそも、この暗さでは、人目に付かないような場所は、私の目にも入らないんです。
 仕方なく、道路脇の木が多いところで隠れるようにテントを張りました。道路までは20mほどしかありません。テントを張った後、念のため、道路から見えないかどうか?車道に戻って確認。オレンジの派手なテントが、視界に入りますが、こんな何もないような郊外ですから、車はスピード出して走ってくるに違いありません。わざわざ停まってまで見に来る輩はいないでしょう?
 ・・・なんて思っていたら、目の前に現れた2台のバイク。乗っていたのは、若いウイグル人青年3人でした。あっちゃ~・・・、車道で見つかっちまった・・・。「何ジンだ?何やってんだ?」などなど、陽気に聞いてきますが、冷たく返します。「頼むからさぁ、あっち行ってくれ。な!あっち行けよ!!」 テントが見つかると、厄介です・・・。
 ようやく3人を追い払ったところで、テントへ。たまに聞こえる車の音を気にしながら、寝袋に入っていると、車が停車した音・・・。続いて、何やらウイグル語が飛んできました。無視していましたが、パキパキと枯葉を踏む音が近付いてきます。慌ててテントから顔を出すと、さっきとは違う3人組の青年。テントを触ったり、自転車を触ったりしながら、私に色々質問してきます・・・。良くない状況です。中国語で、丁寧に状況を説明し、ここでキャンプをするから、静かに寝かせてくれと懇願します。が、興味深々な若者たちは、すぐには去りません。 

心 「わかったよ!!お前らが、行かないんだったら、俺がどっか行く!! ほら! テント畳むから、どいてくれ!!」
 本気でこの場を去るつもりで、テントの撤収を始めました。その方が良いの考えてです。彼らに悪意はありませんが、万が一悪意のある輩がテントを見つけたら?こんなに簡単に見つかるようでは、危険です・・・。テントのポールを抜いたことろで、青年たちは、何か自分たちが悪いことをしていると感じ始めたのか?私に謝りながら、「OK!OK!ここで寝て!ここで!」と言い始めました。彼らは立ち去り、また独りになってから、しばし考えた・・・。『まぁ、いいか。大丈夫だろう・・・』

 結局この場所でテント泊となりました。久しぶりの移動に、久しぶりのテント泊。深夜の気温は氷点下3℃でした。疲れと、緊張が解けた心の緩みで、深い眠りに・・・zzzZZZ

20071223-4.jpg
写真4)翌朝撮影。この木々の一番向こう側にテントを張ってました。こりゃ、見つかるよね・・・。

安東さん、今度は極寒の大空へ。 

 ひとつ前のエントリーで安東博正さんの話が出たので、安東さんの宣伝をしときます。

 安東さんとは、東京で何度かお会いしていて、現在もメールでたまにやりとりしてます。私と変わらないぐらいの体系の方ですが、その肉体の凄さたるや!? 東京の晩秋、私がコートを着始めたような時期に、安東さんはTシャツでしたよ(笑) 寒さに強くなり過ぎです・・・
 私の良きアドバイザーのひとりです。そういえば、この冬は、熱気球で太平洋横断に挑戦するらしいですよ。上空9000mのジェット気流に乗って、8000~9000kmをひとっ跳び!!厳冬期にエベレスト山頂と同じ高さを飛ぶ訳ですから、とんでもない寒さでしょう・・・

でも安東さんだから大丈夫だと思います。

 パートナーは、熱気球冒険の第一人者・神田道夫さん。テイクオフは、07年1~2月の条件の気象条件が良い日だそうです。その頃私は、ウズベキスタン辺りかな。気温は、氷点下10℃前後ってとこでしょう。

 おふたりのチャレンジが成功することと、安全な航行を祈ってます。

 安東さんのホームページは以下。過去の冒険の報告書と、今回の熱気球太平洋横断の計画書あり。
 →http://www.tim.hi-ho.ne.jp/andow/

氷点下20℃の対策は万全です。 

 南国九州育ちの私。28年生きてきて、氷点下の冬を経験するのは、これが2度目です。いや、3度目と言うべきかな?

1度目は、旅立って初めの1ヶ月半。韓国と中国・河北省。05年12月初旬~06年1月中旬は、ほぼ氷点下でした。体感した最低気温は、ソウルの氷点下12℃。走行時の最低気温は、秦皇島の氷点下8℃。  当時は、寒い寒い言ってましたが、振り返ると大したことのない気温です。

2度目は、06年10月中旬~11月初旬の西チベットとアクサイチン。海抜5000mの世界でのキャンプ主体の移動でした。朝晩の冷え込みは、相当厳しかった・・・。最も冷えた朝は、氷点下14~15℃。走行時の最低気温は、氷点下10℃くらい。宿泊できる集落を結びながら進む方法をとったり、気温が下がらないであろう場所を探してテントを張る努力をしました。結果、疲弊することはなく、過酷な環境を存分に楽しむことができました。


3度目は、この先に伸びているシルクロードの冬★気温は過去2回経験した冬を更に下回るでしょう。


 私は、無謀な冒険野郎ではありません。計画的で臆病な冒険野郎です。3度目の氷点下の冬を乗り切る為、それ相応の対策を整えました。

20061222052415.jpg
写真1)魔法瓶です。

20061222052443.jpg
写真2)手製のつま先ウォーマー付きペダル。

20061222052644.jpg
写真3)帽子とマスクです。写っているのは、私です。通りすがりのテロリストではありません。

 魔法瓶の必要性は、アクサイチンで知りました。常に氷点下なので、水の確保が大変だったんです。凍った川の氷を割り、その下にある水を汲みますが、その水もすぐに凍り始めてしまう・・・。夕食の時に沸かした翌日用の飲料水は、翌朝には凍っている・・・。走っている時は、600mlの水筒を上着の内ポケットに入れて走っていました。自転車のボトルケージに挿しておくと凍っちゃうからです。
 写真に写ってるのは4本ですが、他にもう1本(③と同じもの)持っています。合計で3.8リットルの水を凍らせることなく運べます。②は、内蓋を紛失してしまい(盗まれた?)、液体を運ぶことはできませんが、固形物、例えば野菜などの入れ物に使うつもりです。野菜も凍っちゃいますからね。③は2本持っていますが、この魔法瓶は口径が10cmと大きく、液体だけでなく、スープなども入れることができます。④はカップタイプで、ボトルケージに入るサイズ(600ml)。走行時は、他の大きなポットから直接吸水せず、この小さいカップをコップ代わりに使います。

 つま先ウォーマーは、昨冬、韓国&河北省を走っていた時に、考え付きました。体や手足を温かく保つことは簡単ですが、つま先は冷えやすい・・・。アクサイチンは登山靴でペダルを分でいたので、厚手の靴下2枚を重ね履きして何とか耐えることができました。が、この先は、登山靴よりも薄手のトレッキングシューズを履いて走ります。このトレッキングシューズは、韓国&河北省で使っていたものと同じですが、当時は氷点下5℃ぐらいになると、つま先の感覚がなくなるぐらいまで冷えてしまっていました。そのままだと霜焼けになると思ったので、冷え込んだ日は、つま先の感覚がなくなると、数百m自転車を押して歩いて指の血行を促し、5kmほど自転車で走っては、また数百m押す、という風にしていました。
 この先は、霜焼けなんて生ぬるい世界ではありません。氷点下20℃ですからねぇ・・・、凍傷で指を失ってもおかしくない気温です。このつま先ウォーマーに加え、厚手の靴下2枚重ね履きしてれば、なんとかなると思います。それでもダメだったら、地元民が履いてる(であろう)暖かいブーツでも買います。

 帽子とマスクで、首から上も万全です。風を通さない素材のマスク(目だけ開いて、肩口までの長さ)を被り、頭には厚手のニット帽を被り、更にアウターのフードを着用。顔の凍傷にもならないでしょうし、冷たい空気で喉をやられないでしょうし、肩口が冷えることもないでしょう。
 問題は、自分の呼気に含まれる湿気。マスクの口の部分は3cm角ぐらいメッシュ素材になっていますが、それでもマスク内側に湿気が篭ると思われる・・・。サングラスの内側が雲ってしまう可能性大。走って風を受けている時は良いのですが、停止すると数秒でサングラスが曇り始めるんです。私のサングラスは、偏光レンズと目の間に、もう1枚レンズ(視度調節レンズ、いわるゆメガネ)が付いていて、それぞれのレンズの間に1mmぐらいの空間があるので、一度曇るとなかなかクリアにならない・・・。
 実際に走り始めて、湿気がうまく逃げないようであれば、口元のメッシュを少し裂き、それでもダメだったら、スキー用のゴーグルを買います。普通のメガネをかけて、それごと覆ってしまうゴーグルをかければ良いのです。キルギスにはスキー場が沢山あるらしいので、ゴーグルぐらい簡単に手に入るでしょう。

 防寒着も補強しました。写真はありませんが、モコモコのタイツ1枚、ニーウォーマー(膝あて)1セット、厚手のいわゆる婆シャツ&婆タイツ1セット、フリース(風)のトレーナー1枚、内側がモコモコの靴下5セット、をカシュガルで購入しました。靴下は持っていたものと合わせると9セットになりましたが、2枚重ねで走るので、実質4.5セットです。靴下はなるべく毎日変えてます。足が臭いと寝袋が臭くなっちゃいますから。
 以前の装備でも、氷点下10℃前後のアクサイチンの夜を快適に過ごせましたが、快適に眠ることはできませんでした。持ってる寝袋2枚を重ねても、氷点下15℃ぐらいまでしか対応できないのです。となると、沢山着て寝るしかない。アクサイチンでは、登山ジャケットやサイクリング用の丈夫なズボンを着て寝るのは寝苦しいので、 『婆(爺?かな)シャツ&タイツの上に、モコモコタイツとフリーストレーナー、足元は靴下2枚重ね!』で眠りたいと思います。それでも寒くて眠れなかったら・・・、新しい寝袋を・・・・、いや!そんなに寒いんだったら、キャンプをしなけりゃ良い!それが最善策★


 基本的にキャンプはしないつもりです。キルギスの山岳地帯や、ウズベキスタンの砂漠地帯では、仕方なくすることになると思いますが、氷点下20℃を切るような場所では、キャンプは絶対にしたくない。キャンプしなくても良いように走行距離とルートを考えます。

 最後に、知識や精神面での準備としては・・・。知人の冒険家・安東浩正さん(厳冬期シベリアを自転車で横断!!第8回植村直己冒険賞受賞者)から聞いた話をよぉ~く思い出し、登山家を自称する旅行者に雪上キャンプの方法を教わり、カシュガルの登山協会所属のウイグル人観光ガイド(キルギスによく仕事でいくらしい)にキルギスの山道の話を聞きました。

 あっ!それともうひとつ!これは最も拘って万全を期しました!!たぁ~っぷり8kg分の皮下脂肪を増やしたんです★ カシュガル滞在7週間で、食べて食べて食べて、現在の体重は、66.5kg。チベットステージ後半の2ヶ月で激痩せしてしまっていたので、意識的に体重を増やしました。私のベスト体重は62kgぐらいですが、この冬は65kgを切らないように努めます。


 どうですか?無謀な旅ではないでしょう?家族・友人・知人・支援者の皆さん、安心しましたか??

 万全を期して、極寒の中央アジアへ走り出すわけですよ★ 計画的で臆病な冒険野郎ですから、ご安心を!!

極寒の素敵な素敵な中央アジアを走ります。 

 真冬の東南アジアを横断すると決めたのは、11月7日のカシュガル到着後、数日経ってからのこと。

 12月中に通行止めになるという噂だった中国・キルギス国境の峠道が、通年通行が可能だと言う事を知り、予定変更を考え始めました。峠が12月で閉じるならば、カシュガルでのんびりしている暇はありませんでした。『11月中にキルギスに入国→ 厳冬が訪れる前に山国キルギスを脱出→ 比較的寒くない(たったの氷点下15℃程度)カザフスタン南部&ウズベキスタンで12月中旬~2月中旬を過ごす』という予定でしたが・・・

 急がなくて良いんだったら、カシュガルでのんびりして、極寒の中央アジアを悠々と越えてやろう!!

 と予定変更決定☆ 国境が真冬でも通過可能だと知ったことがきっかけですが、理由は他にもあります。

 Mサイクリストの性ですかね・・・。 10月末にアクサイチン高原で体験した、極寒の銀世界と、過酷な環境が懐かしくなってきたんです。過酷な状況を楽しむ才能とでも言いましょうか。第三の極地とも呼ばれるチベット高原で厳冬(まだあれは初冬レベルですが)を体験し、晩秋の暖かいタリム盆地に至り、ぬくぬくと過ごしている内に湧いてきた衝動『またあの厳しい世界に戻りたいなぁ~』って・・・。

 長い目で旅行全体を考えて、というのも理由です。旅立ちから1年が経過し、想定以上にお金を使っていることを痛感しました。旅のペースを落として、少々ストイックにやった方が、出るお金をセーブできるのではないか?と。倹約ケチケチ生活をする必要はありませんが、少しだけ、少ぉ~しだけ、旅の出費を減らす努力が必要です。
 更に、「極寒の中央アジアに耐えられなくなったら、ウズベキスタンからインドに飛行機で飛ぼう!」と考えていたのですが、航空券代も安くはない・・・・。『逃げ』のオプションをなくすことで、極寒を楽しもう!という気持ちになりました。

 それに、常々考えていることですが・・・。数年単位で旅をする私は、各国各地域でハイシーズン(ベストシーズン)を選びながら進むことは不可能です。むしろ、私はオフシーズンと呼ばれる、観光客が少ない時期の方が好きなんです。観光客が押し寄せる気候の良い時期(ハイシーズン)、観光客相手の商売をしている人々は、かなり強気な商売をします。ハイシーズンとオフシーズンの差が激しい観光地では、ハイシーズンの数ヶ月間に年収の8~9割を得なくてはならないですからね。
 オフにはオフの魅力があります。観光客の姿がなくなった町は、本来の姿をとり戻り、現地民だけの世界になります。それに、人々は季節外れの観光客に優しく接してくれることでしょう。 「お前さん、変な時期に来たもんだねぇ。寒かろうに。ちょっと家の中で暖まっていきなさいな。」って・・・ならないかな?
 そりゃぁ、ハイシーズンが良いでしょう、だからハイシーズン=ベストシーズンなんです。でもね?オフシーズンがワーストシーズンかというと、そういうわけではない。その土地に暮らしている人々にとっては、毎年巡ってくる季節のひとつなんですよ。中央アジアの乾燥地域で言うと、酷暑の真夏と極寒の真冬はオフとなるでしょう。でも、地元の人は暑さと寒さを当然のこととして、50年なり、70年なり、100年なり生きているんですよ? 『東北の冬は寒いから、冬場は沖縄で過ごす。』なんて、金持ち日本人的なオプションはありません。旅が生活となっている私も、巡る季節をそのままに、土地の人々と同じ感じ方をしたいんです。

 12月末~1月中旬を過ごす予定のキルギスは、天山山脈北側の山岳地帯にある小さな山国。山間の町・村の最低気温は、氷点下20℃以下。低地にある首都ビシュケクの最低気温は、氷点下20℃ぐらいかな。

 1月中旬~2下旬を過ごす予定のウズベキスタンは、国土の大半が乾燥帯の低地。最低気温は、氷点下15℃前後ですかね。

 大したことないでしょう? キルギスの山岳地帯は『旭川並み』、キルギスの低地とウズベキスタンは『札幌並み』と考えればわかりやすいかな。私は北海道を訪れたことありませんが、北海道人の友人は沢山います。みんな普通の人です。私みたいなMでなくとも、毎年冬を越していますよ?(笑) 私の場合、屋外で過ごす時間が長いので、暖かい“北海道の冬”と同じではありません。甘く見てると危険です。それなりに鍛われた心身のつもりですが、常に限界ラインを意識しながら、無理をせずに進むことにします。

 極寒の中央アジア・・・、きっと素敵なところに違いない★

本日、カシュガル出発!! 

 ついに!!カシュガルを出発します!!

 休養と記録の整理を目的にした長期滞在でしたが、休養ばかりが優先されて、ダラダラだらだらと・・・、気がつけば46泊47日!?
 旅人用語の『沈没』と呼ばれる症状。はい、そうです。認めます。沈没でした。

 しかし、この1ヶ月半の休養が無駄な時間だったとは思いません。この先に伸びているのはシルクロード!! 私が走るシルクロードは、極寒の冬を迎えています。この先、ちょっと厳しい生活が待っているので、休養は必要でした。
 この町で、もっとも成果のあったこと。それは体重の増加★ チベットで激落ちしていた体重から8kg増やしました。現在、66・5kgです。この脂がのった体で、極寒のシルクロードを走ります。

 今日23日から、3日間かけてキルギスとの国境まで向かいます。

 キルギスは、標高1000~4000mの山国。すでに相当冷え込んでいますが、ご心配なく、準備は万端ですから。
 キルギス入国後、首都ビシュケクまで走るつもりですが、状況次第では、オシュという町からビシュケクをバスで往復するかも知れません。ビシュケクでウズベキスタンビザを取得したら、次はウズベキスタン。

 年越しは、ビシュケクにある『さくらゲストハウス』という日本人経営の宿でするつもりです。ここのオーナーは、私が6~7年前に旅先で会ったことがある方

 追いついていなかったブログの更新は、カシュガル到着時点まで更新済みです。今後、25日までは、10件ほど一気に更新されます。それ以降は、ペースダウン。カシュガル滞在中のエピソードはボチボチ更新していきます。

 ではでは、今から47日ぶりに自転車に乗って、出発します!!

 さよぉ~なら!カシュガルの人々!!

カシュガル到着!! 

11月7日 日の出の30分以上前に目覚めました。尿意で起きたわけではありません。目覚まし時計(9時半に設定)もまだ鳴っていません。

 まだ暗いのに・・・、なんで起きちゃったんだろう? 再び目を閉じ、寝ようとしますが、すぐには眠れません・・・。なんか変な胸騒ぎがあるので、状態を起こしてみると・・・

20061223040036.jpg
写真1)日の出直前の東の空!!

 朝焼けなんて、久しぶりに見ます。やはり、昨日の月と一緒で、東の空は光を赤く変える、適度な霞があるんでしょう・・・。なんかドキドキしてきた!!寝袋を飛び出して、カメラ片手に光を増す地平線を見つめます。

20061223040742.jpg
写真2)うわぁ~・・・・

 凄いのを見ちゃいました・・・。 今のところ、この旅で最も美しく印象的な朝焼け。野宿した場所も良かった!小高い丘の隣に湖があり、湖の向こうには荒野だけ。今朝の不思議なドキドキは、この予兆だったのでしょうか?私って、何かそういうのを感知する能力があるんでしょうか?1年間、地球と仲良くしているからかな・・・?んなわけないか。しかし、良いものを見せてもらいました!!ありがとう、ウイグルの大地よ!ありがとう、太陽よ!!

20061223041518.jpg
写真3)こんな感じで野宿してました。

 テントの撤収作業がないので、すぐに走り始められました。9時45分、走行開始。今日の走行は、カシュガルまでのラストラン、70kmぐらい。朝食は6km先のインジサールで取ります。走り出して程なく、インジサール到着。朝日を浴びたインジサールの町並みも美しかった!朝からテンション最高で、町の中心部に入り、開店したばかりの中華食堂で、ポウズ(小さい肉まん)とお粥の朝食。久しぶりにこの『定番朝食メニュー』を食べました。
 食後、すぐに走り始めます。この町は早く出た方が良いと思ったんです・・・。だって、物欲が湧いてきて、危ういんです。 どういうことかと言いますと、このインジサールは、新疆ウイグル自治区内でも有名な刃物の町。ウイグル伝統のナイフが生産され、町のあちこちにナイフ工房直営のナイフ屋さんがあるんです。

20061223042206.jpg
写真4)こんなの。

 数日前から、このインジサールのナイフのことは知っていました。カールギリック(イエチョン)の町にも、インジサールのナイフ工房直営の店が数軒あったし、ヤルカントにはもっとあった。ナイフ・・・、今持ってるナイフ、最近切れないんですよね・・・。それに、もうちょっと刃が長い方が料理しやすい。それにそれに、私、イスラームの伝統工芸好きなんですよね・・・。
 頭の中で、悪魔と天使じゃありませんが、「買っちゃえよ!どうせ買うんだろ?だったら産地が安いに決まってるだろ?」という私と、 「ここは我慢!!だいたい今お金持ってないじゃん!」という私・・・

 ん!?お金持ってない??

 そうでした、私今お金持ってません。財布の中には、50元しかない。カシュガルに行かないことには、ATMもないし、ここは買う買わないで迷うところじゃなくて、買えないんです。とはえい、後ろ髪引かれる思いで、仕事が始まったばかりの工房を遠めに眺めつつ、町を出ました。

20061223041658.jpg
写真5)今日は砂漠の道じゃなくて、畑の道。

 昨日は大半が砂漠の中でしたが、今日は畑が広がる光景の中を走ります。左手の畑の向こうには、雪を頂いた山も見える。のどかなウイグルの田舎の風景を楽しみながら、走っていますが・・・、ちょっと不思議に思ったのが・・・

20061223041838.jpg
写真6)ラクダ車!

 ラクダ車が不思議なのではなくて、やたらとロバ車が多いんです。私と同じ方向にばかり、何台も何台も何台も走っています。ロバよりも私の方が早いので、何台も何台も何台も、ロバ車を追い抜きます。徐々にロバ車の車間も狭くなり、ロバ車の列になりました。こうなれば明確です。日は、どこかで市場が立つのでしょう!!そうに決まってる。
 ロバ車の荷台には大抵数人の人が乗っていますが、中には、羊が乗ってるのもあれば、大きなズタ袋が積んであるのもある。これらは商品でしょう。5kmほど、ロバ車を追い抜きながら走ったところで、小さな町に到着。中心部の混雑ぶりは凄いものでした。今日は月曜日なので、『月曜市』ですね。カシュガルでは『日曜市』が有名です。

 人ごみの中をゆっくり走り、市場らしきところに到着。自転車を押して、市の人ごみの中へ。食べ物の屋台、衣料品、肉屋、野菜屋、金物屋、乾物屋、日用雑貨屋、薬屋、お菓子屋、なんでもあります。全部露店です。『いやぁ~、良いなぁ~★ これぞ!シルクロード!!』 私が長く抱いていたカシュガルの日曜市のイメージにぴったり合致!!ここ数年で、カシュガルの日曜市はすっかり様変わりしたとの噂なので、この町で『月曜市』を見れて良かった!!求めていたものに、7分の1の確立で遭遇するなんて、運良すぎです、私★
 ただ・・・、ちょっと運が悪いのが、またデジカメの調子が悪くて、デジ写真が撮れなかったこと・・・。フィルムカメラでは何枚か撮っています。30分ほどで市を歩き、30分ほどで色々なものを試し食い。ウイグルの庶民食を6~7種類食べてお腹も一杯。ちなみに、牛ケバブ、羊シチュー、焼きたてパン、蒸しジャガイモ、蒸しカボチャ、ソフトクリーム、クラゲみたいな食感の不思議な麺(?)料理。もっと見て歩きたかったのですが、荷物満載の自転車と一緒では疲れます。かといって、どこかに置いとくと、すぐに自転車に人だかりだできてしまう・・・

20061223041820.jpg
写真7)月曜市の町へ向かうロバ車の列。

 またまた後ろ髪引かれる思いで、走り始めました。カシュガルまではあと30kmほど。膨れたお腹でちょっと走りにくいけど、3時前には、カシュガル手前の『?勒』(発音も読み方もわかりません)の市街地を抜け、カシュガルが近付いてきました・・・。あと少し!!最後は、テンションに任せてペダルを回す!回す!回す!!あと少し!!

20061223042137.jpg
写真8)ようこそ!中華人民共和国の不可分の領土たる新疆ウイグル自治区の町・カシュガルへ!!

 『おぉ~!!これが噂の巨大な毛沢東像かぁ~!!』 カシュガル市の中心、人民広場前に立つ毛沢東像。これが噂の『ウイグル人に嫌われまくってるカシュガルの象徴』です。私も・・・、これを見ても感動はしません。チベット横断ステージのゴールにふさわしい場所ではありません。北京なら、天安門広場。ラサなら、ポタラ宮殿。カシュガルなら・・・

20061223042400.jpg
写真9)カシュガルの象徴・イエティガール・モスク!! 雰囲気出す為、セピアで。

 『おぉ~!!カシュガルだぁ~!!着いたぞぉ~!!カシュガル着いたぞぉ~!!』 新疆ウイグル自治区最大のモスク(ってことは、中国最大?)の前に立ち、シルクロードの要衝の町にいる実感、7月から4ヶ月かかった『チベット横断ステージ』が終了したことの実感、この先に広がるシルクロードの旅への期待感、いろいろ溢れてきました。充実感で胸が一杯です。 

 長かった! 険しかった! きつかった!
 暑かった! 寒かった! 

 でも、楽しかった! 嬉しかった!
 幸せな時間だった!! 最高の4ヶ月だった!!


 これにて、チベット横断ステージ完結★

月夜のサイクリング再び 

 11月6日 もうちょっと走るか??

 シャーチャー(ヤルカント)からカシュガルまでは、190kmほど。2日の距離です。いや、1日でも走れちゃうかな?今のスーパーマンな私なら。 平坦な道だし、アスファルトだし、空気も濃いし・・・。でも、まぁ急ぐ理由もありませんし、のんびり走り始めることにしましょう・・・。
 チェックアウトの時間・12時ギリギリまで部屋でゴロゴロ過ごし、ブランチの後、午後2時までネットカフェ。自転車に跨ったのは、2時半過ぎでした。ヤルカントの中心部を走りぬけ、町外れに出ると・・・、 「おぉ~!やっぱり、町外れの方がいいなぁ~!!」
 町の中心部には、漢民族の姿があり、町並みもどこか漢族が作った町といった感じなんですが・・・、中心部を離れると、そこにはウイグル人の姿しかいない!!これこそ有るべきウイグル自治区の姿!! 新疆ウイグル自治区も、チベット自治区同様、都市の漢族化が進み、町の中心部は、中国本土(漢民族の省・都市)と大差はありません。

20061223031856.jpg
写真1)ヤルカントの町外れ。いいなぁ~!!こういう光景。

 今日も天気は良好。ロバの糞に気をつけながら、ポプラ並木の国道をひた走ります。この並木道はどこまで続くんだろう・・・?一昨日走ったイエチョン(カールギリック)~シャーチャー(ヤルカント)の間は、ずっと並木と畑が続いていました。このままカシュガルまで、続いてるんだろうなぁ~・・・

20061223032544.jpg
写真2)おっ!?砂漠になった!!

 並木がなくなり、視界が開けたかと思うと、何もない砂漠を、まぁ~っすぐ!伸びる道になりました。並木道も『これぞ!シルクロード』でしたが、この砂漠の道も『これこそ!シルクロード』です。俄然気合が入ります★ 左手の地平線には、かすんだ山々。3000mぐらいありそうです。今私は、タリム盆地の南の縁を走っているのです。右手を見ると、遠ぉ~くに木々が見えます。あのあたりは灌漑農業が行われてるみたい。正面を見ると、真っ直ぐに伸びた道だけ!!

20061223032823.jpg
写真3)たまに看板もあります!

 これ、合成です。ごめんなさい。車は2分に1台程度。ロバ馬車や地元のウイグル人の姿がないのは、ちょっと残念ですが、いないならいないで走りに専念できます。グングン走って橋って走って、走り始めて3時間で65kmを越えました。走り始めが午後だったので、この程度ですが、朝一番で出発してたら、今日中にカシュガルに到着できたかも

20061223033050.jpg
写真4)グングンぐんぐん走る!

 日が傾いてきたところで、考えた。 『こんな感じの道が続くようだったら、また夜中も走れるんじゃないか??』 3日前は月夜の砂漠サイクリングを満喫しました。満月は昨日だったので、今日も満月並みの明るい月が出ます・・・。どうせ今夜はキャンプの予定だったので、道の具合をみながら決める事に。

 もしも行けるようだったら、夜通し走って朝焼けのカシュガル到着ってのも良いかな★

 走行80kmほどで、小さな町というか大きな村を通過。日没まであと少しです。焼き立てパンを3つ買って暖かいうちに齧り付く!これが夜ご飯です。お菓子やジュースも買い込み、再び荒野へ!徐々に暗くなる砂漠の道には、昼間と変わらない車の量・・・、いや!?むしろ増えたかな??ライトを2つ付けて目立つようにして走ります。西にある山々の稜線が光を失うと、東の空から大きな月が上がりました。空気がかすんでいるからか?ちょっと赤みがかってて、・・・ちょっと不気味な月
 対向車とすれ違う度に、強烈なヘッドライトで一瞬視界を失います。 『こりゃ・・・良くないな・・・。』 車が減るかもしれないし、2時間ぐらい休憩することにしました。2時間もすれば、月ももっと高くなりますし、明るい夜になるでしょう・・・。道ばたにあった何かの露店、多分、果物の露店のイスに腰掛けます。道路から200~300mのところに民家が見えています。たぶん、あの家の人が果物の季節に、ここで露店をやってるんじゃないでしょうか・・・。木製の台、おそらく普段は果物や野菜が並んでいるであろう台に横になり、目を閉じました・・・。

 午後10時半。ピピピッ!ピピピッ!ピピピッ!!と腕時計のアラームで目を覚ますと、うぅ~ん・・・、ちょっとだけ車が減ってるかな??再び自転車に跨り、月夜のサイクリング開始!月は相変わらずオレンジの不気味な色。でも、登ってすぐの時よりも明りは増しています。これなら大丈夫。車も確かに少なくなっていて、走りやすい。どこまで走ろう??全然決めていませんが、きれいな砂漠の光景があれば、そこでテントを張れば良いし、なければ疲れるまで走ってテントを張れば良いし、疲れなければカシュガルまで走れば良い。

 徐々に光を増す月は、見上げるほどの高さになってようやく普通の色になりました 月が昇った東の方角は、タリム盆地の中心の方向。やはり、盆地の霞んだ空気がそうされるのでしょうか。ここは『タリム盆地』で、かつ、『タクラマカン砂漠』ですからね。しばらく何もない道が続いていましたが、走行120kmに迫ったころ、道路の両側が畑となりました。町が近い徴です。
 地図を見ると、『英吉沙』インジサールという町が印してある。このインジサールまで走って、宿を取るのも良いかも知れません・・・。が、もう少しこの月夜を楽しみたい気もする・・・。で、思いついたのが、野宿!!

 全然寒くないし、わざわざテントを張ることもない!!だったら、荒野の真ん中にシュラフマットだけ敷いて、月を夜見ながら眠ればいいじゃん ってね。 

 適当な場所はすぐに見つかりました。道路の右手にあった、小さな丘。あそこなら、国道を走るドライバーの目に、私の姿は入りません。周囲の景色も眺められそうだし、あの丘の上で野宿決定!!高さ15mほどの硬い土の丘。てっぺん付近まで自転車を押して上げ、頂上付近の平らなところにシュラフマットと寝袋を広げました。

 丘の横には湖があって、月の光を受けて、ぼんやり輝いています。きれいだなぁ~・・・1時間ほど、砂漠の月夜を楽しみ、眠りに落ちました。

東トルキスタンという国をご存知でしょうか? 

maomao.jpg
写真)毛さん、あなたちょっと大き過ぎやしませんか・・・??
    (カシュガル中心部にある巨大・毛沢東像)


 東トルキスタンという国をご存知でしょうか?

 『○○スタン』ってことは、中央アジアの国?
 『東トルキ』って・・・、トルコの東にあるの??


 さぁ、世界地図張を広げてみましょう!! 東アジアを見て・・・・、ない! 中央アジアを見ても・・・、ない! 中東を見ても・・・、ない! ちょっと頭を捻って、ロシア連邦中部シベリアの小さな自治共和国が並んでいるところを見ても・・・、ない!!!

 東トルキスタン、こんな国の名前は存在しません。

 どういうことかと言いますと・・・、『中国・新疆ウイグル自治区』、これが『東トルキスタン』なんです。ますます訳が解らなくなりましたか??

 1997年2月に、新疆ウイグル自治区の西部の6都市で、合計600人の死傷者を出す大きな暴動があったことはご存知でしょうか? 97年っていうと、つい10年前です。私はすでに旅三昧の青春を送っていましたが、お隣の国のこんなニュースは知りませんでした。中国の内政問題って、海外のニュースでは流れにくいところがありますからね・・・。
 このような暴動は、少なくとも半世紀前から時折発生しています。地元のウイグル人を中心としたムスリム住人によって起こされる、この暴動。スローガンとして必ず掲げられるのが、『漢民族の排除』と『東トルキスタンの独立』です。もうお解かりでしょうか? 中国の新疆ウイグル自治区と呼ばれる土地は、チベット自治区と同じ経緯を辿っているのです。

 中国政府は、「古来より、新疆は中華世界と不可分の関係にあり、これからもそうである。」と主張し続けています。古来よりって・・・?いつから?? 歴史を紐解いてみますと・・・ 歴代の中華王朝による、ウイグルの統治とは、現地の支配者に対する間接統治でした。事実、中華世界の中国人たちも、伝統的に、玉門関以西の土地を『胡地』、つまり、胡人(イラン系民族)の土地と読んでいました。実際には、イラン系ではなく、トゥルク系ですが、要は『異民族の土地』とでも解釈しましょうか。
 そんな他人様の土地を『自分の土地』にしちゃったのは、清朝の時代。1864年に起きた元コーカンド・ハーン国の軍人ヤクブ・ベクが起こした反乱がきっかけです。これまで間接的でも統治者のつもりだったのに、このヤクブ・ベクによって10年間も西域の諸オアシス都市を支配された為、直接統治に切り替えることになった訳です。反乱を鎮圧した後、この新しく直接統治する事になった土地を『新疆』と名づけました。新疆とは、漢語で『新しい領土』を意味します。現在の名は、新疆ウイグル自治区。

 1930年代になると、民族主義者たちによって、『東トルキスタン』の独立が叫ばれるようになりました。トルキスタンとは、『トゥルクの土地』を意味し、中央アジアのほぼ全域、トゥルク系民族の土地をさす言葉。『東トルキスタン』とは、その東側の領域。つまり、タリム盆地を中心としたウイグル人が暮らす土地です。このような分離独立運動や暴動は、その都度、中国中央政府によって潰され、現在までに20万人以上の亡命者を生み出しています。

 2000年末、私はパキスタンのラワール・ピンディという町で、亡命ウイグル人コミュニティーの人々と接する機会がありました。出会った場所は、ウイグル料理を出す食堂です。なぜパキスタンにウイグル人がいるのか?理由は薄々感づいていましたが、好奇心から聞いてしまいました・・・、「お国はどちらですか?」 返事は、「東トルキスタンだよ。今は、中国に支配されてるけどね。」と・・・。私が話をした30代のウイグル人男性は、10年ほど前に亡命した来たそうで、隣に座っていた老人は、30年前だそうです。
 亡命してきた理由は、想像に難くありません。信仰が保てない。教育が足りない。漢民族に仕事を奪われた。政治犯として捕まると死刑か重刑。などなど、などなど。チベットの亡命者たちと、同様です。

 私が中国政府批判をしても仕方がありませんが、このような現実もあるということを知って欲しいのです。今の新疆ウイグル自治区を見てみると、『西部大開発』の大号令の元、飛躍的な開発が進んでいます。この開発とは、中国人の為の開発。町は、中国(漢民族世界)の都市と同様に整備され、雇用を求め、漢民族の移入は止まりません・・・。全くもって、チベットの現状と同じです。
 このような現実に、ウイグルの人々が、焦りと怒りを覚えていることは確実です。しかし、今の中国には、その不満や怒りをもみ消してしまうだけのパワーと勢いがあります。カシュガルで出会ったウイグル人青年は、「漢民族は大嫌い。でも、中国なしでは、俺たちは食っていけない。」と言っていました。確かにそうでしょう・・・。

 『東トルキスタンの独立』は、この先もずっと達成されることはないでしょう・・・、残念ながら。彼らは、今後も漢民族化の波に晒されながら、その波に上手く乗っていかねばならないのです・・・。願わくば、ウイグルの独自性が失われることなく、中国の発展の恩恵にあずかれますよう・・・。

カシュガル美食街 

 5元ってぇと、日本円で75円程度です。日本で75円出したら、何が食べれますかねぇ?食事は無理ですね・・・、缶ジュースも買えないし、お菓子も最近高くなってますからねぇ・・・。

 11元だったら?日本円で165円!?うぅ~ん・・・、165円でも、食事は難しい。

 目覚しい勢いで経済成長を遂げている中国ですが、まだまだ食に関する物価は安いもんです。まぁ、それば場所にもよりますが(上海や、北京や、広州などは別次元)・・・。食事に情熱を注いでいた中国最後の滞在都市・カシュガル!!あんなに上手いものを沢山食べた町はありませんでした。
 私は長く滞在する町では、“行き着け”の店を作るようにしています。顔見知りになるとサービスが良くなったり、お店の人と仲良くなったりできますし、何より、色んな店を試すのが面倒くさい・・・・。一度『当たり』があれば、飽きるまでその店に通ってしまうのです。

 そんな私が、46泊のカシュガルで、最も足繁く通っていたところ、それが、カシュガル●疆美食街(●は 日本語には無い漢字、『王』偏に『不』と書く。写真見て下さいまし)。

20070219192000.jpg
写真1)ここでっす!!

 カシュガルの中心を東西に走る北京路に、克孜都維路がぶつかるあたり、歩道橋の東側にあるんですが・・・。なんて詳しい場所はどうでも良いかな? ここの美食街は、中国各地からカシュガルにやってきた庶民食堂が集まった場所。大きなアーケードの両脇に、四川料理、陜西料理、山東料理、温州料理、雲南料理、ウイグル料理などの小さな食堂が、7~8軒ずつ並んでいます。
 初めは、1軒ずつ試していたんですが、半分ぐらい試してみたところで、上述の理由により、もうどうでも良くなってきた・・・。美味しい『小龍包』を出す山東料理の店と、その隣の四川料理の『バイキング』形式の店に、絞られてきました。朝食は、小龍包を食べて、昼食は四川バイキング、といった具合。

20070219192132.jpg
写真2)遅く起きた日は、朝・昼一緒に食べてました。

20070219192319.jpg
写真3)バイキングは、10種類ぐらいの炒め物から、好きなのを4~5品選ぶ。白米は、山盛りもお代わりも自由。

 写真2)の右側に写ってるビニール袋の中が小龍包。山東料理の店でテイクアウトして、そのビニール袋を持って、隣の四川料理バイキングの店へ。この写真に写っている料理、合計で11元です。小龍包が10個で3元、バイキングは基本1トレイ5元ですが、上乗せ価格になる『豚足』を追加したので、プラス3元。しめて、11元なり。

 何度、このセットを食べたことでしょう・・・?7~8回は食べたかな?もっと、食べたかな? 少なくとも、3日に1回は食べていた気がします。流石に、最後の方が飽き始めていましたが、「もうカシュガル出るから、最後に!」なんて言って、2~3回食べに行きました(笑)

 12月23日、カシュガル最後の朝食は、この美食街へ行きました。山東料理の店のおばちゃんと、四川バイキングの店のお兄ちゃんに挨拶して、食べ慣れた料理をたらふく胃袋に詰め込んで、食い倒れの町・カシュガルを後にしました。

 あの小龍包と豚足・・・、また食べたいなぁ~・・・

まだまだあります!中国の可笑しなお菓子 

ご紹介していなかった、中国の可笑しなお菓子パッケージです。

どうぞ!!ご賞味あれ★

20070227202832.jpg
写真1)ドライフルーツ / 楽しぃはぺ好滋味すしせへ そ体現しう友人し享受や
   評)和歌みたい

20070227203519.jpg
写真2)フルーツ軟飴 / 自然のままで 生きておりまよ
   評)麻世 


20070227203645.jpg
写真3)粉末状の干し肉 / 松?ごはん
   評)松茸ごはん? これは紛れもなく干し肉粉です。

okashiiokashinew4.jpg
写真4)干し肉 / 味が純正である。 きみの余暇時に良友
   評)この写真を見て発覚した。右の方にも、不可解な日本語が載っていたのである。
   「タテレ健康の品質」である

dattohitohatamobe.jpg
写真5)ハーブ飴 / ダットヒ トハタモベ つふの健康 ゃゐ食ナ ノッポダヒ
   評)これは良ゐ! 喉が痛ゐ時に良友である。

Greenihise.jpg
写真6)干しイチジク / グリーンレーズン
   評)これは干しイチジクです。レーズンを干しても、干しイチジクにはなりません。

okashiiokashinew6.jpg
写真7)干し梅 / なカリツと仕上、げました。天然食物繊維たつぶらです。
  評)Hなカリッと仕上げました。って見えません?

okashiiokashinew7.jpg
写真8)さきいか / にほんの風情 腹蔵なく味わうと おいしい食べ物の今 誰が反抗する ことができる
評)いかにも!誰がこの美味しさに逆らうことができようか!! 確かに美味いです、これ。

okashiiokashinew8.jpg
写真9)さきいか / 鮮しい味しさ 深海の生物 原の自然生長
評)もうどうでもいいや、これも美味しいから。

 以上です。ちなみに、前回ご紹介した可笑しなお菓子たちはこちら
 http://whereiskokoro.blog34.fc2.com/category16-1.html#entry506

 今後、中国旅行をお考えの方。可笑しな日本語パッケージのお菓子をお土産にすると、学校や職場の仲間たちも喜ぶと思いますよ。

 笑しな日本語パッケージを探す時のアドバイスは、『干し物系を攻めるべし☆』 日本には無い風味の乾物も多いので、お土産にはもってこいです。


ウイグル料理も満喫 

 カシュガルでの長期休養、ダラダラとしつつも、色々とやることは沢山ありました。最も気合を入れてやっていたことは・・・

 食べること!!

 カシュガルを出ると、3~4日で中国ともお別れですからねぇ、本場の中華をトコトン食べなくては!!

 行き着けの中華食堂が何軒かできましたが、中華ばかり食べていては中華のありがたみがなくなってしまう。それに、せっかくウイグル自治区にいるんだから、ウイグル料理も楽しまなくては勿体ない。

 ちょっとここらで、ウイグルの代表的な料理を紹介しましょう。

20070124075557.jpg

ラグ麺(漢語では『拌麺(バンミェン)』又は『拉麺(ラミェン)』。ウイグル語では『ラグマン』)・・・お肉と野菜がたっぷりのトマトソースのうどん。中央アジアの代表的な料理ですが、新疆ウイグル自治区にもあります。流石は中国の植民地!中華料理の影響を受けてか?中央アジアのラグ麺と比べてみても、抜きん出た美味しさです。打ち伸ばした麺は、讃岐うどんのようなコシがあります。具は、数種類の野菜が入って具沢山!お肉も、牛・鶏・羊と3種類あります。一度食べたらやめられない美味さ☆ 3~8元程度。


20070124080207.jpg

ケバブ(漢語では『コウユウ』)・・・言わずと知れたケバブ。肉の串焼きです。イスラーム圏ではお馴染みの料理。羊肉、羊肉のミンチ、牛肉、鶏肉などがあり、炭火でじっくり焼きます。私は羊肉が苦手ですが、あの独特の臭みのある羊の脂が、炭火で落とされるので、比較的美味しく食べることができます。1本1元。


20070124080509.jpg

ポロ・・・ピラフです。お米をレーズンなどと一緒にスープで炊いたご飯。レーズンの甘みが意外に合うんですよねぇ~!お店によって、お肉が入っていたり、ゆで卵が入っていたり色々です。1杯5元程度。

20070124080353.jpg

サモサ・・・調理したお肉や野菜を包んで焼いたパン。インドから中東にかけてメジャーな料理です。インドのサモサはギトギトの油で揚げます。だいたい、サモサというと揚げ料理のような気がしますが、ここ新疆ウイグル自治区のサモサは違う!チャパティを焼く釜で、焼くんです。触感はパンみたいな感じ。豪快に齧り付くと、中からアッツアツの肉汁ルが出てくるので要注意!1個1~2元程度。


 カシュガルで食べていたウイグル料理の大半が、上述の4種でした。他にも、ウイグル名物と言えば、鳩のケバブとか、マントウ(大きな餃子みたいなの)とか、スープ類だとか、バレエティーは豊富です。

 でも、やはり世界最高の料理・中華料理には叶いません。カシュガルでは、中華料理7割、ウイグル料理3割ぐらいの割合で食べていました。

うわぁ~!!シルクロードだぁ~!! 

11月4日 シルクロード・西域南道を走り出しました。

 中国新疆ウイグル自治区内を横切るシルクロードと言えば、天山山脈の北側を抜けカザフの草原に至る『天山北路』と、天山山脈の南側・タクラマカン砂漠北縁を横切り、山岳中央アジアやインド亜大陸に抜ける『天山南路』 、そして、タクラマカン砂漠南縁を横切り、山岳中央アジア・インド亜大陸へ抜ける『西域南路』が大きな交易路。シルクロードとは、1本の明確な交易路ではなく、無数の路の束で、東アジアと西アジアを結ぶ、交易路の総称と考えて下さい。

 11月に入り、(広い意味での)シルクロードに乗りました。そして、11月4日、西域南道を走り出したのです。昨晩の宿入りが深夜1時近かったので、朝はのんびり。正午のチェックアウトタイムギリギリに飛び出し、イエチョンの町に走り出しました。昨晩も沢山人が歩いていましたが、昼間は当然ながらもっと沢山人がいる!『でかい町だなぁ~!!』チベットの山奥から降りて来た私にとっては、大大都会! 都会と思っていたアリなんて、ありゃ町でした。町の食堂で、新疆名物・ラグ麺を食べ、焼きたてのパンと、1ヶ月半ぶりのバナナを買い込み、カシュガルへと伸びる国道へ!!

20061222044204.jpg
写真1)イエチョンは、西域南道の要衝・ホータンと、カシュガルを結ぶ、ちょうど真ん中あたり。ウイグル語では、カールギリック。

 天気は晴れ!ですが、空はちょっと霞んでる・・・??これが普通の空の色だっけ?チベットの深い青空に見慣れてしまったので、普通の空の色を忘れかけてる・・・。イエチョンの郊外に出ると、国道の両脇には、色付いたポプラ並木が延々と続いていました! これぞ!シルクロードの光景!! 私が抱いてきた中国のシルクロードのイメージにぴったり合致する光景です。写真で見せたいんですけどねぇ・・・、昨晩からデジカメの調子がおかしくて、フィルムカメラでしか撮っていません。残念。ごめんなさい。

 道路は、片側1斜線で、路肩はあまり良くない。後ろから来る車に注意しつつ、路面に転がってるロバの糞に注意しつつ走ります。田舎のウイグル人の乗り物と言えば、ロバ馬車です。時折、ロバ馬車を追い抜き、荷台に座ってる人々に挨拶。「アッサラーム・アレイコム!」 しっかり聞き取れた時は、「ワ・アレイコム・サラーム」と返してくれます。私の声が聞き取れなかったときは、クスクスって笑ったり、目線をそらしたり・・・。シャイな人々です。
 ポプラ並木は、ちょうど紅葉の終わりかけぐらいかな。黄色く色付いた葉が、風に舞って路面に降り注ぎます。美しい光景です・・・。デジカメが調子よければ・・・、残念! どこまでこの並木は続くのか?もしかしたら、カシュガルまで繋がっているのか??と思うぐらい、ず~っと続きます。今日の目標は、65kmほど先のシャーチャー(ウイグル語ではヤルカント)です。午後2時から走り出したので、あまり休憩してる余裕はありません。時速10km台後半のペースで走って、4時間ぐらいですかね。シャーチャーも大きな町なので、明るい内に着いておきたい。

20061222044406.jpg
写真2)国道の両脇には、綿花畑が広がる。今は、ちょうど綿花の収穫時。

 このあたりは海抜1300m台。5000mの高原を走っていた時よりも、酸素の濃度が1.5倍もある!!長くオフロードのj険しい上り下りを走ってきた私には、アスファルトの道路は、氷の上を滑っているようなもの! スイスイスイスイ走れてしまいます。試しに時速30kmまで加速して、走り続けてみましたが、息は切れない★ スーパーマンです。
 余り飛ばし過ぎては、この素晴らしい光景が台無し。のんびりと一定ペースで走り続けます。並木の向こうに広がる綿花畑では、村人総出でしょうか?何十人もの人々が綿花積みをしています。風に乗って飛んできた綿花が、道路にも沢山おちていて、それを拾いながら歩いている人も。かと思うと、綿花を満載したトラックが通って、荷台から綿花がポロポロ落ちていたり・・・、『俺も拾って走ろうかな?』 途中、ちょっとした村では、綿花を詰めた袋を大きな量りに乗せ、買い取り交渉をしている業者の姿。多分、今日50kmも走れば、45リットルゴミ袋一杯分ぐらいの綿花が拾えそうです。それくらい、道路脇には、綿花が転がってるんです。『でも・・・、わざわざ拾ってみたところで、どうしようもないな・・・』 当たり前のことですが、私には綿花も、それから得られる僅かな収入も必要ないことに気付き、更に西へと走り続けました。

20061222044650.jpg
写真3)何やってんの?

 大きな橋が見えてきました。橋のたもとには、枯れた植物や枝を満載したロバ車の列。『なんだろう?』橋の中ほどから、河原を見下ろすと、100人ぐらいの男たちが、なにやら大規模な作業中。ロバ車で運んできた枝や草を川底に沈め、その上に河原の石を積んでいく。それを延々繰り返し、川の流れを堰き止めました。20分ほど観察していると、なんとなく判ってきました。下流には、ショベルカーとかダンプだとかが動いているのが小さく見えています。橋をかけているんでしょう。この男たちは、川の流れを変えてるんです。幅500mほどの河原には、幅30mほどの水の流れが3本。そのうちの一本を遮断して、2本にするつもりのようです。いやはや、原始的ですが、なんtも賢い方法です。

 午後5時、僅か4時間で65kmの道のりを走りきり、シャーチャーに到着。チベットでは、7~10時間走って、ようやく65kmってとこだったのに。シャーチャーの町は、イエチョンよりもち大きく、大大大都会!バスターミナルの傍の招待所に宿を取り、荷物を下ろして、シャワー屋へ向かいました。実は、昨日のイエチョンの宿はシャワーなしの部屋だったので浴びてないんです。今日の宿の部屋にはシャワーがありますが、夜9時以降じゃないとお湯がでないらしい。町のシャワー屋は、たったの2元!?ラサの半額、アリの4分の1、タルチェンの12分の1の価格です。しかもお湯の出は十分★ シャワーを浴びたのは、えぇ~っと・・・、ドマル以来?ってことは、10月23日以来、12日ぶりですか?新記録更新はなりませんでしたね。この先、普通にシャワーのある環境が続くので、西チベットで作った最長記録17日間というのは、この先そう簡単には破られないでしょう。有るとしたら、アフリカか?でもアフリカなら、水浴びできるだろうし・・・。まぁ、記録更新したいわけではないので、この記録を塗り替えないようにします。何度も言ってますが、私は静香ちゃんなみにシャワー・風呂が好きです。 

 久しぶりにネットカフェにも行き、夜は贅沢に、部屋で『五谷道場』を食べました。まだラーメン食べてんのかよ!?と自分に突っ込みましたが、今まで不味いラーメンばかり食べていたので、スーパーで『五谷道場』を見たときに、衝動買いしてしまったのです。

 宿は3人ドミトリー。貸切りかと思っていたら、深夜に漢族のおじさんが2人来ました。3人とも初めに軽く挨拶しただけで、その後会話なし・・・。ちょっと気まずい夜でしたが、すぐに眠りに落ちました・・・zzzZZZ

日曜バザールの光景 

カシュガル観光の目玉と言えば、日曜バザール!!

 毎週日曜日に開催される巨大なバザール(市場)です。昔は、日曜日だけのバザールだったようですが、現在では、常設の市場になっています。なので、日曜日以外でも、市場に行けばウイグル人の買い物客で賑わっている・・・。私が初めてこのバザールに行ったのは、水曜日。キレイに区画整備された、屋根付きのバザールの中を歩き回り・・・

 確かに大規模で、賑わってはいるけど・・・・、こんなもん??

 なんて思ってしまいましたが・・・、そりゃ、水曜日だったから!!

 2度目以降、計4回、訪れたのは日曜日でした。 日曜日の人出の多さたるや!?町中のウイグル人が集まっているかのようでした。実際には、カシュガル近郊の村々からの人出が多いようです。1日の人出は、聞く所によると、3万人だとか? 確かに、それぐらいいるでしょう。いや、もっといるかな!? 

 ここ数年で、ウイグルの独自色・民族色が薄まりつつありますが、それでもカシュガルのバザールは味の溢れる、素敵なバザールでした。写真でご紹介しましょう。

kashugarsunday1.jpg
写真1)バザールそばの交差点。常設市場の周辺1kmぐらいに露店が立ち、大混雑になる。歩いているのは、ウイグル人ばかり。

kashugarsunday2.jpg
写真2)常設市場隣の駐車場には、ロバ車が沢山停まっていた。ロバ車は、田舎の重要な移動手段。

kashugarsunday3.jpg
写真3)碁盤の目に整備された常設市場。

kashugarsunday4.jpg
写真4)市場内で。商品を運ぶ少年たち。

kashugarsunday5.jpg
写真5)売り物は、衣料品や多く、他は雑貨や家電等。食料品は少ない。

kashugarsunday6.jpg
写真6)常設市場への入り口のひとつ。こんな狭くて人が溢れているところを、大きな荷車や3輪バイクが通るので、危なっかしい・・・。

kashugarsunday7.jpg
写真7)あっ!清水エスパルス!? なぜか?ビニール製の袋のデザインが清水エスパルスのマスコット・・・。

kashugarsunday8.jpg
写真8)人人人人人人人人人人人人

 カシュガル日曜バザール、活気に溢れた素敵な市場です。やはり、日曜に行くのが一番ですね★

崑崙越え!タリム盆地へ!! 

11月3日 崑崙山脈最後の峠を超え、タリム盆地へ。昂る心のままに、一気に170km以上走っちゃいました。

10時、勢い良くクディを出発! 勢いのままに、写真で1日を紹介していきましょう。

20061221075506.jpg
写真1)クディの朝。朝食は、昨日と全く同じ木耳定食でした。朝から、中華の炒め物は重い・・・

20061221080651.jpg
写真2)今日も快適なアスファルトを走る!!

20061221080934.jpg
写真3)クディから27kmで、再び道はオフロード。更に進み、海抜2650mのところで、峠越えの道に入る。海抜3350mのクディ峠頂上まで、標高差は700m

20061221083645.jpg
写真4)上りって言ったって、そこ海抜は3000m前後。谷間の斜面を大きく蛇行して登る道を、快調に走る。

20061221081349.jpg
写真5)ちょうど中ほどで、食事休憩。周囲の乾いた山々は、チベットの風景とは大違い。タリム盆地は近い!!

20061221081623.jpg
写真6)峠の頂上に到着!向こう側にも、乾いた山並み。オフロードの長い下りに突入!!

20061221081735.jpg
写真7)アクメキットという村を通過。シルクロード情緒漂う村の光景に、テンションMAX! 止まりませぇ~ん!! 緩やかな下りを走って、走って、道はアスファルトに! アスファルトだから、更にスピード加速!!止まりませぇ~ん・・・

20061221082304.jpg
写真8)午後6時、90km走ってプシャという町に到着。子どもたちに囲まれる。ここで宿泊のつもりでしたが、10km先にもう少し大きな町があるらしい。プシャも通過!! ロバ馬車で家路に着く人々に、元気に挨拶しながら走ります。止まれませぇ~ん・・・

20061221083019.jpg
写真9)日没前、宿やシャワー屋もある大きな町コキャールに着きましたが、まだテンションは高い・・・。行っちゃえ!!ということで、月夜の砂漠ライド開始! 俺を止めてくれぇ~・・・。
 途中、地平線の向こうに沢山の火柱。油田か天然ガス田でしょう。私には、見慣れた光景ですが、新疆のこんなところで油田開発をしているとは、意外でした。

20061221083038.jpg
写真10)道は、緩やかぁ~な下り。50kmで、500mぐらい下ります。平均傾斜は1%だけですが、滑らかなアスファルトなので時速30kmキープが可能!月夜の砂漠は、ライトなしでも中央線や路肩の線が見えるくらい明るい!! まだまだ走ります!

20061221083438.jpg
写真11)午後11時、アーバンの町に到着。アーバンは、巨大な軍事拠点、かつ交通の要衝。兵士向けの商店や怪しい床屋さんがずらりと並び、宿も沢山。ここでは泊まらず、イエチョン(叶城、ウイグル名・カールギリック)まで更に4km走ります。

 海抜3000mのクディから、3350mのクディ峠を越え、1400mのイエチョンまで、14時間で172kmを走りました。 イエチョンの宿に入ったのは、24時半。勢いに任せて、走りに走った1日でした。

 乾いた崑崙北縁の風景。美しい山間の村々。ロバ馬車の列。月夜の砂漠。怪しいアーバンの町。ゆっくり走れば2日かけて楽しめたところですが、今日の私は止まらなかった。さすがに、14時間走ったので疲れましたが、疲れてなかったら、一晩中でも走ってたかも・・・。




最後の青く深い空 

11月2日 この青い空もコレが見納めかなぁ・・・

 泊まっていたマザルの食堂宿の若夫婦は、なかなか起きませんでした・・・。私が起きたのは9時。昨晩の内に荷物はまとめていたので、朝食を採ったらすぐに出られるのですが・・・。
 仕方ないので、別の食堂へ。4軒隣、老夫婦がやってる食堂宿は、もう開店準備が済んでました。夫婦がお粥とピーナツ炒めを食べながら、テレビ見てます。やはり、年寄りの朝が早いのはどこでも同じ。一緒にお粥を頂きました。

 さぁ!出発準備OK。今日は、海抜4900mのチラグサルディ峠を越え、80km先のクディという村を目指します。10時半。寝ぼけ眼の宿の若夫婦に見送られ、冷たぁ~い空気の中へ走り出しました。

20061221060203.jpg
写真1)マザル。T字路になっており、写真左側がチベット方面。右側がカラコロム山脈北川方面(K2が見えるらしい)、手前がタリム盆地方面。

 いきなり上り開始です。マザルの海抜は3800m、富士山ぐらい。峠の頂上までは、24kmで1100m上ります。進行方向は北。初めは日が射しませんでしたが、1時間ほどで谷にも日が射すようになりました。時速7kmぐらいでボチボチ上ります。途中、ちょこちょこ短い休憩を入れるので、平均時速は5kmぐらい。5時間で峠の頂上に立つペース。

20061221061221.jpg
写真2)走行開始から3時間。ランチタイム。

 時計は1時50分、マザルで買った直径30cmの巨大な餅子(ビンズ、中国の平たいパン)に齧り付きます。けっこうな食べ応え・・・。3分の1も食べずに、満腹になりました。20分ほどですが、座ってる間に体が冷えてしまった。気温は0℃以上あるけど、谷の底から吹き上げる風が冷たい・・・。冷たい紅茶を飲みながら、更に上へ上へ。
 20分ほどで、峠最後の険しい上り坂が現れました。斜面を右に左に折れて登っていく道。いつ降ったんだか?雪が残る道を時速7kmでコンスタントに上り続けます。海抜は4800m・・・、4850m、4860m、4870m、4880m、4890m、あと10mですが、まだ頂上は先。

20061221061437.jpg
写真3)この岩の間を抜けると、正面に九十九折の最後の上り坂。

20061221070621.jpg
写真4)あと少し!!

 マザル出発から5時間40分、チラグサルディ峠の頂上到着!!走行資料には海抜4900m、地図には海抜4950mと載っていましたが、腕時計の高度表示は海抜4925m!5000mまでは届かない・・・。峠の頂上でしばし休憩。見上げる空には、うす雲。普通こういう雲は、高ぁ~いところに浮かんでいますが、海抜4925mにいるので、すぐ近くに感じられます。空は深くて青く透き通ってる・・・・。『この美しい空とも、今日でお別れだな。』 この先、標高は3000m以下まで一気に下がります。

20061221070956.jpg
写真5)おっし!下るぞぉ~!! さようなら、高原の美しい空 

 目指すクディまでは55km。時計はすでに、午後4時を回っていましたが、時間の余裕はタップリ。日没までは3時間以上あります。クディまでは3時間もあれば余裕です。この先、ずっと!ずぅ~っと下りですから。しかも、途中でアスファルトになるらしいですから!!  初めの20kmほどは、石がゴロゴロで砂深い道が続きましたが、時速20km以上で快調に下ります。そして・・・、マザルから47km地点、峠の頂上から23km地点で・・・

 アスファルトォ~!!!!!!

20061221071334.jpg
写真6)ここからアスファルトに!崖崩れでところどころ無くなってたけど、1kmほど先から、ずっと滑らかなアスファルト☆

20061221072648.jpg
写真7)深い谷底の道を時速30~60kmで高速ダウンヒル!!

  荒々しい岩山が迫る深い谷間の道を一気に下ります。西日が射さない谷間ですが、気温は5℃以上ある。けど・・・、サドルに座ってるだけで、動いていないから、体がどんどん冷える・・・。タイツを履いていますが、膝を冷やさない心配です。まぁ、このペースで下れば、あと1時間もかからずにマザル到着でしょうから、平気かな・・・。
 下れど、下れど、下れど、周囲は険しい岩山。乾いた風景が続きます。方角としては、北北西に向かっています。この先、もうひとつ大きな峠がありますが、このあたりはもう崑崙山脈の北縁でしょう。タリム砂漠が近いことを感じさせる風景。この道は、かつて、タリム盆地とインド北部を結んだ、シルクロードの一部。今日私が走ってきた道を遡り、マザルの南で、カラコロム山脈を越える、カラコロム峠という峠に繋がっています。 

 『ついに、シルクロードに着たんだなぁ~・・・』と感慨に耽っていると!?

20061221072254.jpg
写真8)おぉ!!シルクロードの象徴!!

 時速50kmから急ブレーキ!ラクダだぁ~!! ふたこぶラクダって、フサフサしてて、ちょっと変・・・。北アフリカ・中東で過ごした時間が長い私にとって、ラクダといえば、『ひとこぶラクダ』です。
 『あのコブの間に座るんかぁ~・・・、ひとこぶよか、楽そうやなぁ・・・。ん? 楽だ!? うっわ・・・、オヤジギャグ!?』 自分の独り言に寒さ倍増。独りで荒野を走り続ける私、独り言が多いんです。孤独なサイクリストだからって訳ではなく、大体、長期旅行者は独り言が多い人ばかりです。

 楽だ!を見た後、クディが近いことを匂わせるものが出現。時折、谷底のちょっとした平地に家があるんです。あのラクダたちは、この家の人のかな?野生のラクダってのもいるかもしれませんが、大抵は放牧されている、飼われているラクダです。
 家が出現して30分ほどで、クディに到着しました。背の高いポプラの木が生い茂る、谷間の小さな町。『ん~ん!!シルクロード!!』 町の北側の軍隊の検問所で、パスポートチェックを受けましたが、没問題!ノープロブレム。
 クディには、解放軍の基地と、数件、漢族の食堂宿がありますが、町の建物の多くは、現地人の家や商店!! 通りには、色白で鼻筋の通った人々が歩いています。ここの人もタジク人でしょうか?ウイグル人も混じってるかな? ちなみに、タジク人もウイグル人もカーコソイドです。
 宿は、漢族のおばちゃんがひとりで切り盛りしてる食堂宿へ。部屋に荷物を入れてると、「ご飯食べるんでしょ?」と台所で、ガチャガチャと料理しながら、おばちゃんの質問。お願いする前に、おばちゃん料理始めてるじゃん・・・。荷物を解き終わり、顔と手を洗うと、食事が出来上がっていました。まだ外は薄明るい。ガツガツと木耳(きくらげ)炒めとドンブリご飯を平らげ、夕暮れ時の村の散歩に出ました。

 色付いたポプラ並木。アラビア語みたいなウイグル文字の看板。クリクリっとしたお目目の可愛い子どもたち。スカーフを被ったキレイな女性。太鼓腹のおじさん。土地の言葉で話しかけてくる売店のおばちゃん。その娘(多分15歳ぐらい)が可愛いの何のって!! 可愛いというより、キレイかな。言っておきますが、私、変な趣味はありませんので。

 いやぁ~・・・、シルクロードの雰囲気、最高ぉ~!!

 日没後、宿で、ここ2~3日調子の悪かったブレーキを交換&メンテナンス。10時過ぎには、ベッドに入りましたが、なかなか眠れない。明日は、最後の峠を越えて、タリム盆地に入ります。シルクロードへの憧れが強い私、心ときめいて眠れないのです。横になってても、全然寝れる気がしないので、再び起き上がり、自転車のメンテナンスを2時間近くやり、ちょっと疲れたところで、ようやく眠気がきました。でも、ベッドで横になり、目を閉じると浮かんでくるのは、砂漠に延びるポプラ並木の道、私が抱く中国西域・シルクロードの光景。あぁ・・・、、またワクワクしてきちゃった・・・。

 眠りに落ちたのは、何時だったか?いつまでも、食堂で、宿のおばちゃんが近所の友達とやってる麻雀の音が耳に入っていました。

20061221072844.jpg
写真9)クディの村。翌朝撮影。

まじゃる 

11月1日 やっぱり・・・、朝日はすぐには射しません・・・

 あっ!11月ですねぇ・・・、なんてこったい、11月ですよ・・・。目覚めると、日の出の時刻を回っていました。が、案の定、日はすぐには射さない。テントを張った河原の真東に大きな山があり、その向こうから上る朝日がテントに当たるのは、まだまだ2~3時間先のこと。
 今朝の冷え込みは、それ程ではありませんでした。多分、氷点下8~7℃といったところでしょう。今日の走行は、50km先のマザルという村までなので、のんびりした朝を過ごしました。オートミールの朝食を平らげた後、鍋を洗う為、スポンジを洗剤を持って、冷たい空気が漂う川縁へ。

20061221054409.jpg
写真1)川には濁ったシャーベットが流れていた。

 シャーベットの氷水で鍋を洗いました。外気温は氷点下4℃。湿ったスポンジはすぐに凍りつき、鍋の表面の水も凍りつく。鍋を脇に抱えると、ジンジン痛痒い指を8本全部銜えて、慌ててテントに戻りました。早く日が射さないかなぁ~・・・。あと1時間はかかりそうなので、珍しく、朝食後に二度寝。1時間後にアラーム音で目覚めましたが、ようやくテントの上の方に日が射してる程度でした。その後、10分ほどでテント全体に光が当たりました。
 さあ!活動開始!テント内の荷物を全てパッキング。テントのフライシートを畳み、あとはテント本体だけ。テント本体はまだ少し湿っていたので、後回しにして、先に自転車とパッキング済みの荷物を道路に揚げることに。国道は河原から1~2m高いのです。先に、自転車を揚げ、道路脇に立てかけておきます。再びテントのところへ戻ると・・・。「ドッドッドッドッ・・・・ザザッ!」という音。バイク? 振り返ると、やはりバイク。私の自転車が気になるのか、ドライバーはわざわざUターンして、自転車の隣に。『まぁ、地元民には珍しいだろうから・・・』

 「サラーム!」大きな声で挨拶すると、男は河原に降りてきました。顔を覆っていたニット帽を脱ぐと、あれ?外国人?? 「凄いなぁ~!君、日本から来たの?」と英語で話しかけられました。彼は、イスラエル人旅行者でした。雲南省、四川省、青海省からチベット入りを目指し、ことごとく公安に捕まり、最後のルート(一番リスクの少ない)ウイグル自治区から、4度目の正直でチベット入りを目指しているところらしい。なんでそんなに頻繁に捕まっているんだろう?この夏の雲南省ルートの検問は、ザルだったけど・・・
 「君は同じアジア人だから、問題なくチベットに入れたんだよ。」と彼。 「確かにそれもあるけど、もうチベットは自由に旅ができると言ってもいいぐらい規制緩和されてるよ。よっぽど、運が悪かったんだよ、君は。」
 30分ほど、お互いの旅について話しました。これからアリ、更にラサへと向かう彼。もう冬を迎えてるチベットにバイクで向かうとは・・・、自転車の私が言うのもなんですけど、相当シンドイだろうなぁ・・・。バイクは座ってるだけで体が冷えますからねぇ。まぁ、1日の200km以上移動できるだろうから、キャンプの必要はないでしょうけど。

20061221054418.jpg
写真2)四川省ルート失敗→バイクを購入し青海省ルートをトライ→やはり捕まって→今度は新疆から!寒いだろうけど頑張ってね☆

 彼の名前は、えぇっ・・・と、ア・・・ア・・・、アなんとか。イスラエル人の名前は子音の連続であることが多く、覚えにくいんです。ごめんね、ア・・・なんとかさん。
 さて、時計は午後1時半です。そろそろ出ないと! テントを畳んで、走行開始! 平坦な川沿いの道を、西に走ります。走り出して、2kmほどで、道班発見!昨晩あと少し頑張ってたら、道班に泊まれたかもな。残念。道班を通過した直後、後ろから、大きな音と共に、軍用トラックが来ました。通り過ぎると、あたり一体砂埃  砂埃が落ち着くのを待っていると、また後ろから軍用トラック! 2台目のトラックだ巻き上げた砂埃が治まりかけた時、3台目の軍用トラックが!?もしかして・・・・

20061221055108.jpg
写真3)前を走るトラックの砂埃を浴びない程度の距離を空けて、走るトラックの列。

 トラック車間距離は、200~300mぐらい。普通車が離合できるぐらいの幅の国道ですが、軍用トラックが走ってる横を自転車で走るのは怖い・・・。通り過ぎるのを待ちますが、10台目、11台目、12台目・・・・、いつまでも車列は続きます。トラックの荷台の後ろには、大きく番号が書かれたシール。1台目は①、2台目は②、3台目は③、と順番通りに走っているみたい・・・。途切れる気配はありません。たまに、車列の間隔が開くことがあるので、その隙に少しずつ進んでは、トラックが来たら風上で停止を繰り返します。とうとう、荷台のナンバーは40番台になりました。

 『いつまで続くんだよぉ・・・・』

 幸い、50台目が最後でした。きっと三十里営房で演習や訓練を行っていた部隊が、普段の勤務地へ帰るところなのでしょう。50台のトラックが走っていた間、私が進めた距離は1km程度。遅れた分を取り戻そうと、その後はハイペースで走ります。海抜4000m以下のなだらかな川沿いの道です。1時間半で25kmを走り、午後3時半に遅い昼食。

20061221055222.jpg
写真4)これは最近の昼食の定番メニュー。

 昼食は、硬いチャパティと、チョコレート味コンデンスミルク、干しヤク肉、味付きゆで卵、干し杏、というのが、このアリ以降の定番。炭水化物、糖分、動物性タンパク質、ビタミンを、きちんと考えていると思いません?今日は、三十里営房で購入したヨーグルトドリンクがあるので、更に健康的☆ アリで買ってきた大量のチャパティは、アリ出発後11日目でようやく食べ終わりました。チョコミルクと干し杏、干し肉も残り2日分ぐらい。

20061221055305.jpg
写真5)道路を横切る小川を渡る。凍ってないのが、うれしい☆

 食後も快調に走り続け、凍っていない小川を渡り、凸凹だけど平坦な谷間の道をひた走りました。走行40kmを超えたところで、再び後方から、解放軍のトラック! 今度も長いのかなぁ・・・。5台が走り去り、10台、15台、20台、25台・・・『おいおい!また50台かぁ??』と思っていたら、30台目で終わりの気配。30台目のトラックは、私を見るなり急停車。助手席から若い兵士が顔を出して、私を呼びます。無視しようかと思っていましたが、思いがけないモノを手に持ってる!

20061221055642.jpg
写真6)兵士がくれた飲み物3本。甘いお茶2種類とミネラルウォーター。

 笑顔で飲み物を差し出してくれた兵士に、お礼を告げると、また笑顔で「不要謝!」(いいよ、お例なんて!)と。なんて気前の良い人でしょう!!きっと湖南省人に違いない・・・。(湖南省人の話はこちら→)甘ぁ~い中国の緑茶を飲みながら、えっちらほっちら走っていると、前方に集落が見えてきました。自転車のメーターをみると、ちょうど50km。あれがマザルに違いありません。
 集落の入り口ですれ違ったタジク人らしき青年に、「ここはマザルだよね?」と聞くと、「そう、まじゃる!」と返って来ました。土地の発音では、マジャルらしい。可愛い響きなので、なんとなく平仮名を使ってみました。

 まじゃるには、ウイグル人とタジク人の商店が3件ほど、他は漢族の食堂宿が10軒ぐらい。ケバブよりも、野菜炒めが食べたかったので、漢族の食堂宿に泊まりました。

 11月に入りましたが、まだ崑崙山脈を越えきれていません。カイラースを出た時点では、11月1日にはカシュガルにいる予定だったんだけどなぁ・・・。

20061221055653.jpg
写真7)まだこんな風景を走ってます。

闇へのダウンヒル 

10月31日 峠の向こうは、暗ぁ~く長ぁ~いダウンヒル・・・

 8時40分、日の出の直前に目覚めました。秋分からもう1ヶ月以上経っていますが、日の出の時間は9月22日と30分ほどしか変わりません。というのも、中国は、広大な国土に1つしか時刻がないから。この新疆ウイグル自治区西部の適性な時刻は、中国の標準時間から、-2時間ぐらいでしょうか。ということは、日の出は6時40分ぐらい。んっ?ちょっと早いか?じゃぁ時差は-1時間40分ぐらい??まぁいいか、どうでも。私は太陽と共に目覚め、太陽が沈むと1日の走行を終える生活をしていますから。

 食堂宿でお粥の朝食を済ませ、10時、人民解放軍の基地の町・三十里営房を出発!朝日を背中に受けながら、走ります。冷たい朝の空気の中、背中だけが温かい。走り始めて5kmほどで、川沿いの細い谷に入りました。今日は、峠越えの日。この先、川沿いの道を外れ、海抜4850mのケケアテ峠を目指します。峠の頂上までは、58kmか?68km? ・・・走行資料の情報が怪しいのです。多い方を採って、68km走るつもりですが、今日の標高差は1200mにもなる・・・。ちょっとシンドイかな。

20061221051908.jpg
写真1)賽図拉遺跡を通過。

 走行10kmほどで、賽図拉(サイドゥーラ)という遺跡に着きました。ここは、中華民国時代の砦跡。100年ぐらい前の比較的新しいものです。まぁ・・・、見なくても良いかな。砦跡で左手に折れ、アクサイチン最後の峠キタイ・ラから並走してきた川とお別れ。さぁ、ここから緩やかに登り開始です!
 路面は硬いのですが、波打ってるところが多い。下りの波波路面は最悪ですが、上りのスローペースの時は、それほど気にならない。時速8~10kmほどでゆっくり、コンスタントに上り続けます。三十里営房~峠頂上が、68kmだと仮定すると、のんびりしている余裕はありません。峠へと続く谷は北西に伸びており、強い日差しを浴び続けることになります。日向の気温は、10℃前後。数日前まで氷点下を走っていた私には、暑い!!

20061221051950.jpg
写真2)快晴の強い日差しの下を走る。

 峠道といっても道路の傾斜は、緩やかなものです。チベットで相当に鍛われた私、この程度の坂、なんてことありまえん! 走行距離は20km、25km、30km・・・、35km地点で昼食。購入から12日経過したチャパティに齧り付きます。硬いことは硬いのですが、購入5日目以降、硬さは変わらなくなった気がします。私が難いチャパティに慣れてきただけかな?
 時折、通る車の土煙を浴びながら、さらに上を目指します。標高は4100mまで回復しました。あと30kmちょっとで750mの登りか?大したことなさそう。 気合を入れなおし、徐々に悪くなる路面をひた走ります。標高が上がるにつれ、気温も下がってきた。0℃前後が走りやすいんですけどね・・・、午後4時の気温は5℃。あと25kmとなったところで、道班を通過。道路脇に現れた川はところどころ凍っていて、朝晩の冷え込みを物語っています。今日は、どうしようかなぁ・・・。4850mの峠の頂上付近でキャンプするとまた氷点下10℃以下になるんだろうなぁ・・・。あまり高いところではキャンプしたくありませんが、前に進まねばなりません。理想は、今日中に峠を越え、海抜4000m付近まで標高を下げてキャンプすること。それが最善策でしょう!となると、なんとしても峠を越えなければ!!

20061221052022.jpg
写真3)やばい・・・、時間がない・・・。海抜4600m付近。

 海抜4500mを過ぎると、谷は更に狭くなります。西日が射さない谷間の空気は徐々に冷えてきます・・・。昼間は暑くて寒いのが恋しかったのですが、やはりキャンプは暖かく眠りたい・・・。海抜4600mを超え、4650mを超え・・・、ふと気がつきました。頂上まではあと15kmぐらいはずですが、標高差としたはあと200m程度。ってことは!?三十里営房~峠頂上は、58kmってこと!!

 おっしゃ!それなら行ける!! 日没30分前に峠の頂上に立つぞぉ!!

20061221052322.jpg
写真4)あと200mの登りだ!!

 最後の200mの登りがけっこうシンドイ・・・。急に傾斜が強くなり、一番軽いギアで時速4kmぐらいでゆっくり登る・・・。このペースでは、峠頂上着が8時になってしまう!?峠の向こうは、13kmの急激な下りになっているらしく、1時間もあれば海抜4000mまで下れます。日没は8時頃、日没後も30分はライトなしで走れます。少しでも早く峠を越えるんだ!!立ち漕ぎでラストスパート!!

20061221052512.jpg
写真5)午後7時47分、ケケアテ峠の頂上到着!!気温は氷点下4℃。

 さぁ、下りだ!! 汗ばんだ体を冷やさないように、ジャケット側面のベンチレーション(通気)ジッパーを閉め、度付きサングラスを普通のメガネに交換。日没まであと10分ほどですが、標高が高いところでは、日没後もけっこう長い間明るい。ライトなしで走れる時間は40分ってとこでしょう。13kmのダウンヒルなら十分な時間。

20061221054242.jpg
写真6)うっわぁ~!? 凄いなぁ、この下り!!

 7月17日の東チベット、川蔵公路の難所 『77のヘアピンカーブ』 を髣髴とされるヘアピンが続いてます。(77のヘアピンカーブはこちら→http://whereiskokoro.blog34.fc2.com/blog-entry-361.html)路面は少し砂深いですが、臆せず時速25km以上で下ります。下って!下って!下って!今日は、海抜4000mの暖かい夜(=耐えられる寒さの夜)を過ごすんだ!! 薄暗い谷間へと続く道を下る!下る!下る!!
 狭く深い谷間の道は、予想以上に夜が訪れるのが早かった・・・。上を見ると、まだ薄っすら明るい空そらがあるのに・・・、谷底はもう暗い。しかし、止まる訳にはいきません。谷の底には、道路と凍った小さな川があるだけ。こんなところで走行を切り上げても、テントを張る場所がありません。それに、こぉ~んなに深い谷底で夜を明かしたら、寒いに決まってます・・・。自転車のライトを点け、スピードを落として、とにかく13kmのダウンヒルを下り切ることに。

 午後8時25分、35分間で13km下り終えましたが・・・。まだ道は谷の底。テントが張れるような平地があって、朝日が早く当たりそうな場所まで行かなきゃ・・・。暗い谷底をゆっくりゆっくり進む・・・。真上を見上げると、明るい半月が輝いています。その光は、谷間の道をボンヤリと浮かび上がらせてくれていました。

 さらに3kmほど進むと、少しだけ視界が開けました。どうやら大きな川が流れる谷に至ったようです。どこかにテントを張れる場所はないか?と、暗い夜道を走り続け、三十里営房から80km地点で適当な河原がありました。懐中電灯片手に荷物を解いて、テント設営。夕食はラーメンで簡単に済ませました。

 明るい半月を見ながら、自転車に付いてるコンパスで方位を確認。『ありゃ・・・、明日は、11時過ぎまで日が射さんかもな・・・。』 テントの真東に、高い山が聳えています。まぁ、いいか。海抜4000mまで下ったんだし、そんなに寒い朝でもないだろう!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。