スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フォー!! 

 インターネットで見る限り、レイザーラモンHGは、まだ健在のようですね。

 さて、フォーです。ベトナムの国民的麺料理。米の麺。大抵、どこでも食べることができます。サイゴンで食べたのと、ハノイで食べたのは、麺の太さが若干違いましたが、まぁ、同じようなものです。ハノイの方が平たくて幅がある。

 フォーは麺の名前なので、「フォーちょうだい!」と注文しても、質問が帰ってきます。「具は牛かい?」ハイ、牛です。フォーの牛肉バージョンが、最も食されている『フォー・ボー』です。薄切りの牛肉と葱などが入っていて、日本人の口にも合います。

 ベトナムでは何十食と食べました。



写真)フォー!!
スポンサーサイト

定価のない国 

 ベトナムでの買い物には苦労しました。特に、サイゴンやハノイのような大都会では. . .

 毎回のように値段を確認しなければならないのです。ベトナムの商店では[定価がない]などと言われることがあります。私はそれをベトナム人に配慮した[お上品な言い方]だと思っています。正確には、[外国人に対しては、定価がない]ってこと。つまり、外国人観光客だったら、何割増しかで販売するということ。

 例えば、缶コーラを例に考えてみましょう。田舎町では、5000ドン(約40円)です。

 ハノイの外国人が沢山宿泊している旧市街の一角では、6000-8000ドンです。まぁ、ハノイは大都会ですから、都市の物価が高いのは当然です。が、地元民は5000ドンで購入しているんですよ. . . 。せいぜい出しても、6000ドンです。

心[How much ??]
店員[.... 8000 Don! ]
心[えっ!? 5000ドンでしょう?? 高いね、ここ。もういいよ。あっちの店で買うから。]
店員[wait! wait! 6000 Don!]
心[それでも高いんだってば. . . 。定価で買いたいの! ]

 とまぁ、こんなやりとりがほぼ毎日でした。最終的には、店員さんが怒り始めて、ベトナム語で何やら呟くという具合。多分、[外人なんだから、少しぐらい多めに出してもいいだろう!]ってなことを言ってるんじゃないでしょうか?? 確かに、彼らに比べると銭を持っているのは私たち外国人です。でも、持っているから、と、毎回多く払うのは嫌です。

 郷に入らば郷に従え、と言われても、嫌なものは嫌です。

 だって、私は、田舎ではベトナム人と同じ支払いしか要求されないんですもの。普段5000ドンで享受している幸せに8000ドンは払えません。

 大抵はカネ払いの良い私ですが、食べ物と甘い飲み物に関しては譲れません!! カロリー命ですから。

予定変更サパ行けません。 

 あぁ. . . 、やっぱりサパ行けないか. . . 。まぁ、仕方ないです。


 今日(6月1日)、中国の河口で[昆明-成都]の列車のチケットを買いたかったのです。
 が、ここ河口では、そのようなチケットが買えないらしいのです。発着都市では、何日か前から、旅行会社で購入できるとのことですが、河口の旅行会社は小規模なものばかりで、昆明にもオフィスがあるような大きなものはない。

 なるべく早くチケットを手に入れたいので、ベトナムのサパを削って、その分、2-3日早く昆明到着したいと思います。


 実は. . . 、サパ、行くのが少し面倒に思えていたのです。"観光客向けの民族村"的なイメージがあるからでしょうか. . . ?? 聞くほどの期待をできないんです。私は、山道で毎日のように民族衣装を着た人々とすれ違います。少数民族の人々の生活は、サイクリングの時に楽しむこととします。

 さぁ、明日から中国です。人民パワーに押されないよう! 気合入れるぞ!!

ラオカイの隣町 

6月1日 中国・雲南省に入りました。

5月29日正午にハノイを出て日没までに130kmを走り、30日は201kmを走って、ベトナムの中国国境の街・ラオカイに到着。とくに理由はないのですが、ちょっと頑張って2日間で走ってきました。

で、1日の今日、ベトナム・ラオカイと中国・河口の間に架る橋を越えて、中国入りしたわけです。手ぶらでの国境越えは初めての経験です。楽チンで良いですね。

手ぶら!?自転車はどうしたの!?って驚かないで下さい。自転車は、ラオカイのホテルにあります。今回の中国は、日帰りなんです。ラオカイには、日本語が使えるインターネットカフェがなかったので、河口に来たというわけです。中国のネットカフェでは、大体日本語読めますからね。

夕方には、ベトナムに戻り、明日(6/2)は、サパという少数民族の週末市で有名な町に移動です。ラオカイから40km足らずですが、1200mは登らねばなりません。登りっぱなしです。
明後日の朝は、週末市を見学して、夕方には、一気に山を下ってラオカイに戻ります。

しばらく(3-4日間)、ブログの書き込みないと思いますが、その間も多分元気ですよ。

次の書き込みは、6月5日頃です。

小雨のハノイ 

5月30日 日の出前、激しい雨の音で目が覚めました。あら・・・、今日は、ハノイを出る予定なのに・・・。

 二度寝して、起きたのは7時。いくらか雨も弱まってます。朝食済ませて、ネットカフェに寄って、午前9時半。

 ちょっと遅い出発ですが、これからハノイを出ます。北西に向かって走って、3日後には、中国と国境を接する町・ラオカイに到着すると思います。

 では、小雨の中、出発です。

ハノイ目指して! 新しい1万キロへの道 

5月26日 ハノイまでのラスト・ラン!!

 ニンビンからハノイまでは90kmぐらい。ハノイは大都会なので、市内で余計に走るとしても、100km程度でしょう。そんなに慌てる必要もありません。午後8時半に宿を出発!

 交通量の多い、国道1号線を走ります。片側1車線の道路ですが、時々、車が横3列に並んでいることがあります。追い抜きをかけた車が、対向車を路肩ギリギリまで避けさせて、なんとか3台が通れるぐらいの道路です。危なっかしい、追い抜きを何度も見ます。追い抜きをかける車は、クラクションを鳴らし続けているので、常に、どかかからクラクションの音が聞こえる・・・。ウルサイ・・・。
 おまけに、大型車が路肩ギリギリまで迫ってくることや、バイクがギリギリのところを掠めていくことも多く、走行には、いつも以上に気を使います。

 交通事故にも気を使いますが、今日は、もうひとつ気になることが。それは、サイクルコンピュータの『総走行距離表示』。今日、走行距離が、1万kmを突破するのです。その瞬間を見逃す訳にはいきません。

 午前11時半、その時がやってきました。ふとメーターの表示を見ると、『99997.9km』おぉ、危ない!あと2kmじゃん!手元のメーターに視線を落としながらも、周囲の車に気を使いつつ・・・

 午後11時37分!!メーターが10000kmを示しました!!おぉ~・・・

RIMG0105.jpg
写真1)じゃん!!
RIMG0106.jpg
写真2)じゃじゃーん!!
RIMG0108.jpg
写真3)日本の自宅から、1万km先の風景。

 1万km突破しましたが、何が変わると言う訳ではありません。次なる1万kmへ向けて、道が続くだけです。しかし、まぁ、なんとも、感慨深いじゃないですか。


 更に10kmちょっと走ったところで、道路が片側2車線になりました。快適な道!路肩は広いし。交通量もそれほどない。牛車もいない。荷物を満載した自転車もない。歩行者もいない・・・

 ん!?ここって??高速道路??

RIMG0110.jpg
写真4)高速道路??だよね・・・
RIMG0112.jpg
写真5)高速道路??だね、やっぱり自転車ダメか・・・

 8km走って、次のインターで降りてました。警察に一度会いましたが、捕まりはしませんでした。良かった。インターチェンジを降りてすぐの露店カフェで、冷たいジュースを楽しんだ後、店のおばさんにハノイまでの道を聞くと、さっき降りてきたばかりの高速道路を指差す・・・。「おばちゃん、高速はね、自転車だめなんだよ。」
 一般道をひた走ります。バイクが徐々に増えてきて、排気ガスや土埃も酷くなってきた・・・。上手にバイクの流れに乗りながら、ハノイ市内に入りました。

RIMG0113.jpg
写真6)ハノイのバイクの渦!!

 ハノイ駅前に到着。3月14日にハノイ駅前で途切れていた『中国・秦皇島フェリーターミナルからの轍』と、この2ヶ月半で刻んできた『ホーチミン・シティからの轍』を結ぶことができました。

RIMG0116.jpg
写真7)ハノイ駅

 午後3時には、宿にチェックイン。今日は、1万キロ突破したし、自転車の轍を結べたし、何かと印象深い一日でした。

ハノイ目指して! また限界に挑戦!! 

5月25日 昨日は170km走りました。今日は、泥道なんてないはず・・・、筋肉痛などもないし、今日も限界に挑んでみようかな!

 単純に長距離走行記録を作るのであれば、日の出から走り始めて、日没後も走れば良いでしょう。多分、300kmぐらい走れるはずです。が、そんなに走る必要はありません。私が作った、私のルール『走るのは、日の出から、日没までの間だけ』この時間内で、どれだけ走れるのか?やってみました。

 7時半に宿を出発。ドォ・ルウオンの町で朝食を取り、のどかな田園地帯を走ります。どこまでも続く田んぼでは、ちょうど稲刈りの時期でした。早朝から、家族総出で稲刈りをしています。普段は、田畑でモシャモシャ草を食んでる牛や水牛も、今日は大忙し!

RIMG0098.jpg
写真)稲刈り風景。

 軽快にペダルが回ります。時速27km出ているけど、息は切れない。2週間程度でしたが、ラオスでの山岳トレーニングの成果でしょう。たった2週間で、胸板が厚くなった気さえします。登りでは、腕と胸の筋肉を使いますからね。
 天気も良し!山の方は、雲が多く雨ばかりでしたが、平地ではまだ雨は少ないようです。気温は徐々にあがり、10時半には、35℃を越しました。このまま気温が上がり続けたら、昼寝(真昼の長い休憩)なしには、とても走れたものではありません・・・。
 国道1号線に入り、交通量の増した道をひた走ります。気温は、グングンぐんぐん上がり続け・・・、腕時計を見ると、41℃!! えぇっ・・・、もうそんなになってんの?正午前です。あと1時間頑張ろうと決めて、走り続けました。が、30分後には、腕時計の温度計は、43.6℃にまで上がっていました・・・。ありぁあ・・・、こりゃヤバイ。気温が下がるまで休憩しよう・・・
 ちなみに、この腕時計の気温ですが、実際に天気予報とかで出る気温とは違います。私は、長時間、アスファルトの上を走り続けているのです。日差しと照り返しで、路上の気温は、周囲の空気よりも高くなっているというわけです。多分、普通でいうと、この日の気温は34~5℃でしょうね。

 お腹も空いたし、長居できそうな食堂で、昼食&昼寝をすることにしました。なんだか感じのよさそうな食堂を見つけて、ベトナム名物フォー・ボー(フォー:米の麺、ボー:牛肉)を食べて、冷たいファンタを2本飲んで、店のおばさんたちと談笑していたら・・・。
 俄かに空が掻き曇ったかと思うと、ゴロゴロゴロゴロ・・・・。スコールが来ます。店の人たちは、軒先で天火干ししていた落花生を慌てて取り込み始めました。周囲の家々でも同じです。このあたりは、落花生農家が多いようです。

 ッザー!!

 聞きなれたスコールの音。30分ほどで、小降りになったので、自転車に跨り、走り始めました。気温は、28℃にまで下がっています。こりゃぁ、走りやすい!!
 小降りの雨は、1時間近く降り続きました。それもそのはず、時速30kmで走る私が、北に流れる雲を追いかけ続けているのですから・・・。曇って、自転車よりも遅いんですね。たまに、雨粒が大きくなると、道路脇の商店で雨宿り。

RIMG0102.jpg
写真)雨宿り風景。私の後に飛び込んできた母子。

 雨が上がった頃、走行距離は、110kmに達していました。まだまだ余裕!!雨で気温が下がったおかげで、快適に走り続けられます。120km、130km、140km、と走り。当初宿泊を予定していたタンホアという町に到着。銀行のATMでベトナムドンを下ろし、冷たいアイスとコーラでカロリー補給して、更に走り続けます。
 150km、160km、170km、180km、190km!!さぁ、190km以上は、未知なる領域です。今回の旅、これまでの最長走行記録は、189kmだったと思います。191km、192km・・・、200kmを過ぎた頃、日没が迫っていました。あと5km走れば、ニンビンという大きな町です。今日は、そこまでにしましよう・・・。
 最後の気力を振り絞って、残りの5kmを走り、宿探しの為、市街地を2km流しました。この日の走行は、207km!!

 いつもなら、夕食がてら、宿の周りの歩きまわり、足腰のクールダウンを行うのですが、この日は、そのクールダウンすらしんどかった・・・。殆ど歩かずに、宿に戻りました。おかげで、翌日は、足に乳酸が溜まりまくっていて、久しぶりに筋肉の疲れを覚えました。

ハノイ目指して! 限界に挑戦!!  

5月24日 午前5時、激しい雨の音で起きました。あぁ・・・、今日もまた雨か・・・。

 6時半に目覚めると、雨は小降りになっていました。レインコートを着るまでもなさそうです。いそいそと準備して、ドォウさん調査チームの皆にお別れして、ムオン・センの食堂で朝食を済ませ、7時半には出発!!

 RIMG1230.jpg
写真1)雨の朝。もう雨季なんですよね~・・・

 今日からしばらく、平坦な道が続きます。5月はずっと険しい山道を走ってきたので、平坦な道だったら、いつまでも快適に走れるに違いありません!!だったら・・・、今日は、1日で何キロ走れるか?限界に挑戦してみようじゃないですか!!気合十分で、ペダルを踏み始めました!

 道は、連日の雨で水嵩の増した川に沿って、東に向かっています。雨季とはいえ、かなりの降水量だったようです。川岸の畑の間際にまで水が来ています。中州に生えていた樹木は、大きな木以外は水没してしまっているようです。赤い水が轟々と勢いよく流れています・・・。
 そんな川岸に地元の人々の姿が!危ないなぁと思ったら、流木を集めているのです。川岸に引っ掛かった流木を拾い上げては、車道まで持って上がってきます。道路には、そうして集めた木々の山が至る所にありました。乾かして薪として使うのでしょう。

 気合十分で走り始めましたが・・・、わずか5km程で、打ち砕かれました!!

RIMG1232.jpg
写真1)なんじゃこりゃぁ~!! ドロドロどろどろ泥泥

 この道は、拡張工事の途中のようで、古い舗装と新しい舗装、全くの未舗装、それが連続して続くのです・・・。支流に架かる橋は、ことごとく工事中。鉄骨と鉄板の簡易橋を渡らねばなりません。削りっぱなしの山の斜面からは、土砂が流れ出し・・・、ドロドロドロドロ

RIMG1233.jpg
写真2)泥道を押して歩くので、靴もこのとおり・・・

RIMG1234.jpg
写真3)自右衛門号も、このとおり・・・

 上り下りが少なかったのが、せめてもの救いでした。泥と格闘すること30km、ようやく普通の舗装道路になりました。靴と自転車の泥を水溜りの水で流します。はぁ~・・・、しんどかった・・・。
 次に商店を見つけたら、自分へのご褒美に、コーラを2本買ってあげよう!と気を取り直して、ペダルを踏み込みます。すぐに小さな村が現れ、小さなカフェ(お茶屋)もあります。カフェでは、地元の男たちが私を見つけて、手を振っていました。

 「フュ~!!ハロ!ハロー!!」
 「ハロー!ワォー!!」
 「ハロー!!ファック・ユー!!」

 はぁ?ファック・ユー?? ・・・おいおい、誰だよ・・・、誰だよ!コラァ!! 我慢できませんでした。自転車を止めて、男たちの中に割って入ります。
  「おい?誰だ?今、ファック・ユーって言ったのは?意味解ってんのか?」
 自分が言ったと名乗り出たのは、推定40歳の男。確かに、この男の声でした。しかし・・・、10代のガキならまだしも、大人じゃないかよ・・・。なんとか、怒りを堪えつつ、でも大声で、英語で、一方的に、捲くし立てるように説教してきました。40歳のおじさんに。

 すっきりしませんでしたが・・・、私の苛々は長続きしません。すぐに落ち着きを取り戻し、再びサイクリング再開。泥との格闘の為、3時間で30kmしか進んでいません。これでは、走れても150km程度でしょう・・・。あぁ・・・、限界挑戦の日だったに。

 日が高くなるにつれ、雲はなくなり、日差しが出てきました。日差しがあるとはいえ、気温は35℃程度、昼寝なしでも走れる気温です。昼食の後も、元気に走りつづけ、午後2時半には走行100km突破。ちょこちょこ炭酸ジュースを飲みながら、夕方まで走り続けました。

RIMG1237.jpg
写真4)平らな土地と、丸い岩山。

 午後6時、ドォ・ルウオンという町に到着。走行距離は170kmでした。泥道がなければ・・・、多分200kmは漕げていたはず・・・。しかし、今日は、これが限界。体力的にも、精神的にも。

ベトナム入国!! 

 5月23日 国境で一悶着ありましたが、無事ベトナムに入国。 

 国境から、最寄の町・ムアンセンまで、標高差800m以上のダウンヒル。ここ数日の雨とダウンヒルの為、ブレーキの効きが悪くなってきていました。ブレーキシュー(ブレーキのゴム)が磨り減っているのです。調整すれば良いのですが・・・、面倒くさい。宿に着いてからやろう・・・。慎重に下れば、問題ないでしょう。

 途中、ベトナム国境で会ったラオス在住のフランス人男性とその仲間たち(ベトナム人の奥さん、仕事の助手のベトナム人・女性、ラオス人ドライバー)のトラックが私を追い抜いて行きました。「先に、ムアンセンで待ってるよ!夜はビールでも奢ろう!」

 おぉっ!ビールが待ってるの!?

RIMG1227.jpg
写真1)長~く、ウネウネと曲線の多いダウンヒル。

RIMG1228.jpg
写真2)坂を下り終えたら・・・、牛!! 危ないよ、君たち。

RIMG1229.jpg
写真3)谷の底に辿り着くと、赤い川が轟々と流れていました。

 どうやら、この道は地図に載っている道とは違うようです。真新しい道。つい最近出来た道でしょう。また一部の舗装が終わっておらず、削ったばかりの道路脇の斜面からは、落石が・・・。
 ウネウネ下って、落石を避けて、牛を避けて、赤い川を渡って、午後6時半、ムオン・センの町に到着!!

 国境から初めの町というだけあって、小さい町の割に、ホテルが数軒ありました。通りを流しながら、安そうな宿を探していると。あっ!あのビールの人!!

 フランス人のおじさんたちを見つけました。彼らもまだ宿を探している様子。彼らのあとに付いて、宿まで同行しました。彼らは、ベトナム語もできるので、宿泊交渉も不要。楽させてもらいました。宿代は、80,000ドン(約600円)。
 このフランス人とベトナム人とラオス人の不思議なパーティーは、ラオスで活動をしている民間調査会社の人々。何をしているかというと、HIVなどの拡大防止を目的とした活動をしているのだそうです。彼らの受け持ちは、ラオスとベトナムにまたがるこの地域。今回は1週間、ムオン・セン近郊で聞き取り調査と指導を行うんだそうです。

 夜は彼らと一緒に町の食堂へ。野菜スープ、野菜炒め、豚の角煮、魚の煮物、など等、を皆で突付きました。「遠慮するな!」ということなので、遠慮することなく、というか我慢できずに2人前以上平らげました。だって、昼ご飯は、もち米一握りだけだったんですもの。
 もちろんビールもいただきました!!ビールを飲みながら、フランス人のドォウさん「ベトナム人は、信用しちゃいけないよ!皆が君を騙していると思った方が良い。これは6年間ベトナムで暮らした僕の忠告だよ。」って・・・。奥さんベトナム人ですけど、そんなに言って、夫婦の仲は大丈夫なんですか・・・?

 確かに、外国人がベトナムで買い物をする時は、定価の何割増しかの金額を提示されることがしばしば。・・・いや、しばしばじゃないか、ほぼ毎回です。ドォウさんは、よっぽどベトナムで苦労したのでしょう・・・。

 ベトナムかぁ・・・、うん、まぁ、確かに、・・・確かに、ラオスから比べると、厳しい国だということは確かだな・・・。
 

えっ!世界一周?? 

たまに、面白い返事を返してくれる人がいます


 『私は、自転車で世界を一周する旅をしています。

 こう言うと、95%の人は、励ましの言葉感嘆の言葉を返してくれます。
 「本当!そりゃぁ凄い!頑張ってね!」
 「へぇ~・・・、世界一周かぁ~、尊敬するよ。」
 「本当かい?どんな体してるんだい?おぉ!逞しい逞しい!これなら大丈夫!頑張れよ!」
  (足や腕をモミモミされる・・・)

 3%の人は、疑って更に質問をしてきます。
 「本当ぉ~?自転車でぇ~?」


 残りの2%が、なかなか面白い返事でした。いくつか紹介しましょう。

ラオス人ミュージシャンの男性(結構有名人らしい)
 決まり文句「自転車で世界を一周するんです。」
 彼の言葉 「ほぉ~、そりやぁ、いい運動になるねぇ~。俺もやってみようかな。最近太り気味でさぁ。」

ラオス在住・フランス人男性(奥さんはベトナム人)
 私の言葉 「自転車で世界を一周するんです。」
 彼の言葉 「世界を一周?そりゃぁ、大変だね。ところで、それは、刑罰か何かかい?君はよっぽど悪いことをしたんだなぁ~。恋人を傷つけたとか?」

北京の大学生・女性(英語が達者でお洒落なお嬢さん)
 達者な英語で「自転車で世界を一周するんです。」
 彼女の言葉 「一言だけ言わせてもらうわ。あなた頭おかしいでしょう?・・・・最高の誉め言葉よ。」

テキサス出身・アメリカ人男性(ブッシュ大統領のマネが上手!)
 いつも通りに「自転車で世界を一周するんです。」
 彼の言葉  「へぇ~・・・。風邪引かないようにね。」


 面白くないですか?前後の会話があってこそ、面白いのかも知れませんが・・・、私は、彼らのユーモアたっぷりの返しに、思わず声を出して笑ったものです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。