スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アレは宇宙船だったのか!? 

2010年05月20日 ネットサーフしてたら、気がついた!


 まず、この記事をご覧下さい。


 続いて、2009年12月17日付のブログもご覧下さい。


 写真が多いので、必要なものだけピックアップします。

 コレです↓


9IMGP3276.jpg


 ですよね!?

 アレですよね??


 私は、宇宙船を見ていたようです
スポンサーサイト

鉄砲は嫌いです 

2008年1月22日 思わず手にとってしまいました・・・。

 米国のモーテルのレセプションには、その町や州の観光地などのパンフレットが沢山並んでいる棚が必ずあります。

 22日のお宿は、アリゾナ州とカリフォルニア州の州境の街ニードルス(Needles)の安っぽいモーテル。名前は何でしたっけ?なんとか・インです、なんとか・イン。

 これからカリフォルニアを走り出すので、道中に何か面白い見所はないものか?と、パンフレットの棚を見回していたら・・・

IMGP3885.jpg
写真) 日本語が目に付いたので、思わず手に取ってしまいました。


 ご存知の通り、このアメリカ合衆国なる国は、許可さえあれば、銃を所持できる国。世界一の銃社会です。

 マシンガンをレンタルしているそうです。

お客 「すみません。このマシンガン借りたいんですけど?」
店員 「2泊3日で50ドルになります。6泊7日ですと、100ドルです。会員証をお願いします。」
お客 「あ、2泊3日でいいです。はい、会員証。」
店員 「お預かりします。ところでお客様?銃弾は何百発ほどご用意いたしましょう?」


 ・・・なんてことではありません。パンフレットを読んでみると、店内の射撃場で撃つために、貸し出しをしているということのようです。


 はっきり言って、まぁ~ったく! 全く!! 興味ありません

 そりゃぁ、小学生くらいの頃は、銀球鉄砲とか持ってましたよ。でも、モデルガンとかエアガンの趣味をもったことはありません。大人になってから、何箇所か本物の銃を撃てる国・場所に行きましたが、撃ったことはありません。

 鉄砲は嫌いです。

 旅先で銃声を聞いたことは何度もあります。銃で撃たれたことのある人に会ったことも、何度も何度もあります。銃口を向けられたこともあります。幸い、撃たれたことはありません。

 銃は、人を殺すための道具です。猟銃であっても、人に向けて撃てば同じです。

 警察官・自衛官は別にして、一般市民である私たちが銃を持たなくて済むことは、幸せなことだと思います。日本に生まれて良かったなぁ~・・・

KFCが・・・ 

あるのでしょうか?

この先に・・・・、あるのでしょうか??



IMGP2882.jpg
写真)2008年1月10日、米国ニューメキシコ州北部、ファーミントン~シップロック間の荒野。


『ケンタッキーフライドチキン』はないですよ、きっと。

マクドナルド・・・? 

良いのでしょうか?

良いのでしょう・・・・ね? 斜めに線が入ってますから。


IMGP4080.jpg
写真)2009年1月26日、米国ロサンゼルス近郊で発見。

I'LL BE BACK!! 

2009年1月29日 これからLAサンタモニカの宿を発ち、LA国際空港に向かいます。

 乗り込む飛行機は、成田行き。3年2ヶ月ぶりの日本です。

 30日夕方、成田に着いたら、上野を経て、池袋へ直行。池袋で友達と飲んだら、その晩は、私が暮らした墨田区向島へ。アパートの隣人でもあった友人の家に泊まります。
 翌日31日は、朝から下北方面に行って、元勤務先の同僚の家を訪ね、一緒に昼食をとった後、すぐに羽田へ移動。15時の便で伊丹へ飛び・・・。伊丹で妹に出迎えられた後、妹が住む京都に向かいます。
 京都の妹の家で3泊した後、2月2日から大阪・奈良の数箇所で、友人訪問、スポンサー殿訪問に駆け回り・・・。福岡に戻るのは、2月8日くらいになるでしょうか?

 で、忙しく忙しく忙しく5ヶ月間を過ごしたら、7月7日には、またアメリカか・・・

 LAに戻るのは、すぐ先のことですね・・・

     じゃぁ、LAということで・・・

 I’LL BE BACK!!
     (俺は戻ってくるぜ!)

折れてたまるか! 

2009年1月27日 折れてたまるか!

 北半球ぐるり西回り一周サイクリングを達成した直後、自転車を盗まれた。


 凄まじい悲しみに包まれているのですが、心の芯は折れていません。折れてたまるか!ってなもんです。 


 2週間の海外出張から帰ったら、自分のアパートが火事に遭っていたことがありましたが、それでも私はすぐに生活の再建作業を始めました。


 深刻な盗難被害は過去に何度か体験しましたが、いずれもすぐに旅の再建作業にとりかかりました。


 辛い熱病に罹った時は、体力が戻るまで時間がかかりましたが、心の芯は折れませんでした。


 人間、みなこんなもんだと思います。前を向いて歩くようにできているのです、きっと。



 まだ世界一周の旅は終わっていないのです。

 早速、旅の再建作業を始めなければなりません。




 まずは、洗濯かな。日本に帰るのに、小汚い格好ではいけません。



 でも、今夜は自棄酒決定・・・。今日は、同じく世界一周中の日本人サイクリスト仲間、後藤カズキ君が私を訪ねてやってきます。自棄酒につき合わせます。

絶望・・・ 

2009年01月27日 北米横断を終えたその日の晩・・・


 

 自転車、盗まれた・・・



 45533km、一緒に旅してきた自右衛門号が、盗まれた・・・



 27日朝、自転車を箱詰めしようと、駐輪場に行ってみたら、自転車が・・・



 絶望です・・・

 

オバマ大統領誕生 

2008年01月20日 オバマ大統領誕生です。

 注目の就任演説、テレビで見ようと、無理してモーテルに連泊しました。宿泊しているのは、アリゾナ州中部のウィリアムズという小さな小さな町。町中では何もイベントがないので、今日はテレビっ子・・・。これがニューヨークやワシントンやシカゴなら、凄いお祭り騒ぎを体験できるのですが・・・。

 昨晩徹夜したので、ベッドに入ったのは7時頃。起きたのは10時ちょっと前。眠い目を擦り、テレビを着けると、『就任演説は12時頃』とかなんとか流れてます。


 まだ2時間ある・・・。 3時間も寝てなくて、ボォ~っとしていたので、すぐに再びベッドへ。

 
  ・・・zzzZZZ


 で、再び起きたら、14時!? 寝過ごした!! と焦りましたが、焦る必要はありませんでした。

 就任演説は、ワシントンDCのある東部時間で12時過ぎに、もう終わっていました。私がいるアリゾナ州は、DCと2時間の時差があるので・・・、私が二度寝しようとベッドに入った頃、演説が行われていたのです。

 まぁ、リアルタイムではないですが、その後のニュースやテレビ番組で、繰り返し繰り返し就任演説のVTRは流れてますから、見れたことは見れたのですが・・・。ちょっと残念です。


 就任演説、英語で繰り返し見ましたが・・・、 予想していたほどのインパクトは受けませんでした。オバマさんの英語は、テキサス鈍り(?)の強い前・ブッシュ大統領の英語に比べ、はるかに聴きやすいと思います。オバマさんの演説、米国入り後、繰り返し繰り返しテレビで視てきましたが、印象的な演説が沢山ありました。

 就任演説の内容などは、ネットで確認してみて下さい。


 ところで・・・、凄いなぁ~!と思ったのが、その後のオバマさんと、奥さん。午後は、ずっとテレビに出ています。あちこちの祝賀会に顔を出し、スピーチをし、ダンスを踊ったり、人と話したり・・・。ずぅ~っと!真夜中までやってます。


 数日前に、モニュメントバレー最寄の町カエンタで、私を自宅に招いてくれたジャニスさんと、オバマさんの話をしているときのことを思い出しました。

 「こんなに大変な大統領はいないんじゃない?これから彼は眠れるのかしら・・・?」

 米国が抱えている課題は膨大・深刻です。ただでさえ激務の大統領職。オバマさんは、とんでもなく忙しい大統領になるんじゃないでしょうか。 もっとも、一国の元首ともなると、どこの誰だって、睡眠時間は極端に短いんでしょうけども。

 私は、1日最低6時間はきっちり眠れる生活を送りたい・・・。徹夜とか、寝不足とか、苦手なんですよ・・・。いつも、よく寝てるから。

本場のアメリカン・コーヒーは・・・ 

 薄いんです・・・ 


 もともとコーヒー好きの私ですが、米国では毎日1杯以上飲んでいます。1杯の大きさは、20~24オンス(600~720cc)の特大サイズ。
 ガソリンスタンドの売店には、必ず入れたてのコーヒーが置いてあります。20オンスのカップで、だいたい1.0~1.5ドル程度。スターバックスみたく、自由に自分で味付けができるので、その日の気分で違った風味を楽しめます。

 ただ・・・、ほんとに、薄いんです。アメリカン・コーヒー ・・・

 毎日1リットル前後のコーヒーを飲んでいるのに・・・、実のところ、コーヒーを飲んでる実感はあまりありません・・・。
 きっと、南欧で飲まれている50ccくらいのエスプレッソの方が、使ってるコーヒー豆の量は多いんじゃないでしょうか。

 日本の喫茶店で飲む『アメリカン・コーヒー』、ありゃまだコーヒー豆の風味がするから、偽者です。あれを1.5倍に薄めたら、本場のアメリカンコーヒーになりますよ(笑) お試しあれ!

アメリカ合衆国・ジャンクフード天国 

 さすが、アメリカです!

 いわゆる、ジャンクフードが安いんです。商品にもよりますが、概して日本より安いです。


フリングルス の長い缶が、1~2ドル。日本では、200円以上したような記憶がありますが・・・。

ms の両手に乗るほどの大ぉ~きなサイズが、2.5ドル~。 日本ではいくらですか?小袋で100円はするでしょう?きっと。

コカコーラ を始め、炭酸飲料全般、2リットルで、1.2~2ドル。日本では、1.5リットルで300円くらいでしたっけ?


 原産国や生産国で買えば、そりゃぁ安いのは当然のこと。しかし、アメリカだけに、妙に納得してしまいます。



 私、日本ではポテチもチョコも殆ど食べません。が、米国では毎日食べてます・・・。この2ヶ月間で、すっかり私もジャンキーになってしまいました・・・。一時帰国まで、あと3週間。そろそろ、食生活を改めなければ・・・。

 今は毎日8時間自転車漕いでるから、太らないのです。が、一時帰国中に運動量が人並みに落ちたら・・・・。危ない! 危ないです!! 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。